環境と福祉の充実を目指して

甘利大臣疑惑[2016/01/22 金 AM 09:24]

 甘利経済再生相と秘書が、千葉県の建設会社S社側から口利きの見返りとして現金や飲食接待を受けた疑いが浮上しています。

 政治資金オンブズマン共同代表の上脇博之・神戸学院大学教授は、今朝のしんぶん赤旗日刊紙に次のコメントを明らかにしています。

 「報じられていることが事実だったとすれば極めて重大です。第一に政治資金規正法違反の可能性があります。2013年に500万円を受け取って領収書を2枚は発行するという不自然な処理をしています。領収書を2枚用意した時点で真実の報告をする気がなかったわけです。残り約400万円のうち100万円は元秘書の県議の支部への寄付だったとしても、残り約300万円は収支報告書に未記載です。翌年に処理したとしても、収支報告書の記載は169万円で、つじつまが合わない。明らかな虚偽記載です。甘利氏の秘書は、受け取った金をパーティー券で処理したと弁明しました。しかし、S社側は、「パー券を買います」とは言っていない。政治資金規正法でパー券には政治資金集めの目的のパーティーと明記しなければなりません。献金者の意思を無視して、受け取った側が勝手に都合よく更処理することは許されません。第二に、刑法のあっせん収賄罪か、あっせん利得処罰法のあっせん利得罪のいずれかが該当する可能性があります。報道によるお甘利氏側は、お金を受け取ったのみならず、URに働きかけて口利きをした可能性があります。UR職員はみなし公務員なので、あっせん収賄罪、それに至らなくてもあっせん利得罪となる可能性があります。典型的な自民党議員の口利き問題です。甘利氏本人が50万円を2回、計100万円を直接受け取っているので、秘書だけの責任にはできません。また、飲食費や遊行費を秘書がS社にたかっています。業者との癒着の構図が生まれており、政治的・道義的にも問題です。甘利氏の政治団体をみると、多くの業者が献金をしています。業者との癒着は、S社だけの問題なのか、氷山の一角なのか、真相解明が求められます。安倍首相は大臣に任命した以上、責任がありますから、内閣として調査して真相を明らかにすべいですし、任命責任も問われます。安倍首相らは個人の責任にしようとしていますし、甘利氏も秘書個人の責任にする恐れがあります。あまりにも姑息です。甘利氏は大臣の辞任はもちろん、議員も辞職すべきです。疑惑はそれほど重大な問題なのです。」

 甘利大臣疑惑の問題を皆さんはどうお考えですか。お教え下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする