環境と福祉の充実を目指して

かえる通信No31(2017年11月1日)[2017/11/01 水 AM 07:49]

市民と野党の共闘更に前へ

 

総選挙の結果について

 

 日本共産党山口県委員会委員長 佐藤文明

 

 党員、支持者のみなさんのご奮闘、ご支援にもかかわらず、中国ブロックで議席を守ることができませんでした。大変残念な結果になったことをお詫びしたいと思います。候補者を先頭にして私たちが訴えた憲法や戦争法廃止の問題、消費税に頼らない経済政策など政策では多くの有権者の共感を得ることが出来ました。それを結果に結びつけることができなかった私たちの力不足を克服しつつ、これからの活動に十分生かして捲土重来を期す決意です。
 直前になって野党共闘を分断する逆流が出てきたにもかかわらず、この総選挙では市民と野党の共闘が全国でも山口県でも大きく広がったことは今後にとって大変重要なことでした。3区では立憲民主党の坂本史子候補の要請を受け党候補者を降ろして一本化し支援することにしました。他の3つの区では「安保法制廃止、改憲反対」の候補者は日本共産党の候補者だけとなり、社民党からは推薦や支持を得て統一候補としてたたかいました。公示を控えて呼びかけられた「市民連合@やまぐち」にも多くの識者が参加し、党候補の応援に立ち上がっていただきました。わが党の候補者の街頭演説に社民党や市民連合のみなさんがかけつけ熱弁をふるっていただいたことは初めてのことであり、今後のたたかいにとって大きな財産になることは間違いありません。
 今度の選挙戦の教訓を生かし、訴えた公約の実現とともに、党の自力を大きくする活動にさらに本格的に取り組む決意です。

received_346885309055870_20171029153703

 総選挙をたたかった中国ブロック比例候補

 

阿武町演説会に180名集う

 

 11月7日告示(12日投票)で阿武町議選が行われます。阿武町で初の日本共産党の議席獲得に挑む、よねつ高明候補の勝利をめざし、10月28日、日本共産党阿武支部は、市田忠義副委員長を迎え、演説会を行いました。人口約3500人の街で、会場いっぱいの180名の人が参加しました。
 よねつ高明候補は、「町議会に送ってほしい」と決意を述べました。
 市田副委員長は、「新たな党の議席が生まれた地域では大きな変化が起こっている」とのべ、よねつ高明候補の必勝を訴えました。
 阿武町のお知り合いによねつ高明候補への支援を訴えていただきますようお願いいたします。

KIMG4135_20171028184922

 よねつ高明阿武町議候補と市田忠義副委員長

 

「ザ・思いやり」パート2

 

~希望と行動篇~宇部市上映会

 

日時 11月18日(土)午後2時~
会場 宇部市多世代ふれあいセンター
    3階第3講座室
料金 500円
主催 うべ憲法共同センター
      宇部市五十目山町15-2 山口民医連内
       ℡ 0836-35-9355
      事務局 藤本携帯 090-3747-2855

f4157fd60106efb29f7e9b47c6416b91

 リラン・バークレー監督

 

一気

 

私がPTA会長を務める厚南中学校の研修旅行で明太子の「ふくや」を訪ねた際、ふくや創設者・川原俊夫さんの次男・健さんが書いた「明太子をつくった男」を購入し読みました。健さんは、大学を卒業し銀行員。俊夫さんと「法人化」をめぐり口論がありました▼「高額納税者であることを誇るような口ぶりに、『税金を納めるのはバカじゃないか。もっと内部留保すべきだろう』というと、こっぴどく怒られた。『健、お前は道路を歩きよろう。橋も渡るやろう。道路も橋も税金でできとるったい』と。そのときは何を言っているのかと思ったが、父が他界して数年後、ある本で江戸時代の橋は、ほとんどが商人たちが個人の財力で架けたものだという記述を読み、ようやく父の気持ちが理解できた。税金を納めることで社会に貢献したかったのである」▼大企業の内部留保は400兆円。大企業に税金を応分に負担してもらうことは、当然のことだということが、よく分かりました。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする