環境と福祉の充実を目指して

(仮)長生炭鉱水没事故追悼建立建設委員会募金にご協力を[2010/03/25 木 PM 05:52]

 1942年2月3日、宇部市の常盤公園から東へ1キロの所にあった長生炭鉱で、水没事故があったことをご存じでしょうか。

 この水没事故で、183名の坑夫たちが犠牲になりました。その内の137名が朝鮮人労働者でした。

 当時、日本は植民地支配していた朝鮮から「強制連行」で多くの労働者を日本で働かせていました。

 この長生炭鉱だけで、1258名の朝鮮人労働者が働いていました。

 「長生炭鉱の『水非常』を歴史に刻む会」(山口武信代表)がこの間、追悼式などを行われてきました。

 そして、この程、長生炭鉱水没犠牲者183名の名を刻んだ追悼碑を建立されることになりました。

 私は、数年前からこの運動に協力したいと思いながら、実現できませんでしたが、この程、追悼碑建立委員会の賛同者に名を連ねることになりました。

 現在、建立委員会では募金を集めておられます。詳しくは下記にご連絡ください。

 長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会 電話0836-21-8003 

 私もこれを機に、この運動に可能な限り協力していきたいと思っています。

 私の方へご連絡いただいてもご紹介いたします。どうぞお問い合わせください。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする