環境と福祉の充実を目指して

香山リカ講演会[2017/09/24 日 AM 07:45]

 総がかり行動うべ実行委員会は、昨日、9・19安保法制強行「採決」2周年忘れない行動・香山リカ講演会を宇部市男女共同参画センターで行い、約170名の市民が集いました。

KIMG3487_20170924071707

宇部市内で講演をする精神科医の香山リカさん

 香山さんは、この20年を振り返り、グローバル経済の進展で、「成果主義」が激化して、「自己責任論」が隆盛する動きが高まったと振り返りました。一方で、歴史修正主義が勃興し、「愛国心の高まりと排外主義の芽生え」が高まったと振り返りました。

 その上で、香山さんは「この二つは、本来、矛盾するものであるが、安倍政治は、この二つを吸収してきた」と評価しました。

 香山さんは、安倍改憲を許さない「安倍改憲NO!全国市民アクション」の発起人の一人です。

 香山さんは、安倍政治の幼稚で反知性的な策動の中で「正気を保ち、あきらめないで、社会をよくしていく活動に取り組んでいこう」と訴えました。

 私は、総がかり行動実行委員会事務局長として今後とも安保法制強行「採決」を忘れない行動に取り組んでいくことや「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」に取り組んでいくことなどを訴えました。

 香山リカ講演会に多数の市民の皆さんがご参加下さいました。主催者の一人として心から感謝いたします。

 安保法制を廃止する運動、憲法9条改悪をさせない運動にこれからも粘り強く取り組んでいきたと決意を新たにする学習会でした。

 講演をしていただいた香山リカさんに感謝いたします。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする