環境と福祉の充実を目指して

中国人実習生残業代支払いで調停成立[2009/10/23 金 PM 07:38]

 防府市の縫製会社で働いていた中国人実習生3人が、未払い賃金などの支払いを求める労働審判が山口地裁で20日に行われました。

 会社側が一人あたり約80万円支払うことで調停が成立しました。

 中国人実習生は、日本の労働法規が適応でないなどとして、これまで、同様の審判で実際に和解金が支払われることはなかったそうです。

 今日、お会いした彼女らを支援している県労連の役員の方によると「和解金が支払われるのは全国初ではないか」と話しをされていました。

 日本が戦前に中国に対してどんなに惨い仕打ちを行ってきたかは、私のブログで繰り返し取り上げてきました。

 しかし、最近の中国人研修生の実態は、戦前の歴史を繰り返すものです。

 誤りは改めるの立場で、今回のケースを教訓にして、今後、中国人研修生の労働条件が抜本的に改善されることを望みます。

 今日、私は、宇部地域労連の定期大会であいさつを行いました。

 全ての働く人びとが幸せな社会となるように、引き続き頑張る決意を新たにしました。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする