環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2014年 07月 ]

厚東川通信No378(2014年8月1日) [2014/07/30 水 PM 04:48]

愛宕山に新たな軍事基地はいらない7・12市民集会

 

米軍いいなりの工事強行は許さない

 

藤本県議が6月県議会報告を行う

 

 七月十二日、岩国市の愛宕神社前公園で、愛宕山を守る市民連絡協議会主催の「愛宕山に新たな米軍基地はいらない七・十二市民大集会」が行われました。
 日本共産党から藤本県議と中国ブロック国会議員事務所長の石村智子さん、木佐木県議が参加しました。
 藤本県議は、六月県議会で愛宕山での米軍家族住宅やスポーツ施設建設にあたり開発許可も行わない県政の問題点を指摘したことを報告しました。
 一㌶以上の野球場や陸上競技場は開発許可が必要です。しかし、山口県は、平成二〇年の国交省が出した一片の「事務連絡」の文書を盾に、愛宕山は米軍に提供される用地だからとの理由で、中国四国防衛局に野球場などの開発許可を行いませんでした。
 藤本県議は、「国・県が都市計画法をアメリカ言いなりに解釈して開発許可を免除していることについて許すことが出来ない」と訴えました。
 最後に、参加者一同で、「怒」と書かれたうちわをかざし、愛宕山に新たな米軍基地はいらないとアピールしました。

KIMG7243

 集会参加者全員で「怒」のうちわをかざしました

 

国民平和大行進が宇部市を通過

 

 七月二十四日、国民平和大行進が宇部市を通過しました。九時三〇分から宇部市役所前で出発式が行われました。
 出発式では、宇部市長のメッセージが代読され、通し行進者の紹介が行われました。
 沖縄から広島まで通し行進される東京都の渡辺さんは、手作りの旗を背中に立てての行進です。
 宮崎から広島まで通し行進される静岡県の山崎さんは、浜岡原発再稼働させるなの願いを込めての行進です。
 鹿児島から広島まで通し行進される東郷さんは、川内原発再稼働させるなの願いを込めての行進です。
 行進は、宇部市役所から常磐公園入口まで行われました。行進者には、こぐま保育園の園児らも参加し、沿道の市民の注目をあびていました。
 行進に参加した藤本県議は、「上関原発を絶対に建てさせない想いと核兵器廃絶の願いを込めて行進した」と感想を述べていました。
 来年は、第三回NPT再検討会議が開かれます。参加者は、「核兵器のない世界」を願い行進しました。

 

県政・市政報告会行われる

 七月一九日、宇部市内で、日本共産党宇部市議団と藤本県議が「県政・市政報告会」を行いました。
 藤本県議は、「憲法改正の実現に向けた議論を求める意見書」が自民・公明などの賛成多数で可決した問題などを報告しました。

KIMG7320

 藤本県議は、6月県議会の報告を行いました

 

一気

NHK連続テレビ小説「花子とアン」で仲間由紀恵さんが演じる蓮子のモデルは、柳原白蓮です。白蓮は、天皇の従妹として生まれ、筑豊の炭鉱王と結婚し、東京帝大生の宮崎と駆け落ちをします▼白蓮が宮崎と結婚した後の事を作家の永野朝子さんがしんぶん赤旗に書いていました。白蓮と宮崎との子どもの内、長男が招集され、戦死します。戦後、白蓮は、戦争で子どもを亡くした母親たちに呼びかけ「慈母の会」を結成します。白蓮の原爆投下を憎み「人の世にあるべきものか原爆のいくさは遠く根の国へゆけ」と歌っています。永野さんは「『戦争反対』の声は連日、首相官邸をとりまき膨れ上がっている。その中に数多くの白蓮の姿が、ありありと、私の目には映っている。」と書いています▼白蓮の平和への想いを学び、その想いをを引き継ぐ夏にしたいと決意を新たにしました。

厚東川通信No377(2014年7月15日) [2014/07/19 土 PM 03:38]

「憲法改正の実現に向けた議論を求める意見書案」

 

自民・公明らが賛成し可決

 

共産・社民は反対訴える

 

 六月県議会閉会日の十一日、自民党、公明党などが提案した「憲法改正の実現に向けた議論を求める意見書案」の採択が行われました。
 採択に先立って日本共産党の木佐木議員は討論の中で「意見書案は、家庭・教育・環境・大規模災害等の緊急事態への対応や外交・安全保障情勢の変化など『内外の諸情勢の劇的変化』などと理由をあげていますが、一番のねらいが憲法九条改悪にあることは明白です」「『戦争をする国』の企ては、『明文』であれ『解釈』であれ、絶対に許されることではありません」と訴えました。
 意見書に反対した会派は、日本共産党、民主・連合の会、社民党、草の根。賛成した会派は、自民党、自民党新生会、公明党、新政クラブ、とことん。採択の結果、賛成多数で意見書が可決されました。
 宇部市選挙区議員で反対したのは、藤本一規(共産)議員、佐々木明美議員(社民)。賛成したのは、小泉利治(公明)議員、岡村精二(自民新生)議員、二木健治(自民)議員、篠崎圭二(自民)議員でした。

 

6月県議会一般質問で藤本県議

 

愛宕山はアセス実施せよと質す

 

 厚木基地から岩国への艦載機移転にともなう愛宕山への米軍家族住宅と運動施設の建設について藤本議員は三日の一般質問で、「計画全体の面積は七十五.一㌶だ。県条例は五十㌶以上は環境アセスメントが必要としているが、県は事業者の防衛省に実施を求めていない。法面や緑地も加え、二〇一七年までの第二次造成の状況も確認して、アセスを行うべきだ」と指摘。運動施設の下には旧軍の広大な特殊地下壕もあり、環境への影響は大きく、アセスの対象にする必要があると追及しました。
 半田環境生活部長は、「環境アセスの対象は計画面積ではなく、形状が変更される部分の面積であり、それが五十㌶以下なのでアセスは必要でない。地下壕は、国有地の維持管理であり、今回の事業とは別」と答弁。藤本議員が「中国四国防衛局が今後、形状変更面積が五十㌶をこえた場合は、環境アセスを行うのか」と尋ねたのに対し同部長は「今やっている事業に係る部分が五十㌶をこえれば、アセスを勧告する」と答えました。

 

市田副委員長迎え日本共産党演説会い800名集う 

 

 日本共産党大演説会が六日、山口市で開かれ八〇〇名の市民が集いました。記念講演を行った市田忠義副委員長は、安倍内閣の集団的自衛権容認にふれ、「今、戦争か平和かの歴史的岐路。最後に決めるのは国民の世論と運動だ。閣議決定を撤回させ、あらゆる立法措置の阻止を」と訴えました。
 四人の県議候補が紹介され、それぞれが、決意表明を行いました。

2014/7/6市田演説会②

市田副委員長を迎えて行われた山口市でお演説会

 

一気

 

毎日新聞夕刊に「アベノミクス『成長戦略』『大企業優遇』でいいの?」との特集記事が掲載されていました▼法政大学大原社会問題研究所の五十嵐仁名誉研究員は「重要なのは大企業を強くするのではなく、長時間労働や低賃金をなくし、非正規という不安定な働き方を改善するよう再規制することだ。安倍政権の政策は『民栄えて企業栄える』ではなく『企業栄えて民滅ぶ』ではないのか」と述べています▼議会総務企画委員会で、県の産業再生戦略推進計画は瀬戸内産業再生戦略が中心で、瀬戸内産業再生戦略の中心は大企業向けの大型公共事業を進めることだ、大企業がもうかりさえすれば県民の暮らしや経済やよくなるという「トリクルダウン」の考えがあるのではないかと指摘しました。県の産業再生戦略が「企業栄えて民滅ぶ」にならぬよう再検討が必要だと思います。