環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2016年 01月 ]

長生炭鉱水没事故74周年犠牲者追悼集会 [2016/01/31 日 PM 05:40]

 昨日、長生炭坑水没事故74周年犠牲者追悼集会が宇部市内で行われました。

 主催は、長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会(以下刻む会)です。

 私は、刻む会の運営委員として初めて迎える追悼集会となり、集会の運営スタッフを務めました。

 第一部の追悼式は、11時から水没事故現場付近に設置されている追悼ひろばで行われました。

 今年の集会には、韓国仏教宗団協議会から約60人の僧侶が来られました。

 韓国仏教宗団協議会会長であり、大韓仏教曹渓宗の慈総務院長は、「御霊よ! あなた方の子孫として韓国仏教代表団は、傷ついた名誉を回復し、歴史の真実を伝えるために、そして、深い傷を完全に治すために、さらに邁進します。個人の犠牲が人類の教訓として残り(伝えられ)、二度とこのような悲劇が繰り返されないように、全ての生き物が安穏で平和な生活を享受できますように、宗教者としての責務を果たしてまいります。」と挨拶しました。

KIMG2190

 韓国仏教宗団協議会の慈会長による追慕の辞 

 韓国仏教宗団協議会の僧侶は、薦度祭を行いました。薦度祭の中では、二人の僧侶の舞儀式も披露されました。

KIMG2206

 韓国仏教宗団協議会の僧侶2人による舞儀式

 僧侶を含め、約170名が、犠牲者の冥福を祈りました。

 二部では、強制労働犠牲者追悼・遺骨奉還委員会共同代表(以下遺骨奉還委員会)で浄土真宗本願寺派一乗寺の殿平善彦住職を講師とする講演会が行われました。

KIMG2224

 遺骨奉還について報告する殿平委員会共同代表

 強制労働の犠牲者になった、韓国出身者の遺骨115体を韓国に奉還する取り組みが、昨年9月北海道を出発しました。

 殿平さんは、遺骨奉還委員会の共同代表として、韓国までの3500キロの道のりを詳細に話されました。

 北海道を出発した遺骨は、東京、大阪、広島を経由して、下関市の光明寺での追悼会を経て、関釜フェリーで釜山港に到着しました。

 9月19日、ソウル市庁前広場で行われた葬儀には、約1000人の参拝者が集いました。

 カトリック、プロテスタント、円仏教、韓国仏教、日本仏教による追悼が行われ、ソウル市長が挨拶を行いました。

 115体の遺骨は、玻州市ソウル市立墓地に納骨されました。

 殿平さんは「私たちは政府や企業に代わって遺骨を届けたのではない。政府や企業は、むしろこの度の遺骨奉還を契機にして改めて自らの責任を自覚していただきたい。政府や企業には法的な責任が発生する。政府企業の責任ある対応なしに遺骨問題の根本的な解決はあり得ない。」と述べました。

 殿平さんは、「遺骨奉還を人が人を殺す社会から命を尊ぶ社会に転換していく契機としたい。この集会にも加害・被害両方の立場からの参加があるが、一同に介して話し合う意義は大きい。」と語りました。

 私も浄土真宗本願寺派の門徒の一人として、殿平さんから「兵戈無用」の仏教の精神を深く学ぶことが出来ました。

 私は、その後に行われた韓国の遺族の皆さんとの懇親会に参加し、遺族の皆さんとの交流を深めました。

 先の敗戦から71年を迎え、水没事故から74周年が経過しました。

 しかし、遺骨は海の中に遺されたままです。

 遺骨を回収し、ご遺族にお返しするという大きな任務が、刻む会にあることがよくわかりました。

 政府などの責任を問いながら、粘り強くこれからも運動を継続させていきたいと思いました。

  「遺骨を遺族に返還する」という大きなライフワークをいただきました。

 昨日は、私の人生の一つの転機となる一日でした。

 まずは、74年前の悲劇を多くの方々に知っていただきたいと思います。

 現地を見学したい方は私まで申し出ていただければ幸いです。

 

JR宇部駅の合併浄化槽撤去工事はじまる [2016/01/30 土 AM 07:08]

 日本共産党宇部市議団と私は、昨年2月、JR西日本広島支社に出向いて、宇部市内の様々な要望を伝えました。

 その中に、JR宇部駅の合併浄化槽を撤去し、駐輪場にしてほしいというものがありました。

 JR担当者は「合併処理浄化槽撤去に向けて現在宇部市と協議をしている。来年度中には、撤去できるようにしたい。撤去後は、駐輪場用地として協力したい」と回答しました。

 JR宇部駅は公共下水道が敷設され、合併浄化槽が不要となり、撤去し、駐輪場にしてほしいとの要望が地元から出されていました。

 この程、宇部駅周辺に、「宇部駅浄化槽外不用建物撤去」工事を今月25日から来月18日まで行うという看板が設置されました。

 私たちの要望を受けて、JR宇部駅の合併処理浄化槽の撤去工事が行われることになりました。

KIMG2165

 撤去工事が行われるJR宇部駅の合併浄化槽

 撤去後は、駐輪場として整備されるように、引き続き要望してまいります。

 JRに関する要望についても藤本までお寄せ下さい。

甘利大臣が辞任 [2016/01/29 金 AM 06:07]

 甘利昭経済再生担当大臣や秘書が千葉県の建設会社側から1200万円の許与を受けたとされる疑惑で、甘利氏は昨日、内閣府で会見し、自ら現金を受け取ったことを認めた上で、閣僚を辞任すると発表しました。

 しかし、口利きは否定するなど疑惑は深まっており、さらなる真相解明と安倍首相の任命責任が問われます。

 今朝のしんぶん赤旗日刊紙には、税理士で立正大学法学部客員教授の浦野広明さんがこの問題でコメントしています。

・・・

 甘利氏は記者会見で建設会社の総務担当者らと面会し、現金50万円を2回にわたって直接受け取ったことは認めました。そのうえで、一般的な政治資金であり、口利きの依頼や見返りではないと弁明しました。しかし、こうした場合、カネを渡した側がどのように認識していたかが重要です。甘利氏の弁明は言い逃れであり、賄賂性への疑いは晴れません。

 秘書が受け取った500万円のうち、300万円については返そうとしたが返せず、使ってしまったと言う説明は、なんとかつじつまの合う筋書きを考えたのでしょうが、にわかに信じがたい印象です。

 受け取ったカネを全部返還するともいっていますが、借金ではない以上、いったん受け取った不明朗なカネを返したからといって免罪されるものではありません。泥棒したカネを返しても罪は消えないのと同じです。

 閣僚辞任は当然ですが、辞任で幕引きは許されません。安倍首相の任命責任はより重くなったというべきです。

・・・

 甘利大臣が辞任しました。皆さんは、この問題をどのようにお考えですか。お教え下さい。

うつけの采配(下) [2016/01/28 木 AM 07:59]

 中路啓太さんの「うつけの采配」を引き続き読んでいます。

 この本は、戦国時代から徳川幕府が出来る辺りの毛利家の様子がよくわかる歴史小説です。

 とりわけ岩国藩を治めることになった吉川氏の経緯がよくわかります。

 毛利輝元を藩徳川勢の総大将として天下を取ろうとする安国寺恵瓊。

 「毛利は決して天下を争ってはならない」との毛利元就や小早川隆景らの遺言を守り、毛利と徳川との全面対決を阻止しようとする吉川広家。

 天下分け目の関ケ原に突入していきます。

 歴史に「もし」はありません。

 吉川広家という人物がいなかったら、長州を、毛利氏が治めることにはならなかったのかも知れません。

 吉川家が岩国を治めることにならなかったかも知れません。

 毛利家そのものがどうなっていたのか分かりません。

 広家を支え続けた伊知介が、「お家が滅びようが、知ったことではない」と言い出す広家を叱咤します。

 「この世のどこを探そうと、力不足でない者などござりましょうや。『俺には何もかも揃っておる』などと申す者に、この伊知介は行き合うたことはありませぬぞ。」

 「力不足などというのは、卑怯者の言い訳に過ぎまぬわい」

 当時、殿に対して部下がこのような叱咤ができたかどうか分かりませんが、この下りなどは歴史小説を読む醍醐味を感じました。

 歴史小説を自分にあてはめて読み、いろいろな事を教えてくれます。

 やみくもに聖戦を叫び、多くの人民の命を奪うことになるのか、人民を守る道を選ぶのか。

 毛利広家の選択は、今日を生きる私たちにも多くのことを教えてくれます。

 歴史を分かり易く、面白い物語として私に伝えてくれる中路啓太さんの筆致に感服しています。

 中路さんすばらしい物語をありがとうございます。

 読書は人生を豊かにしてくれるものですね。

沖縄・宜野湾市長選の結果について [2016/01/27 水 AM 07:39]

 日本共産党の山下芳生書記局長は24日、沖縄県宜野湾市長選の結果を受けて、次のような談話を発表しました。

 大変残念な結果である。志村候補を支持された市民のみなさんをはじめ、志村勝利のために奮闘されたすべてのみなさんに心から感謝する。

 現市長は辺野古「移設」の本音を隠したまま、「普天間基地の固定化阻止」「一日も早い返還」「政府とたたかう」と言って市民をごまかす論戦に終始した。政府はこの選挙結果をもって辺野古「移設」を民意だとすべきではない。

 わが党は、保革を超えた「オール沖縄」に結集されたみなさんと力をあわせて、辺野古「移設」によらない一刻も早い閉鎖・返還、爆音軽減、市民の暮らし、福祉を守るため全力を尽くす。また、6月の県議選、7月の参院議員選挙で「オール沖縄」勢力の勝利のために奮闘するものである。

・・・

 宜野湾市長選挙の結果を皆さんはどうお考えですか、お教え下さい。

 

岩国市長選で姫野あつこ候補が善戦健闘 [2016/01/26 火 PM 06:21]

 24日い投開票された岩国市長選挙で日本共産党が加わる「住民投票を力にする会」など、米軍岩国基地強化に反対する5つの市民団体が支援した姫野敦子氏は健闘しましたが、現職の福田良彦氏に及びませんでした。

 岩国市長選挙の結果をうけ、「住民投票を力にする会」の松田一志代表は、つぎのコメントを発表しました。

・・・

1、選挙結果について

 1月24日投票の岩国市長選で、私たち「住民投票を力 にする会」(以下「力にする会」)は、岩国市内の他の4 つの市民団体(愛宕山を守る会、住民投票を活かす会、 「草の根」、瀬戸内ネット)とともに、艦載機移駐・米軍 住宅建設反対をかかげる共同の候補に姫野敦子氏を擁立し てたたかいました。

 投票率が47.49%と前回より大幅に下がるなか、姫野候 補は14,820票(得票率27.5%)を獲得し、善戦健闘しまし たが及ばず、福田良彦・現市長が39,074票(得票率72.5%) で再選されました。

 ご支持、ご支援をいただいたみなさんに心から感謝申し 上げます。また「力にする会」にたいし、県内、県外から よせられた物心両面にわたるご支援に心から感謝申し上げ ます。

2、今回の選挙戦の様相と問われたもの

 今回の選挙戦の最大の争点は、2017年に計画される艦載 機移駐の是非でした。姫野候補は、艦載機移駐・米軍住宅 建設反対を正面からかかげ、「子どもたちに平和で安心し て暮らせる岩国を残そう」「再編交付金に頼らず、自立し た市政を」と訴え、たたかいぬきました。この訴えは、市 民の強い共感を広げました。

