環境と福祉の充実を目指して

イージス・アショア配備計画の課題[2018/01/07 日 AM 09:39]

 昨日、山口市内のサンフレッシュ山口で、市民連合@やまぐち主催で県知事予定候補の「くまのゆずるさんを囲む会INやまぐち」が開かれました。囲む会の中で、纐纈厚山大名誉教授が講師で「イージス・アショアの萩むつみ地区配備計画をめぐって~山口県を戦争の危機に便乗させて良いのか~」と題する講演会が行われました。

 纐纈先生のレジュメから「イージス・アショア配備」に関する4つの課題を引用したいと思います。

 ①イージズ・アショアの高性能レーダーは、通常は弾道ミサイルを警戒するため上空にむけられているが、その際に「再度ローブ」と呼ばれる脇に漏れる電磁波による影響が考えられること。具体的には健康被害や携帯電話などへの影響は必至。設置には少なくとも1平方キロの敷地が必要。防護フェンスや植栽によって防止が検討されている。

 ②イージス・アショアには迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」は、現在、日米が共同で開発をすすめており、失敗と成功を繰り返しているが、迎撃能力については未知数。

 ③技術的な問題以上に、朝鮮半島情勢を一層緊迫化させる政治課題になること。また、山口県萩市周辺が攻撃のターゲットとなり得る可能性もあり、県民を不安に陥れる可能性があること。

 ④1基あたりの費用を800億円程度と見込んでいましたが、今月になって1000億円弱になるという見通しを示し、装備の内容によってはさらに高額になる可能性があること。1発当たりの費用は10億円から20億円以上ともされていること(武器購入の最大の理由は、日米貿易の不均衡是正のための高価な武器を日本が購入することになったこと)。

 地域住民に対しては、電磁波が心配ですし、何よりも敵国から恰好の標的になるということが心配です。

 安倍政権は、年末19日に閣議決定を行い、今年度と来年度35億の予算を付けて、配備先を決定しようとしています。

 「やっぱり萩市だ。もう後戻りは出来ない」と安倍政権が、萩市にイージズ。・アショアを強行に押し付けることは許されません。

 県知事選挙を通じて「イージズ・アショア」の是非について大いに議論していきましょう。

 イージス・アショア配備に疑問のあるかたは、県知事選挙でくまのゆずる候補への支援をお願いいたします。

 私は、来週の火曜日に、萩市むつみ地区に、宮内萩市議とともに調査に入る予定です。

 その結果は、本ブログで紹介していきます。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする