環境と福祉の充実を目指して

厚東川通信No273(2010年3月15日)[2010/03/17 水 PM 06:42]

藤本県議が3月12日に一般質問で登壇

 

乳児医療をゼロベースと言及

 

藤本県議が知事発言の真意を質す

 

 藤本県議は、十二日に、一般質問で登壇しました。本号から順次報告します。
 今回報告するのは、子育て支援についてです。本議会で、水野議員の質問に対して、知事は、乳幼児医療費助成制度などを「ゼロベースで検討する」と発言しました。これは、廃止もあると受け取れるものです。藤本県議は、昨年の二月県議会での答弁、厚生委員会での発言、知事のマニュフェスト、加速化プランのいずれを取っても、これら事業を継続していくことが知事の基本姿勢であると指摘しました。藤本県議は、知事は、「制度は廃止しない」と言明すべきと指摘しました。知事は、「ゼロベース」発言は撤回しませんでしたが、制度を「廃止することを結論付けて検討する趣旨のものではありません」、制度の「存続、拡充につきましても、(中略)引き続いて検討する必要があると考えている」と答えました。
DSC03675○.JPG

 一般質問で登壇した私です 

県議会総務政策委員会で質疑

 

ループホーム火災受け対応

 
 県議会総務政策委員会の審議が、十五・十六日に行われ、藤本県議は積極的に質疑を行いました。
 第一は、札幌市のグループホーム火災を受けての山口県の対応が委員会で報告されました。 県は、十三消防本部に、県内一四〇のグループホームへの立入調査を指示しました。調査内容は、防火設備の設置状況や、消防計画などの策定状況についてです。
 札幌市のグループホームでは、自動火災報知設備などの設置対象施設であったが、H二十三年度末までの経過措置で、未設置であったことが明らかになっています。
 県内で対象施設でありながら未設置の施設はどれほどあるのか調査することは重要です。県は、調査を二十六日まで実施し結果をまとめるということでした。
 

岩国基地新滑走路の安全対策を求める要望行う

 

 五日、日本共産党県委員会(佐藤文明委員長)と日本共産党県議団(水野純次団長)は、二井知事に対し「岩国基地『新滑走路』の安全対策に万全を期すよう求める要望」を提出しました。
 防衛省は先月末、岩国基地沖合移設事業に伴い建設中の新滑走路について「5、6月に運用開始する方向で米側と調整している」ことを明らかにしました。 新滑走路の運用開始にあたっては、安全対策に万全を期すよう国に求めるよう県に質しました。
 藤部理事は、「新滑走路運用開始時に安全性が確保されるよう必要な確認は今後行っていく」ことを約束しました。

 

一気

 

第6回くすのきカントリーマラソンに子どもと一緒に参加しました。子どもたちは、二キロの小学校高学年男子の部に参加。次男が九分七秒で四四位。長男が、九分八秒で四五位。同時にゴールしました▼さて、私は、五キロ一般男子の部に参加しました。走りはじめて、右足が少し痛くなりました。でもそれ以上は痛まず、中盤で少しづつ順位を上げ、二十四分三十一秒、四十七位でゴールしました。それにしても、瞬時で、完走証が発行されるシステムはすごいですね▼ 大会で、様々な方々にお会いしました。地元の方々、西宇部小学校の子どもたちやPTAの方々、市役所の方々、県庁の方々。いろんな方々にも出会い、とても楽しい大会となりました▼来年は、選挙目前となりますが、再来年こそフルマラソンに挑戦しようかなと考えています。明日からの活動に生かします。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする