環境と福祉の充実を目指して

オスプレイの飛行が激しくなって事故が心配[2017/04/19 水 AM 07:06]

 17日(月曜日)のしんぶん赤旗「おはようニュース問答」にオスプレイの飛行が本土で激しくなった状況が分かり易く解説されていました。以下引用します。

 3月6日から17日まで群馬県と新潟県の演習場で、陸上自衛隊と米海兵隊の演習があって、6機のオスプレイが東京・多摩地域の米軍横田基地を拠点に参加しました。

 横田基地にオスプレイが6機飛来し、前後含めて18日間居座ったことは初めてでした。基地撤去を求める人たちが数えたら104回も離着陸していたそうです。

 長野県では千曲川・上越自動車道沿いの自治体や八ヶ岳近くの原村、県南部の南木曽町などから400件以上の目撃情報が堅調に寄せられています。山梨県や福島県でも目撃情報が寄せられています。

 日米演習とは別に、静岡県の東富士演習場で離着陸訓練や周辺えの低空飛行もしていました。

 3月に18日間、横田基地に居座ったオスプレイは、東京都、群馬県、新潟県、長野県、山梨県、福島県にかかる山岳地帯で飛行訓練をしたことが明らかになっています。

 沖縄県の米軍普天間基地に配備されているオスプレイが、東京都の横田基地まで飛行するためには、山口県の岩国基地を経由します。

 山口県岩国基地対策室が公表している「オスプレイについて」とする岩国基地への飛来状況を見ると、一目瞭然です。

 3月5日から7日、オスプレイは、岩国基地に6機飛来しています。

 基地対策室のメモには「6日に更に1機、7日に更に1機)が飛来、これらのうち5機は5日まで、別の3期は7日まで滞在」とあります。

 更に、3月22日、オスプレイは、岩国基地に6機飛来しています。

 詳細は不明な点も多いですが、横田基地にオスプレイが頻繁に飛来するということは、連動して岩国基地にも頻繁に飛来していることは明らかです。

 しんぶん赤旗の記事は「去年の暮れに、沖縄で落ちた飛行機でしょう。アメリカの海兵隊が最前線に兵隊を送り込むための飛行機で事故が多くて『未亡人製造機』といわれている。人口密集地の東京で事故を起こしたら怖いね。」「事故の危険や、米軍が戦争をする準備を日本でしていることは、沖縄だけの問題じゃないね。自分の問題として、きちんと考えないと。」と書いています。

 オスプレイの問題は、沖縄だけの問題じゃありません。私たちが住む、日本全体の問題だし、私が住む山口県にも関わる大問題です。ともにどうしたらいいのか考えていきましょう。

 アメリカが北朝鮮への軍事的圧力を強めている中で、オスプレイの日本全土での訓練が頻発している事実も重大な問題として受け止めなければなりません。

 日本の平和にとって切実な問題として、アメリカと北朝鮮が軍事対軍事にならないよう、外交的努力で解決していくことが切実に求められています。

 オスプレイの国内での飛行が激しくなっています。皆さんのご意見をお寄せ下さい。

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする