環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2013年 06月 ]

厚東川通信(No351)2013年6月15日 [2013/06/15 土 AM 09:08]

知事が中電への埋立免許の許否判断を1年以上延長したのは違法

 

住民監査請求書提出される

 

藤本県議も監査請求人に名を連ねる

 

 中国電力が上関町で建設を計画する原子力発電所をめぐり、山本繁太郎知事が中電から申請された建設予定地の公有水面埋立免許延長の可否判断を違法に一年程度先送りして県に損害を与えたとして、計画反対の住民が、十一日、職員人件費の返還などを山本知事に求める監査請求を行いました。
 監査請求するのは「上関原発を建てさせない祝島島民の会」など計画に反対する県内の市民団体の代表や、「ズッコケ三人組」シリーズで知られる児童文学者の那須正幹さんら四十六名です。日本共産党の藤本・木佐木県議、社民党の佐々木県議も請求者に名を連ねました。
 住民監査請求の代理人代表である田川章次弁護士から河嶌代表監査委員に監査請求書が手渡されました。河嶌監査委員は「厳正に審査したい」と答えました。住民監査請求は、十一日付で受け取られました。十二日から、六〇日以内に、監査結果が明らかにされます。八月一〇日までには、監査結果が明らかにされるものと思われます。
 

河嶌監査委員に住民監査請求書を提出する田川弁護士(手前)

 

ふじい直子事務所びらき行う

 

 九日、参議院山口選挙区に立候補予定の日本共産党・ふじい直子さんの事務所開きが山口市内で行われました。
 ふじいさんは、「米国いいなり、財界中心の政治をやめさせ国民が主人公の新しい日本を築こう」と呼びかけました。

事務所びらきで決意表明を行うふじい直子参院予定候補

 

藤本県議は19日(水)午前10時に登壇予定

 

 6月定例県議会は、12日から始まりました。
 今議会には、今年7月から来年3月まで、県職員の月額給与を7.6%引き下げ、給与関連費を約45億円削減する、「平成二十五年度一般会計補正予算」が提出されています。
 藤本県議は、19日(水)午前10時に登壇する予定です。
 質問項目は、次の予定です。
①知事の政治姿勢について
②基地問題
③農業問題
④防接種への補助

⑤職員の綱紀保持

⑥その他
 傍聴を希望される方は、藤本一規生活相談所℡(0836)45-0145までご連絡下さい。
 

一気

 

無農薬・無肥料のリンゴ生産を実現した木村秋則さんの「ソウルメイト~奇跡を支えた魂の絆」を読んでいます。TPP交渉について木村さんは、次のように述べています▼「TPPに参加すれば、安い農産物がどんどん国内に入ってきます。ただでさえ元気のない日本の農業が大打撃を受けるのは、火を見るよりも明らかです。安価な食品が買えるようになることは、消費者にとっては一見喜ばしいことのように思えるかもしれません。しかし、輸入される農産物の安全性については、何の保証もないのです。遺伝子組み換え食品や残留農薬に汚染された食品によって、食の安全が脅かされる可能性も大いに考えられます。」▼この当たり前の主張も木村さんが述べると説得力があります。全国で最も有名な農家である木村さんの言葉に、安倍首相と林農水大臣は耳を傾ける時です。