環境と福祉の充実を目指して

かえる通信No33(2018年1月1日)[2018/01/04 木 AM 08:28]

山口県知事選挙予定候補

 

くまのゆずるさんを囲む会

 

総がかり行動の集会でくまの予定候補訴える

 

 1月18日告示、2月4日投票で、山口県知事選挙が行われます。
 12月23日、戦争させない!9条壊すな総がかり行動うべ実行委員会は、「99%の民意をいかす山口の会」から立候補を予定している山口県知事選挙予定候補の「くまのゆずるさんを囲む会」を宇部緑橋教会で行い、約40名の市民が集いました。
 くまの予定候補は、先日岩国市を訪ねた際に録音した戦闘機の爆音を紹介した後、「岩国市には、これまで毎年20億円だった基地交付金が、来年度から50億円に増額される。岩国の安全と引き替えにした交付金での振興に問題はないのか。語学教育の充実などに使われるということだが、海外への出撃基地を強化する見返りのお金を教育に回すことに問題はないのか。」と訴えました。
 くまの予定候補は、中学校教員35年の経験を基に最後にこう訴えました。
 「児童憲章の冒頭に『われらは、日本国憲法の精神にしたがい、児童に対する正しい観念を確立し、すべての児童の幸福をはかるために、この憲章を定める。児童は、人として尊ばれる。児童は、社会の一員として重んぜられる。児童は、よい環境の中で育てられる。』とあるが、児童を県民に置き換えてみる。県民が憲法の精神にしたがい、人として尊ばれる県政を実現したい。」
 「くまのゆずるさんを囲む会」では、元教員の仲間の方など多くの参加者から暖かく力強い激励がくまの候補に寄せられました。

くまの囲む会

「くまのゆずるさんを囲む会」で訴えるくまの候補

 

「イージス・アショア」設置断念求める

 

 11月29日、安保条約廃棄・岩国基地撤去山口県実行委員会(中野敏彦代表)と山口県平和委員会(吉岡光則会長)は、村岡山口県知事に対し「イージス・アショア」設置断念を求める申入れを村岡県知事あてに行いました。
 安倍政権は、12月19日、山口と秋田両県を候補地として地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を配備することを閣議決定しました。山口県の配備先として萩市の陸上自衛隊のむつみ演習場を候補地として進められていると報道されています。
 対応した村田県総務部危機管理監らは「配置場所が決まったならば、国において、関係自治体に丁寧な説明を行っていただきたい。」などと答えました。

イージス・アショア

 県へ申入れ書を手渡す吉岡県平和委員会会長

 

「安倍9条改憲NO!全国市民アクションうべ」スタート集会&学習会

講演テーマ「かつてない市民の共同で、安倍改憲を阻もう!」

講師 渡辺治さん(一橋大学名誉教授)

渡辺写真17-1

 渡辺治一橋大学名誉教授

日時 1月21日(日)14:00~

会場 宇部市男女共同参画センター・フォー・ユー3階軽運動室

会費 500円

主催 安倍9条改憲NO!全国市民アクションうべ

   宇部市常盤町1-1-9 緑橋教会内 TEL・FAX 0836-33-4404

   事務局 藤本一規 携帯 090-3747-2855

 

一気

 

ノーベル文学賞受賞作家・スベトラーナ・アレクシエービッチの「チェルノブイリの祈り」を読んでいます▼消防士の妻リュドミーラの証言は衝撃です。「夫に会いました。全身がむくみ、腫れあがっていた。目はほとんどなかった。(中略)この病院のほとんどの医師、看護婦、特に介護員はこのあと病気になり亡くなります。でも、このときはだれもそんなことは知りませんでした。」▼アレクシエービッチは、「チェルノブイリのことは忘れたがっています。最初はチェルノブイリに勝つことができると思われていた。ところが、それが無意味な試みだとわかると、くちを閉ざしてしまったのです。」と書いています▼人類は、チェルノブイリを忘れ、フクシマの事故を引き起こしました。人類は、再びフクシマを忘れようとしています。二度と原発事故を起こさないために、私は、原発再稼働と上関原発の建設に反対します。知事選は、上関原発反対の「くまのゆずる」さんを支援します。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする