環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2018年 04月 ]

映画「羅生門」 [2018/04/30 月 AM 08:44]

 黒沢昭DVDコレクション⑥「羅生門」を観ました。

 マガジンには、本作のエピソードが書かれています。

 「1950(昭和25)年8月26日に封切られた本作は、同年のキネマ旬報ベスト・テンで5位に留まるなど、当時の評価は芳しくなく、制作を推進した大映の重役やプロデューサーは左遷されたという。しかしその一方、イタリーフィルム社の女性社長ジュリアーナ・ストラミジョーリは『羅生門』に感激し、ヴェネチア国際映画祭への出品を大映に打診。大映側が渋ったため、自費で字幕をつけて出品したところ、公開翌年の9月0日、見事に最高賞である金獅子賞を獲得したのである。パリ在住の彫刻家・高田博厚が『文芸春秋』に寄稿したルポによると、会場には関係者どころか日本人が一人もいなかったため、困った主催者側は、急遽、付近を歩いていた小柄な東洋人にタキシードを着せ、『日本代表』として表彰式に出席させた。すると、前年のグランプリ作『裁きは終わりぬ』(1950)のアランド・カイヤット監督がその東洋人の手を振りながら『羅生門』を賞賛。この光景を見た周辺のマスコミが大柄なアイヤットを県傾斜と勘違いし、撮影した写真を各国へ配信するという珍事が巻き起こったのである。そして、映画祭への出品さえ知らされていなかった黒澤明監督は、後日、『日本映画を一番軽蔑していたのは日本人だった。その日本映画を外国に出してくれたのは外国人であった。これは反省する必要はないか、と思う』と述べている。」

 黒澤監督は、本作について「虚飾なしには生きていけない、死んでも虚飾を捨てきれない人間の罪の深さを描いている」と述べていたとマガジンにあります。

 黒澤監督の言葉を念頭に置いて映画を思い起こし、原作である芥川龍之介の「藪の中」を読み直すと多襄丸と真砂と金沢の語りの意味がよく分かり金沢殺しの真相が分かってきます。

 多襄丸は「わたしの太刀は二十三合目に、相手の胸を貫きました。」と証言しています。

 多襄丸は金沢を殺したと証言しています。

 真砂は、「わたしはほとんど、夢うつつのうちに、夫の縹の水干の胸へ、ずぶりと小刀を刺し通しました。

 真砂は金沢を殺したと証言しています。

 金沢は、「おれはそれを手にとると、一突きにおれの胸へ刺した。」と証言しています。

 金沢は自殺したと証言しています。

 金沢が死んでいる事実の前に、多襄丸、真砂、金沢の証言のうち、二人の証言が虚飾なのです。

 真実を語っているのは誰なのか、芥川龍之介は読者に答えを委ねているのでしょう。

 マガジンに漫画家・弘兼憲史さんのインタビューが掲載されていました。

 この中で弘兼さんが「僕は『羅生門』の多襄丸と『七人の侍』の菊千代のキャラクターに共通点を感じるんです。どちらもコメディー・リリーフ的な役回りで、三船敏郎がわかりやすいオーバーアクトで演じています。内容がやや難解な『羅生門』では『ハッハッハッハッ・・・・」と豪快に笑う多襄丸のキャラクターが、作品に明るさをもたらしていますね。」と述べています。

 私もこの点は全く同感です。二つの作品で、三船敏郎の弾けた演技が秀逸です。

 芥川龍之介と黒澤明が合作が映画「羅生門」でしょう。世界が認めた映画「羅生門」は、難解ですが、人間の罪の深さを描いた歴史的大作です。

 この連休はあれこれ用事の多いですが、合間、合間で黒澤明の映画を観て過ごします。

 次に観るのは、黒澤明監督晩年の大作「乱」です。

 黒澤映画に対する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

「藤本かずのりさんを囲む会」IN荒滝 [2018/04/29 日 AM 07:55]

 昨日、宇部市吉部・荒滝自治会館で、「藤本かずのりさんを囲む会」を行いました。

 25名の方々にお集まりいただきました。・

荒滝つどい

 荒滝自治会館で私を囲むつどいを行いました

 藤本光明自治会長にご挨拶をいただいた後、私が30分程度お話しました。

 私がお話しした要旨は以下の通りです。

・・・

 藤本かずのりを囲む会にご参加の皆さん今日は誠にありがとうございます。まず、荒滝自治会館をお貸しいただきました藤本光明会長はじめ、荒滝自治会の皆さんに心から感謝いたします。

日本共産党山口県委員会は、4月12日に、県庁で記者会見を開いて、来春の県議候補を発表しました。下関市の木佐木県議、山口市の河合県議、岩国市は新人の松田かずしさん、そして、宇部市は、私が候補者となりました。前回の選挙、次点に終わりましたが、議席を取り戻す決意です。
 この間、宇部市PTA連合会会長を務め、今、西宇部校区人権教育推進委員協議会会長を務めています。浄土真宗本願寺派宇部北組門徒総代会会長を務め、現在、山口教区会議員を務めています。幅広い市民と野党が結集して「戦争させない!9条壊すな総がかり行動うべ実行委員会」が結成され、事務局長を務めています。
 社会教育諸団体での経験、お寺のお世話をする中での経験、市民と野党の共同をすすめる中での経験、そして、宇部市議2期、山口県議4期務めてきた経験を最大限に生かして必ず議席を奪還する決意です。
 選挙までの1年間、このような集いを網の目のように開いていきたと思っています。つどいの最初に、故郷・荒滝の地を選びました。故郷の皆さんのお力で私を5期目の県議の座に押し上げてください。
 さて、国政は、異常事態です。いま起きている一連の疑惑・不祥事で共通しているのは行政府が国会に対してウソとごまかしで進めようとしていることです。加計学園では、官邸で加計関係者と会ったことを示す愛媛県作成の文書や政府内でやり取りされたメールが発見されているのに柳瀬氏が『記憶にない』と強弁しています。
 セクハラ暴言問題でも、福田前財務事務次官は、音声データの報道に加えて、テレビ朝日が自社の女性社員が被害を受けたことを明らかにしても、いまだに事実を求めず、居直り続けています。昨日財務省は、福田前次官のセクハラは認定し懲戒処分としましたが、福田氏麻生氏は謝罪していません。麻生財務大臣の辞任がどうしても必要です。
 国民主権も民主主義も壊す大問題の中心には、安倍政権の強権政治と国政私物化があります。強権政治・私物化を隠すために、改ざん隠蔽ねつ造が繰り返される。政治の悪循環を正すためには、安倍政権を退陣に追い込むことが大切だと思います。憲法には、国民主権と書かれてあります。安倍政権の総辞職を求め当たり前の政治を取り戻していきましょう。
 さて、県議会議員候補として山口県政の問題を指摘したいと思います。
 山口県政のホットな問題の一つ地上配備型ミサイルシステムの「イージス・アショア」についてお話します。資料1をご覧ください。4月8日の山口新聞です。まず、日本の弾道ミサイルシステムについてみていきたいと思います。日本に弾道ミサイルが飛んできた場合、海上自衛隊のイージス艦と地対空誘導弾パトリオットの二段構えで迎え撃っていたのですが、これに加えて配備しようというのが地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」です。
安倍政権は、2023年までに、イージス・アショアを秋田市と萩市に配備しようとしています。
 山口新聞は「『深刻な脅威』としてきた北朝鮮の情勢も急速に対話へと動く。防衛省筋は、5月までの米朝首脳会談で核・ミサイル廃棄への動きが進むようだと、野党や関係自治体から導入に懐疑的な声が高まりかねない、とみる。」と報じています。
 昨日、韓国文(むん)大統領と北朝鮮金(キム)委員長が「板門店宣言」に署名しました。板門店宣言は、「完全な非核化を通じて核のない朝鮮半島を実現する」「朝鮮戦争の終結」する内容です。
 県議会だより1面にあるように、知事選直後の記者会見で、村岡知事は、イージス・アショア配備について「協力すべき」と述べています。
 イージス・アショアは、ミサイルを迎え撃つ迎撃システムだけではなく、北朝鮮に直接ミサイルを撃つ巡航ミサイルも撃つことのできる基地になろうとしています。政府は、「他国を攻撃するような攻撃的な脅威を与えるような兵器を持っていることは、憲法の趣旨とするところではない。」と答弁してきました。憲法違反の適地攻撃能力を保持する「イージス・アショア」を萩市に配備すべきではありません。
 ちばてつやさんの「ひねもすのたり日記」を読みました。ちばさんは満州からの引き揚げ者。敗戦からそのひと冬で18万人から20万人の引き揚げ者が命を落としました。帰国し父の実家に着いた時ちばさんは、「ここはもうなんの心配もしなくていい安全な場所なんだ」と思ったと書いています。子どもたちが戦火を逃げまどうことがない社会を続けましょう。
東アジアの平和のためにも、拉致問題の解決のためにもイージス・アショアの配備は必要ありません。
 次に中山間地域をどう守るかについて考えたいと思います。
 資料3は毎日新聞の記事です。国立社会保障人口問題研究所の将来推計人口をみると山口県の人口は、2015年140万人だったものが、2030年は123万人、2045年は2045万人と大幅に減少しています。
 しかし、大規模開発計画が立案されています。県内では、下関北九州道路に建設や山陰道などの高速道路網の整備や宇部港などの大型港湾整備などが目白押しです。そして今年は「山口ゆめ花博」などが開かれます。
 巨大開発にのめりこむ一つの動機が「インバウンド」を増大させることです。インバウンドとは、外から人を連れてくるというものです。
 外から人が来るからと言って大型開発や大きなイベントばかりを行って事業は成功するのでしょうか。中国四国九州と周辺の人口も減少しています。個人消費が冷え込んでいる最中に、事業の再検討が必要です。
 もう一つは、コンパクトシティということが言われています。宇部市では今年度中に「立地適正化計画」を策定しようとしています。コンパクトとは、周辺部を集約し、都市部の開発を進めるものです。
 インバウンドを進めるためにも、コンパクトを進めるためにも、財政が必要です。自治体も財政難のため起債に頼ることは出来ず、行財政改革によって財源を捻出しようとしています。
山口県には1兆2千478億円の県債残高があります。2013年の1兆2千833億円をピークに若干減少していますが、未来の子どもたちのお金を使い続けています。
 県は、「行財政構造改革」を2022年まで取り組むとしています。県の定員を657人削減する。その内、教育職員が470人。県事業のうち177事業を削減する。県有施設を廃止する計画もあります。
 「行革」で生み出した財政はどう使うのでしょう。これが、周辺部の私たちに回るのではではなく、大型道路や港湾の開発や中心部の開発に回るのなら問題です。
資料4を見て下さい。これは、宇部市の立地適正化計画の中の資料です。コンパクトなまちにしなければ、大変なことになるとしています。しかし、資料5を見てください。これは、奈良女子大学の中山徹教授の「人口減少と大規模開発 コンパクトとインバウンドの暴走」という本からの引用です。人口が減少している中で、開発を進め、財源確保のために、市民向け予算を削り、更に開発を進め、事業が破綻したら、市民の生活や地域経済は低迷し、自治体が危機的な状況になります。
 中山先生は、「大規模開発に頼らず、少子化対策を進め、農林漁業や再生可能エネルギー、福祉で雇用確保することが必要、開発型自治体ではなく、市民共同自治体を目指すことが必要と書いておられます。
 一つは、「米作って飯食えねえ」という状況を改善していくことです。
 安倍政権は1億総活躍社会といいながら米直接支払い制度を完全になくしました。日本共産党は10アール1万5000円の直接支払い制度を復活させ米価が60キロ2万円を上回るような対策を講じます。
 萩市は高校卒業するまで医療費を無料にしました。山口県は、13年前から小学校に上がるまでです。
福島県や鳥取県は、高校卒業するまで医療費は無料です。
 安心して子どもが生み育てられる山口県を作っていきたいと思います。
「コンパクト」「インバウンド」と言いながら結局、地方と取り分け中山間地域を切り捨てる「地方行革」に反対し、県民が主役の山口県を作っていくために力を尽くします。
 これからは皆さん方からご要望をお聞かせいただければと思います。

・・・

 鳥獣被害対策のためのイノシシの柵をやり直すための行政の補助について要望が出されました。

 また、若者定住促進について意見が出されました。

 故郷の皆さんに多数参加いただき感謝しています。

 誠心誠意これからも活動を続けていこうと決意を新たにしました。

 皆さんの周りで藤本を囲む会を開いていただけないでしょうか。

 可能の方は、本ブログのトップページの「問い合わせ」のところからご連絡ください。

ひねもすのたり日記 [2018/04/28 土 AM 07:04]

 NHKラジオ「すっぴん」で高橋源一郎さんと漫画家・ちばてつやさんの対談が放送されていました。

 その中で、ちばてつやさんが18年振りに新作の連載をされていると聞きました。

 「ひねもすのたり日記」です。

 ちばさんは、現在79歳。満州で終戦を迎え、7歳の時に帰国が叶いました。

 「ひねもすのたり日記」には、満州から引き揚げる時の痛苦の経験が丁寧に描かれています。

 中でも、仲良しだった先輩のキョウちゃんが引き揚げ船で突然命を落とし、遺体を海に流すシーンは胸がつまります。

 「敗戦の『8月15日』から・・・たったひと冬だけで、引き揚げ者のうち、18万から20数万の日本人が死んだそうです。」と書かれた一文を私たちは決して忘れてはならないと思いました。

 この本は、戦争とは何かを知る貴重な資料です。

 同時に、水木しげるさん手塚治虫さんとの思いでや、漫画家仲間との交流など思わず笑いこけてしまう内容でもあります。

 更に、高齢者としての日々の想いが綴られています。

 ちばさんは、文星芸術大学で教鞭をとっています。大学での様子も描かれています。

 大学は違いますが、次男が同じような芸術系大学に通っているので、共感を抱きます。

 「ビックコミック」で今も連載中のちばてつやさんの「ひねもすのたり日記」引き続き読んでいこうと思います。

 ちばてつやさんは「あしたのジョー」などを世に出した大御所漫画家です。

 ちばさんの今までの作品にも触れてみたいと思います。

 「あしたのジョー」も連載開始から50年になるそうです。

 ドラマや映画も出ていますので観ていきたいと思います。

 「ひねもすよたり日記」単行本第一巻の終わりは、ちばさん家族が父からの実家に到着し、大歓迎を受けるシーンです。

 ちばさんら子どもたちは、たらふくスイカを食べて眠たくなっています。

 「ここはもうなんの心配もしないてもいい安全な場所なんだ」「久しぶりに深い深い眠りの底に落ちていきました。」

 私たちの子どもたちが、戦火を逃げまどうことがないような社会を未来永劫続けなければならないと心新たにしました。

 歴史的な南北会談が行われました。平和が一番ですね。

 ちばてつやファンの皆さん、一押しのちば作品をお教え下さい。

コンパクトとインバウンドの暴走 [2018/04/27 金 AM 07:35]

 奈良女子大学教授の中山徹さんの「人口減少と大規模開発 コンパクトとインバウンドの暴走」を読みました。

 議会から離れて3年。直接、行政の方々から説明を受ける機会が少なくなっているから見えてくる点もあるのかも知れません。

 最近、コンパクトとインバウンドという言葉が溢れ違和感を持っていた時に、しんぶん赤旗の本の宣伝文を見て、この本を注文し、ここ数日で一気に読みました。

 この本に今の自治体が置かれている構造が詳らかにされていました。

 この本の「はじめに」に本書に意図が書かれています。

 「普通に考えますと、人口減少が進めば、大規模な開発計画は下火になりそうです。ところが人口減少が本格化しているのと反比例する形で、大規模開発計画があちこちで立案されており、まだまだ増えそうな勢いです。なぜこのような奇妙なことが起こっているのでしょうか。」「自治体が大規模あ開発にのめり込む一つの動機はインバウンドを増大させるためです。」「自治体が大規模開発にのめり込むもう一つの動機はコンパクトです。」

 山口県の人口は、2015年140万人だったものが、2030年は123万人、2045年は2045万人と大幅に減少しています。しかし、あちこちで、大規模開発計画が立案されています。県内では、下関北九州道路に建設や山陰道などの高速道路網の整備や宇部港などの大型港湾整備などが目白押しです。そして今年は「山口ゆめ花博」などが開かれます。

 山口県で巨大開発にのめりこむ一つの動機が「インバウンド」を増大させることだということが分かります。

 中山さんは、「地域経済が衰退している最大の理由は個人消費の低迷です。日本経済全体で個人消費の占める割合は約6割です。この個人消費が上向かない限り、地域経済はもちろんですが、日本経済そのものが回復しません。」と述べています。

 外から人が来るからと言って大型開発を行う大きなイベントばかりを行っても、中国四国九州と周辺の人口も減少し、そもそも個人消費が冷え込んでいる最中に、採算はとれるのか言わなければなりません。
 コンパクトシティという点では、私が住む宇部市を始め、県内の多くの自治体で「立地適正化計画」を策定しています。
 中山さんは、「コンパクトとは、中心部に商業施設や公共施設を集約することです。」とコンパクトも大型開発と結びつくことを指摘しています。

 更に中山さんは、これら財源について「今回は、起債に求めることが困難です。1990年代とは異なり、国も自治体も財政状況が悪いからです。そのため、最初から市民向け予算の削減、行政改革(アウトソーシング)で開発に係わる予算を確保しようとしています。」と指摘しています。 
 山口県は22年度までの5年間で定員を657人削減しようとしています。教育職員は470人削減です。県が行ってきた177事業を削減し、県有施設の廃止も進めようとしています。
 行革により生まれた財源は、高速道路網の整備や大型港湾開発やイベントなど「インバウンド」を行う費用や「コンパクトシティ」を進めるための中心部の開発に回そうとしているのであれば大問題です。

 中山さんは、「人口減少を的確に受け止め、市民と行政が一体となって、そのような事態を乗り切ろうとしている自治体もあります。それら自治体は大規模開発に頼らず、少子化対策を進め、農林漁業や再生可能エネルギー、福祉で雇用を確保しようとしています。このような自治体を市民共同自治体とします。」と述べ、開発型自治体と市民共同自治体の中間に、保留型自治体があると述べています。

 中山さんは「開発型自治体には暴走ともいえる政策の転換を求めなければなりません。そうしなければ自治体消滅が現実化しかねません。保留型自治体には、迷わず、自信を持って市民共同自治体の方向をとるおうに働きかけなければなりません。市民共同自治体には、基本的な方向性を堅持しつつ、政策の充実を求めるべきです。自治体が地域の実態を踏まえた施策を追求すると同時に、その可能性を高めるため、自治体が連携して国に政策転換を求めるべきです。この両方を追求することで自治体は、今の時代にふさわしい自治体になります。」と述べています。

 山口県は「開発型自治体」と言えるのではないでしょうか。政策の転換を求めていかなければなりません。

 同時に、「インバウンド」「コンパクト」を強制するローカルアベノミクス政策の転換を国に求めていかなければならないと思います。

 来年の県議選挙まで約1年。明日は、故郷荒滝で私を囲む会を行います。

 中山間地域がこれからも存続するためには、「インバウンド」「コンパクト」の暴走を食い止めていかなければならないと感じています。

 中山徹著「人口減少と大規模開発 コンパクトとインバウンドの暴走」は、これから1年間、自治体政策を考える私のバイブルの一冊となるでしょう。

 明日もこの本の内容を分かりやすくお話したいと思っています。

 「インバウンド」と「コンパクト」の暴走をあなたはどう感じておられますか。

 ご意見をお聞かせ下さい。

 

「教誨師」読書ノート① [2018/04/26 木 AM 07:56]

 堀川惠子さんの「教誨師」を約1年前、あるお寺のご住職の居間の本棚で拝見しました。

 待ち時間のような間に、「教誨師」を斜め読みし、惹かれました。

 手に入れようと思いながら、日が経ち、先日、書店を訪ねると、文庫版が出版されていました。

 本書の解説をされた石塚伸一龍谷大学教授の言葉から教誨の意味を紹介します。

 「教誨とは、受刑者等が改善更生し、社会に復帰することを支援する仕事です。」

 本書の主人公である教誨師の渡邉普相さんは、東京拘置所で死刑囚を相手に教誨を務められた方です。

 石塚さんは、「死刑の教誨は特殊です。『生きていく』ここおを説くはずの教誨師が、『死んでいく』ことを手伝うことになるからです。」と書いています。

 「教誨師」で最初に語られているのは、山本勝美(仮名)死刑囚との邂逅です。

 山本死刑囚は、看守を殺して脱獄した罪で死刑が確定した人物です。

 山本死刑囚は、渡邉教誨師が紹介した「歎異抄」に出会います。

 歎異抄には「善人なをもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」とあります。

 現代語訳は「善人でさえ往生するのだから、ましてや悪人はいうまでもないと、親鸞聖人は仰せになりました」です。

 山本死刑囚の感動を本書はこう書いています。

 「親鸞聖人は悪人を蔑むどころか、悪人こそ救われると説いていた。人の命を奪った自分は地獄に落ちる、宗教に救われるわけはないと半ばふてくされていた山本は、あくる日の面接で『歎異抄』をふりかさして渡邉に詰め寄った。『先生、どうしてこれまで私にこれを教えて下さらなかったのですか!悪人でも救われると書いてあるじゃないですか!私のような人殺しも救われると書いてあります!』」

 本書の解説で、石塚教授が「法の世界においても『悪意とは知ること。善意とは知らざること。自らの罪業に気づかぬ人は善人。己の罪深さを知りながら懸命に生きるのが悪人』。だから、『善人正機す。いわんや悪人をや』ということになります。わたしは、この『遺言書』を宗教家や法律の研究者や実務家だけでなく、将来、裁判員になるであろう多くの市民のみなさんに読んでいただきたい。いま、この国で、みなさんの平和と安全を護るために、こんなに多くの人たちが悩み苦しんでいます。わたしたちは、この現実の幾ばくかでも知り、悪人とならねばなりません、それが、渡邉先生がわたしたちに手渡していった荷物だからです。」と書いています。

 仏教の勉強は始めて約3年になります。

 「歎異抄」の「悪人正機」については何度か学んできました。 

 この本を読む中で、「悪人正機」の理解が中途半端なものであったことを思い知らされました。

 改めて、「悪人正機」について深く学ぶ機会となりました。

 引き続き、堀川惠子さんの「教誨師」を読み進め、多くのことを学びたいと思います。

 

 

映画「レディ・プレイヤー 1」 [2018/04/25 水 AM 07:34]

 スティーブン・スピルバーグ監督の最新作「レディ・プレイヤー1」を観ました。

 前作の「ペンタゴン・ペーパーズ」は先月観たばかりです。

 前作の感動が冷めやらぬままの「レディ・プレーヤー1」の視聴となりました。

 映画のパンフレットから、映画の舞台を見ていきましょう。

 「現在から27年後、輝ける未来が訪れると思いきや、多くの人々は荒廃した街に暮らし、夢のない日々が現実だった。しかし、若者たちには希望があった。それはVR(バーチャルリアリティ)の世界<オアシス>。専用のキットを身に着けてオアシスにログインすれば、もうひとりの自分になり、まったく別の人生を楽しむことができる。ある日、そのオアシスの創設者、ジェームス・ハリデーが亡くなり、彼の遺言が全世界に配信された。『オアシスに隠された3つの謎を解いた者に、全財産56兆円を与え、オアシスの後継者とする』。突然の宣告に世界中が沸き立ち、莫大な遺産を懸けた壮大な争奪戦が始まった。現実でパパッとしない日常を送り、オアシスに自分の世界を求めていた17歳のウェイドもまた、謎を解明するガンターのひとりとして参加する。オアシスで出会った仲間たち、そしてウェイドが心惹かれる謎めいた女性ガンター・アルテミスと協力し、争奪戦を勝ち残ろうとするウェイド。しかし、そこに世界支配を企む企業『IOI』社も出現。IOI社のチームを率いるソレントがウェイドたちに襲いかかる」

 私の子どもは、上が大学2年生、下が中学2年生。みんなゲームが大好きです。

 私たちの世代は、ゲーム機が喫茶店に出始めた頃が10代でした。

 妻も私も全くゲームに関心がないので、子どもたちゲームに夢中になる気持ちが理解できません。

 24日のしんぶん赤旗日刊紙に映画ライターの平沢清一さんが「レディ・プレイヤー1」についてこう書いていました。

 「現実逃避、営利主義の害悪、人間関係の希薄化など、VRの危険性に鋭く迫るとともに、人を成長させる可能性も示唆する。魔術的映像で絶大な影響を与え、『ペンタゴン・ペーパーズ』など社会派も同時に手掛ける監督ならではの卓越したVR観だ。」

 私は、先日、ローラ・ボイトラス監督のドキュメンタリー映画「シチズンフォー スノーデンの暴露」を観ました。

 映画の中で、スノーデンが、インターネットの功罪について語っている姿とこの映画「レディ・プレイヤー1」のテーマがクロスしました。

 「レディ・プレイヤー1」の中では、キングコングやガンダムなど特撮やアニメの人気キャラが惜しみなく出てきます。

 人間が生み出したインターネットやVRには、人間そのものに害を及ぼす罪がある一方、人間を成長させる要素も含まれているのでしょう。

 電子技術の罪を抑え、功を生かすことが、人類の未来にとって極めて重大な問題となっていると思います。

 「ペンタゴン・ペーパーズ」と全くテーマは違いますが、「レディ・プレイヤー1」は、人類の未来を考えることのできる映画でした。

 一つだけ強く思ったのは、この映画で描かれている、格差と貧困の拡大した未来が、スピルバーグ監督の予測通りとならないことでした。

 「レディ・プレイヤー1」子どもたちを取り巻く文化を理解する上でも勉強になる映画でした。

 今後ともスピルバーグ監督の作品に注目していきたいと思います。 

 皆さんのお勧めのスピルバーグ作品をお教え下さい。 

「陸上イージス 萩に配備 来月公表」と報道 [2018/04/24 火 AM 07:02]

 昨日、毎日新聞は「政府が新たに導入する陸上配備型の弾道ミサイル防衛システム「イージス・アショア」について、防衛省は山口県萩市の陸上自衛隊むつみ演習場を配備候補地の一つにすることを5月にも公表し、今夏以降に現地調査に着手する方針を固めた。既に県側とも調整を始めており、電磁波など周辺住民への影響評価などを実施したうえで正式決定する見通し。」と報じました。

 18日から行われた日米首脳会談の冒頭、トランプ大統領が「いま北朝鮮と韓国が首脳会談をやろうとしている。そこで朝鮮戦争の終結について議論しようとしている。自分はそれい賛成だ。大いに支持する。」と発言しました。

 朝鮮半島の非核化と戦争終結=平和体制をセットで進めようとする動きが顕著になってきています。

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、20日、平壌で開かれた中央委員会総会で、21日から核実験と大陸弾道ミサイル(ICBM)の試験発射を中止すると表明しました。

 北朝鮮のこの動きは、対話による平和解決を促進する動きとして評価できます。

 日本政府は、北朝鮮外交について「圧力一辺倒」の姿勢を変更しきれていません。

 日本政府は、対話による朝鮮半島の和平促進へイニシアチブを取るべきです。

 東アジアが和平に大きく進展しようとする最中、2023年度の配備を目指して、平壌にも届くミサイルを装填できる弾道ミサイル基地を萩市と秋田市に配備すべきかどうか再検討すべきです。

 安倍内閣は昨年末の閣議決定を撤回すべきです。

 折しも萩市議会議員選挙が行われ、「イージス・アショア」配備反対を掲げる日本共産党の候補二人が勝利しました。

 「イージス・アショア」配備地の近くの萩市むつみ地域の住民から、配備を懸念する声が日本共産党の候補に数多く寄せられました。

 繰り返し、本ブログで指摘をしていますが、「イージス・アショア」は、敵地攻撃能力を持つ巡航ミサイルの配備も想定されています。この機能は、明確に憲法に違反する軍事力です。

 毎日新聞の記事に示された防衛範囲は、迎撃ミサイルの防衛範囲ですが、私は、宮本議員の質問などから、この基地に敵地攻撃能力を有した巡航ミサイルが合わせて配備される可能性は否定できないと考えています。

 洋上のイージス艦は、弾を撃った後、移動できますが、陸上のイージスは、弾を撃った後、一ミリも動くことができません。

 陸上イージスは格好の標的になる可能性を否定できません。

 配備が計画されている地域の周辺には、多くの民家があり、農業施設や児童・生徒が通う、保育園や幼稚園や小学校や中学校もあります。

 「イージス・アショア」については、電磁波の影響と同時に、様々な観点での検討が必要だと思います。

 「イージス・アショア」について、防衛省は、萩市むつみの陸上自衛隊むつみ演習場を候補地とすることを5月にも公表する方針を固めたとの報道について皆さんはどうお考えですか。

「火垂るの墓」と自己責任論 [2018/04/23 月 AM 07:23]

 昨日の朝日新聞の「文化・文芸」欄に「自己責任論『予言』した高畑監督」という記事が掲載されていました。

 「5日に亡くなったアニメ監督の高畑勲さんの代表作『火垂るの墓』。戦争の翻弄され、悲しい最期を迎える兄妹を描いた作品だが、主人公の行動に対して『自己責任』論のような見方が生まれている。」

 「死亡を受けて13日、日本テレビ系で『火垂るの墓』が放映された。ネット上には戦争のむごさを改めてかみしめる感想が並ぶ一方で、悲劇を招いたのは『自業自得』というような言葉も目立った。」

 「『我慢しろ、現実を見ろ、と冷淡な意見が多くて驚いた』と映画ライターの佐野亨さん(35)。戦争で理不尽な状況に追い込まれた。弱者であるはずの清太の問題点を強調する風潮が気になった。」

 高畑監督は、こうした批判を見越していたかのように1988年「アニメージュ」誌でのインタビューで次のように語っています。朝日新聞の記事を引用します。

 「監督は『心情的に清太をわかりやすいのは時代の方が逆転したせい』と語る。清太の行動は現代的で、戦争時の抑圧的な集団主義の社会から『反時代的な行為』で自らを解き放とうとしたと、観客が共感できると考えていたとうかがえる。一方で、こう続ける。『もし再び時代が逆転したとしたら、果たして私たちは、いま清太に持てるような心情を保ち続けられるでしょうか。全体主義に押し流されないで済むでしょうか。清太になるどころか。(親戚のおばさんである)未亡人以上に清太を指弾することにはならないでしょうか、ぼくはおそろしい気がします』」

 先に登場した映画ライターの佐野さんは、「戦時下の混乱のなか、自分が清太だったらどんな判断ができるのか。そういう想像力の欠如が弱者へのバッシングにつながり、全体主義をよみがえらせかねない。高畑監督はそこまで予見していたのでしょう。」とこの記事で語っています。

 原作を書いた野坂昭如さんは、中学校3年生のとき神戸で空襲に会い、親戚のところに身を寄せます。

 野坂さんの妹は栄養失調で亡くなります。

 野坂さんは当時をこう振り返っています。

 「1年4ヶ月の妹の、母となり父のくわりつとめることは、ぼくにできず、それはたしかに、蚊帳の中に蛍をはなち、他に何も心まぎらわせるもののない妹に、せめてもの思いやりだったし、泣けば、深夜におぶって表を歩き、夜風に当て、汗疹と、虱で妹の肌はまだらに色どられ、膿で、水浴させたこともある」「ぼくはせめて、小説『火垂るの墓』にでてくる兄ほどに、妹をかわいがってやればよかったと、今になって、その無残な骨と皮の死にざまを、くやむ気持ちが強く、小説中の清太に、その想いを託したのだ、ぼくはあんなにやさしくはなかった」

 ポプラ社の野坂昭如著「火垂るの墓」のあとがきで野坂さんは次のように語っています。

 「戦争中、そして戦後、飢えて死ぬ人を何人も見た。戦争は嫌だ。戦争は決してしてはいけない。君たちに同じ思いをさせたくない。君たちが大人になる頃、戦争を経験したぼくたちはもういないだろう。この本を読んで、戦争を考えて下さい。戦争について、喋り合って下さい。喋り合うことが大事です。そして、ここで書かれなかった戦争の真実を、君たちの力で自分のものにしてください。」

 「火垂るの墓」の原作者である野坂昭如も亡くなり、アニメ監督の高畑勲さんも亡くなりました。

 戦争を経験した人たちから直接、戦争の話を聞く機会が少なくなってきます。

 「戦争の真実を君たちの力で自分のものにしてください」との野坂昭如さんのメッセージが胸に落ちました。

 高畑監督が述べた「未亡人以上に清太を指弾する」人たちと、戦争について「喋り合う」ことが必要だと思いました。

 「二度と戦争を繰り返さない」ために「喋り合う」ことが必要だと思います。

 映画「火垂るの墓」の清太に対する自己責任論が高まっています。

 皆さんはどうお考えですか。

 

 

 

くねくね体操 [2018/04/22 日 AM 08:43]

 先日、人権学習会の講師を務めたある医師が、趣味は「アンチエイジングの情報を集めること」のおしゃっていました。

 私も全く同様です。

 先日、コンビニに並べられていた「くねくね体操」の本がどうしても忘れられなくて、とある書店で購入して数日前から実践しています。

 著者は徳島大学名誉教授の荒木秀夫さん。

 本書の趣旨は、脳た筋肉、脳と内臓、脳と手足をつないでいる「神経」を刺激し、「思ったように体を動かす」ための体操を行うものです。

 2012年にNHKの番組で、子どもの運動オンチを克服するために「くねくね体操」を紹介したら、パーキンソン病の方から電話で問い合わせがあったそうです。

 この方が「くねくね体操」を実践したら歩行器に頼らず自力で前に進むことが出来たそうです。

 荒木先生は、それから、全年齢に向けて「くねくね体操」を普及しているそうです。

 私たちの少し下の年齢だったら、子どもの運動会で久しぶりに走ったら、カーブで転んでケガをすることがあります。

 私たちの少し上の年齢だったら、健康な人でも段差の変化に対応できずに、転んでケガをすることがあります。

 このような体のバランスを保つには、全身の神経に刺激を与えることが必要だということです。

 体操は、①くの字体操②Sの字体操③キラキラ体操④寝返り立ち⑦クロール体操です。

 丸5年、毎朝、スロージョギングを続けています。ここ数日、くねくね体操を実践して走ると、少しづつ体が軽くなってきたことを実感します。

 くねくね体操をこれから実践していきたいと思います。

 気候が暖かくなりました。皆さんのアンチエイジング法・健康法をお教え下さい。

 

米軍岩国基地滑走路時間外運用も  [2018/04/21 土 AM 07:14]

 19日の山口新聞は、「在日米軍再編による米海兵軍空母艦載機部隊の厚木基地(神奈川県)から岩国基地への移駐完了を受け、防衛省中国史国防衛局は18日、九州沖・太平洋上の空母で実施される空母艦載機資格取得訓練(CQ)のが概要を岩国市に伝えた。」「岩国市役所で福田市長と会談した赤瀬正洋・同防衛局長はCQについて、艦載機のパイロットが洋上の空母に実際に着艦することで着艦資格を取得する試験、硫黄島での陸上着艦訓練(FCLP)後10日以内に開始する決まりになっていると説明。岩国移駐後は、厚木基地を拠点に4日程度、房総沖の空母で実施していた。『空母に格納されるものを除き、岩国基地に帰投する』とし、岩国基地への最終着陸時刻は『午前11時ごろまでを計画しているが、越えて帰投する場合もあり、滑走路の時間外運用の可能性がある』と述べた。」「岩国日米協議会の確認事項では滑走路運用時間は午前6時半~午後11時とする。」「激しいジェット戦闘機騒音が予想されるFCLPの事前集中訓練に関し、市長は『岩国で実施しないよう要望しているがが行われるのか』と聞いたのに対し、防衛局長は『厚木基地ではFCLP前、通常訓練の一環として行われた。岩国基地でも引き続き、行われると承知している』と近く、実施される見込みとした。」などと報じました。

 山口県も岩国市も空母艦載機移駐に対して基本姿勢として「今以上の機能強化は容認できない」としてきました。具体的には、今以上の住民の生活環境の悪化は認められないという意味だと行政は説明してきました。

 実際に、空母艦載機部隊移駐に伴い戦闘機が倍増すると騒音も増大しています。その上、岩国日米合協議会で確認されてきた午後11時過ぎにも戦闘機が飛行することもあると防衛局は岩国市に説明しました。

 山口県も岩国市も空母艦載機部隊移駐に対して基本姿勢として「NLPの実施は容認できない」としてきました。

 しかし、FCLPの事前集中訓練は、岩国基地で行うと防衛局は岩国市に説明しました。

 これらが、「今以上の機能強化」にあたり、住民の生活環境を悪化させるものであることは明らかです。

 実際に空母艦載機部隊が移駐してくると、県と市が住民に約束してきたことは守られないということが明らかになりました。

 福田岩国市長は、防衛局の説明に対し「情報提供があったことは、住民の不安軽減の一助になる」と応えたと山口新聞が報じていますが、情報提供の中身は、「今以上の機能強化」を行うものであり、「断じて認められない」と応じるべきだったと私は感じます。

 9日の参院決算委員会で、仁比参議院議員が、米海兵隊が作成した岩国基地の「航空運用マニュアル」に米空母艦載機部隊が同基地の滑走路を利用して空母着艦訓練(FCLP)を具体化する詳細な記載があることを明らかにしました。

 国は、県や市に対して、「岩国市でFCLPは行わない」と説明してきました。

 安倍首相は、仁比議員の質問に、岩国でFCLPを「基本的に実施することはないと考えている」と述べましたが、政府の見解に反するマニュアルは撤回させ、岩国基地でFCLPの訓練は行わないことを日米で明確に確認すべきです。

 空母艦載機部隊の岩国基地移駐に伴い、「基地機能が強化」され住民の生活環境が悪化しており、今後、更に悪化することが懸念されます。

 この問題を皆さんはどうお考えですか。ご意見をお聞かせ下さい。