環境と福祉の充実を目指して

2016年原水爆禁止国民平和大行進[2016/07/24 日 AM 07:25]

 2016年原水爆禁止国民平和大行進が昨日、宇部市を通過しました。

 宇部市役所前で出発式が行われ、宇部市長のメッセージなどが読み上げられました。

 行進の前に、参加者みんなで記念撮影をしました。

KIMG3868

国民平和大行進集会参加者一同で記念撮影しました

 市役所前では、藤崎総務管理部長と中野議会事務局長も行進に参加しました。

KIMG3869

 藤崎部長、中野議会事務局長も市役所前を行進

 通し行進者は、沖縄から広島までのコースを歩いておられる山口逸郎さん、長崎から広島まで歩いておられる竹田昭彦さんと五十嵐成臣さん、宮崎から広島まで歩いておられる小林和江さん、国際青年リレー行進参加者の韓国の大学院生、キム・ジョングンさん、県内通し行進者の横井霞さんです。出発式で6名の方が一言づつ挨拶をされました。

 山口逸郎さんは、85才。映画製作に今でも携わっており、昨年の国民平和大行進を「一歩でも二歩でも」という映画にまとめました。

 竹田昭彦さんは、77才。60歳で定年になった2001年から毎年、全国の国民平和大行進を歩き、2012年までに47都道府県を歩きました。

KIMG3861

 47都道府県全ての平和行進を歩いた竹田さん

 私は、小林和江さんと歩きながらいろいろお話をしました。小林さんは、静岡県平和委員会の役員でもあり、静岡県内の演習場の状況などをお聞きすることが出来ました。

 私も可能な限り、毎年、国民平和大行進に参加していますが、今年は、多くの通し行進者の皆さん方に大いに励まされました。

 核兵器廃絶を広げる夏にいたしましょう。

 国民平和大行進に関する想いをお教え下さい。

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする