環境と福祉の充実を目指して

上関原発に対する態度[2018/01/30 火 PM 01:05]

 山口県知事選挙の候補者アンケートを見ています。

 今日の毎日新聞は、「上関原発問題」が取り上げられていました。

 現職知事候補は「上関原発計画については、上関町の政策選択と国のエネルギー政策を尊重して対応する」「公有水面埋立免許については、今後とも関係法令に基づいて対処する」

 現職知事候補は、上関町任せ、国任せで、結局、上関原発を進めようとしています。

 現職知事候補は、有権者に分かるように、原発推進だということを明らかにすべきです。

 原発推進の立場でなければ、現職知事は、上関原発の埋立免許延長を許可することはしないと思います。

 あくまでも埋立免許延長を判断したのは、「法に則って行った」からだというのなら、結局原発の可否を現職知事はどう思うのかを有権者に語るべきです。

 原発の可否は、国の責任において判断するものだというのは、有権者に対して無責任だと言えます。

 新人候補は、「原発は直ちにゼロにする」立場を鮮明にしています。

 有権者に対して自分の意見を示さないのは、投票率アップにも結び付かないでしょう。

 現職知事候補は、今からでも有権者に対して、「自分は、原発問題について反対なのか賛成なのか」国や上関町のせいにせず、はっきりと述べるべきだと思います。

 皆さんは上関原発に対してどうお考えですか。

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする