環境と福祉の充実を目指して

萩市議会議員選挙始まる[2018/04/15 日 PM 05:18]

 今日から、萩市議会議員選挙が始まりました。

 私は、宮内きんじ候補の出陣式であいさつを行いました。

宮内出陣式

宮内きんじ候補の出陣式であいさつをする私

 私が行った挨拶の要旨は以下の通りです。

・・・

 宮内きんじ候補の出陣式にご参加の皆さん。私は、来春の宇部市選挙区の県議候補となりました藤本かずのりです。
 宮内きんじを必ず市議会に今度も送り、萩市を旧態依然のハコモノ行政に戻してはなりません。市民の福祉向上を中心据えた当たり前の萩市の流れを日本共産党の二議席で実現しましょう。
 先日、三見漁港でいがらし候補と訴えていますと、70代後半の女性が「安倍さんは何んかね」と話しかけてこられました。また、萩市内で移動中信号待ちをしていると隣の車のドライバーの方が「安倍さんは辞めんといけん」と話しかけてこられました。
 これまで安倍さんを応援してきた方々でさえ、今の安倍政権の政治姿勢は目に余る状況ではないでしょうか。
 最近、大きな問題になっているのが、「加計学園」の獣医学部の新設をめぐり、愛媛県の担当者が柳瀬首相秘書官と面会し、「本件は、首相案件」と伝えられたことを記した文書を愛媛県が公表したことに続き、愛媛県の文書が農水省にあったことも明らかになりました。
 柳瀬秘書官は「記憶にない」と言い続けています。安倍首相は、農水省から文書が出てきことをマスコミから聞かれ「膿を出す」必要があると答えましたが、膿の原因を作った安倍首相を許すわけにはいきません。
 疑惑は、加計学園の問題だけではありません。森友学園の問題、自衛隊「日報」隠蔽、過労死隠蔽、教育現場への政治介入など、それぞれの問題が「底なし沼」のようです。行政の信頼が地に落ち、民主主主義の危機といえる状況です。
 なぜ、このような政治になったのか、この根源には、安倍政権が進める国政私物化と強引な政治手法があります。
 安倍さんの国政私物化を隠そうと新しい隠蔽や改ざんやねつ造が繰り返される。こんな悪循環になっているのではないでしょうか。 
 政治の悪循環を正すためには、安倍政権に退陣してもらうしかありません。国会で疑惑解明の先頭になっているのが日本共産党です。萩市議選で、日本共産党の二議席を実現させていただき、萩市から安倍政権の退陣の声を国会に届けていきましょう。宮内きんじさんを市議会に送って下さい。

・・・

 萩市議会議員選挙に対する皆さんのご支援をお願いいたします。

 萩市から、安倍政権を退陣の声をあげていきましょう。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする