環境と福祉の充実を目指して

甘利大臣が辞任[2016/01/29 金 AM 06:07]

 甘利昭経済再生担当大臣や秘書が千葉県の建設会社側から1200万円の許与を受けたとされる疑惑で、甘利氏は昨日、内閣府で会見し、自ら現金を受け取ったことを認めた上で、閣僚を辞任すると発表しました。

 しかし、口利きは否定するなど疑惑は深まっており、さらなる真相解明と安倍首相の任命責任が問われます。

 今朝のしんぶん赤旗日刊紙には、税理士で立正大学法学部客員教授の浦野広明さんがこの問題でコメントしています。

・・・

 甘利氏は記者会見で建設会社の総務担当者らと面会し、現金50万円を2回にわたって直接受け取ったことは認めました。そのうえで、一般的な政治資金であり、口利きの依頼や見返りではないと弁明しました。しかし、こうした場合、カネを渡した側がどのように認識していたかが重要です。甘利氏の弁明は言い逃れであり、賄賂性への疑いは晴れません。

 秘書が受け取った500万円のうち、300万円については返そうとしたが返せず、使ってしまったと言う説明は、なんとかつじつまの合う筋書きを考えたのでしょうが、にわかに信じがたい印象です。

 受け取ったカネを全部返還するともいっていますが、借金ではない以上、いったん受け取った不明朗なカネを返したからといって免罪されるものではありません。泥棒したカネを返しても罪は消えないのと同じです。

 閣僚辞任は当然ですが、辞任で幕引きは許されません。安倍首相の任命責任はより重くなったというべきです。

・・・

 甘利大臣が辞任しました。皆さんは、この問題をどのようにお考えですか。お教え下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする