環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2015年 02月 ]

厚東川通信No392(2015年3月1日) [2015/02/26 木 PM 06:34]

2月14日の藤本一規事務所開きに120名が参加

 

9条・25条が活きる県政を

 

西宇部・厚南両連合自治会長が挨拶

 

 二月十四日、西宇部南の藤本一規事務所で事務所びらきを行い、一二〇名が参加しました。
 来賓として、朝倉西宇部校区連合自治会長、長谷川厚南校区連合自治会長など一〇氏が挨拶をし、「藤本さんは市議二期、県議四期の素晴らしい経験を持ち、地域を大切にする人。必ず再選を」など、藤本県議に寄せる信頼の思いとともに日本共産党への期待が語られました。
 佐藤文明県委員長は「県議団長の藤本さんは県民の声を届ける最も確かな力であり、絶対になくせない議席」とあいさつし、県議選挙後に行われる宇部市議選の五名の候補を代表し、真鍋市議が「藤本さんとともに全員当選を」と訴えました。
 藤本県議は、平和と暮らしを脅かす国政と県政の姿を語り、「憲法二五条が守られ、九条がいきる山口県をみなさんと一緒につくりたい。支援の輪をさらに広げていただき、必ず議会に押し上げてほしい」と力を込めました。
 最後に、恵美須西宇部校区社会福祉協議会会長の音頭で団結頑張ろうを参加者一同で行いました。

KIMG0309

 事務所開きで決意表明を行う私

 

4月から宇部児童相談所開設見込み 

 

 平成二十七年度当初予算(案)の概要が明らかになりました。
 新年度予算概要の中で、藤本県議が議会で指摘してきた様々な要望が実現しています。
 まず、私立高校生の授業料等減免の拡充についてです。昨年の六月議会で、藤本県議は、全国二十四都道府県で、低所得者層の授業料全額無料などを実施していることを紹介し、県として「私立学校の授業料減免制度を拡充」するよう求めていました。
 世帯所得年収二五〇万円未満の生徒の学費を半額にする制度に拡充される見通しです。 
 宇部市関係では、中央児相宇部市駐在が宇部児童相談所に格上げされるための予算が計上される見通しです。
 児童心理士一名・児童福祉士四名の計五名から、児童福祉士四名、児童心理士二名、所長、二人の課長、主幹の計一〇名体制になる見込みです。
 藤本県議がこの問題を最初に取り上げたのが一四年前。四年前に中央児相宇部駐在が出来て年間六百件以上の相談が寄せられました。

 

国道190号に信号機設置を要望

 

 荒川宇部市議と藤本県議が県警に要望していた国道一九〇号線関係の信号機設置について宇部署の担当者は「きわらクリニック横交差点と、ハヤシ電気前交差点への信号機設置については、宇部署として県警本部に要望したい」と答えました。

KIMG0316

   国道190号きわらクリニック横の交差点

 

一気

 

寺内順子大阪社会保障推進協議会事務局長を講師に国保問題学習会が行われ、山口市内の差押えの実態が報告されました▼山口市で国保を滞納したスナック経営者Hさん。スナック営業中に、8名の市や県職員がHさんの財布から約六万円を持っていくという手法で取り立てを行った事案が報告されました。寺内さんは、大阪市京橋共同法律事務所の楠弁護士の見解を報告しました▼①差押えは、日出から日没までというのが原則。②スナックなどは、『やむを得ない必要があると認めるに足りる相当の理由』があるときは、差押えできる。③やむを得ない理由とは、夜間だけしか相手に会えない場合など▼Hさんは、何度も市役所に出向くなどしており、昼間に十分対応可能だったと言えます。山口市のケースは問題がありそうなので、私は、県議会で追及していきたいと考えています。

厚東川通信No391(2015年2月15日) [2015/02/16 月 PM 07:50]

長生炭鉱水没事故73周年犠牲者追悼式行われる

 

一日も早く遺骨を祖国へ

 

戦後70年明るい日韓関係を

 

 一月三十一日、長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会主催の長生炭鉱水没事故七十三周年犠牲者追悼式が行われました。
 長生炭鉱犠牲者遺族会金会長は「いまだに死体の一体も発見されずに、冷たく深い海底に眠っておられる父や祖母の事を思うと、かなしい気持ちで一杯になります。日本政府が、海の底に放置されている死体を、一日でも早く引き上げ、韓国の地に安置できるようにしてくださるようお願い申し上げます」と挨拶。
 駐広島大韓民国丗徐総領事は「今年は韓日国交正常化五〇周年を迎え両国関係を改善しなければならないという声が至る所から聞こえてきています。日本政府は戦後七〇周年の談話を新たに作成しているという便りも伝えてきています。まさに私たちは過去と未来とが交差する地点に立っており、過去に対する正しい認識に基づいて明るい未来を構築する責務を負わされています」と挨拶。
 遺族会の人たちは、韓国式の祈り(チェサ)を犠牲者に捧げました。参加者は献花をしました。

KIMG0187 

 長生炭鉱犠牲者遺族会の皆さんが祈りを捧げる

 

「真締川の白濁」原因判明

 真締川において、河川が数時間白濁する現象が見られております。
 この現象について、宇部市環境政策課が調査を行いました。
☆調査結果
・白濁水から有害物質(環境基準健康項目の基準超過はありませんでした。
・白濁現象は硫黄コロイドによるものであることがわかりました。硫黄コロイドは乳白色に濁る硫黄温泉や青潮の白濁と同様のものです。
・硫黄コロイドは真締川上流の排水口(宇部テクノパーク及び瀬戸原団地事業場排水の放流先)からの放流水が原因で生じることがわかりました。
・白濁時は、硫酸イオン、硫化物イオン及び硫化水素が関与することがわかりました。
☆対策
・硫酸イオンの排水対策
 硫黄コロイドの供給源となる硫酸イオンは無害であり規制対象物質でもありませんが、関係する事業場に硫酸イオンの排出対策への協力を依頼しております。
 問い合わせは、 宇部市環境政策課環境保全対策係 三四‐八二四三までお願いいたします。

 

JR宇部駅の合併浄化槽の撤去を

 

 JR宇部駅は、公共下水道敷設により合併浄化槽が不必要となっており、用地を駐輪場として提供してほしいという要望が出されています。この問題を近くJR西日本に直接要望する予定です。

KIMG0251

 公共下水道敷設完了、合併浄化槽は撤去を

 

一気

 

問答無用で軍事拡大を押し付ける安倍政権の姿勢が顕著です▼第一は、沖縄県名護市辺野古への米軍新基地建設の強行です。沖縄県知事選や総選挙で示された民意を無視した工事に対する怒りは頂点に達しています。▼第二は、佐賀空港へのオスプレイ配備計画です。県と関係漁協との「佐賀空港建設に関する公害防止協定」には、「自衛隊との共用はしない」ことが明記されています。佐賀県知事選挙では、安倍政権の全面支援を受けた候補が敗北し、新知事がオスプレイ配備計画を「全くの白紙」にすることを表明しています▼第三は、空母艦載機部隊の岩国基地への移転問題です。県は「普天間基地の移設の見通しが立たないうちに空母艦載機の移駐のみを切り離して進めることは認められない」との姿勢を国に示していますが、艦載機部隊のための工事が進められています。