環境と福祉の充実を目指して

山陽小野田市民の要望を関係機関に伝える[2009/09/24 木 PM 09:54]

 本日、山陽小野田市の山田市議と一緒に、山陽小野田市民の願いを関係機関に伝えました。

 取り上げたのは問題は、次の二つですが、それぞれ400名を超える署名と一緒に要望しました。

 第一は、本山駅前交差点への道路照明設置の要望です。請願署名の内容は以下の通りです。署名は、宇部土木建築事務所長が受け取りました。

 

山口県宇部土木建築事務所長 様

 

 本山駅前交差点に道路照明設置の請願署名

 

【請願主旨】

 県道妻埼開作小野田線の本山駅前交差点は、宇部方面からやかな下りカーブで見通しがよいことから、高速で乗用車が走抜けていきます。 夕方から夜間は、この辺り一帯をたくさん住民が散歩で歩いていますが、住民から「道路横断で危険をじた。」「高速で車が迫ってきて怖い思いをした。」という声が上がっています。 また、駅利用者から「秋以降、夕方の電車降りると真っ暗になっていて怖い。」などの声もありました。

 そこで、本山駅前交差点に安全確保のために道路照明を設置して下さい。

【請願事項】

      1,本山駅前交差点に道路照明を設置していただきたい。

 

 第二は、きらら交流館前信号機に盲人用信号設置の請願署名です。請願署名の内容は以下の通りです。署名は、小野田警察署交通課長らが受け取りました。

 

 山口県公安委員会 様

 

 きらら交流館前信号機に盲人用信号設置の請願署名

 

【請願主旨】

 きらら交流館前には、信号機が設置してありますが、盲人用信号機がありせん。 近所に住んでおられる住民から「目が弱く、ものがよく見えませんが一日中家に閉じこもるわけにもいかず、調子の良いときには焼野海岸の散歩行くことがあります。そのときに信号機を渡りますが、信号が赤なのか青なのハッキリと見えず、他の人に手を引かれて渡っています。ぜひ盲人用信号機をつけて欲しい。」このような要望が上がっています。

 この信号機は、きらら交流館側から出る際には、対面する信号機がなく出りが自由になっており、「横断中に危ない思いをした。」という住民の声もありす。そこで急いで盲人用信号機の設置を求めます。

【請願事項】

1,きらら交流館交差点信号機に盲人用信号機を設置していただきたい。

DSCN0454 (2).JPG

   宇部土木建築事務所に要望を届けました。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする