環境と福祉の充実を目指して

瀬戸内寂聴さんの66歳下の秘書[2018/03/02 金 PM 12:25]

 3月4日号のしんぶん赤旗日曜版のインタビューに瀬戸内寂聴さんの66歳下の秘書である瀬尾まなほさんが登場しています。

 瀬尾まなほさんの「おちゃめに100歳!寂聴さん」を読んだばかりだったので、胸躍る気持ちでこの記事を読みました。

 瀬尾さんは、寂聴さんについて聞かれこう答えています。

 「先生の魅力は、自分を偽らず、隠さないところ。後ろを振り向かず、思うがまま、ずっと走り続けています。そこに自分を信じる先生の強さを感じます。見ていてまぶしい。」

 瀬尾さんは、「安保法制反対」と訴える寂聴さんの背中を見て変わりました。

 「15年6月のことです。『国会前(行動)に行きたいんだよね』『明日くらい』と言われ『えーっ』と驚きました。先生は『戦争はどんな理由があろうが人殺しだ』と言います。私たち若い人の未来のために。ちっちゃい背中のおばあさんが、自分の体にムチをうって、訴え続けている。それを見て私はなんだか泣きたくなるんです。一人で群れずに、思い立ったらすぐ行動する。圧倒されます。」

 昨日のブログに書きましたが、瀬尾さんは、貧困や虐待に苦しむ若い女性を支援する「若草プロジェクト」に関わっています。

 瀬尾さんは、「私は、まだ、『できない理由』を探します。先生は、できると思ったら揺るがない。おおいうふうに生きられたら、後悔はしないでしょうね。私もこれからは何でも挑戦したいです。」と語っています。

 瀬尾さんの「おちゃめに100歳!寂聴さん」には、寂聴さんの朝の日課が書かれてあります。

 「毎朝、連載している朝日、毎日、読売、京都の4紙と赤旗に目を通す先生。」

 寂聴さんは、きっと「安保法制反対」を訴える国会前集会の赤旗での報道を見て、2015年6月、国会前の集会でマイクを握ったのではないかと思います。

 寂聴さんが今朝も赤旗を読んでいると思いと勇気が出ます。

 寂聴さんの「戦争はどんな理由があろうがひと殺しだ」の想いをしっかり引き継いでいきたいと瀬尾さんのインタビュー記事を読んで改めて感動しました。

 寂聴さんも毎日読んでいるしんぶん赤旗を皆さんも読んでみませんか。

 日刊紙は、月3497円、日曜版は月823円です。

 トップページの問い合わせのバナーから私に連絡を取ってください。

 直接、中央委員会のホームページにつながるバナーもありますのでご活用下さい。

 引き続き、瀬戸内寂聴ファンの皆さん、ご意見をお聞かせ下さい。

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする