環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2017年 12月 ]

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 [2017/12/21 木 AM 07:57]

 2015年、ジェイ・ローチ監督のアメリカの伝記映画「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」を観ました。

 山本おさむさんの漫画「赤狩り」に胸を打たれ、アメリカのハリウッドで起きた「赤狩り」に関連する作品を探していたらこの映画に辿りつきました。

 ハリウッドには、ジョン・ウェインらを筆頭に「アメリカの理想を守る映画連盟」という組織が設立され、非米活動委員会への協力が推進されます。脚本家のダルトン・トランポらハリウッド映画界の著名10人が公聴会に呼ばれます。

 トランボらは、アメリカ画集国憲法修正一条(言論と集会の自由を規定した条項)を理由に証言を拒みます。

 しかし、トランボらは、議会侮辱罪で逮捕され、禁錮刑を受け服役します。

 トランボは、1953年「ローマの休日」をイアン・マクレラン・ハンター名義で執筆。

 この作品がアカデミー原案賞を受賞しますが、ハンターに渡されます。

 トランボは、1956年「黒い牡牛」をロバート・リッチ名義で執筆。

 この作品もアカデミー原案賞を受賞しますが、当然、彼は授賞式に登場しません。

 トランボの名前が、クレジットに再び現れるのは、1960年の「スパルカタス」からであり、ハリウッド追放から13年が経過していました。

 映画は、トランボの闘争的でありながら、飄々とした人間性を見事に描きだしています。

 美辞麗句を並べながら、自由と権利を侵害する「アメリカの理想を守る映画連盟」などの狡猾さも見事に描かれていました。

 葛藤し対立しながらもトランボを支える家族愛も見事に描かれていました。

 私は、すっかりダルトン・トランボに魅了されました。

 ダルトン・トランボはまさに「不屈」の人です。大いに学ぶところがあります。

 更にトランボを探っていると、自伝が翻訳され出版されていることが分かりました。

 ジェニファー・ワーナー書梓澤登訳「ダルトン・トランボ ハリウッドのブラックリストに挙げられた男」(七つの森書館)

 早速、注文して年末年始に読みたいと思います。

 山本おさむさんの「赤狩り」の続きも楽しみです。「ビッグコミックオリジナル」を久しぶりに買って楽しんでいます。

 「ダルトン・トランボ」ファンの皆さん。彼の脚本した映画のお薦め作品をお教え下さい。

陸上イージス導入決定 百害あって一利なし [2017/12/20 水 PM 06:05]

 安倍政権は19日、北朝鮮の核・弾道ミサイル攻撃に備えるとして、新たな「ミサイル防衛」システムである陸上配備型イージスシステム(イージス・アショア)2基の導入を閣議決定しました。

 今朝のしんぶん赤旗の日刊紙で、竹下記者は、電波障害の危険について次のように書いています。

 「イージス・アショアのSPY1レーダーは周囲365度に200キロ以上先まで届く高出力の電波を発します。イージス艦でも、可動時は人体に神国な影響を与えるため、全員、甲板から退去する必要があります。現在、秋田市や山口県萩市が配備候補になっていますが、これら自治体や住民は電磁波による健康への影響や電波障害など、生活環境が脅かされるリスクを抱えます。小野寺氏は会見で、来年度に電波環境などの調査を行った上で「地元の理解を得る」として、具体的な候補地は明言しませんでした。

 既成事実を重ね、問答無用で、イージスアショアを秋田市と萩市に押し付けることは認められません。

 閣議決定を受けて、国は、現段階で、わかっている事実を候補地である萩市と秋田市の自治体と住民に説明すべきです。

 イージスアショアを設置することが閣議決定されました。皆さんのご意見をお聞かせください。

米空母艦載機 岩国移駐 [2017/12/19 火 PM 04:20]

 今朝の朝日新聞の山口県版で「回顧2017」がスタートしました。

 第一回は、「米空母艦載機 岩国移駐」問題でした。

 朝日新聞は、「11月28日午前、岩国基地(岩国市)。曇天の空の向こうから米軍の戦闘攻撃機FA18スーパーホーネットが姿を現した。米空母艦載機部隊の主力ジェット機で、今月2日までにスーパーホーネット2部隊(24機)と電子戦機EA18Gグラウラー1部隊(6機)が飛来。今年8月から始まった厚木基地(神奈川県)からの移転が本格化した。」「8月、第一陣の好機警戒機E2D(5機)が移駐開始。11月には第2陣の主力戦闘機3部隊(計約30機)、12月5日はC2輸送機1機が移駐を終え、艦載機部隊(全約60機)の半数以上が移った。残る戦闘機2部隊(24機)は来年5月ごろ移駐し、米軍関係者は約6600人から約1万人に膨らむ。」と報じました。

 2006年の住民投票では、87%の岩国市民が「移駐反対」の意思を示しました。

 これら住民の願いを踏みにじり福田岩国市長や村岡県知事は、厚木基地から岩国基地への移駐計画にゴーサインを出しました。

 来年1月18日公示、2月4日投票で県知事選挙が行われます。

 「市民連合@やまぐち」などが推薦する「くまのゆずる」候補は、「5つの再生」とする公約を掲げています。

 第一は「平和の再生」。

 この中で、「①米軍岩国基地に移駐した空母艦載機部隊の撤退を求めます。②米軍岩国基地の縮小を要求し、跡地を平和利用し、地域経済を活性化します。③政府が計画している『地上配備型イージス』(ミサイル基地)の建設に反対します。」との政策を公約に掲げています。

 岩国基地が東アジア最大に基地になろうとしています。

 際限のない岩国基地の拡大に異議のある皆さん、「くまのゆずる」さんに大きなご支援をお願いいたします。

 米空母艦載機 岩国移駐に対する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

 

53歳になりました。 [2017/12/18 月 AM 07:25]

 今日は、私の誕生日です。53歳になりました。

 誕生日が年末ということもあり、誕生日に今年1年を振り返ります。

 今年の私にとってのベストスリーの出来事は何でしょうか。

 第一は、何といっても総選挙の中国ブロック比例候補になったです。

 中国各地で頑張っている若い仲間に出会えたことが私の大きな励みになりました。

 第二は、姪の結婚式のために、沖縄に行くことができたことが、大きな経験となりました。

 議員時代に何度も訪ねた沖縄でしたが、「不屈館」に行けたことや、じっくり「ひめゆり平和祈念資料館」を見学できたことなどが大きな経験となりました。

 第三は、PTA全国表彰を受けたことですね。

 長男が今年20日ですから、PTA活動14年目になるのでしょうか。

 今年度で、山口県PTA連合会の役員と宇部市PTA連合会会長を降り、節目となる年でした。

 現在、厚南中PTA会長と香川学園父母会副会長を務めています。子どもたちが高校を卒業するまで、可能な役割を果たしていこうと思っています。

 そして、今年も多くの本と出合いました。

 今年は中島岳志さんの「親鸞と日本主義」など様々な仏教関係の本で出会いました。

 また、丹羽宇一郎さんの「戦争の大問題」など様々なアジア太平洋戦争に関する本に出会いました。

 年末年始は、二人のノーベル文学賞作家の本をじっくり読みたいと思います。

 一人は、今年度の受賞者「カズオ・イシグロ」、もう一人は、2015年の受賞者「スヴェトラーナ・アレクシエービッチ」。

 今年一年お世話になった全ての皆さんに感謝いたします。

 健康で一年過ごせたことは家族のおかげだと感謝しています。

 53歳の1年は、県議復帰のかかった1年になります。

 しっかり、その任を果たしていきたいと思います。

 日々の本ブログの更新が私の生きる励みになっています。

 もうすぐ300万アクセスとなります。

 今後とも、本ブログのご愛顧をよろしくお願いいたします。

 引き続き、要望・ご意見をお聞かせ下さい。

 

 

 

スヴェトラーナ・アクレシエーヴィチ [2017/12/17 日 AM 10:42]

 鎌田實著「忖度バカ」に2015年にノーベル文学賞を受賞したスヴェトラーナ・アクレシエーヴィチさんのことが書かれてありました。

 鎌田さんは、彼女についてこう書いています。

 「1983年にこの本(『戦争は女の顔をしていない』)の原稿を出版社に渡したとき、『英雄的ソ連女性のイメージを失墜させる』と当局から非難され、2年間出版を差し止められました。次に『私は村を出た』を書くと、反体制派というレッテルを貼られました。ベラルーシ共和国はルカシェンコが20数年大統領を続けています。ソ連が崩壊し、一時、自由な空気が広がったのに、一強というシステムがこの国の進歩を止めました。一強が忖度バカを生んで、国力を落としていきます。他山の意思にしなければなりません。先制君主のいる国で、アレクシエービッチは忖度なんてまったくしていません。ひっそりと生きる小さきものに目を向け、闇に葬られたものを掘り起こしていきます。人々が心の奥深くにしまって語らずにいた記憶を本にし、フッ化させないようにしてきました。権力がつくる歴史は嘘をつきますが、『小さき人々』の言葉をきちんと書き込むことで、国家の意思や思惑とは違う真実をあぶりだそうとします。」

 私は、是非彼女の作品を読みたいと思い、今、「戦争は女の顔をしていない」を読んでいます。

 この作品は、第二次世界大戦時、ソ連が戦場に送り込んだ元女性兵士に取材した作品です。

 この作品を書こうとする彼女の想いが、書かれています。

 「悪は善より多様で、人を引き付ける。ますます深く戦争の無限世界に身をひたすと、ほかのすべては色あせて、さらにあたりまえのことになってしまう。戦争の世界は恐ろしく獰猛だ。」

 「戦争のことを聞いただけで、それを考えただけでむかつくような、そんな本が書けたら。戦争のことを考えるだけでぞっとするような、そういう本を。将軍たち自身が吐き気おもよおしてしまうような本を。」

 南京事件から80年。日本では今なおこの事件を否定する言論がふりまかれています。

 このような時代だからこそ、スヴェトラーナ・アクレシエーヴィチの作品を読みたいと思いました。

 忖度せずに、戦争の真実を知ることが、私たちの未来にとって今必要だと感じます。

 スヴェトラーナ・アクレシエーヴィチファンの皆さん、感想をお聞かせ下さい。

カズオ・イシグロ [2017/12/16 土 AM 07:47]

 この間、カズオ・イシグロの映画化作品を二つ観ました。

 一つは、2010年公開「わたしを離さないで」。

 二つは、1993年公開「日の名残り」。

 二つの映像化された作品を観て、今、原作を読み進めながら、カズオ・イシグロの世界を少しづつ理解しつつあります。

 2017年10月、カズオ・イシグロへノーベル文学賞が授与されました。

 受賞理由は「偉大な感情の力をもつ小説で、わらわれの世界とのつながりの感覚が不確かなものでしかないという、底知れない淵を明らかにした」とあります。

 「カズオ・イシグロ読本」の中で、日本文学研究者の助川幸逸郎さんは、「私たちの生が抱える原理的な不自由。そのことを、『運命の囚われ人』になった存在をえがくことでイシグロはしめす。」

 私は、カズオ・イシグロの「わたしを離さないで」と「日の名残り」しか、しかも部分的にか知らない者でしかありませんが、助川さんの解説に納得しました。

 「わたしを離さないで」でイシグロ氏は、「提供者」としての将来しか展望できない人々の短い青春を描いています。

 「日の名残り」でイシグロ氏は、執事として「屋敷」に一生使える人々の喜怒哀楽を描いています。

 「提供者」も「執事」も「運命の囚われ人」として理不尽な生をイシグロ氏は描いています。

 大野和基さんの「知の最先端」の中で、イシグロ氏は、「私が昔から興味をそそられるのは、人間が自分たちに与えられた運命をどれほど受け入れてしまうか」だと述べています。

 徹底して「運命の囚われ人」を描写する中で、私たちは、自分を主人公に投影し、「自分」の在り方を深く考えるのでしょう。

 イシグロ氏の作品は、声高に「こうあるべき」と方向性を示すのではなく、徹底して不自由を描くことで、読者に「どう生きるべきか」考えさせるものなのかも知れないと思いました。

 「日の名残り」にこのような文章が出てきます。「昨日までその執事に賛辞を贈ってきた召使たちがどうするかといえば、今日はもう誰か別の人物を誉めたたえるのに忙しくて、自分の判断力を疑ってみる暇さえありません。」「目標を定めると、そのヒーローの執事論を鵜呑みにし、それを無批判に繰り返すのです。」

 先日紹介した「赤狩り」の帯に「『自分の筋は飽くまで貫き通す』『保身のためなら魂を投げ売る』あなたはどちらの生き方はどっち?」とあったのを紹介しました。

 二者択一できないのが人生でしょうが、不自由な人生ですが、今の自分をみつめ直し、「こう生きたい」とイシグロ氏の文章は考えさせてくれます。

 この冬は、イシグロ作品にじっくり浸りたいと思っています。

 カズオ・イシグロ作品に関する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

 

伊方原発差し止め決定 [2017/12/15 金 AM 08:42]

 13日、広島高裁が、四国電力の伊方原発3号機の運転差し止めを命じる決定を出しました。決定では、同原発から約130キロの距離にある阿蘇山の噴火による影響を指摘し、伊方原発の「立地は不適」と断じました。火山国・日本で原発を動かすことが、いかに危険であるかを司法がきびしく警告したものです。

 決定では、原子力規制委員会が審査でもちいうる「火山影響評価ガイド」を厳格に適用し、原発から160キロ内の火山の噴火規模を推定できない場合は、過去最大の火山を想定するとしました。四国電力が行った地質調査などを見ても、約9万年前に起きた阿蘇カルデラでの巨大噴火で「火砕流が伊方原発敷地に到達した可能性が十分小さいと評価することはできない」と原発の「立地は不適」と結論づけました。

 高裁の考え方に立てば、阿蘇カルデラと陸続きの九州電力川内原発や玄海原発や山口県に計画されている上関原発の立地の是非も改めて問われることになります。

 阿蘇カルデラの巨大噴火で「火砕流が上関原発敷地に到達した可能性が十分小さいと評価することはできない」と言えなければ、高裁の考え方を引用すれば、上関原発の「立地は不適」となるのではないでしょうか。

 上関原発と阿蘇カルデラ巨大噴火の関係についても高裁判決を受けて大いに議論していく必要があると感じました。

 県知事選挙で市民と野党の共同候補として立候補しているくまのゆずるさんは、「『公有水面埋立免許』の延長は認めず、上関への原発建設は中止させます」との政策を掲げています。

 伊方原発運転差し止め決定を受けて、上関原発の是非が、こんどの県知事選挙の大きな争点になってきたと思います。

 知事が変われば政治が変わります。

 上関原発ストップの願いをくまのゆずるさんに大きくお寄せ下さい。

 伊方原発運転差止決定を皆さんはどうお考えですか。ご意見をお聞かせ下さい。

赤狩り [2017/12/14 木 PM 04:55]

 12月17日号の「しんぶん赤旗」日曜版の文化欄で漫画評論家の石子順さんが「山本おさむ『赤狩り』第1巻」を紹介しています。

 山本おさむさんは、日曜版で「今日もいい天気」を連載中の日本を代表する漫画家の一人です。

 「赤狩り」は小学館の「ビックコミックオリジナル」で今年5月から連載が始まり、単行本の第一巻がこの程発売されました。

 赤狩りについて石子さんは「1947年のハリウッドに吹き荒れた反共主義者の理不尽な攻撃と人間の良心の抵抗」と解説しています。

 石子さんはこの記事で「山本おさむの画力と構成力がドラマチックに『赤狩りは国益』と強行する側と抵抗する者、揺れる者、卑劣なFBI、挫折する共産党員などの行動を描きあげる。そのかなさりあい、ぶつかりあいが映画のような感覚で展開されていく。」「山本おさむは『赤狩り』というハリウッドの恐怖を、21世紀に描いて今日のアメリカと日本の現実を考えさせる。いまこのような恐怖は現実にないのかと、勇気ある問いかけに漫画家として命がけで挑戦したのだ。その想いがトランボたちの人物や公聴会、撮影所などを描くペンの線に乗り移って勢いよくほとばしっている。権力の弾圧に対する映画人の知恵とたたかいはまだ始まったばかりだ。」と書いています。

 早速、「赤狩り」1巻を読み終えました。

 漫画の冒頭、「ローマの休日」(53年)「エデンの日が日」(55年)「猿の惑星」(63年)に「赤狩り」にまつわる物語が地下鉱脈のように流れているとあります。

 3本の映画とつながりを今後明かされていくのが楽しみでしかたありません。

 「赤狩り」の中で、「そもそも政治が映画表現の自由に土足で踏み込んでくるのがけしからんじゃないか!これを許したら政治家の意図通りのプロパガンダ映画しか作れなくなる」と映画関係者が語るシーンがあります。

 総務大臣が放送局の「電波を止める」ことがあり得るとの発言がこの間ありました。

 鎌田實さんの「忖度バカ」を読んだばかりですが、今、安倍政権への忖度が言論や表現の自由を侵している傾向はないでしょうか。

 「赤狩り」は「いまこのような恐怖は現実にないのか」深く考えさせてくれる名作です。

 赤狩りを描いた映画も多数発表されています。

 2015年には、ジェイ・ローチ監督の映画「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」が作成されています。

 漫画「赤狩り」でもトランボ氏は重要な登場人物の一人として描かれています。

 DVDで映画「トランボ」を視聴したいと思います。

 漫画の帯に「『自分の筋は飽くまで貫き通す』『保身のためなら魂を投げ売る』あなたが選ぶ生き方はどっち?」とありました。前者であろうとする私に漫画「赤狩り」は大きな勇気を与えてくれます。

 次回の単行本が発行されるまで、ビックコミックオリジナルや映画「ローマの休日」「エデンの東」「猿の惑星」を観ながら待つことにいたします。

 山本おさむさん素晴らしい作品をありがとうございます。次回の単行本の発行を楽しみに待っています。

 

秋吉台米軍爆撃演習場反対運動 [2017/12/13 水 AM 08:14]

 私は、2007年3月に山口戦争体験を記録する会が発行した「私の戦争体験13」に、「ラムサール条約湿地登録への道-戦中・戦後の軍隊と秋吉台の歴史-」という小論を書きました。

 2005年11月、「秋吉台地下水系」がラムサール条約に登録されました。

 私はこの小論で「もし、あの時、秋吉台が米軍の演習場になっていたなら、今日の好機は訪れなかったでしょう。」と書きました。

 私は、この小論で、秋吉台が戦前は、旧日本陸軍が実弾射撃演習場(大田演習場)として使用していた事実を書きました。

 そして、私は、この小論で、1946年、秋吉台をニューランド陸軍部隊が旧日本陸軍が使用していた演習場を強制接収し、1949年まで実弾射撃訓練をしていた事実を書きました。

 1955年、在日米海軍航空部隊が対地爆弾演習場として使用したいと打診してきました。

 小沢太郎山口県知事は、「満足願える回答は致しがたき」と拒否をする回答を行いました。

 同年5月には、美東町・秋芳町第一回総決起集会が開催され、「大田演習場接収解除促進期成同盟」が発足しました。

 県内外の政党た民主団体を始め、科学者団体が期成同盟会をバックアップしました。

 その結果、1957年12月、「大田演習場」の美東町への返還式が、岩国米海軍航空基地司令長官列席のもと行われ、「秋吉台太田演習場全面接収解除」が完結しました。

 私は、戦後、米軍演習場にさせなかった住民のたたかいに今、大いに学ぶ必要があると思いました。

 陸上自衛隊の萩市むつみ演習場に「イージス・アショア」が建設されようとしていることは本ブログに連日書いている通りです。私たちの孫子に「何で大人はあの時に『イージス・アショア』を認めたのか」と言われてはなりません。

 子どもたちにへ平和な山口県を届けるために、「イージズ・アショア」の建設をストップさせる取り組みを強めていきましょう。

 秋吉台のたたかいで思うのは、当時の小沢知事の態度です。

 残念ながら今日の村岡県政は、「アベ県政」と言わざるを得ず、国の悪政を補完する判断ばかりが目立ちます。

 アメリカと国に「満足願える回答は致しがたき」と堂々と住民の立場を貫き秋吉台を米軍の演習場にしなかった当時の小沢知事の判断は今日的に大いに評価できるものだと感じます。

 県知事選挙を通じて、県内で顕著な軍事力の拡大の動きに県民の声を示していきましょう。

 岩国基地の際限のない機能拡大と萩市への「イージス・アショア」の建設に、秋吉台を守った住民のたたかいに学び、県民の平和を求める声を大きくしていく時だと感じます。

 秋吉台が戦後、米軍の演習場になろうとしていた歴史をどうお考えですか。ご意見をお聞かせ下さい。

陸上イージス37億円 [2017/12/12 火 AM 07:15]

 今朝のしんぶん赤旗日刊紙は「陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入に向け、防衛省が2017年度補正予算案と18年度当初予算案に合わせて37億円程度を要求していることが10日、分かりました。候補地とする秋田、山口両県の自衛隊施設に1基ずつ、計2基を23年度中に配備することを目指します。政府は19日にも導入を閣議決定します。同省は補正で30億円弱を確保し、年度内にも調査などに着手したい考え。また、小野寺五典防衛相は10日、仙台市で記者団に対し、来年度予算案に約7億3000万円を追加要求したことを明らかにしました。来年度分は基本設計や建設予定地の測量などに充てる方針です。陸上イージスは1基約800億円。政府は当初、来年度以降の経費計上を想定していました。」と報じました。

 日本共産党の小池晃書記局長は「国民に知らせることも、国会で議論することもやらず、巨額の武器購入を強行することは極めて大問題」と指摘しました。

 「イージス・アショア」の必要性をまず、国民に丁寧に説明し、予算化すべきです。

 いきなり、1基800億円の「イージス・アショア」導入を強行することは、民主国家としても許されません。

 「イージス・アショア」について皆さんのご意見をお聞かせください。