環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2017年 05月 ]

元警察幹部も共謀罪は反対 [2017/05/31 水 PM 07:19]

 5月25日付の国民救援会の機関紙「救援新聞」に、北海道警察釧路方面本部長などをつとめ、現在は警察の健全化をめざして活動する原田宏二さんへの「共謀罪」に対するインタビュー記事が掲載されていました。

 原田さんは、共謀罪で、警察による国民への監視の幅が広がると指摘します。

 「共謀罪が導入されるとこれまでと変わり、国民のプライバシーが丸裸にされると思っている方が多いようです。けれども実際には、警察が犯罪が起きる前から国民の会話やメールなどを監視すること、つまり、個人情報を収集することは、これまでもいろいろな形でおこなわれてきました。岐阜県大垣警察署が、風力発電に反対する市民の情報を、電力会社に提供していたことが発覚しましたが、大垣署だけの問題ではありません。先般も大分県別府警察署が選挙違反の情報収集のためビデオカメラで労働組合の事務所を監視していた事実が発覚したり、警視庁外事第3課がイスラム教徒だという理由だけで、彼らを監視していたことも明らかになりました。共謀罪が導入されることにより、それが幅広く行われることになります。」

 原田さんは、共謀罪は、一般の人が対象になると指摘します。

 「法律は国民の全てが対象です。政府が言う『一般の人』が対象外ということはあり得ません。警察の捜査でも、最初から一般人と犯罪者を識別できることは稀です。特に、組織犯罪の場合は、時間をかけて密かに監視し個人情報を集め、はじめて識別することになります。警察では、共産主義運動、市民運動、労働運動等に関係する人物は、民主主義を破壊するおそれのある危険な存在だと現場の警察官に教えています。日本共産党、国民救援会などは、間違いなく公安警察の監視対象として、すでに監視されています。こうした運動をするのは一般の市民ではないことになります。共謀罪の捜査対象はこれよりもっと広い範囲の人たちが調べられるのです。」

 原田さんは最後に、警察の暴走を防ぐために次の指摘をします。

 「警察の捜査は組織としておこなわれます。現場の警察官は上層部が決めた方針に反対することはできません。例え、おかしいと思っても、上司の命令通りに捜査します。警察では個人の考えは無視されます。また、ノルマを課すことが私が交番に勤務していたころはなかったのですが、今は交通違反、職務質問の件数など、あらゆる仕事がノルマで管理されているようです。警察の暴走を防ぐためには、国民の一人一人が、日ごろから権力機関である警察についてもっと関心を持つべきです。自分の身に降りかかってからでは遅すぎるのです。警察をチェックする社会的な機能は全て失われています。残されているのは、国民による警察に対する監視のみです。」

 共謀罪が成立すれば、今も行われている違法捜査に歯止めがかからなくなる。警察の暴走が際限のないものになる。

 警察の元幹部の諫言に耳を傾けようではありませんか。

 やっぱり共謀罪は廃案しかありません。

 共謀罪に対する皆さんのご意見を引き続きお聞かせ下さい。

米国がデザインした秘密保護法 [2017/05/30 火 PM 04:38]

 引き続き、小笠原みどり著「スノーデン、監視社会の恐怖を語る」を読んでいます。

 いよいよ、小笠原さんによるスノーデン氏へのインタビューの部分を読み始めました。

 最初に衝撃を受けたのは、スノーデン氏が、「秘密保護法はアメリカがデザインした」と発言した部分です。

 スノーデン氏は、アメリカ国家安全保障局(NSA)の職員となり、日本に派遣されました。

 横田基地内に国防省日本特別代表部(DSRJ)は、日本のNSA本部にあたると本書に書かれてあります。

 スノーデン氏は、2009年から横田基地のこの部署でハッキング対策を研究したと書かれてあります。

 そしてスノーデン氏は、「NSAには総合評議室と呼ばれる部署があって、100人程度の法律家が働いています。この法律家グループは外務取締役会と呼ばれる部署といっしょ居、どの国が法的にどこまでNSAに協力して情報収集することが可能か、それ以上の諜報活動を求めれば、国内法や憲法に違反する、または人権侵害になるといったことを把握している。そして、ではどうすれば人権上の制約を回避できるか、どうすればその国が自国民をスパイすることを妨げている法の守りを解くことができるか、もっと情報を機密化して公衆の目から隠すことができるかを検討しているのです。」と話し、秘密保護法はアメリカがデザインしたと語っています。

 「日本の軍隊はこれこれの情報がほしいと我々に頼む。すると僕らはこう答える。『お探しの情報そのものは提供できません。あなた方の法律は私たちにとって望ましいかたちではないので。けれど、もう少し小粒の別の情報で役に立ちそうなものを差し上げましょう。』(中略)『けれどもあなた方が法律を変えたなら、もっと機密性の高い情報も共有できますよ。現在のしシークレットからトップシークレットに機密レベルを引き上げることもできる。』(中略)最後に『けれど法律ができればこのプロセスを標準化できます』とダメ押しするのです。これが、あの法律の原動力となりました。」

 スノーデン氏が語るあの法律とは、秘密保護法です。

 スノーデン氏は、これら一連の日米のやり取りについて「これは悪の仕業ではないのです。口ひげをしごきながら笑っている悪役は登場しません。ひとつのシステムが各人にインセンティブ(動機づけ)を与えている。こうして秘密が民主主義のプロセスを腐敗させていくのです。」と語っています。

 2016年に秘密保護法が施行され、2015年末の時点で、27万2020点が政府の特定秘密文書となりました。

 小笠原さんは、この一連の動きを「秘密保護法はこうして、NSAの世界監視システムと日本の参加を合法的に日本人の目から隠し、NSAシステムの拡大と強化に資するという目的を遂げたのだ。」と総括しています。

 この本は、昨年の11月に上梓されたものですが、テロ対策法案(共謀罪新設法案)についても言及しています。

 「安倍政権は東京オリンピックに向けたテロ対策法案として、三度廃案になった共謀罪新設法案を近く国会に上程するという。人々のコミュニケーションを犯罪化するこの法案は、個人の日常への監視ぬきには実行しえない。(中略)私たちは少なくとも日本で画策される新たな監視の仕組みが米国の世界監視網と地続きであることを想起するべきであろう。米政府に、そして自分たちの政府に見張られて、両諜報機関の取引の駒にされることを。」

 米政府に、そして自分たちの政府に見張られて、両諜報機関の取引の駒にされることを想起し、日本で画策される新たな監視の仕組みである共謀罪法案を廃案に追い込んでいく必要があることをこの本で学びました。

 監視社会を知ると今の世界と日本が見え、変革の展望が見えてきます。

 小笠原みどり著「スノーデン、監視社会の恐怖を語る」は国民必読の書だと痛感しています。

 引き続き、この本の感想を本ブログで書いていきたいと思います。

 改めて、共謀罪法案に対する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

 

「山口から日本を変える市民の会・山陽小野田」発足 [2017/05/29 月 AM 09:35]

 市民と野党の共闘を広げ、衆院山口3区での勝利をめざし、5月28日、山陽小野田市市民会館において「山口から日本を変える市民の会・山陽小野田」(略称かえる会、以下かえる会)の発足会が行われました。集会には、山陽小野田市内外から約300名の市民が集まりました。

 かえる会の共同代表の一人である福山隆一牧師は、「総選挙に向けて、今日の集会を『あの日から日本が変わった』と言われるようなものにしたい」と力強く訴えました。
 この集会には、衆議院山口3区内を中心に「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」のメンバーが、県下各地から集まりました。代表して、総がかり行動うべ実行委員会事務局長の私が「ここ山口3区から市民と野党の共同で統一候補を擁立し、自民党現職に勝利するたたかいを作ろう」と挨拶しました。
 集会のメイン弁士として社民党参議院議員の福島みずほさんが記念講演を行いました。

KIMG1923_20170529072629

発足集会で記念講演を行う福島みずほ参院議員

 福島参院議員は、安倍首相が5月3日、2020年までに憲法9条を変え、施行すると発言した問題について「安倍首相の上に憲法があるのであり、憲法の上に安倍首相がいるのではない。安倍首相の発言は、憲法99条違反であり、三権分立を侵す発言だ。」「9条3項に自衛隊を入れることは集団的自衛権行使を認めることだ。」と話しました。
 福島参院議員は、安倍政権が本国会で成立させようとしている共謀罪法案について「鬼退治に行く桃太郎のために、きびだんごを作ったおばあさんを罪に問うのが共謀罪だ。現代の治安維持法の成立を食い止めていこう。」と訴えました。
 福島参院議員は、「共謀罪は人々がつながることを罪に問うもの。人と人とが大きくつながり、民主主義を守ろう。安倍内閣を退陣に追い込もう」と訴えました。
 記念講演終了後、かえる会の発足総会が行われました。「市民と野党の政治的共闘を前進させる」などとする会則案や役員案が参加者の賛成で確認されました。

真宗大谷派が相次ぎ宗派声明を発出 [2017/05/28 日 AM 08:04]

 真宗大谷派(東本願寺派)の学習会に参加して同宗派の機関紙「同朋新聞」5月号を読みました。

 真宗大谷派が「原子力発電所の再稼働に関する判決に対する声明」を発表していることが報じられていました。

 その話をある浄土真宗本願寺派の僧侶の方にお話しすると、「真宗大谷派は頻繁に声明を出しておられますよ」とのことでした。

 そして、真宗大谷派のホームページから宗派声明をダウンロードしてみて驚きました。今年度(4月5月)だけで、3回の宗派声明が出されていました。

 4月2日には、「原子力発電所の再稼働に関する判決に対する声明」が出されています。

 この声明は、3月28日の大阪高裁による関西電力高浜原子力発電所3、4号機運転差止判決を取り消す決定、また同月30日の広島高裁による四国電力伊方原子力発電所3号機の運転停止の申し立てを退ける判決に対する真宗大谷派但馬宗務総長名によるものです。

 声明では今回の再稼働への動きを「自己の教訓を無視し、未来のいのちへの責任を放擲する行為であると思えてなりません」とし、「すべての原子力発電所が決して再稼働することのない、原子力発電に依存しない社会の実現を念願するものであります」と表明しています。

 5月2日には、「朝鮮半島における危機的状況が平和裏に解決されることを願う声明」が同じく但馬宗務総長名で出されています。

 この声明は、朝鮮民主主義人民共和国による核兵器開発と度重なるミサイル発射実験の実施を受けて、これまでになく朝鮮半島周辺での軍事的な緊張が高まっている情勢を受けて発出されたものです。

 声明は、「軍拡競争と戦争はいずれの国の国民にも深い悲しみしかもたらしません。私ども真宗大谷派は、仏教者として、また過去の戦争に責任を負う者として、『どちらも共に凡夫である』との地平に立ち、関係各国が冷静さを取り戻し軍事的行動を思いとどまって、対話のテーブルに着くことで、朝鮮半島における危機的状況が平和裏に解決されることを切に願うものであります。」としています。

 5月18日には、「テロ等組織犯罪準備罪(共謀罪)法案に反対する声明」をこれも但馬宗務総長名で出されています。

 この声明は、テロ等組織犯罪準備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案が、国会で審議されている状況を受けて出されたものです。

 声明は、共謀罪法案について「実際の行為がなくても、犯罪とみなされる計画をしただけで処罰することができる、いわゆる『共謀罪』の内容が盛り込まれており、市民の日常生活に重大な制約をもたらす恐れがあります。」「どのような計画が犯罪になるのかは捜査機関の判断によることから、恣意的な検挙が行われ、市民の思想や言論、表現の自由全般が損なわれる可能性は否めません。さらに犯罪の事実を立証するために、日常的にプライバシーが侵害され、市民どうしが相互に監視する社会をつくりだしてしまうことを危惧します。」と指摘しています。

 声明は、「宗祖親鸞聖人は、時の権力によって『専修念仏』が罪とされたことにより、同行たちが斬首され、聖人自身もり流刑となった承元の法難を経験されました。権力側が浴する秩序を護るために個を抹殺しても厭わない当時、宗祖は『主上臣下、法に背き義に違し』との痛みをもった厳しい言葉を遺しておられます。また明治期の日本では、国家による思想弾圧事件として、多くの人たちが無実の罪で死刑、無期懲役となった『大逆事件』が起こりました。国全体が戦争へと突き進む中、宗祖の教えに生きんとし、非戦と平等を説いた当派僧侶・高木顕明師もこの事件に連座した一人でありました。」と語っています。

 声明は「すべての人が共に生き合える同朋社会の実現をめざす教団として、テロ対策という名のもとに政府が市民を監視し、私たち個人の思想や言論、表現を統制しようとする今回の法案に対して、真宗大谷派は強く遺憾の意を表明し、廃案を求めます。」としています。

 私は現在、浄土真宗本願寺派山口教区の教区会議員を務めています。

 浄土真宗本願寺派(西本願寺)として最近「平和ってなに?」という冊子を作成し、本願寺派の戦争責任を明らかにし、仏教の立場から「平和を考える」ことなどを明らかにしたところです。

 この冊子の作成を評価した上で、その時々の政治課題に対し、親鸞聖人のみ教えの立場から、きちんと声明を発出する真宗大谷派の姿を同じ親鸞聖人を宗祖とする浄土真宗本願寺派は見習うべきだと思います。

 浄土真宗本願寺派も時々の政治課題に対する声明を発出すべきだと思います。

 何よりも、安倍政権は、真宗大谷派の声明に耳を傾けるべきです。

 東本願寺派の声明を通じて親鸞聖人のみ教えの正しさを深く知ることができました。

 高木顕明師の事について学びたいとも思いました。

 改めて、共謀罪法案を強行しようとするなど暴走を続ける安倍政権に対する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

宇部市PTA連合会総会 [2017/05/27 土 AM 07:45]

 昨日、2017年度宇部市PTA連合会総会が宇部市内で行われました。

 私は、2年間務めた宇部市PTA連合会長を引退し、顧問に就任しました。

 宇部市PTA連合会では、監事2年、常任理事2年、副会長2年、会長2年と合計8年役員を務めてきました。

 野口宇部市教育長から教育委員会選奨をいただきました。

 これからは、顧問として宇部市PTA連合会の発展に寄与していきたいと思います。

 さて、総会で私が行った挨拶の要旨は以下の通りです。

・・・

 平成29年度の宇部市PTA連合会総会にあたり、一言、ご挨拶を申し上げます。まずは、宇部市教育委員会の野口教育長をはじめ、多数のご参加まことにありがとうございます。

 私は、今期でPTA連合会を引退します。私が連合会長になった2年前から「スマホやゲームの約束」に取り組んできました。また、昨年度からヘルメットの着用と損害賠償保険への加入促進に取り組んできました。この二つの取り組みが、今年度も継続して取り組まれることを望むものです。

 PTA連合会長を引退するにあたり、二人の女性の言葉を参加者の皆さんの送りたいと思います。

 一人は、ジャーナリストの小笠原みどりさんです。小笠原さんは、朝日新聞を退職して現在、フリーのジャーナリストです。彼女は、自らの本の中で「価値基準の頂点は、人のいのちだ」「人間存在の起点は人のいのちだ」と書いています。私は、「全ては子どもたちのために」と挨拶で述べてきました。PTAや学校や教育委員会のためのPTA活動ではなく、子どもたちのためのPTA活動にしていかなければならないと思っています。

 二人目は、ジブリ映画「かぐや姫」の主題歌で有名な歌手の二階堂和美さんです。二階堂さんは、広島県で僧侶もされています。「伝える花」では平和への想いが歌われています。

 「受けた悲しみは 決して返しはしない」「この土に眠る幾億の願い つないでいく」

 被爆者の人々は、悲しみを返してほしいのではなく、平和を築いてほしいと願っているのだ、その願いをつなげていこうという歌詞だと思います。

 昨年320名の子どもたちが自殺で亡くなっています。子どもたちの受けた悲しみをなくすには、悲しみを返すのではなく、「自分の存在を認めてほしかった」との願いをつないでいくことが大切だと思います。

 一人一人の子どもたちを大切にするためにPTAとして何ができるか考えていくことが大切ではないでしょうか。

 私は、連合自治会長は引退しますが、厚南中学校のPTA会長です。共に皆さんと悩みながら、一緒にPTA活動を続けていきたいと思っています。連合会は、新体制の元で更に飛躍することを願って私の挨拶といたします。

・・・

 顧問として残りますが、楽しい8年間でした。関わりのあった全ての皆さんに感謝の言葉を捧げます。

 ありがとうございました。

パノプティコン [2017/05/26 金 AM 11:33]

 5月20日付、本願寺新報の「ニュースを読む」は、「テロ等準備罪」がテーマでした。

 埼玉県東松山市・西照寺僧侶の網代豊和さんが執筆者でした。

 網代僧侶は、「パノプティコン」の事を書いています。

 「東京工業大学の中島岳志教授が昨秋、築地本願寺で講演した内容を思い出した。近代監獄『パルプティコン』の構造を例に、権力に服従していく自主規制がはたらく構造が生まれつつある現況に警鐘を鳴らした。パノプティコンとは、中央の塔から囚人の収容されている部屋に向けて光を放って囚人を監視する監獄のこと。光によって監視者から囚人がよく見え、囚人からは監視者がまぶしくて見えない構造だそうだ。囚人はたとえ監視されていなくても、光が届いているだけで『見られている意識が植え付けられるので、監獄の運営としては効果的だという。」

 網代僧侶は、この小論をこうまとめました。

 「マイナンバー、そして『テロ等準備罪』と政府が創設する法案は、テロ対策に名を借りて権力者を都合よく一般人を監視する社会に向かっているように感じる。子どもの頃、『誰も見ていなくても、閻魔さまが見ている』と教えられた。最初の死者としてあの世に至り、死者の王となったといわれる閻魔王。その裁きは罪の多少に忠実であるが、世俗の権力者が自分の都合を優先して罪を裁けば、地上に地獄のような戦争や紛争が待ち構えている。」

 パノプティコンについては、今読んでいる小笠原みどり著「スノーデン、監視社会の恐怖を語る」にも詳しく書かれています。

 「住基ネットや監視カメラを通じて、国家や企業がなにをしているのかは基本的には見えない。自分の情報を実際に集めているのかどうか、集めているとすればどんな情報を集めて、どんなことに使っているのか、その情報が正確なのかも、わからない。実際には集めていないかもしれないし、使っていないのかもしれない。しかし、住基ネットや監視カメラという構造自体が、そこにとらえられている住民や消費者の心理に変化を及ぼす。見られているという構造自体が、そこにとらえられている住民や消費者の心理に変化を及ぼす。見られている側が見ている側の視点を内面化し、自分の行動を管理するようになる。たとえば「よい住民」と思われるように、「ワンランク上の消費者」を目指すように。権力から疑われないよう、怪しまれないように。」

 パノプティコンとは、「みられる側が見ている側の視点を内面化し、自分の行動を管理するようになる。」ことなのですね。

 現在、国会で審議されている共謀罪法案は、日本で高度な「パノプティコン」を構築するための過程だと思えてしかたがありません。

 移動中の聴いていたNHKラジオでジョージ・オーウェルの「1984年」がテーマになっていました。

 日本が「ビック・ブラザー」率いる社会にしないために、自由と民主主義が大切にされる社会を維持していくために、共謀罪法案は廃案にするしかないと感じました。

 引き続き、小笠原みどり著「スノーデン、監視社会の恐怖を語る」を読み進めます。

 共謀罪法案に対するみなさんのご意見をお聞かせ下さい。

 

伝える花 [2017/05/25 木 AM 07:21]

 先日、広島で二階堂和美さんのコンサートに参加し、魅了され、広島のCDショップで彼女のCDを購入しました。

 今聞いているのは、彼女の最新アルバムである二階堂和美 with Gentle forest jazz bandによる「GOTTA-NI」です。

 ジァズアレンジの歌あり、演歌風の歌あり、二階堂さんの声は七色に響き渡ります。

 まさに、美空ひばりさんの再来かと思わせるほどのアルバムです。

 二階堂さんの歌は、当然、彼女の伸びやかな声が最大の特徴ですが、歌詞も最高です。

 一番のお気に入りは、二階堂さんの出身地である広島から平和を届ける想いが込められた「伝える花」です。

 「何もなくなった 全て消えてしまった あの日 青空は どんな顔をしていた」

 「受けた悲しみは 決して返しはしない 見上げる青空は 今 こんなに晴れている」

 「いくつもの虹を数えて わたしたちは今 この土に眠る幾億の願い つないでゆく」

 二階堂さんは、広島県大竹市の浄土真宗本願寺派のお寺で生まれ、今、ご実家であるお寺の僧侶でもあります。

 「受けた悲しみは 決して返しはしない」「この土に眠る幾億の願い つないでゆく」

 この言葉は、二階堂さんの心からの願いだと受け取りました。

 東アジアの緊張がかつてなく高まろうとしていますが、悲しみを悲しみで返したら紛争が戦争になってしまいます。

 広島をはじめ戦争によって多くの尊い命が奪われましたが、一人一人の願いは平和を求める想いだったと思います。

 悲しみを繰り返すのではなく、平和を求める願いを広げる大切さがこの歌詞に込められています。

 核兵器禁止条約を交渉する国連会議のエレン・ホワイト議長は22日、ジュネーブの国連欧州本部で会見し、同条約の草案を公表しました。

 草案は、条約前文で、核兵器の使用がもたらす人道上の破壊的な結果を強調するとともに、「核兵器使用の被害者(ヒバクシャ)および核兵器被害者の苦難に留意」するとのべています。

 この草案が、6月15日から7月7日まで行われる「国連会議」の第2会期での議論の基礎となり、さらにその内容が豊かにされ、可能なかぎりの多くの国連加盟国の賛同を得て、採択されることを強く期待します。

 仏教の経典の一つに「仏説無量寿経」があります。本ブログでも度々引用していますが、この中に「兵戈無用」という言葉があります。

 兵隊も武器もない社会です。

 武器の中で最も人道的に破壊的な結果をもたらすものは核兵器であることは、広島・長崎の苦難で明らかです。

 平和構築のために、核兵器禁止条約へ向けて草案が作成されたことを心から歓迎したいと思います。

 この動きは、二階堂さんの歌詞「この土に眠る幾億の願い つないでゆく」ことだと受け取りました。

 二階堂さんの歌声に癒されながら、今日も、平和な社会の構築のために力を尽くしていきたいと思います。

 核兵器禁止条約草案に対する皆さんの想いをお教え下さい。

小笠原みどり著「スノーデン、監視社会の恐怖を語る」感想ノート(1) [2017/05/24 水 AM 07:54]

 ジャーナリストの小笠原みどりさんの「スノーデン、監視社会の恐怖を語る」を読んでいます。

 小笠原みどりさんは、元朝日新聞の記者です。1994年に記者になった小笠原さんの初任地は、山口市。

 この頃、私は、30歳で、宇部市議会議員1期目でした。小笠原さんと何らかのイベントでご一緒したことがあったのかも知れないと思うと身近な存在に感じられました。

 これまでに読んだのは、小笠原さんがスノーデン氏への独占インタビューをする前の時期の部分です。

 小笠原さんの記者時代の率直な思いが綴られています。

 「9.11と直後さら開始された『対テロ戦争』が、その変化のプロセスの始まりだった。このプロセスは日本のメディアだけではなく、米国でもメディアが腐敗し、公衆の目を逃れて監視システムが発達していった時期と重なる。」

 米英機がアフガニスタンへの空爆を開始した翌日、朝日新聞社説は「限定ならやむをえない アフガン空爆」と書きました。

 小笠原さんは当時、福岡社会部の記者でした。社説のゲラを見た小笠原さんは、東京の論説委員室に電話しました。

 論説副主幹を名乗る人物が電話口で「うちはこれまでも武力攻撃を否定していないから」と答えました。

 この時の事を小笠原さんはこう振り返っています。

 「こうやって日本の新聞はかつて戦争に協力し、政府のお先棒を担いで、嘘を書きまくった。戦争に負けると、今度は変わり身早く『国民と共に立たん』などと宣伝して、人々を戦争に駆り立てた責任を曖昧にぬぐい去り、『新日本建設』の騎手であるかのように振る舞った。自らが考えを転換したことをけっして認めず、『これまでもそうだった』といいながら、うちという集団に隠れながら、大転換をやってのける。これならどんな個人も責任を取らなくても済む。日本の言論機関はそうして権力に寄り添ってきたのか。そして、これからもそうしていくのか・・・。からくりが全部見えた気がした。

 「屋台骨としてあると信じた新聞の平和への意思、人間への共感が社説で否定されたことは、デスクを含む記者たちの内面を確実に蝕んでいったと思う。記者が言葉を書く起点は、つきつめれば一人の人間であるということでしかない。人はほかの誰かに伝えたくて、言葉を送り出す。国家暴力がその一人の人間を殺すことを容認してしまったら、自分のような人間が殺されてもやむをえないと支持してしまったら、自己矛盾に陥る。つまり、価値基準の頂点にもはや人のいのちを置かなくなってしまったことで、記者たちは自分の人間存在を起点に書けなくなってしましった。自分の存在を否定して、思いを言葉にできるだろうか。だれに向かってなにか伝えたいと切実に感じるだろうか。軸足を失った新聞は、時代に果敢に切り込んでいく指針を失ってしまったのだ。いま新聞には、書き手が信じてもいない言葉が氾濫している。」

 昨日、「共謀罪」法案が衆院本会議で強行採決されました。

 今朝のメディアは、価値基準の頂点に国民を置いて報道しているでしょうか。

 価値基準の頂点に国家を置いて報道はしていないでしょうか。

 小笠原さんは、メディアが再び自由を取り戻すためにこう書いています。

 「自由を取り戻す方法は、真実に足場を据えて一人ひとりが反論することだろう。蓄えた言葉で、口々に。」

 「共謀罪」法案は参議院に審議の場を移しますが、真実に足場を据えたメディアの報道を大いに期待したいと思います。

 小笠原さんの「価値基準の頂点に人のいのちを置く」ことは「人間存在の起点」だという言葉は、大いに励まされます。

 各組織はこうあるべきと思います。

 人としてこうありたいと思います。

 いよいよ、小笠原さんの本は、スノーデン氏へのインタビューの部分に入ります。

 小笠原さんの紡ぐ言葉に魅了されつつ、読み進めていきたいと思います。

 平和と自由な社会を願って、この本の後半部分の感想は次回以降の本ブログで紹介したいと思います。

 「共謀罪」法案に対するご意見や、今日のメディアに対する想いをお聞かせ下さい。

劇映画「母」 [2017/05/23 火 AM 07:01]

 山田火砂子監督の劇映画「母」を観ました。

 三浦綾子さん原作の「母」は、作家・小林多喜二と母の物語です。

 山田監督は、映画のパンフレットにこう書いています。

 「小林多喜二は銀行に勤め、たくさんのお給料をもらって安楽に暮らせたのに、世の不平等に怒りを覚え、その安楽な暮らしを投げ打ち貧しい人の味方になり、国家権力に文章で立ち向かっていった。その頃の日本は1900年代に入り、日清日露の戦争に勝利して、軍国主義国家となり、少しでも戦争反対とか天皇陛下の事を言ったら『治安維持法』を持ち出して警察権力や特高警察の人達が殴る蹴るは当たり前、殺すまで拷問した。どれだけの人が国家の暴力によって殺されたか・・・。

 映画のパンフレットに「小林多喜二の軌跡」があります。

 1922年、多喜二が小樽高等商業学校に入学した翌年に日本共産党が結成されます。

 その翌年の1923年に関東大震災が起こります。

 本ブログで、先日、映画「払い下げられた朝鮮人」の事を書きましたが、この関東大震災の時に、「亀戸事件」が起きました。

 警察庁は「社会主義者は不逞先人と提携し活動しつつあり」との流言を流布しました。

 「亀戸事件」の著者である加藤文三さんは、「震災という天災を社会主義運動の弾圧に利用しようとする官憲の作為に違いない。」と書いています。

 この時に、日本共産党で日本共産青年同盟委員長であった川合義虎らが官憲の手で虐殺されました。

 この時に、約6500人もの朝鮮人の方々が虐殺されたことは、先に書いた通りです。

 小林多喜二は、1931年に日本共産党に入党し、1933年に特高警察による拷問で死亡しました。

 日本共産党に入ってわずか1年半で殺されたことになります。

 私は、日本共産党に入って30年目を迎えました。感慨無量です。

 改めて、日本共産党の戦前の壮絶な闘争をこの映画でリアルに感じることが出来ました。

 そして、「治安維持法」の再来を許さない。「共謀罪」法案の廃案を、この映画を観て誓いました。

 引き続き県内で劇映画「母」の上映会が行われています。一人でも多くの皆さんがこの映画をご覧になることを念願するものです。

 映画の上映時間は、本ブログのインフォーメーションに書かれています。

 

リベラルですが、何か? [2017/05/22 月 AM 07:32]

 昨日、広島市で行われた真宗大谷派仏教講演会に参加しました。

 講師は、精神科医で立教大学現代心理学部教授の香山リカさん。

 そして、シンガーソングライターであり、浄土真宗本願寺派僧侶でもある二階堂和美さんのコンサートもありました。

 二階堂さんの歌を直接聴いたのは初めてでしたが、心に響き涙が出てきました。

 今月の29日、宇部市で浄土真宗本願寺派公開法座が開かれ相愛大学教授の釈徹宗さんの講演が行われます。

 そして、なんと二階堂さんのコンサートも開かれるです。

 二階堂さんの歌を今月一気に2回聴くことができることを嬉しく思っています。

 さて、香山さんには、9月23日に宇部市で講演をいただくことになりました。

 主催は、総がかり行動うべ実行委員会です。会場は、宇部市男女共同参画センター・フォー・ユーの3階軽運動室です。

 香山さんは、人間には、自分で立ち直る力があることを講演で述べられました。

 さて、広島までの往復の電車の中で、香山さんの本を読みました。

 まず、読みかけだった「知らずに他人を傷つける人たち」(ベスト新書 2007年)。

 これは、モラル・ハラスメントに関する本です。

 私は、校区の人権教育推進委員を務めていますが、他人の人権より自分の人権を優先するハラスメントは、どこでも起こりうる問題だと痛感しました。

 次は、「いまどきの『常識』」(岩波新書 2005年)。

 「自分の周りはバカばかり」「お金は万能」「男女平等が国を滅ぼす」「痛い目にあうのは『自己責任』」「テレビで言っていたから正しい」「国を愛さなければ国民にあらず」の「常識」に香山リカさんが斬り込んだ新書です。

 この本が出されて10年以上が経過しましたが、益々、先に引用した常識が支配的になろうとしている側面が強まっているとも言えます。

 香山さんは、「これが『常識』になったとき、幸福になるのは誰なのか。たとえあなたは幸福になれたとしても、他の多くの人が幸福になれなかったとしたら、その社会ではいずれはあなた自身の幸福も失われるのではないか。」と本書で問いかけます。この問いかけの意味は、今日的に益々重要であると感じました。

 そして、講演会の帰路、JR広島駅周辺の書店で購入した「リベラルですが、何か?」(イースト新書 2016年)。

 帰りの電車で一気に読みました。

 新書の「おわりに」に香山さんの決意が述べられています。

 「私はもう誰にも遠慮せず、何にも忖度せず、自由と平和と民主主義のためジブンにできるあらゆることをやっていこう」

 この決意の元、香山さんの宇部市の講演テーマは「安保法から2年-この間とこれからを考える」です。

 9月の香山リカ宇部講演成功のために、更に、香山さんの本を読みながら、準備にあたりたと思っています。

 そして、昨日の晩から読んでいるのは、「ぷちナショナリズム症候群」(中公新書ラクレ 2002年)

 香山ファンの皆さん、お勧めの本をお教え下さい。