環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2013年 07月 ]

厚東川通信NO353(2013年7月15日) [2013/07/15 月 PM 04:13]

第一回宇部市学校給食運営委員会開かれる

 

学校給食費の値上げを説明

 

藤本県議がPTAから委員として参加

 

 九日、第一回宇部市学校給食運営委員会が行われ、藤本県議が、PTA連合会から委員として委嘱されました。(以下、藤本委員)委員会では、第一に、学校給食調理業務の民間委託について報告されました。
 二つ目に、学校給食費の値上げについて報告されました。宇部市は、平成一〇年度から十五年間学校給食費を値上げしていません。
 中野課長は、値上げ理由を四点上げました。①平成一〇年度に比べてパン・牛乳等の価格が年々上昇してきている。②消費税が来年四月から八%、平成二十七年一〇月から一〇%に改定される。③県内他市において、数年前から給食費の値上げを行う市が増えている。④円安の影響等により、食材料の価格が上昇すると懸念される。⑤給食費が市内で統一されていない。
 藤本委員は、「宇部市は、民間委託により学校給食への公的関与を少なくしようとする一方で、保護者負担を増やそうとするのは問題だ。」と値上げすべきではないと主張しました。
 

 来年度竣工する新しい給食センターの説明をする課長

 

左藤防衛政務官が来庁し

 

オスプレイの陸揚げ説明

 

 一日、左藤防衛政務官が来庁し、オスプレイの陸揚げについて山本知事らに説明を行いました。
 左藤政務官が説明した内容は、①オスプレイ十二機を載せた輸送船が、七月最終週に岩国飛行場に到着する予定である。②陸揚げされた機体は、岩国飛行場に概ね一週間程度滞在し、普天間飛行場に移動する。③岩国飛行場内や周辺でオスプレイの機能確認飛行が行われる。米軍訓練空域で訓練が行われる。大部分は海上で実施される予定。
 山本知事は、①地元岩国市の考え方をよく聞いて対応していただきたい。
②岩国基地での陸揚げ後の滞在期間をできる限り短縮し、長期にわたりオスプレイが岩国に留まることがないようお願いする。③オスプレイの飛行運用については、日米合同委員会合意が米側で徹底されるようお願いする。
④オスプレイの飛行運用に対する住民の不安は十分に解消したとはいえない状況であり、準備飛行や飛行訓練の実施に当たっては、事前に十分な情報提供が行われるよう要請する。と述べました。
 

真締川浚渫工事大きく進む

 

平成二十四年度二月補正予算で合計三五〇〇万円の予算が計上され、真締川の河道掘削(浚渫)工事が行われています。。川添地域周辺で河道掘削(浚渫)工事が大きく進みました。

 昨年度補正予算で浚渫工事が行われている真締川

 

一気

 

日経新聞のWEB版に下関北九州道路に関する記事が掲載されました▼記事に、九州経済連合会(九経連)、中国経済連合会(中経連)などが結成する「関門海峡道路建設促進協議会」が、昨年九月に下関北九州道路の早期実現を求める要望書を国土交通省に提出したとあります。要望内容は、①地域高規格道路の候補路線である下関北九州道路を早期に計画路線に格上げすること。②関門海峡道路の早期実現に向けた具体的方策について、国として責任を持って検討すること。の二点です。山本知事は、この協議会の顧問です▼記事は、最後に、「地元自治体や財界は『安部政権は構想を実現する最後のチャンス』として二十六年度予算での調査費計上に向け、働きかけを強める構えだ」としています▼距離二.五キロ。事業費二〇〇〇億円。一メートル八〇〇〇万円の道路が必要でしょうか。

厚東川通信No352(2013年7月1日) [2013/07/01 月 PM 05:46]

藤本県議が6月19日、一般質問で登壇

 

知事の健康、説明迫る

 

全力で公務に取り組むと知事答弁

 

 六月県議会で藤本県議は、六月十九日、一般質問で登壇しました。
 藤本県議は、県民の間に山本知事の健康状態に対する憂慮が広がっていることを取り上げ、公人である知事に説明責任を果たすよう求めました。
 藤本県議は、知事が、五月七日、報道陣に対し、四月末から体調を崩し、五月の連休中に静養した結果、「(体調は)完全に回復した」と明らかにして以降も、週末の土日は「公務なし」が続いていることを指摘。昨年まで知事が出席していた県障害者スポーツ大会(五月十九日)、県アイリンピック(五月二十五日)などの県民的行事を欠席した理由をたずねました。
 池内総務部長は、「行事の内容、時々の状況を勘案して適切に対応している」と答えました。
 山本知事は「体調については記者会見などを通じて、きちんと説明している。引き続き、全力で公務に取り組んでいく」と答えました。

   6月県議会の一般質問で登壇し発言を行う私

 

県議会総務企画委員会質疑

 

復興予算返還の懸念を表明

 

 県議会総務企画委員会で、藤本県議は、復興予算について質疑しました。国の復興予算から四〇億円支出されました。山口県は、四〇億円を基金として積み立てました。
 この基金から平成二十四年度までに十七.八億円が支出され、今年度、九.二億円が支出される予定です。今年度末の基金残高は、約十三億円になる見込みです。
 この基金から「ちょるる」をPRする費用が支出されていたことなどが報道されました。この事態を受けて、国は、これら基金の「未執行分の返済」を地方に求めるとの報道が行われました。
 藤本県議は、国からどのような説明があり、どう対応しようとしているのか質しました。
 佐伯財政課長は「国から未執行の基金の返済を求める指示は来ていない。報道を読むと、国から十三億円の今年度末基金残高の返還が求められる懸念は感じている」と答えました。

宇部市吉部荒滝の県道に歩道設置

 

 宇部市吉部荒滝の県道小野田美東線に歩道を設置する工事が、実施されています。昨年度から取り組まれていますが、今年度は、約一億六千万円の予算で完了する予定です。用地買収後、長期間工事が行わていませんでしたが、工事完了の見通しがたち地元住民は喜んでおられます。
 

 歩道設置の工事が行われている宇部市吉部荒滝

 

一気

 

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」を観ています。震災直後、岩手県宮古市でボランティア活動しました。「あまちゃん」の舞台は、岩手県久慈市です。宮古市より青森県に寄った地域です。久慈市も津波が襲いました。ドラマの後半、震災が取り扱われるようです。被災直後、岩手県を訪ねた者として「あまちゃん」から目が離せません▼あまちゃん効果で、久慈市の観光客が激増しているそうです。「あまちゃん」が震災復興に果たした役割は抜群です。高視聴率の背景には、アキ役の能年玲奈さんの演技があると思います。多くの視聴者を癒す笑顔です。高視聴率のもう一つの背景は、宮藤官九郎さんの脚本でしょう。奇抜なようでいて、心に沁みる物語が多くの視聴者に共感を広げているのでしょう。合言葉は、「じぇじぇじぇ」です。アキは東京でアイドルになれるのでしょうか。