環境と福祉の充実を目指して

総選挙始まる[2017/10/13 金 PM 08:44]

 10日から総選挙がスタートしました。

 私は、10日には岩国に泊まり、11日、12日は、鳥取県に泊まり、比例候補として活動していました。

 ブログの更新は、自宅のみにしています。

 10日の私の出発式での訴えの要旨を下記の通り掲載します。

出発式

 フジグラン宇部前での出発式で決意を述べる

・・・

 日本共産党比例中国ブロック候補の藤本一規です。お訴えします。

 今度の選挙の最大の争点は、安倍暴走政治をこのまま続けていいのかです。安倍自公政権が行ったことは、安保法制、秘密保護法、共謀罪、全てが憲法違反の法律を強行しました。憲法をないがしろにしてきた政権はかつてありません。沖縄の新基地建設を強行し、原発の再稼働を進める。こんなに民意を踏みつけにした政権はかつてありません。森友・加計疑惑、こんな異常な国政私物化疑惑にまみれた政権もかつてありません。憲法を壊し、民意を踏みつけにし、国政を私物化する。こんな暴走政治を続けていいのかが問われています。市民と野党の共闘の前進と日本共産党の躍進で、安倍政権を退場に追い込んで、国民の手に政治を取り戻しましょう。

 今度の総選挙は、消費税増税ストップが大争点です。安倍首相は、小税の増税分を教育、子育てに使うといいますが、国民の切実な願いを逆手にとって増税を進めることには反対です。15年に8%に増税し、41カ月たちますが、家計消費が前年同月比でプラスになったのは、たったの4カ月で37カ月はずっとマイナスです。安倍さんは、増税の影響は一時的といいますが、一世帯22万円の消費が落ち込んでいます。これで増税をやれば、家計も経済も壊すことになります。10%増税は中止すべきです。

 安倍政権の元で、労働者の実質賃金は10万円下がる一方で、大企業は400兆円を超える内部留保を積み増ししています。上位40人の富裕層の資産は安倍政権下で2000億円から4000億円に2倍になっています。1%のための政治ではなく、99%の政治を。消費税は大企業と富裕層に応分の負担を求める、民主的な税制改革で財源をつくるべきです。

 総選挙の争点の二つ目は、安倍9条改憲は許さないことです。安倍さんは、9条3項に自衛隊を書き込むとしています。政府は自衛隊は戦力にあたらない、必要最小限度の実力組織だ」と説明してきました。しかし、3項に自衛隊が書き込まれたら2項は空文化・死文化することになります。

 今度の選挙で、自民党、維新の会、希望の党が9条改憲を公約に掲げています。日本の平和にとって命運のかかった状況です。私は、自民党、維新の会、希望の党の改憲3党に改憲発議ができる3分の2を与えてはならないと思います。中国ブロックから改憲を許さない野党の4議席を。

・・・

 日々の活動は、フェイスブック・ツイッターを参照してください。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする