環境と福祉の充実を目指して

稲田防衛相疑惑の白紙領収書[2016/08/25 木 AM 07:58]

 しんぶん赤旗日曜版(14日号)は、「開示請求で編集部が入手した、稲田氏の資金管理団体『ともみ組』の政治資金収支報告書に添付してある領収書の写し(2012~14年分)。その中に金額、宛名、年月日が同じ筆跡の領収書が大量にありました(写真)。自民党議員らの政治資金パーティーの会費を支払った証明として、稲田氏側から受け取ったものです。編集部は、領収書に記載された文字の鑑定を筆跡鑑定人の天野瑞明氏に依頼しました。天野氏は断言します。『別々の議員が出した領収書なのに、金額を描いた人は、同一人物だ。これらの筆跡は、ともみ組の収支報告書を書いた人物と一致する』鑑定結果を踏まえ、稲田氏の事務所に質問すると回答しました。『同僚議員の励ます会に祝儀袋を持っていくと、金額が入っていない白紙の領収書を渡される。金額は稲田事務所の事務担当者(会計責任者)が書き入れている。(実際に支払った金額と)間違った金額を書いているわけではない』白紙の領収書に稲田事務所で金額などを書き込んだことをあっさり認めました。」

 日曜版のスクープがマスコミの注目を集めていることが今朝のしんぶん赤旗日刊紙に掲載されて。います

 「写真週刊誌『フラッシュ』は9月6日号で日曜版によるととして、稲田氏の領収書疑惑を『現役閣僚、元首相もグルだった!?政治資金をめぐる自民党の『非常識』と報道。同誌の取材に、高市早苗総務相、山本有二農水相、丸山珠代五輪担当相の事務所が、稲田氏側に白紙領収書を渡したことを認めています。」

 「『日刊ゲンダイ』(24日付)も日曜版を引用して、稲田氏に『政治資金の使途に大問題が発覚している』と紹介。『ズサンすぎる政治資金』と批判しています。」

 今朝のしんぶん赤旗日刊紙は、「総務省政治資金課の『国会議員関係政治団体の収支報告の手引』には、『法における《領収書等》は、当該収支の《目的》、《金額》、《年月日》の三事項が記載されていなければ、法の《領収書等》に該当しません』と記載しています。白紙領収書は法が定める『領収書等』にあたらず、国会議員関係政治団体の領収書の徴収を求めている政治資金規正法に違反する疑いがあります。」と締めくくっています。

 赤旗日曜版のスクープがマスコミに大きな波紋を与えています。

 稲田氏を始め、疑惑が明らかになった自民党国会議員は、指摘されている問題について国民に説明を行う政治責任があるのではないでしょうか。

 皆さんは白紙領収書が自民党で横行しているとの指摘をどのようにお考えですか。ご意見をお教え下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする