環境と福祉の充実を目指して

映画「去年の冬、きみと別れ」[2018/03/12 月 AM 07:00]

 滝本智行監督の映画「去年の冬、きみと別れ」を観ました。

 原作は中村文則さんの同名作です。

 原作を読んでいたんですが、原作の全体像を掴みきれないまま、映画館に向かいました。

 原作の文庫本には、映画の紹介があり、大文字で「すべての人がこの罠にハマる」とありましたが、映画後半は、「そうだったのか」とスクリーンに向かって小さな声を出してしまいました。

 映画のパンフレットで滝本監督がインタビューの最後に「結果がわかった上でもう一度観ていただくと、また別の楽しみ方ができる作品だと思います。是非もう一度劇場でご覧になってみて下さい。」と語っていますが、映画はもう一度観に行けないと思いますが、「結果がわかった上でもう一度」中村文則さんの原作を読んでみたくなりました、

 同じく映画のパンフレットに原作者の中村文則さんが「個人的に驚いたのは、この作品って王道のメジャー映画なのに深さを失っていないのがすごいなということ。僕の小説は純文学ですが、純文学が大手配給映画になることってあまりないような気がするんです。僕自身映画ファンだからこそ、これまでの日本映画にあまりなかったような作品がリリースされていくのは喜びです。」と語っています。

 中村文則さんの原作が映画化されるのは、この作品を入れて、今年だけで後二つあるようです。

 中村哲平監督による「悪と仮面のルール」。武正晴監督による「銃」。

 これらの作品も観てみたいと思います。

 「僕はきみから別れを告げられてても、まだ別れた気がしなかった。本当にきみと別れたのは去年の冬だ。あの日、僕は僕であることをやめた。」

 この言葉にこの映画のすべてが凝縮されています。

 主役の岩田剛典さんは、「きみと別れ」る前と後を見事に演じ切っていました。

 今後が大いに期待されます。

 スクリーンから目を離せない見応えのある映画でした。

 滝本監督と原作者の中村文則さんに感謝いたします。

 やっぱり映画はいいですね。

 映画館でスティーヴン・スピルバーグ監督の映画「ペンタゴン・ペーパーズ」のチラシを観ました。

 3月30日からロードショーです。今度は「ペンタゴン・ペーパーズ」を観たいと思います。

 滝本監督ファン、中村文則ファンの皆さんお勧めの作品をお教え下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする