環境と福祉の充実を目指して

検察側の罪人[2018/03/06 火 AM 09:04]

 雫井脩介さんの「検察側の罪人」を読んでいます。

 雫井さんは「クローズド・ノート」「犯人に告ぐ」などが映画になった有名作家の一人です。

 この程、原田眞人監督が雫井さん原作の「検察側の罪人」を映画化されると聞き、今、原作を読んでいます。

 原田眞人監督作品では「クライマーズ・ハイ」を映画館で観ました。

 日航機事故を追う新聞記者の物語。重厚な映画に感服しました。

 「検察側の罪人」の文庫本の裏表紙からあらすじを紹介します。

 「蒲田の老夫妻刺殺事件の容疑者の中に時効事件の重要参考人・松倉の名を見つけた最上検事は、今度こそ法の裁きを受けさせるべく松倉を追い込んでいく。最上に心酔する若手検事の沖野は厳しい尋問で松倉を締め上げるが、最上の強引なやり方に疑問を抱くようになる。正義の在り方を根本から問う雫井ミステリー最高傑作!」

 原作者の雫井さんは、あるインタビューで、「謎を作ってどんでん返しのような、意外性を狙うというよりは、どうしてもこの道を進まざるを得ないという人間のドラマをしっかり作りたいという思いでした。ミステリーとしての謎にはなっていないことでも、登場人物が真相を知ったときの衝撃や葛藤は、読者にも感じてもらえるように書いたつもりです。」と答えています。

 なぜ、重要参考人の松倉に拘る最上検事のその訳は何か、取り調べの過程で、最上のやり方に疑問を持つ後輩の沖野検事の葛藤とは、など読み応えのある小説です。

 最近は、「どんでん返し」が中心のミステリーが増えているように思います。

 じっくりと人間のドラマを描いている本作に好感と愛着を感じています。

 今読んでいるのは、上巻の中ほどです。これから、二つの事件の真相が明らかになってきます。

 原作をしっかり読んで、今夏の映画上映に備えたいと思います。

 映画では最上検事を木村拓哉さんが、沖野検事を二宮和也さんが演じます。

 二人の初共演も楽しみです。

 監督の原田眞人さんにも注目したいと思います。

 最近の作品で、DVDでの視聴もしていないものが、「関ケ原」「駆込み女と駆出し男」などこれから視聴したいと思います。

 心に沁みる人間ドラマを描く雫井作品にも注目していきたいと思います。

 興味深い小説を読む喜びを感じる日々です。

 雫井ファンの皆さん、原田監督ファンの皆さん、お勧めの作品をお教え下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする