環境と福祉の充実を目指して

市議補選勝利に向けての決起集会[2009/05/23 土 PM 08:28]

 本日、宇部市議補選勝利に向けての決起集会が、福祉会館で行われました。

 私は、選挙情勢を報告しました。

 日本共産党は、この間、宇部市民アンケートに取り組んできました。現在までに約200通のアンケートが返送されてきましたが、「暮らしは以前と比べて苦しくなった」と答えた人が76%もありました。「良くなった」と答えた人は、わずかに5人でした。具体的な声を紹介します。
 「パートで働いていたが全員解雇に。職安はいつもいっぱい。このままでは子どもの教育費が出せない」(40代女性)
 「年金は減るばかりなのに、国保料や介護保険料は上がる。いまは元気だが病気になったらどうして暮せばいいのか。考えるだけで具合が悪くなる」(70代女性)
 これら市民の悲痛な叫びに答えていくのが、今度の選挙の最大の意義だと私は訴えました。

 私は、今日の宇部市政は、市民の悲痛に背を向けていると訴えました。その象徴が、福祉医療費助成制度に対する宇部市の態度です。
 昨日、県厚政課が、県内の20市町のうち15市町が独自に制度を設け一部負担金を導入せず、無料化を継続する方針を固めたことを明らかにしたという報道がありました。
 同時に、一部負担金を導入するのは、宇部市だけだと報道されています。
 私は、こんな冷たい市政は変えていくしかないと訴えました。

 私は、宇部市は、お金がないとは言わせない例はたくさんあるとして、宇部湾岸道路問題を訴えました。宇部湾岸道路は、わずか4キロの道路に860億円かけています。宇部市の負担が、平成20年度までに、46億2千万円、これから5億4千万円。合計51億6千万円です。
 この道路は、住民から喜ばれているのかと言えばそうではないということが、昨日の宇部日報に掲載されました。
 宇部湾岸線は、西に向いていくと、宇部興産道路の所で途切れています。2階建てですので、二階に上がる梯子がいる。そこで、出てきたのが、興産道路の買収です。興産道路の半分を県道として買う工事がこれから行われようとしています。この計画では、宇部興産道路の西側に1車線増やすことで、道路が住宅に近づきます。
 宇部日報は、「沿線住民、騒音など懸念」とし「拡幅に反対する主な理由は、道路が住宅に近づくことで、騒音、振動、風向きが変わるというもの」と書いています。
 また、興産道路なら午後9時以降の車の使用はされませんでしたが、県道になると24時間の車の使用が可能です。
 このことを宇部日報が「『安眠が妨げられ、粉じんや排ガス、雨水の飛散も増える』と不安が根強い」と報道しました。
福祉医療費助成制度の一部負担金を無くすために、宇部市が1年間に必要な財源は、1億2千万円です。湾岸道路の市の負担51億円あれば、これら、40年以上福祉医療費助成制度の無料化継続することが出来ます。
 私は、「住民が望まない湾岸道路などの無駄を削って暮らしにお金を回せ」と訴えました。
 

 決起集会では、各団体から五島候補への応援演説が行われた後、五島候補が訴えを行いました。

 五島候補は、「市民アンケートには、市民の悲痛な叫びが多数寄せられた。私は、安心して暮らせる社会保障の実現が必要だと痛感している」「受益者負担論や自己責任論を乗り越えて、安心して暮らせる宇部市を実現するために全力を尽くしたい」と決意を表明しました。

 09.5.23 005.JPG

    決起集会で決意表明を行う五島候補

 

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする