環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2017年 10月 ]

かえる通信No30(2017年10月1日) [2017/10/07 土 AM 07:55]

藤本一規さんが比例中国ブロック候補に

 

衆院比例(第3次)19候補を発表

 

 日本共産党は25日、総選挙に向けて、衆院比例代表候補者(第3次分)19人を発表しました。小池晃書記局長が国会で記者会見し、『弁護士など、さまざま分野で活動してきた力量ある人たちを候補者として擁立しました』と述べました。比例代表予定候補者は1次分、2次分と合わせて53人となります。第3次分は今まで比例候補者を擁立していない県を中心に擁立したものです。
 衆院比例代表候補者(3次分)の19氏は以下の通りです。
 東北ブロック 
  吉田恭子
  (岩手1区重複)
 東京ブロック 
  飯田みやこ
  (東京24区重複)
  坂井和歌子
  (比例単独)
 北関東ブロック 
  たなはしせつ子
  (群馬1区重複)
 南関東ブロック 
  宮内げん
  (山梨1区重複)
  大西わたる
  (千葉1区重複)
  若林やすひさ
  (神奈川7区重複)
 北陸信越ブロック
  ながせ由希子    (長野1区重複)
  坂本ひろし     (富山3区重複)
 東海ブロック
  大野ひろみつ    (愛知1区重複)
  やまこしとおる   (岐阜1区重複)
 近畿ブロック
  平松順子
  (兵庫2区重複)
  さいとう幸子
  (滋賀1区重複)
  ちさか拓晃
  (京都2区重複)
  井上良子
  (奈良1区重複)
  原やすひさ
  (和歌山1区重複)
 中国ブロック
  藤本一規
  (山口3区重複)
 四国ブロック
  島崎やすおみ
  (高知2区重複)
 九州・沖縄ブロック
  山下かい
  (比例単独)

KIMG0243_20161222165538

左から大平よしのぶ前衆議院議員、垣内候補、私

 

香山リカ講演会行う

 

 戦争させない・9条壊すな総がかり行動うべ実行委員会は、9月23日、9・19安保法制強行「採決」2周年忘れない行動・香山リカ講演会を宇部市男女共同参画センターで行い、約170名の市民が集いました。
 香山さんは、「安倍改憲NO!全国市民アクション」の発起人の一人です。
 香山さんは、安倍政治の幼稚で反知性的な策動の中で「正気を保ち、あきらめないで、安倍改憲をゆるさない活動に取り組んでいこう」と訴えました。

KIMG3487_20170924071707

 宇部市で講演を行う精神科医の香山リカさん

 

「ザ・思いやり」パート2~希望と行動篇~宇部市上映会

 

日時 11月18日(土)午後2時~
会場 宇部市多世代ふれあいセンター
    3階第3講座室
料金 500円
主催 うべ憲法共同センター
      宇部市五十目山町15-2 山口民医連内
       ℡ 0836-35-9355
      事務局 藤本携帯 090-3747-2855

f4157fd60106efb29f7e9b47c6416b91

監督のリラン・バクレーさん

 

一気

 

作家・西村京太郎さんの「15歳の戦争―陸軍幼年学校『最後の生徒』」を読みました▼西村さんは、東京陸軍幼年学校に通います。西村さんは、軍隊について「戦後、関東軍が、在満州の邦人を置いて、勝手に、後退してしまったことで、非難されたが、もともと、どこの国の軍隊も、国民を守るのが任務とは、考えていない。軍隊はそういうものである。」「日本の場合は、更に、『天皇の軍隊』という肩書がつく。本土決戦になったら、もっと厳しい戦いになっていただろう。『一億総特攻』みたいな簡単な問題ではなくである。その一つが、『本土決戦になったら盾になれ』である。B29の空襲で、私たちの東京陸軍幼年学校は、焼失してしまったが、本土決戦が、近づいてきたことは、感じていた。『本土決戦になったら、盾になって、天皇陛下をお守りするのだ』と思っていた。」と書いています▼安保法制=戦争法を廃止できる国会を作りましょう。そのために、総選挙で勝利しましょう。