環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2016年 12月 ]

かえる通信No.21(2017年1月1日) [2016/12/26 月 PM 12:35]

相次ぐ米軍機墜落事故で要請

 

大平衆議院議員と藤本衆院候補らが

 

中国四国防衛局へ事故を受け要請

 

 日本共産党の大平喜信衆議院議員と衆院比例中国ブロック垣内京美候補、中国5県の衆院小選挙区候補、地方議員が12月22日、中国四国防衛局(広島市)を訪れ、米軍海兵隊岩国基地所属機などで相次ぐ墜落事故の原因究明や、安全が確保されるまで飛行中止などを要請しました。
 中国5県から約30人が参加。山口県からは、藤本一規3区候補を含む4人の衆院小選挙区候補、木佐木県議、山田岩国市議が参加しました。
 大平議員は「中国地方は日米一体の戦争する国づくりの一大拠点になろうとしている。大変な怒りと不安を感じている住民の立場から許すわけにはいかない」と強調しました。
 今月7日に岩国基地所属のFA18ホーネットが高知沖で墜落した際の訓練内容について、担当者は「米軍の運用に関することで承知していない」と回答しました。
 9月に沖縄本島沖で墜落したAV8ハリアーと併せ、日米政府として米側に飛行中止を求めておらず、担当者は「米側で対策が講じられた上で飛行している」と述べました。
 米国外で初となるF35Bの岩国基地配備を「実験場みたいなものだ」と批判したのに対し、担当者は「配備は問題ない」と発言。
 オスプレイを墜落させた空中給油機の美保基地配備撤回の要請にも「中止する位置づけではない」と答えました。

 KIMG0255_20161222165629

 要請団(二列目左端が藤本衆院山口3区予定候補)

 

「岩国基地の今を知る学習会」盛況

 

 うべ憲法共同センターは12月23日、吉岡光則岩国平和委員会事務局長を講師に「岩国基地の今を知る学習会」を行いました。
 来年度政府予算案は、艦載機移駐に伴い、山口県に支給される「再編関連特別地域整備交付金」を盛り込みました。交付金は、17年度以降3年間延長される見通しです。
 吉岡事務局長は、「県知事が、F35B受け入れを表明した直後に、交付金の延長が決まった。露骨な買収政治だ。」と述べました。

KIMG0261_20161224120702

 吉岡光則岩国平和委員会事務局長から学ぶ

 

第5回うべ憲法共同センター市民公開講座

 

テーマ「経済政策は何のため~さらば下心政治~」

 

日時 3月4日(土)

   14:00開会 16:00閉会
会場 宇部市総合福祉会館4階大ホール
   宇部市琴芝町2丁目4-20 
    ℡0836-38-3136
会費 500円

 

講師 浜矩子同志社大学大学院教授

浜先生写真画像

 浜矩子同志社大学大学院教授

主催 うべ憲法共同センター 

   山口民医連内 ℡0836-35-9355

   事務局 藤本 090-3747-2855

 

一気

 

あけましておめでとうございます。「飛ぶ総理 落とす勢い出す選挙」この川柳は、山口民報新年号に投句した私の作品です▼日本共産党第27回大会決議案は「安倍政権の強権政治=暴走政治は、この政権の『強さ』では決してない。それは、古い自民党政治が深刻な行き詰まりに直面し、国民との矛盾をいよいよ広げていることのあえあわれにほかならない」と述べています▼今年は、酉年です。鳥に関する諺に「飛ぶ鳥を落とす勢い」があります。「飛ぶ鳥を落とす勢い」は、暴走政治を進める安倍政権にあるのではなく、野党と市民の共同を進める私たちにあるのです▼今年は、総選挙の年です。私は、日本共産党の衆院山口三区予定候補として、野党と市民の共闘で勝利を目指して頑張ります。同時に、比例中国ブロックでの大平喜伸衆議院議員の議席を確保し、複数議席の獲得を実現していくために頑張る決意です。酉年の今年が、皆様にとって「飛躍の年」となることを願っております。