 福田候補は、市の総合計画に「基地との共存」をかかげ つつ、基地交付金に頼る「実績」の宣伝に終始し、艦載機 問題に全くふれませんでした。そのなかで、姫野候補が27.5%の得票を得たことは、福田市政への批判の表れです。

 今回の選挙結果は、艦載機移駐計画と、なし崩しの基地 拡大への市民の不安がはっきり示されたものです。私たち は、福田市政に、艦載機移駐・愛宕山米軍住宅建設に反対 し、国とアメリカに中止するよう要望することを、あらた めて強く求めるものです。

3、今回の市長選の画期的意義と私たちの決意

 今回の市長選で、市長選史上初めて、米軍岩国基地増強 に反対する5つの平和市民運動団体が共同して、姫野敦子 氏を候補者に擁立してたたかいました。このことは、これ からの市民運動の発展にとっても画期的意義をもつもので す。立候補の要請を敢然と受けて立った、姫野氏の勇気に 心から敬意を表するものです。

 5団体は「艦載機移駐反対、愛宕山米軍住宅建設反対」 の一点で力をあわせ、選対も協議を重ねながら運営し、選 挙運動にとりくみました。福田陣営にとっても、この市民 の共同が一番の脅威となりました。

 5団体の共同はこれからの運動に、大きな展望を開くも のであり、基地拡大強化に反対し、平和を望む多くの市民 に、希望を与えるものとなりました。 私たちは、市民運動5団体の連携と共同をいっそう強め、 沖縄そして全国と連帯し、幅広い多くの市民のみなさんと 力をあわせ、これからもたたかいつづけます。そして「オー ル岩国」に発展させ、「戦争する国づくり」をすすめる安 倍暴走政治、そして安倍直轄の福田市政ノーの声を引き続 き広げ、来年に迫った空母艦載機移駐計画を中止させるた めに奮闘していきます。

 2016年1月24日

 「住民投票を力にする会」代表 松田一志

・・・

 日本共産党は、艦載機移駐・米軍住宅建設反対の立場で、県民・市民と連帯して引き続き奮闘します。

 岩国市長選挙の結果について、皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

うつけの采配 [2016/01/25 月 AM 09:57]

 昨日は、近年にない大雪が西日本を襲いました。

 午前・午後の予定は全て中止となり、読書三昧の一日となりました。

 昨日から読み始めているのが中路啓太さんの「うつけの采配」です。

 毛利元就の子どもである元春が養子となった吉川家。

 元春の三男が広家。この小説は、吉川広家の物語です。

 広家は、幼少期より「うつけ」と呼ばれましたが、叔父・小早川隆景から毛利家百二十万石の采配を任されようとしています。

 山口県人として、戦国時代の毛利家を知ることが出来る良著です。

 中路さんの文体は骨太で、現代にも生きる言葉が散りばめられています。

 吉川広家は、秀吉の朝鮮出兵に駆り出されます。

 広家は「浜辺にたたずんで働く姿を遠望していた広家は、それを世の腐りゆく臭いのように感じた。満つれば欠くる慣わしとでも言うべきか、隆盛を極めていた豊臣政権は腐敗しはじめているように思われたからだ。」

 私は、この文章を読んで、「豊臣政権」は甘利大臣の疑惑事件を受けての「安倍政権」と読み替えました。

 甘利大臣は、問題を暴露した一色氏に「得意淡然失意泰然」と書いた色紙を送っています。

 甘利大臣は、今、失意の中かも知れませんが、「泰然」としているばかりではなく国民に一刻も早く説明をすべきです。

 歴史小説は、様々なことを私たちに教えてくれます。

 中路さんは、吉川英治文学新人賞候補になったり本屋が選ぶ時代小説大賞を受賞するなど、時代小説のホープです。

 今年は、中路さんの作品を少しづつ読んでいきたいと思います。

 雪の中、家の中でのんびり読書するのもいいものです。

 

週刊文春「甘利大臣疑惑」記事を読む [2016/01/24 日 AM 09:03]

 甘利経済再生大臣の口利き・金権授受疑惑に政権中枢と与党内が大きく揺れています。

 この震源となった「週刊文春1月28日号」の記事を実際読んでみました。

 この記事は、千葉県内の建設会社「S興業」の総務担当者だった一色さんが実名で告発した内容を元に書かれています。

 一色さんは、「利益供与をしたわけですから、真実を話すことで自分が不利益を被ることは承知しています。しかし、安倍政権の重要閣僚で、TPP交渉の立役者と持て囃された甘利大臣や、それを支える甘利事務所の秘書たちが、数年もの間、金をとるだけ取って、最後は事をうやむやにしようとしている姿に不信感を抱くようになったのです。『うち(甘利事務所)が間に入りますから』というような甘い言葉を私にかけては、金をタカっつてきましたが、それは支援者に対する誠実な態度といえるのでしょうか。私は、彼らのいい加減な姿勢に憤りを覚え、もう甘利事務所とは決別しようと決心したのです。」と語っています。

 一色さんは大臣室と甘利事務所で甘利大臣に直接50万円をそれぞれ渡した証言しています。

 一色さんは、渡す現金をコピーしています。

 そして、私が驚いたのは、2015年10月19日、一色さんが、清島甘利事務所長に現金20万円を渡す現場写真を週刊文春の喜捨が撮影していたことです。

 週刊文春の記事はこう締めくくられています。

 「甘利事務所に事実関係を詳細に尋ねたが、締め切りまでに回答はなかった。巨大な権力をお金に換える政治家や秘書にTPPのような国政の枢機を任せられないことは言うまでもない。」

 日本共産党の山下書記局長は、22日放送のBS放送で、週刊紙に実名で証言した関係者の国会招致について「現職の大臣・有力閣僚にかけられた疑惑であり、国会としては立場を超えて当然取り組むべき問題です。(関係者を)国会に招いて真実を究明することは、与野党を超えてやらなければならない」と表明しました。

 今回指摘されている口利き・金銭授受疑惑は、予算や法案の審議・採択に大きな影響力を持つ閣僚の在任中のものです。真相解明のうえ、閣僚および国会議員としての責任を明確にすることが、予算審議やTPPの審議を進める前提です。

 予算審議を前に、政局は大きく緊迫しています。

 長いものにまかれろの風潮がマスコミあるとの指摘もありますが、週刊文春のこの記事は、ジャーナリスト精神を感じさせるものでした。

 真実を暴く記事に胸がすく思いでした。

 甘利大臣の疑惑をみなさんはどうお考えですか。お教え下さい。

 

食生活で変わる子どもの心と体 [2016/01/23 土 PM 03:26]

 「食育交流フォーラムIN宇部」実行委員会主催の食育を学ぶ講演会に参加しました。

 講師は、元上田市教育委員長の大塚貢先生、演題は「食生活で変わる子どもの心と体」でした。

 大塚先生が1992年、長野県の中学校の校長先生だった頃のお話しは心に響きました。

 当時学校は、廊下をバイクが走り、タバコの吸い殻がバケツ一杯に集まるほどの荒れ様でした。

 大塚先生は、生徒を変えるために、授業を改革し、給食を改革します。

 大塚先生は、子どもの非行と食との学校で出来ることは給食のメニューを変えることだと考え改革に着手します。

 一つは米飯を増やすことと魚料理を増やすことです。

 少しづつ子どもたちが変わり、子どもたちが本を読むようになったそうです。

 非行も少なくなり、学力も向上してきます。

 大塚先生は、この経験を真田町教育長時代に、無農薬、低農薬の素材を使った給食を実現させます。

 私は、会場で大塚先生が共著されている「給食で死ぬ!」という本を購入しました。

 大塚先生は、この本の中で「コンビニ食品による食生活を続けていると、栄養が偏り、いわゆる『血がドロドロ』状態になります。血液をきれいにするカルシウムやマグネシウム、亜鉛や鉄分をはじめ、各種のミネラルも不足しています。」

 「背の青い魚にはDHA(ドコサヘキサンエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれ、血管を柔らかくし、血液をきれいにしてくれる作用があります。血液がきれいになると、脳への酸素や栄養分の供給がスムーズになります。」と述べておられます。

 大塚先生のまさに「食生活で変わる子どもの心と体」の話しは、大人である私自身がとても参考になりました。

 4人の子どもの父親として、宇部市PTA連合会会長として、とても貴重なお話しでした。

 妻が毎食毎食手料理を作っていることに改めて感謝する講演でした。

 我が家でも魚料理をもう少し増やし、子どもたちと楽しい食卓を囲みたいと思いました。

 大塚先生、貴重なお話しをありがとうございました。

 大塚先生の著書を読み、講演の内容を深く理解していきたいと思います。

 さて、宇部市では学校給食の民営化が大きく進められています。

 効率化ばかりが進められるのであれば、問題だと思います。

 子どもの心と体を作る大切な給食でることを共通認識として、宇部市の子どもの心と体を育む学校給食となるように、今日学んだことを生かして必要な発言を行っていきたうとも思いました。

 子どもの食生活をどうお考えですか。皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

甘利大臣疑惑 [2016/01/22 金 AM 09:24]

 甘利経済再生相と秘書が、千葉県の建設会社S社側から口利きの見返りとして現金や飲食接待を受けた疑いが浮上しています。

 政治資金オンブズマン共同代表の上脇博之・神戸学院大学教授は、今朝のしんぶん赤旗日刊紙に次のコメントを明らかにしています。

 「報じられていることが事実だったとすれば極めて重大です。第一に政治資金規正法違反の可能性があります。2013年に500万円を受け取って領収書を2枚は発行するという不自然な処理をしています。領収書を2枚用意した時点で真実の報告をする気がなかったわけです。残り約400万円のうち100万円は元秘書の県議の支部への寄付だったとしても、残り約300万円は収支報告書に未記載です。翌年に処理したとしても、収支報告書の記載は169万円で、つじつまが合わない。明らかな虚偽記載です。甘利氏の秘書は、受け取った金をパーティー券で処理したと弁明しました。しかし、S社側は、「パー券を買います」とは言っていない。政治資金規正法でパー券には政治資金集めの目的のパーティーと明記しなければなりません。献金者の意思を無視して、受け取った側が勝手に都合よく更処理することは許されません。第二に、刑法のあっせん収賄罪か、あっせん利得処罰法のあっせん利得罪のいずれかが該当する可能性があります。報道によるお甘利氏側は、お金を受け取ったのみならず、URに働きかけて口利きをした可能性があります。UR職員はみなし公務員なので、あっせん収賄罪、それに至らなくてもあっせん利得罪となる可能性があります。典型的な自民党議員の口利き問題です。甘利氏本人が50万円を2回、計100万円を直接受け取っているので、秘書だけの責任にはできません。また、飲食費や遊行費を秘書がS社にたかっています。業者との癒着の構図が生まれており、政治的・道義的にも問題です。甘利氏の政治団体をみると、多くの業者が献金をしています。業者との癒着は、S社だけの問題なのか、氷山の一角なのか、真相解明が求められます。安倍首相は大臣に任命した以上、責任がありますから、内閣として調査して真相を明らかにすべいですし、任命責任も問われます。安倍首相らは個人の責任にしようとしていますし、甘利氏も秘書個人の責任にする恐れがあります。あまりにも姑息です。甘利氏は大臣の辞任はもちろん、議員も辞職すべきです。疑惑はそれほど重大な問題なのです。」

 甘利大臣疑惑の問題を皆さんはどうお考えですか。お教え下さい。