環境と福祉の充実を目指して

蝉にたくして[2017/06/16 金 AM 09:26]

 二階堂和美さんの「にじみ」というアルバムを聴いています。

 この中に、「蝉にたくして」という歌詞を噛みしめています。

 「あの日もきっとこんな朝 光の中へ出ていった 八月に終わり 八月に誓う 生きてるいのちを 抱きながら 八月のなき声は 蝉にたくして 悲しみも悔しさも 蝉にたくして」

 広島県大竹市在住の二階堂さんは、広島の原爆投下の実態を数多く聞いてこられたのだと思います。

 広島原爆投下の数多くの悲劇を聞いた二階堂さんだからこそこのような歌詞が生まれたのだと思います。

 なぜ、戦争が、原爆投下が避けられなかったのか、悔やまれます。

 「共謀罪を廃案に!安倍改憲NO!6.13市民集会」で日本共産党の志位和夫委員長は、次のように訴えました。

 「何をしたら罪に問われるか」。犯罪の構成要件があまりに曖昧なために、権力による著しい乱用によって、暗黒社会をつくった最悪の治安立法を、日本国民は体験しています。1925年につくられた治安維持法です。この法律で、犯罪の構成要件とされたのは『国体の変革』でした。こういう、きわめて曖昧な要件にしたために、監視と弾圧の対象はどこまでも広がり、反対の声をすべて押しつぶして、侵略戦争への道を開いた。この歴史を、私たちは、決して忘れてはなりません。」

 今朝の読売新聞の「編集手帳」は、共謀罪成立について「心の内面が罰せられるとは思わないし、息苦しい世の中になるとも思わない。ましてや戦前の治安維持法を持ち出しての反対論は苦笑するばかりだ」と野党の論戦を批判しています。

 この記事は、安倍政権の「御用新聞」としての面目躍如といった感が否めません。

 先の集会での志位さんは、訴えは続きます。

 「金田法相が、この治安維持法を『適法に制定され、適法に執行された』と言い放ったことは絶対に許せません。安倍政権に問いたい。文学者の小林多喜二が虐殺され、哲学者の三木清が獄死した。虐殺と獄死が適法だとでもいうのか。このような勢力に共謀罪を与えるわけには断じていきません。」

 6月15日、共謀罪法は自民、公明、維新の賛成多数で強行可決・成立しました。

 二階堂さんは、「8月に誓う 生きてるいのちを 抱きながら」と核兵器のない社会の実現への願いを歌います。

 私は、6月15日に「生きてるいのちを 抱きながら」誓います。

 「共謀罪」法の廃止を!

 「共謀罪」法が可決・成立しました。皆さんの想いをお教え下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする