環境と福祉の充実を目指して

戦争法施行[2016/03/29 火 PM 03:06]

 戦争法=安保法制が29日午前0時に施行されました。昨年9月、圧倒的な国民世論を踏みにじり、自民・公明などの数の力で成立した同法は数多くの問題点を抱えたままです。戦争法は施行に値しない戦後最悪の違憲立法であり、同法の廃止は急務です。

 うべ憲法共同センターは、今日、戦争法の施行に抗議し、恩田交差点付近で宣伝行動を行いました。

KIMG2597

戦争法施行に抗議する憲法共同センターの行動

 25日参議院予算委員会で、仁比参議院議員は、安倍政権が安保法制=戦争法と同時進行で、有事の際に民間船員と船舶を動員する計画をすすめている事実を明らかにし、その撤回と戦争法の廃止をつとく迫りました。

 防衛省は、11日、特別目的会社「高速マリン・トランスポート」と2025年までの事業計画を締結しました。

 仁比参院議員は「商業輸送を行いつつ、自衛隊の任務遂行に必要な場合には優先的に船舶を確保するのだ」と指摘。

 弾丸、ロケット、洗車まで運ばせることを明らかにし、「民間フェリーで兵たんを行うもので、攻撃の対象にされることになる」と強調しました。

 仁比参院議員は、民間フェリーに乗り込む船員を予備自衛官として確保するため、海上自衛隊が4月に一般社会人や学生を予備自衛官補として採用する制度を導入することをあげ、全日本海員組合が「事実上の徴用だ」と抗議するのは当然だと指摘しました。

 仁比参院議員は、政府は「志願」というあ、教育訓練終了後に、予備自衛官に任用されれば、防衛召集された際に自衛官となり、出頭を拒否すれば3年以下の懲役・禁錮が科せられると強調しました。

 仁比参院議員は、昨年4月に合意した「日英軍事協力の指針(ガイドライン)」が「民間が有する能力を適切に活用する」と明記していることを取り上げ、「重要影響事態や存立危機事態で米軍の人員や物資の輸送を行うのではないか」とただすと、中谷防衛相は「そういう事態は排除せきない」と認めました。

 戦争法施行に合わせ、民間船舶を有事の場合に動員する体制が整備されようとしています。

 皆さんはどうお考えですか。

 戦争法施行についてどうお考えですか。お教え下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする