環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2014年 02月 ]

平成26年度当初予算(案)の概要が発表される [2014/02/28 金 PM 06:43]

本日は、議会運営委員会が行われ、来月4日から3月県議会が行われることが決まりました。

同時に、本日、新年度予算の概要が発表されました。

概要では、最初に「編成の基本的考え方」が明らかにされています。

考え方には、「一般会計については、通年予算ではありますが、経常的経費や継続事業を中心とした、いわゆる『骨格予算』として編成しました。」「新規事業や政策的な判断を要する経費は、今後、いわゆる『肉付け予算』として、追加の補正予算措置を講じる予定としています。」とあります。

このため、一般会計予算規模は、6533億4百万円で、対前年度比、-399億5千500万円となりました。

歳入予算の特徴の第一は、消費税引き上げで、50億7600万円が増加したことです。

歳出予算の特徴の第一は、公共事業関係費が対前年度比-425億2千500万円で、-50%となっていることです。

第二は、考え方にもあるように、国が制度を創設した給付型奨学金など以外の暮らしにかかわる予算は、継続事業が中心であり、30人学級化や私学助成なども前年度並みの対応となっています。

村岡知事は、「6月県議会で『肉付け予算』を組む」考えを今日の記者会見で示したようです。

国の地方財政の伸びが1.8%ですので、6月県議会で肉付け補正予算を組む財源は、約500億円と予測されます。

しかし、公共事業関連費が少なくとも425億円組まれることが予測されますので、肉付け予算の中で、暮らしにかかわる「新規事業や政策的な判断を要する経費」にさける予算額は、数十億円に限られる可能性が明らかになってきました。

本日、学校法人山口朝鮮学園などから「私立外国人学校特別補助金」の新年度予算計上を求める要望書が提出されました。

私は、この補助金の復活を始め、30人学級の拡大など、県民要求に答える積極的な対応が求められていると思います。

3月議会では、6月議会での肉付け予算編成に向けて、村岡知事へ県民要求を積極的に届けたいと思っています。

皆さんの切実な要望をお聞かせください。可能な限り3月議会に反映していきたいと思います。

赤間硯工房と和紙原料加工場を見学 [2014/02/27 木 PM 03:31]

本日は、まず、宇部市万倉岩滝の日枝さんの赤間硯工房を見学しました。

日枝さんの工房です。親子二代で製作されています。

赤色頁岩を加工して硯を作成する歴史は、約800年の鎌倉時代までさかのぼります。

赤間硯は、昭和51年に、経済産業大臣指定の伝統的工芸品に指定されました。

色々な形の赤間硯が陳列されいます。伝統が光ります。

赤間硯は年間約600名を超える見学者がいますが、日枝さんの工房が全て受け入れています。

楠町が宇部市と合併する前に、近くに駐車場などは整備されたものの、見学者用の工房がないため、苦労されているようです。

同じく県内で、伝統的工芸品に指定されている大内塗は、伝承センターをもっていますが、赤間硯も同じような施設があったらとの要望をお聞きしました。

日枝陽一さんは、41歳。一番若い赤間硯の製作者です。

後継者対策は急務だといわれます。赤間硯の場合は、岩滝地域に居住している人しか石を利用できないルールとなっています。

伝承センターと同時に、後継者が住める施設があればとの要望もお聞きしました。

山口県内の伝統的工芸品が今後とも継承されていくような対策が求められていると感じました。

今日、お聞きした点については、今後の議会で取り上げていきたいと思います。

次に、徳地町の和紙の材料を取り扱っておられる山内農場を見学しました。

山内農場は、こうぞやみつまたなど和紙の原料を加工して出荷されているところです。

中心は、紙幣の原料として、国立印刷局に、みつまたを加工した原料を出荷されています。

国立印刷局が取り扱う国内原料の約2割を山内農場が取り扱っているとのことでした。

県内農家が育てたみつまたを蒸し煮して、黒皮はぎ、乾燥させて、白皮に加工して出荷する作業が行われていました。

 

 

 

 

 

 

一番目は、原料のみつまた。二番目は、蒸し窯

  三番目は、黒皮をはぐ工程。最後は、黒皮の乾燥

山内さんは、「紙幣の原料のみつまたは不足している状況だ。みつまたの育成農家が増えるといいのだが」と話されました。

実際に、工作放棄地にみつまたが植えられている畑を見学しました。

耕作放棄地にみつまたが植えてあり、春に収穫です。

水はけのよい場所で、日当たりが十分なくても育てられるとのことでした。

苗を植えて3年経過すれば出荷することができる枝が育つとのことでした。

中山間地域の耕作放棄地で、みつまた栽培が広がることを願います。

今後、宇部市楠地域で耕作放棄地へみつまたを植えることが出来ないかの協議が始まるとのことです。

わが実家の耕作放棄地を含めて、みつまた栽培の協議に参加していくことにしています。

行政としての支援の在り方について今後、調査し、必要な発言を行っていきたいと思います。

伝統的工芸品の振興や、みつまた栽培を始めとした中山間地域の振興の在り方について皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

宇部地域に児童相談所の設置を [2014/02/26 水 PM 08:08]

私は、2010年12月議会で、宇部市に児童相談所を設置するよう求めました。

この質問に、「宇部市に福祉司の常駐も検討」との答弁がされました。

そして、2011年4月、宇部市に県中央児童相談所宇部駐在が設置されました。

今日、健康福祉部から、県内の児童相談所の児童虐待相談対応件数の状況について説明を受けました。

平成24年度の県内での児童虐待相談対応件数は、279件でした。

各児童相談所毎の虐待対応件数は次の通りです。

中央児相-136(うち宇部駐在が68)、岩国児相-30、周南児相38、下関児相38、萩児相37

宇部駐在だけで、中央児相以外の児相の倍近くの虐待相談に対応しています。

平成25年度(12月末)までの状況はどうでしょう。

県全体で143件の児童虐待相談対応がありました。

内訳は、中央児相64(うち宇部駐在が25)、岩国児相17、周南児相30、下関児相24、萩児相8となっています。

平成25年度を見ても、宇部駐在だけで、岩国、下関、萩児相の対応件数を上回っています。

私は、これらデータを見て、宇部駐在を発展させ、児童相談所とすべきだと痛感しました。

知事選が終わり、いよいよ来週から県議会が始まりますが、この問題を取り上げたいと考えています。

この問題を含め、県政全般の皆さんの要望をお聞かせ下さい。

東京新聞(大型公共事業特集)に私のコメントが掲載 [2014/02/25 火 AM 10:31]

2月19日付東京新聞に「自民流ばらまき予算の地元」と題する記事が掲載されました。

特集では、「衆院で、審議中の2014年度政府予算案は、自民党型ばらまき予算の完全復活を思わせる。自民党の政権復活後、公共事業費は、2年連続増の約6兆円に膨れ上がった。(中略)このまま利益誘導型政治に逆戻りするのか。」として、二階党国土強靭化総合調査会長と安倍首相の地元の公共事業の実態を追っています。

安倍首相の地元山口県での大型公共事業の状況を追う記事では、第一に、第二関門橋と言われる「下関北九州道路」が取り上げられています。「県は、08年に頓挫した計画の急浮上を狙う。」と書いています。

二つ目は、山陰道の年内での事業化の状況です。川上下関商工会議所会頭は「地元には、安倍首相の在任中に事業が進めばいいという思いはある」と語っています。

三つ目は、下関市の沖合人工島(長州出島)についてです。

この事業は、755億円を投じる事業で09年から部分供用がはじまりましたが、利用した船舶は、わずか70隻と報じています。

この中で私の「過大な需要を見込んだ国と地元の責任は重大だ。『公共事業栄えて民滅ぶ』状況が加速することになりかねない」とのコメントが取り上げられています。

記事の後半で五十嵐法政大学教授が「公共事業は一度始めると半永久的にカネがかかる。道路建設は途中で管理費も必要だ。ばらまきはいつまでも続くことになる」とのコメントを寄せています。

また、森田実氏は、「派閥が幅を利かせていた昔と違い、今は首相に権力が集中する。支持率が高ければ首相が何でもできる時代だが、権力を失った時、癒着が暴かれる可能性がある。ロッキード事件やリクルート事件のように首相経験者でもしっぺ返しを食らいかねず、政治不信を招いた利権誘導型政治の負の政治が繰り返されることになる」とのコメントを寄せています。

デスクメモとして「関東甲信などで16日夜に大雪被害が拡大する中、東京・赤坂の高級天ぷら料理店で支援者と会食していた安倍首相の対応がネット上で批判を浴びている。今回の危機管理の是非は、いずれ厳しく検証されることになろうが、少なからぬ人たちが、首相のおごりと緊張感のなさを天ぷらの衣に感じたようだ。」とあります。

村岡新知事は、山本県政が進めた産業戦略推進計画を充実させると公約して当選しました。

山本県政が進めた産業戦略の1丁目1番地は、瀬戸内産業再生戦略であり、その中心は、大型公共事業の促進です。

私は、大型公共事業ばかりが推進されることを多くの県民が望んでいるのか大きな疑問を持っています。

「公共事業栄えて民滅ぶ」事態にならないよう、村岡新知事には慎重な対応を望みます。

皆さん、この問題をどのようにお考えですか。ご意見をお聞かせ下さい。

原発問題を中心に知事選を振り返る [2014/02/24 月 PM 03:52]

知事選挙が終わり、村岡氏が新知事に選ばれました。

日本共産党の藤井直子候補は健闘しましたが、落選する結果となりました。

ふじい直子に対するご支援に感謝いたします。

さて、今朝の朝刊を読んで、毎日新聞の記事に注目しました。

毎日新聞とTYSの有権者への調査結果です。

有権者701人に尋ねたところ、上関原発計画の「白紙撤回」を求める意見が約32%、「凍結」が約25%で、反対・慎重な態度が約6割だった。

更に、「白紙撤回を」求めた人の約5割、「凍結」を求めた人の約7割弱が、村岡氏に投票したということです。

原発への批判票がふじい候補にもっと寄せられなかったかという点は、われわれの反省点です。

その上で、当選した村岡氏は、選挙中に原発についてスタンスを明確にしませんでしたが、原発の「白紙撤回」や「凍結」を求めた多くの有権者が村岡氏に投票した事実を村岡氏は忘れてはならないと思います。

中国電力への公有水面埋立免許の延長申請に対する判断を早晩、村岡新知事は求められます。

村岡新知事は、県民の約6割が原発に反対・慎重であるとの意見であることを理解し、中国電力の埋立免許の延長申請は不許可にするよう強く要請したいと思います。

知事選挙全体の総括については、明日、佐藤県委員長の談話が発表される予定なので、ブログでも紹介したいと思います。

取り急ぎ、原発問題に関して、県知事選挙を振り返りました。

この問題での皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

宇部ちびっこフットサル大会に出場 [2014/02/23 日 PM 07:18]

小学校6年の三男が、西宇部小学校の同学年の仲間たちと第4回宇部ちびっこフットサル大会冬大会INココランドフットサルパークに参加しました。

 小学校低学年から中学生まで集まっての開会式です

私は、監督を務めました。

予選第一試合は、引き分け。二試合目は、2対0で勝利。

白のユニフォームが西宇部チームです。頑張りました。

決勝リーグに、1位で進出することが出来ました。

決勝リーグ第一試合は、1対1で引き分けとなり、PK戦に。

2対1で惜しくも敗れてしまいました。

 同点の後のPK戦。1点差で敗れました。よくやりました。

サッカー経験がある子もない子も6人が団結してすばらしい試合を展開しました。

応援に来られた保護者の皆さんも大満足でした。

私は、監督といっても、試合会場に間違いなく子どもたちを引率するのが主な仕事で、選手交代も全部自分たちで考えて行っていました。

子どもたちは、あと1ケ月足らずで、小学校を卒業します。

子どもたちにとっても保護者の私たちにとってもとてもいい思い出となりました。

出場した選手のみんなと、応援に来られた保護者の皆さん、そして大会を運営された実行委員会の皆さんに感謝いたします。

カレーを作りました。 [2014/02/22 土 PM 06:53]

今日、午前中は、ふじい直子知事候補必勝に向けて電話かけを行いました。

今日は、夕方から、保育園時代の集まりがあり、妻と小学生二人がいません。

夕食は、私と中高生の二人です。

彼らは今、テスト期間中。しっかり勉強しています。

昼の間に、私が、久しぶりに夕食用のカレーを作りました。

 

 具材をもう少しじっくり炒めた後に水を入れるべきでしたが

カレールーを入れれば、カレーらしくなったようです

午後は、山口県PTA連合会の三学期定例委員会に参加。

夕方から赤旗新聞の集金をしながらふじい直子さんへの支持を訴えました。

先ほど、家につき、カレーを温め直し、ご飯を炊いています。

7時過ぎから男三人で夕食にしたいと思います。

おやじカレーの味はいかがでしょうか。

今日のブログは、私の一日を紹介した、まさに議員日誌となりました。

皆さんはいかがお過ごしですか。

ルネサス山口・柳井工場のリストラについて [2014/02/21 金 PM 12:29]

ルネサスエレクトロニクスは、19日、「国内グループ(製造関連)再編(吸収分割および吸収合併)に関するお知らせ」を発表しました。

これによると、山口工場は、ルネサス関西セミコンダクタ株式会社に吸収合併された後、吸収合併存続会社「ルネサスセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社」の傘下に入ります。

存続会社は、現那珂事業所内(茨城県ひたちなか市)に本拠地が置かれます。

また、株式会社ルネサス柳井セミコンダクタは、吸収合併存続会社である「株式会社ルネサス北日本セミコンダクタ」の吸収され、新たにできる「ルネサスセミコンダクタパッケージ&テストソリューション株式会社の傘下に入ります。

この存続会社は、群馬県高崎市に本拠地が置かれます。

これらを報道した昨日の宇部日報によると「山口工場は、引き続き合理化の対象として生産能力の縮小をしつつ、譲渡を検討していく」とされています。

同時にルネサスエレクトロニクスでは、今月28日から3月7日まで新たな早期退職募集を行うことも発表しました。

山口工場の後工程は、昨年末に閉鎖されました。前工程部分の労働者が、新会社の中で、何人残れるのか不安が募ります。

また、柳井工場は、新会社の中で、何人残れるのかこれも不安です。

来週にも、ルネサスリストラに対する山口・柳井工場の状況について、県商工労働部から説明を受けることにしています。

ルネサス合理化は、山口県経済に大きな影を落としています。

関係する労働者や関係者の皆さんのお声をお聞かせ下さい。

美雪晴れ [2014/02/20 木 AM 11:46]

高田郁さんの「みをつくし料理帖シリーズ」第9弾「美雪晴れ」を読んでいます。

芳が、料理屋「一柳」の主人・柳吾からの求婚を受けるのか。

澪の幼馴染み・野江はどうなるのか。

料理人として澪の将来はどうなるのか。

シリーズも佳境です。

知事選挙の佳境の中、空いた時間に本書を読んでいます。

高田郁さんの著書に関わるニュースで嬉しい話題は、NHKドラマで「銀二貫」がこの春、放映されることです。

みをつくし料理帖のドラマ化に続く、原作のドラマ化をファンの一人として首を長くして待っています。

残念なニュースは、「みをつくし料理帖シリーズ」が、次巻で完結するということです。

澪と野江の明るい未来を信じて、シリーズ完結を見届けようと思います。

そして、高田さんには、新しいシリーズの開始を是非お願いしたいと思います。

高田作品の人物の真摯な生き方に励まされています。

高田さん、これからもいい作品を送り出して下さい。

とにもかくにも、「美雪晴れ」で心を清めたいと思います。

高田ファン、「みをつくし料理帖シリーズ」ファンの皆さん、ご意見をお聞かせ下さい。

住宅リフォーム助成制度を山口県で [2014/02/19 水 PM 01:53]

県知事選挙で、日本共産党のふじい直子候補は、「住宅リフォーム助成制度の実施」を公約に掲げています。

住宅リフォーム助成制度とは、地元に本店を置く建設業者(下請けを含む)の受注・施行を要件に、施主に工事費の一定額(率)を助成するものです。県内では、今年度、13市6町中、10市2町の自治体で行われています。(対象工事を限定したものも含む)

全建総連のホームページをみると、都道府県段階では、6県で対象工事を問わない住宅リフォーム助成制度が実施しています。

山口県では、「再生可能エネルギー関連施設導入支援事業補助金」の中で、一部、リフォームも対象にしています。

山口県では、地元産の木材を使用した住宅への補助を行っていますが、対象は新築のみです。

中国地方では、鳥取・島根・岡山で、地元産木材を使用した住宅への補助をリフォームも対象にしています。

私は、過去の議会で、県産木材を使用した住宅への助成をリフォームにまで拡大するよう要望しています。

同時に、私は、繰り返し、過去の議会で、対象事業を限定しない住宅リフォーム助成制度を設けるよう求めています。

日本共産党県委員会と県議団が行った新年度予算要望の中にも住宅リフォーム助成制度の創設を求めています。

先日、全建総連宇部支部を訪ねた際に、全建総連が作成した「住宅リフォーム助成の創設・拡充・継続」をとするパンフレットを頂きました。

その中に、住宅リフォーム助成制度を実施した結果、地域経済が活性化した事例が示されています。

具体的には、リフォーム助成を行った自治体で、補助額に対する工事高が10倍を越えているということです。

平成24年度のデータで、秋田県では、14.46倍。山形県では16.80倍。

それぞれ、補助額を工事費が上回っています。

佐賀県が行った利用者アンケート(2012年度)では、13%の方が「リフォームは考えていなかったが、助成事業を知ってリフォームをした」とし、32%の方が「助成が利用できることで、リフォーム工事額を増やした」、21%の方が「リフォームをきっかけに家具等を購入した」と回答しています。

全建総連のパンフレットには、「地域住宅産業は裾野の広い経済波及効果を持ち、リフォーム助成は需要を喚起し、地域経済の活性化をもたらし、循環型の地域経済の発展につながります。」としています。

市内の建築関係の方から「4月からの消費税増税で、今は、仕事が増えているが、4月以降の工事減が心配だ」という声をよく聞きます。

私は、今度の知事選挙を契機にして、山口県の新年度予算に、対象工事を限定しない住宅リフォーム助成制度が創設されることを強く望みます。

この問題に関する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。