環境と福祉の充実を目指して

NNNドキュメント‘17「放射能とトモダチ作戦」[2017/10/10 火 AM 06:53]

 8日(日曜日)深夜放送されたNNNドキュメント‘17「放射能とトモダチ作戦」を観ました。

 この番組は、東日本大震災で救援活動「トモダチ作戦」に従事していたアメリカ海軍の兵士らが、福島第一原発事故が原因で被ばくしたとして東京電力に損害賠償などを求めている問題を追ったドキュメントです。

 トモダチ作戦では、アメリカ海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」に乗船していた約5000人の水兵たちが、東北地方の海域で被災者の捜索や救援物資の輸送など、約80日間にわたる救援活動を行いました。

 裁判に参加している原告は約400人。既に放射能による健康被害で9人が死んでしまいました。

 原告の一人、ウィリアム・セラーは、当時をこう振り返ります。「3月13日、午前8時頃、艦上で働いていたら、熱い空気の塊を感じた。アルミホイルを噛んだような鉄の味が口の中に広がった」。

 当時、福島第一原発では、炉心溶融が発生し、放射能が屋外に排出されました。

 当時の記録を照合すると、丁度、放射能が放出された帯の中に、原子力空母「ロナルド・レーガン」が居たことが分かります。

 NNNの取材に応じた原告の人たちに共通したのは、「3月13日に口の中で鉄の味が広がったこと、それ以降、下血がした」ことなどです。

 原告の一人は「福島の人たちを守る傘になるために裁判で勝訴したい」と語ります。

 私は、「トモダチ作戦」での被ばくの実態を知り驚愕しました。

 いよいよ今日から総選挙。日本共産党の原発・エネルギー政策を紹介します。

・・・

「原発の再稼働反対。原発ゼロの日本、再生可能エネルギー先進国をめざします」
☆再稼働せずに原発ゼロにすすみます
 どの世論調査でも、再稼働反対は国民の中の揺るがない多数派です。約2年にわたって「稼働原発ゼロ」となり、日本社会が原発ゼロでやっていけることも証明されています。「原発ゼロ」をめざすのであれば、再稼働は必要ありません。しかも、原発を再稼働すれば、計算上わずか6年で、すべての使用済み核燃料貯蔵プールが満杯になります。「核のゴミ」(使用済み核燃料)の問題を深刻化させるだけです。再処理をすればプルトニウムが出ますが、日本は、すでに国内外に47トンものプルトニウムを保有しています。ほんらい核拡散防止の観点から利用目的のないプルトニウムの保有はできません。
 ――「原発ゼロ」の政治決断を行い、原発の再稼働を中止し、すべての原発で廃炉のプロセスに入ります。再稼働させた原発は、停止します。原発の輸出をやめます。
 ――核燃料サイクル(プルトニウム循環方式)からただちに撤退します。再処理工場などの関連施設を廃止します。
原発再稼働のために福島事故を「終わったこと」にする政治は許せません
 東京電力福島第一原発事故から6年半たっても、6万8千人の福島県民が避難生活を余儀なくされています。福島の深刻な状況が続いているにもかかわらず、安倍政権は、原発再稼働と原発輸出のために、福島第一原発事故を「終わったこと」にしようとしています。
 ――被災者を分断する上からの「線引き」や「打ち切り」の押しつけをやめさせます。完全賠償と徹底した除染をすすめ、すべての被災者が生活と生業(なりわい)を再建できるまで、国と東京電力が責任を果たすことを強く求めます。
 ――東電まかせにせず、国の責任で、福島原発事故の収束に全力をあげること、徹底した情報公開を求めます。困難な作業にあたっている労働者の労働条件を改善します。
 ――子どもたちをはじめ、福島県民の健康をまもるため、国が責任をもって長期の健康診断を実施します。
 ――福島県民の総意である「福島第二原発を含む全基廃炉」を実行します。
☆2030年までに電力の4割を再生可能エネルギーで
 再生可能エネルギーの普及は世界の大きな流れです。「原発ゼロ」に踏み出したドイツでは、再生可能エネルギーが2015年に発電量の30%に達しました。日本の再生可能エネルギーによる電力供給はいま14~15%にすぎず、2030年度でも22~24%にすぎません(政府の「需給見通し」)。「原発固執政治」が、再生可能エネルギー普及の最大の障害となっています。
 ――2030年までに電力の4割を再生可能エネルギーでまかなう目標をかかげ、省エネ・節電の徹底と、再生可能エネルギー大幅導入の計画を立てて、実行していきます。
 ――電力会社による再生エネルギー「買い取り拒否」をやめさせます。家庭や市民共同のとりくみに、適正な買い取り価格を保障します。
 ――乱開発にならないよう、環境保全や住民の健康に配慮しながら計画的に推進します。

・・・

 被災者の生活と生業を再生できるよう、引き続き力を尽くします。

 福島県の人々の健康を守る政策をすすめます。

 上関原発をストップさせ、原発再稼働を許さず、原発ゼロの日本を実現します。

 皆さんは、原発をどうお考えですか。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする