環境と福祉の充実を目指して

「宗教人と日本共産党との懇談会」いよいよ今日開催[2015/12/02 水 AM 07:32]

 本日、午後2時から山口市小郡ふれあいセンター2階集会室で、宗教人と日本共産党との懇談会が行われます。

 日本共産党を代表して笠井亮衆議院議員が参加します。

 私は、浄土真宗本願寺派常光寺総代として、8人の呼びかけ人の一人として懇談会の準備にあたってきました。

 今日は、事務局として司会を務めることになっています。

 今日の懇談会は、結論を出す会ではありません。まさに、懇談会ですので、日頃の疑問やご意見を率直に出していただければと思っています。

 また、宗教に関わっておられない方もご参加いただき、日頃の疑問をぶつけていただければと思います。

 「宗教人と日本共産党との懇談会」に多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

 西本願寺前門主大谷光真さんの「人生は価値ある一瞬」から今日も少し引用したいと思います。

 「役立つものが真実か」の中で大谷前門主は「役立つものが必ずしも真実なものとはかぎりません。役立つものばかりを追い求めていると、しまいには弱い立場の人間を『役に立たないから』と切り捨て、友人までも自分の利益追求の手段としか考えない悲しい人間になりかねません。」「よい社会とは、できるかぎり暴力を使わないで成り立つ、格差の少ない世の中のことです。人は誰でもこころの奥では、お互いが助け合っていきたいと思っていますが、現実は程遠い社会になっています。ここでも『仕方がない』と諦めるのではなく、自他ともにという視点から社会の現実を照らしていくことが大切です。」「世の中の不公正をなんとか改めようと努力している若者もたくさんいます。そうした自他ともにこころ豊かに生きられる社会を目指す若者の働きに学びたいと思います。」

 私は、この日曜日。シールズ関西の学生の方々の話しをお聞きし「世の中の不公正をなんとか改めようと努力している若者」に励まされました。

 昨日、「2015ユーキャン新語・流行語大賞」が発表されました。トップテンに「アベ政治を許さない」と「SEALDs」が入りました。

 今日は、「豊かに生きられる社会を目指す」宗教人の方々と今日は大いに語り合いたいと思います。

 懇談会の様子は、明日以降の本ブログで紹介していきたいと思います。

 それでは会場でお待ちしています。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする