環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2013年 12月 ]

厚東川通信No364(2014年1月1日) [2013/12/25 水 AM 06:11]

12月17日小池副委員長が上関町を訪問

 

原発の新設は認められない

 

祝島島民の会」役員の方々と懇談

 

 十二月十七日、日本共産党小池晃党副委員長(参議院議員)が上関町を訪問。藤本県議は、小池副委員長に同行しました。
 まず、上関町高齢者保健福祉センターを視察し、八木所長から説明を受けました。
 小池副委員長から、政府が進める介護保険の改悪案の内容が説明されました。一つは、要支援のサービスを介護保険から外し、市町の地域支援事業に移行させる改悪です。上関町では、約七〇名の要支援の方がおられます。この方々へのサービスを町が提供するのは現状では困難であるとのことでした。二つ目は、特別養護老人ホームに要介護三以上しか入所できなくする改悪です。要介護一・二の方が入所できる施設が町内になく、町外に出ていくしかない状況だとのことでした。
 夜は、「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の役員の方々と懇談しました。役員の方から三十年を越える祝島での原発反対闘争の取組みが生き生きと語られました。小池副委員長は「原発の新設を認めないよう国への働きかけを強めたい」と話しました。
 

   こたつを囲んで懇談する小池副委員長(左上)

 

空中給油機先行移駐問題で

 

臨時の総務企画委員会行う

 

 十二月十四日、臨時の県議会総務企画委員会が開催されました。
 県岩国基地対策室磯村室次長は、十四日、午前中に行われた山口県副知事、岩国市長、周防大島町長及び和木町長が空中給油機の移駐時期等に関する協議結果について報告しました。協議結果の概要は次の通りです①空中給油機の来年六月から九月の移駐を認める。②今後、県及び一市二町が合同で政府の首脳に面会し、普天間基地が継続的に使用されることがないことが確認できれば、来年六月から九月の間の移駐を認めることとする。
 また、②については、十六日(月)の午後、山口県側から、藤部副知事と福田岩国市長、椎木周防大島町長、米本和木町長が、菅官房長官、小野寺防衛大臣、岸田外務大臣とそれぞれ面談する予定であることも報告されました。
 藤本県議は、沖縄県知事が辺野古の埋立を認めなければ、「普天間基地が継続的に使用されることがないこと」は確認できないと指摘し、「国への確認だけで、先行移駐を認めることは、県議会答弁の立場からして問題だ」と主張しました。

映画「アオギリにたくして」上映会 

 

 十二月二十一日、宇部市シルバーふれあいセンターで中村柊斗監督の映画「アオギリにたくして」の上映会が行われました。上映後、中村里美さん・伊藤茂利さんによるミニコンサートが行われました。

  ミニコンサートで歌う中村さんと演奏する伊藤さん

 

一気

 

「湘南の風」のストレートな声と歌詞に魅了されています▼二枚目のアルバム「湘南の風~ラガパレード~」の中では、「L.A.P~OneLove~」がいいですね。「奪い合えば憎しみ合う 分け合えば安らぎ合う 奪い合えば足りず 分け合えば少し余る」。とてもいい言葉です。共感できる言葉です▼五枚目のアルバム「湘南の風~二〇二三~」の中では、「いつか」がいいですね。「その瞳にこの世界はどう映っているだろう? 楽しいかい? 幸せかい? いつもそんなことばかり Your LifeBeautiful いつの日か 大事なものを見つけたら 迷わず走れ突っ走れ 頑張れ」。子を思う親の心をストレートに歌っています▼「湘南の風」の楽曲をじっくり聴いていると涙が滲みます。この冬は、「湘南の風」を聴きながら、心温かく過ごしたいと思います。

厚東川通信No363(2013年12月15日) [2013/12/12 木 AM 09:53]

11月県議会は山本知事が欠席のまま開会

 

病状公表は知事が判断すべきと副知事

 

美祢ジオパークに県支援会議設置

 

 藤本県議は、四日、一般質問で登壇しました。
 まず、知事の健康問題について質しました。十一月県議会を山本知事が病気療養のため欠席しました。藤本県議は、「職務復帰を危ぶむ声がある」ことを指摘しました。
 藤部副知事は「知事は現在、療養に専念しているが、一日も早く回復し公務に復帰したいという強い意向を示されている。その強い意向を最大限尊重したい」と答えました。
 また、病状を明らかにすべきとの質問については、「どのように公表するかは基本的に知事本人が判断すべきだと考えているし、知事の意向に沿って対応していく」と答えました。
 次に、医療ケアが必要な子どもたちの校外活動への看護師の同伴について質しました。田辺教育長は「看護師の同伴が出来るかどうか研究をはじめたい」と答弁しました。
 次に、美祢ジオパークへの県の支援について質しました。藤井総合企画部長は、県庁内に、「県美祢ジオパーク支援会議」を設置したことを明らかにしました。具体的な支援策は、今後、この会議の中で検討されていくものと思われます。

 

   11月県議会で一般質問を行う藤本県議

 

岩国市長の空中給油機先行移駐受入表明受け

 

県議会総務企画委員会で審議

 

 藤本県議は、九日から行われた総務企画委員会で空中給油機部隊の岩国基地への先行移駐受け入れ問題を取り上げました。
 九日午前中に行われた岩国市議会全員協議会の場で福田市長は、普天間移設の見通しが立った後にという受け入れ条件を変更するものではないと前置きをしながら、「沖縄の負担軽減などを考慮して来年の移転を認めたい」と先行移駐受け入れを表明しました。藤本県議は、福田市長の意見表明を県はどう受け止めるか質しました。
 磯村岩国基地対策室次長は「議会との協議を経た、岩国市の意向を待ちたい」と述べました。
 十日、読売新聞は「山口県も受け入れに向けて最終調整しており、十六日にも福田市長や藤部副知事らが上京し、国に考えを伝える。」と報じました。藤本県議は、この報道の真相を質しました。
 磯村室次長は「今後、県議会の意見、地元の意見、国の考えを見極めて、県の意向を明らかにしたい」と述べ、県の意向はこれから集約していくとの考えを示しました。

 

真締川浚渫工事大きく進む

 

   藤本県議は、宇部県土木建築事務所に対して、時田宇部市議とともに、真締川の浚渫工事を進めるよう求めてきました。
 今年度は、これまでになかった広範囲でこの程、工事がほぼ完了しました。

    浚渫工事が大き進んだ宇部市真締川

 

一気

 

六日深夜に、秘密保護法案が自民党公明党の強行によって可決しました。万感の怒りをこめて抗議したいと思います。悪法を撤廃するために全力を尽くしたいと思います▼沖縄県の地域安全政策課の中林主任研究員が「特定秘密保護法案に関する研究」という論文を発表しました。沖縄県への影響として「自衛隊及び米軍の運用に関して県や市町村、県内報道機関、市民団体等が実施する調査等が規制の対象になる可能性がある。」と書かれてあります▼山口県にも基地や原発の計画があります。国が特定秘密と決めれば、その情報を入手することは出来なくなる可能性があります。私は、県議会・総務企画委員会でこの点を指摘しました。藤井総合企画部長は「原発や基地問題など、必要な情報は今まで通り国から提供されることが望ましい」と秘密保護法の懸念をを示しました。