環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2015年 03月 ]

林農水大臣が沖縄県指示の停止を決定 [2015/03/31 火 PM 12:43]

 沖縄の米軍普天間基地に代わる名護市辺野古の新基地建設問題で、翁長知事が防衛省沖縄防衛局に対して出した作業停止指示について、林芳正農林水産大臣が効力の一時停止を決定しました。

 新基地建設が遅れれば日米両国の信頼関係に悪影響が出るなどという沖縄防衛局の申し立てを追認した言語道断の決定です。

 林農林水産大臣の決定は、沖縄防衛局が公正不服審査法に基づき、翁長知事による作業停止指示の執行停止を申し立てていたのを受けたものです。同法は行政庁の違法、不当な処分について国民に不服申し立ての道を開くことで「国民の権利利益の救済を図る」のが目的です。

 国自体が申し立てをすることを基本的に予定していません。沖縄県民の多数が反対している新基地建設を強行するための申し立てが法の趣旨に反するのは明白です。

 林農林水産大臣は、申し立てを「適法」としました。しかし、新基地建設をなりふり構わず推進する安倍政権の下にある国の機関の申し立てを同じ国の機関が審査して、公平性が保たれるはずがありません。

 林農林水産大臣の決定は、翁長知事の作業停止指示によって新基地建設が「大幅に遅れる」ために「普天間飛行場周辺住民に対する危険性や騒音の継続による損害」、「日米両国間の信頼関係への悪影響による外交・防衛上の損害」などが生じることを避ける「緊急性」があるとした沖縄防衛局の申し立てをおうむ返ししただけです。

 翁長知事は林農林水産大臣に提出していた意見書で、普天間基地を抱える宜野湾市民を含め県民は昨年の知事選で「移設による負担継続ではなく、米軍基地負担を否定する道を選んだ」とし、「(政府が)辺野古移設を『唯一の解決策』であると決めつけて、普天間飛行場の負担の大きさを執行停止の理由として述べていることは、・・・沖縄県民の痛みを感じない、感じようとしない政府の姿勢がある」と指摘しました。

 この声に全く耳を貸さない林農林水産大臣の決定は審査の名に値しません。

 林農林水産大臣の決定は、二重三重に民主主義に反する暴挙です。

 私は、断固抗議したいと思います。

 林農林水産大臣の決定に、沖縄県民はもとより、国民全体の批判が高まることは避けられません。

 私は、沖縄県民と連帯して新基地建設ノーの運動と、それに連動する空母艦載機岩国移駐ノーの運動を全力で取り組んでいく決意です。

 林農林水産大臣の決定を皆さんはどうお考えですか、お聞かせ下さい。

厚東川通信No394(2015年4月1日) [2015/03/30 月 PM 05:10]

日本共産党演説会に300名の市民が集う

 

大門参院議員が藤本県議の必勝訴える

 

藤本県議が再選への決意を語る

 

 三月二十八日、日本共産党演説会が、宇部市文化会館で開かれ、三〇〇名の市民が集いました。
 浄土真宗常光寺の檀家総代の松永博孝さん、山口民医連会長の上野尚さん、原発のない社会をめざす一市民の安藤公門さんがそれぞれの立場から挨拶されました。
 記念講演を行った大門みきし参議院議員は「地方から安倍内閣を包囲し退陣に追い込む重要な選挙を必ず勝ち抜こう」と、県議選で五期目に挑む藤本一規県議と宇部市議選で五議席をめざす五候補の必勝を訴えました。
 大門議員は、原発再稼働や集団的自衛権の行使容認、社会保障解体を狙う安倍政権に対し「共産党や国民運動の力でせめぎ合い、こちらの方が押していることに確信を持ち、たたかおう」と強調しました。
 各候補が決意表明し、藤本県議は「中学校卒業まで子どもの医療費無料を実現し、子どもらの笑顔が満ちる山口県を実現しよう」と訴えました。

KIMG0518

 演説会で再選に向けての決意を語る藤本県議

 

党県議団が介護問題でアンケート実施

 

 日本共産党県議団は、県内の介護事業所へ、介護制度の改悪に関するアンケート調査を実施ました。発送したのは、県内約二百の介護事業所。二十一施設から回答が寄せられました。藤本県議は、三月二十五日県庁内で記者会見を中間結果を報告しました。
 介護報酬の削減を問う設問に、反対とした回答が十五(七十一.四%)寄せられました。
 具体的には、「介護報酬の引き下げは要介護状態が上がるほど、マイナス額が大きくなっているが、実際は介護度が上がれば特殊車両、食事の形態の変更が必要になり、経費はかかってくる。このまま通所での報酬を下げると介護職員の給与に響くのは目に見えている。」など切実な意見が数多く出されました。
 「要支援1、2」の介護給付打ちきりと特養入所「要介護3以上」への対応を聞く質問には、「サービス低下につながるだけで、介護難民を増やすだけになる。」など切実な声が寄せられました。

 

上関原発反対集会に4000人 

 

  三月二十一日、上関原発を建てさせない山口県民大集会が山口市内で行われ、四〇〇〇名が参加しました。
 メインスピーカーの福島県三春町在住の武藤類子さんは、「今の福島は戦場の様」と語りました。
 集会の最後に、参加者一同で原発いらない「NON」を掲げました。

IMG_4642_R 

 原発いらない「NON」を掲げる4000人の参加者

 

一気

 

二月県議会に、「集団的自衛権連法案を国会に提出しないことを求める」請願が山口県労連から提出されました▼審議した総務企画委員会で、私は、「政府原案は、日本で武力攻撃がされていない場合も、政府が判断すれば、海外での戦争に参加できるもの。『海外で戦争できる国』へ向け、自衛隊創設以来の大転換を狙うもの」と発言し、請願は採択すべきとしました。
自民党は「我が国と、国民の平和と安全をより確実にし、世界の安定にも積極的に役割を果たすためには、平時から有事まで、切れ目なく対応できる安保法制を制定することは重要」と請願は不採択すべきとしました。最終本会議で、自民・公明などが不採択を主張し、不採択多数で、請願は不採択となりました▼今度の県議選で、自民・公明への一票は、「戦争への一票」です。
私は、戦争立法ストップのため全力を尽くします。

宇部興産前で労働者後援会の皆さんと宣伝行う [2015/03/30 月 AM 09:21]

  今朝、宇部興産前で日本共産党労働者後援会の皆さん方と宣伝を行いました。

KIMG0523

  宇部興産前で今朝、労働者後援会と宣伝行う

 志位和夫委員長が2月20日に行った雇用問題での質問内容のビラを労働者の皆さんに配布しました。
 私は、2月県議会に県労連から提出された「最低賃金の大幅引き上げと地方格差の是正を求める」請願の状況を報告しました。
 以前のブログでも一部報告したように、私は、本請願に対して、次のような討論を最終本会議で行いました。
 「請願2号『最低賃金の大幅引き上げと地方格差の是正を求めることについて』を不採択とする委員長報告に反対します。
 志位委員長が2月20日の衆議院予算委員会で指摘した通り、日本の最低賃金780円は、欧米諸国の中で最低です。790円だったアメリカはオバマ大統領が1101円への引き上げを表明しています。
 OECDの調査によれば、日本のシングルマザーは先進国のなかで、就労率はもっとも高く85.9%が働いています。ところが、ひとり親世帯の相対的貧困率は、日本は50.8%と最も高い状況です。日本の多くのシングルマザーは、最低賃金ぎりぎりの低賃金でダブルワーク・トリプルワークに追われ、ぎりぎりの生活を強いられています。
 私たちのところにもシングルマザーの方々から生活できないという訴えが数多く届けられています。
 山口県の最低賃金は715円です。山口県の最低賃金の大幅引き上げと地方格差の是正を国に求めることは、『活力みなぎる山口県』を標榜する村岡県政が1丁目1番地に行うべきことです。よって、本請願を不採択にすべきとする委員長報告に反対します。
 しかし、自民党は「本請願が、最低賃金の大幅な引き上げや全国一律の最低賃金制度など、最低賃金制度の枠組みを無視した要望であること。また、最低賃金の引き上げに向けて、国による中小企業の賃金と業務の改善を支援する助成制度の実施とその拡充が図られるなど、現在、中小企業を含めた取り組みが着実に進められている。」として、請願は不採択との立場を取りました。
 採択の結果、自民・公明などの不採択多数で、請願は不採択となりました。
 いよいよ始まる県議会議員選挙は、労働法制改悪を許すのかどうかが大きな争点です。
 自民・公明への一票は、労働法制改悪を進める一票、最低賃金据え置きの一票となるのではないでしょうか。
 私は、異常な長時間労働の規制を県として国に求めるようこれからも発言していきます。また、山口県の最低賃金引き上げを今後とも求めて頑張っていきたいと思います。
 雇用問題での皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

ジェイク・シマブクロ [2015/03/29 日 PM 01:01]

 通っている散髪屋さんが改装されて、ハワイ音楽が流れていました。

 とてもリラックスすることが出来て、車の中でもハワイの音楽が聴きたくなりました。

 ハワイの音楽で私の脳裏を駆け巡ったのは、ウクレレ奏者のジェイク・シマブクロでした。

 それ以来、ジェイクのCDを数枚購入して聴いています。

 ウクレレの音階自体癒されます。そして、彼のテクニカルなウクレレにノリノリで聴いています。

 彼は、日系5世。福島は、ジェイクの母のルーツがある土地だそうです。

 彼の日本での公式ホームページには、「2011年3月11日に発生した東日本大震災におきまして被害に遭われた皆様には、心よりお悔やみとお見舞い申し上げます。福島は、ジェイクの母のルーツがある地で、ジェイクが音楽を手掛けた映画『フラガール』(06年)の舞台でもあり、親族も暮らしております。また震災後に訪問した石巻や仙台にも友人知人がたくさんおります。復興までは、まだ時間を要することと思いますし、私のできることにも限りがあると思います。が、震災を風化させず、記憶にとどめ、たとえ微力であっても継続的にできる支援を行っていきたいと思います。」とのメッセージが掲載されています。

 この文章を読んで益々彼が好きになりました。

 選挙に勝利し、彼のコンサートに行くのが私の近い将来の夢です。

 毎日慌ただしい中ですが、ジェイクのウクレレに心を癒しながら、選挙戦を戦っています。

日本共産党演説会に300名 [2015/03/28 土 PM 05:25]

 本日、宇部市文化会館で大門みきし参議院議員を迎えて日本共産党演説会を行いました。

 300名の市民が参加し、私の再選と5名の市議団の実現を誓い合いました。

KIMG0519

 演説会の最後に観客の声援に答える候補者

 大門参議院議員は、「日本共産党の主張と国民世論が一緒になっている。原発再稼働も、憲法改悪の発議も許してはいない。自民党は、焦っており、国民の側が押している情勢だ」「今、日本共産党が地方から議席を増やし、地方から安倍政権を包囲する勢いが必要」「藤本県議の再選と5名の市議団を実現させてほしい」と語りました。

 私が訴えた要旨は以下の通りです。

KIMG0518

 5期目の県議会に必ず送って下さいと訴える私

・・・

 日本共産党の演説会にご参加の皆さん、来月3日告示の県議選宇部市選挙区の候補者・藤本一規です。定数1減の中、前回より4000票増やさなければ勝利できません。皆さんお一人お一人がもう一回り藤本一規の支援の輪を大きくしていただきますよう最初に心からお願いいたします。
 今度の県議選挙は、宇部市から、安倍政権の「海外で戦争する国づくり」に痛打を与える選挙にしていこうではありませんか。
 今日は、新田たつおさんの「隊務スリップ」という漫画コミックを持ってきました。この本は、憲法9条がなくなった近未来を描いています。饅頭屋の従業員「青乃」が日本国軍に入りアフリカに派兵されるという物語です。作者の新田さんは、新聞のインタビューに「9条は絶対に必要との思いを込めた。関心のない若い人に読んでほしい」と語っています。
 安倍政権は、集団的自衛権行使容認の閣議決定を具体化する一連の法案を5月の連休明けにも提出しようとしています。日本の歴史を70年前にタイムスリップさせ、「海外で戦争する国」にすることは許されません。
 2月県議会に、「集団的自衛権関連法案を国会に提出しないことを求める」請願が山口県労働組合総連合・藤永委員長から提出されました。
 審議した総務企画委員会で、私は、「政府原案は、日本で武力攻撃がされていない場合も、政府が判断すれば、海外での戦争に参加できるもの。『海外で戦争できる国』へ向け、自衛隊創設以来の大転換を狙うもの」と発言し、請願は採択すべきとしました。
 自民党は「我が国と、国民の平和と安全をより確実にし、世界の安定にも積極的に役割を果たすためには、平時から有事まで、切れ目なく対応できる安保法制を制定することは重要」と請願は不採択すべきとしました。
 最終本会議で、自民・公明などが不採択を主張し、不採択多数で、請願は不採択となりました。
 私には、中学・高校と3人の息子がおります。子どもたちが海外で殺し殺される戦争立法の国会提出には断固反対です。
 今度の県議選で、自民・公明への一票は、「戦争への1票」です。
 戦争立法ストップの一票は、藤本一規に大きくお寄せいただきますようお願いいたします。
 私のところに「山口県宇部児童相談所開所式」の案内が届きました。
 これまで、宇部市は、山口市大内にある中央児童相談所の管轄でした。事案があると児童福祉士さんは車で1時間かけて宇部地域にやってきます。命に関わる事案なら手遅れということもあったかも知れません。私は、県議に送っていただいて16年になりますが、14年前から宇部市に児童相談所の設置をと訴えてきました。そして4年前に中央児童相談所宇部駐在が出来ました。宇部駐在には、年間600件を超える相談が寄せられました。ついに4月1日から宇部児童相談所が宇部総合庁舎内に設置されます。職員体制は、5名から10名の倍の体制になります。子どもの権利を守る砦が宇部市内に出来たことを皆さんと喜び合いたいと思います。
 子どもを取り巻く問題で、私は、公約の一つとして、子どもの医療費を中学校卒業するまで無料にすることを掲げています。
 全国的には、福島県が18歳未満、鳥取県など5県が中学校卒業まで無料です。山口県は、小学校に上がる前までしか無料でありませんから、山口県が医療費では子育て日本一と言える水準ではありません。
県内では、4町で中学校卒業するまで無料。4月から宇部市では、中学校卒業するまで医療費を一部助成する制度がスタートします。
 私は、県の制度として、中学校まで医療費を無料にしたいと思います。
 関門海峡にもう一つ橋をかける第二関門橋。最低でも2000億円かかります。子どもの医療費無料を中学校卒業まで拡大すると年間20億円必要ですが、第二関門橋を止めれば100年間、中学校卒業まで医療費無料が実現できます。ムダな大型事業を止めれば財源はあります。
 山口県は、全ての小中学校で35人以下学級が実現しています。全国4県でしか実行されていない快挙です。それは、「ゆきとどいた教育を進める会」の先生方の毎年の数万筆という署名が大きな力となっています。
 今日は、中学校卒業するまで医療費を無料にする署名をお持ちしました。
 日本共産党が4議席になれば、議案提案権を獲得できます。その力で、「中学校卒業するまで医療費無料」を提案したいと思います。
 私のブログに掲げるスローガン「子どもらの笑顔が満ちる山口を」ともに実現しましょう。藤本へのご支援を重ねてお願いして訴えとします。

 ・・・

 引き続き、県政全般に対する皆さんの要望をお聞かせ下さい。

あいうべ体操 [2015/03/27 金 PM 03:34]

 先日紹介した「ひろのば体操」は、今も続けています。

 おかげで、肩の凝りはほとんどなくなりました。

 「ひろのば体操」の提唱者の湯浅先生は、みらいクリニック フットケアセンター所長です。

 みらいクリニック院長は今井一彰さん。

 今井さんが提唱されているのが「あいうべ体操」です。

 「ひろのば体操」と同じで、道具はいらず、簡単な体操が「あいうべ体操」です。

 大きく口を開けて「あ」「い」「う」と発音し、最後に「ベー」と舌を下に伸ばすだけです。

 この体操によって舌の筋肉を鍛え、鼻呼吸を促進させようとするものです。

 現代人の多くが普段から口呼吸。このことによってのどのリンパ組織を様々な菌に感染させており、このことが病気を呼んでいると今井先生は考えておられます。

 「あいうべ体操」は、唾液の分泌を増やし、顔を引き締め、肩こりや頭痛を軽くする効果もあると今井先生は提唱しておられます。

 私は、主に風呂場や移動中の車の中、気が付いたときに「あいうべ体操」を実践しています。

 気が付くと最近は、鼻呼吸で過ごす時間が増えたように感じます。

 特に、私たちのように話仕事の者は、口呼吸になりやすいので、病気予防のためにも鼻呼吸が大切だと感じます。

 更に、サージカルテープ(12mm前後)を口に貼って寝る「口テープ」も実践しています。

 朝起きるとテープ剥がれていますが、鼻呼吸で目覚める日々が続いています。

 これから激戦の選挙戦が始まりますが、「ひろのば体操」で足指を伸ばし、「あいうべ体操」で鼻呼吸を続け、健康な中で選挙戦を戦いたいと思います。

 簡単過ぎて忘れてしまうこともありますが、気が付いたときに、すぐに取り組めるところがこれら体操のいいところでしょうか。

 車の中で、「あいうべ体操」を実践している所をご覧になられたら暖かい眼で見守って下さい。

 

日本共産党県議団が介護制度改悪でアンケート行う [2015/03/26 木 PM 01:42]

 日本共産党県議団は、県内の介護事業所へ、介護制度の改悪に関するアンケート調査を実施ました。

 発送したのは、県内200の介護事業所。21施設から回答が寄せられました。

 回答が寄せられたものの内、半数以上に事業所名が記入されており、問題の深刻さがうかがえます。

 私は、昨日、中間結果について記者会見を行いました。

KIMG0493

 県庁記者記ラブで介護制度アンケート結果を報告 

介護報酬の削減を問う設問に、反対とした回答が15(71.4%)寄せられました。

 具体的には、「尊厳のある仕事に対する評価ではない。」「介護報酬の引き下げは要介護状態が上がるほど、マイナス額が大きくなっているが、実際は介護度が上がれば特殊車両、食事の形態の変更が必要になり、経費はかかってくる。このまま通所での報酬を下げると介護職員の給与に響くのは目に見えている。」など切実な意見が数多く出されました。

 第二の設問は、介護施設に働く職員不足についてです。

 具体的に「介護施設における介護職員の不足は深刻です。お金も大切ですが業務量の多さ、有資格者の確保の困難さ、一方で処遇改善加算の情報を聞いて面接に来る方々、無資格でも人集めのために雇わざるを得ない、ゆえに質の低下は免れないところです。」など切実な声が数多く寄せられました。

 質問の第三は、政府に対する意見を求めるものです。

 具体的には、「働き手の確保が難しくなってきています。これから高齢化が進むにつれ、介護、福祉に予算を多く確保し、皆が働きたいと思うような施策が必要だと思います。」「要するに小規模的な事業所が経営難になり、消えていくことで全体の給付の安定をはかろうとするものでしょうか?」など切実な声が数多く寄せられました。

 質問の第四は、「要支援1.2」の介護給付打ちきりと特養入所「要介護3以上」への対応を聞くものです。

 具体的には、「サービス低下につながるだけで、介護難民を増やすだけになる。」「介護利用できず孤独死、老々介護からの事件につながっていくものと考えられる。」など切実な声が寄せられました。

 第五の質問は、介護保険の利用料の2割負担導入を問うものです。

 具体的には、「15万円の中から3~8万円の2割負担が払えるのかといいたい。」など切実な声が出されました。

 2月県議会の木佐木議員の質問に対し、小松健康福祉部長は介護報酬改定は「介護職員確保のため処遇改善」「中重度の要介護者等の在宅生活を支援する」ものであり、国にもの申す考えはないと答弁しました。

 しかし、県内の事業所の介護報酬引き下げに悲鳴を上げている声に、県行政はもっと耳を傾けるべきです。

 県行政が悪政を県民に押し付ける役割ではなく、悪政から県民の暮らしを守る防波堤としての役割を発揮するように、この結果を新しい県議会に反映したいと思います。

 介護保険制度の改悪に対する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

県庁で課長以上の女性職員比率が7.4%に上昇 [2015/03/25 水 AM 11:34]

 県は、昨日、4月1日付の人事異動を発表しました。

 4年ぶりに部長級に女性職員が配置されました。

 課長級以上の女性職員数は52名となり、前年度比10人増となりました。

 課長以上に占める女性の割合は前年度の5.9%から7.4%に上昇する見通しです。

 県は、先の県議会総務企画委員会で、「山口県女性職員活躍推進行動計画」を示し、2018年4月時点で10%まで引き上げる目標を掲げました。

 私は、昨年11月県議会で「次期男女共同参画基本計画に女性登用の数値目標を設定すべき」と質問しました。

 この立場から、新年度の人事異動で女性幹部職員が増える見込みだということを嬉しく思っています。

 女性が活躍できる県づくりに向けて、皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

日本共産党楠地区演説会 [2015/03/24 火 PM 06:26]

 21日、万倉ふれあいセンターで、日本共産党楠地区演説会を行いました。

KIMG0477

     万倉ふれあいセンターで訴える私

 私は農業問題を中心に訴えました。

 私が訴えた内容の要旨は以下の通りです。

・・・

 日本共産党演説会にご参加の皆さん、日本共産党の県議会議員・藤本一規です。定数1減で厳しい選挙をたたかっています。ふるさと楠の皆さんのご支援を私、藤本に賜りますよう最初に心からお願いいたします。

 今日は農業問題を中心にお話をさせていただきます。
安倍政権は、農協「改革」の名で、JA全中から指導・監査機能を奪い、農協をつぶそうとしています。
 農業委員会・農協の権限を取り上げ、地域を支えてきた農業・家族経営の力を衰退させれば、地域経済はさらに弱体化してしまいます。
 TPPへの参加が強行されれば、農林水産業をはじめ地域経済が致命的な打撃を受けることは必死です。
 私は、食と農を守り、地域経済の重要な柱として農林水産業を振興するために力を尽くします。
 さて、山口県農業をめぐる3つの問題から日本共産党県議団の役割を述べたいと思います。
 第一は、米価下落対策です。
 山口県における米60キロ当たりの生産費コストは21000円です。しかし、昨年産米の農協の概算金は、コシヒカリで8400円、ヒノヒカリで8160円。ペットボトルに米を入れ概算金で計算すると一本60円です。水より安い米では、農家は米作って飯食えない状況です。
 私が9月県議会で、米価暴落に対する県の対応を求め、日本共産党県委員会も無利子融資を求めました。その結果、12月から米価暴落に対する無利子融資がスタートしました。
 第二は、農産物の鳥獣被害対策です。
 私は、一昨年2月県議会で、ニホンザルの管理計画を設けるよう求め、当時の環境生活部長が「検討課題」と答えました。そして、昨年11月に公表された「第11次鳥獣保護管理事業計画(骨子案)」に、「ニホンザルによる農作物被害が急激に増加していることから、第二種特定鳥獣管理計画の策定を検討する」ことが明記されました。
 11月県議会で、私は、ニホンザルの管理計画をいつ策定するのかと質問を行い半田環境生活部長は「詳細な生息状況調査や専門家等への意見聴取を行った後、来年度末を目途に策定したい」と答えました。ニホンザルの計画が立案されるのは中国四国地方では初めてのこととなります。
 新年度予算において、サル被害の低減に向け、生息状況調査を実施するとともに、第二種特定鳥獣管理計画を策定する経費6197万円が計上されました。
 第三は、鳥インフルエンザ対策です。
 昨年末長門市で鳥インフルエンザが発生し、3万7千羽の種どりが殺処分されました。関係者の努力で、1月23日に終息宣言が出されました。
 日本共産党は、1月4日に、仁比そうへい参議院議員・大平喜信衆議院議員が長門市に入り、養鶏組合から様々な意見を聞きました。
 日本共産党山口県委員会が1月15日に行った新年度の予算要望の中に、鳥インフルエンザ対策を盛り込み「養鶏業者が被った損失は全額補償する」ことなどを県知事に直接求めました。
 2月補正予算に、鳥インフルエンザ対策として①県内農場の平均的な飼養規模である10万羽規模の農場で発生があった場合に、24時間以内に殺処分が可能な防疫資材の備蓄②移動・搬出制限に伴い、生産活動を休止した農家の早期経営再建に向けた支援のために1億1990万円が計上されました。
 さて、2月県議会で、山口県農協労組から①農政改革に当たっては、国連も推奨している家族経営を育てることを旨とし、食料自給率の向上を目指すものとすること。一般企業の農地取得に道を開く農地法改正や農業委員会の公選制の廃止をやめること、②協同組合である農協のあり方は、農協自身の改革を尊重し、法的な措置により強制はやめることを求める請願書が提出されました。
 私は、「農協や農業委員会、農地制度は、家族農業を基本にしてきた戦後農政の中心です。それを一掃し、企業が好き勝手に支配できる農業・農村に作り替えることは許されない」と請願の採択を求めました。しかし、この請願は、自民党公明党などの反対で否決されました。
 日本共産党は、山口県農業を守るために、様々な問題で建設的な提案を行い県政を動かしてきました。日本共産党県議団を4名にして下さい。

・・・

 農業問題に対する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

二胡を聴く会で挨拶 [2015/03/23 月 PM 06:59]

 昨日、藤本一規を応援する会主催で二胡奏者の真真さんによる「二胡を聴く会」が開かれました。

KIMG0484

こぐま保育園で行われた真真さんによる二胡演奏会

 冒頭、私が子どもを取り巻く問題を中心に挨拶しました。

 私が行った挨拶の要旨は以下の通りです。

・・・

 藤本一規を応援する会主催の二胡を聴く会にご参加ありがとうございます。今日は、二胡奏者の真真さんありがとうございます。

 県議選挙は4月2日が告示、4月12日が投票日です。投票日まで20日あまりと迫ってきました。定数が1減の大激戦です。必ず勝利するために力を尽くしたいと思います。皆さんのご支援を心からお願いします。
 とても嬉しい案内が私の所に届きました。4月1日に、山口県宇部児童相談所開所式の案内です。
 宇部地域は、山口市大内御堀にある中央児童相談所の管轄でした。事案があると児童福祉士さんは1時間かけて宇部地域にやってこられます。私は、県議に送っていただいて16年。14年前から宇部・山陽小野田地域に児童相談所をと議会で訴えてきました。そして4年前に中央児童相談所宇部駐在が出来ました。年間600件を超える相談が寄せられました。そして、4月から宇部児童相談所が宇部総合庁舎内に設置されます。職員体制は、5名から10名の倍の体制になります。子どもの権利を守る砦が宇部市内に出来たことを皆さんと一緒に喜び合いたいと思います。
 子どもを取り巻く問題で、今後も私の最大の公約は、子どもの医療費を中学校卒業するまで無料にすることです。
 全国的には、福島県が18歳未満、鳥取県など5県が中学校卒業まで無料です。県内では、4町で中学校卒業するまで無料。宇部市では、一部負担で、中学校卒業するまで医療費を助成する制度となります。
 私は、県の制度として、中学校まで医療費を無料にしたいと思います。
 山口県は、全小中学校で35人以下学級が実現しています。これは、全国4県でしか実行されていません。これは、「ゆきとどいた教育をすすめる会」の毎年の署名が大きな力となっています。
 今日は、中学校卒業するまで医療費を無料にする署名をお持ちしました。
 日本共産党が4議席になれば、議案提案権を獲得できます。その力で、「中学校卒業するまで医療費無料」を提案していきたいと思います。
 4月から特別支援学校がない、長門市・美祢市に特別支援学校の分教室がスタートします。この問題も地域の皆さんの声を私が議会で繰り返し届けてきた成果です。「子どもらの笑顔が満ちる山口」を目指して頑張ります。

・・・

 子どもを取り巻く皆さんの要望をお聞かせ下さい。