環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2013年 01月 ]

厚東川通信No341(2013年1月15日) [2013/01/15 火 PM 05:14]

11月県議会報告シリーズ②宅地造成等規制法について

 

宅地ハザードマップ調査の実施を検討

 

藤本県議厚南旭ヶ丘団地視察し質問

 

 二〇〇六年に宅地造成等規制法が改正されました。内容は、①地方自治体が、大規模盛土造成地の変動予測調査(宅地ハザードマップ作製)を行う②都道府県知事が造成宅地防災区域の指定もしくは宅地造成工事規制区域における勧告ができる③宅地所有者等が滑動崩落防止工事が実施できるなどです。
 藤本県議は、宅地造成等規制法の改正を受け、県内の大規模盛土造成地の変動予測調査を行うよう一般質問を行いました。
 県は、「これまで調査の進め方などの調整を図るため市町との打ち合わせを行ってきた」今後は、「市町との協議会を立ち上げることにしており、引き続き準備を進めつつ、調査の実施について検討していく」と答えました。
 これまで、自然崖の調査等は行われてきましたが、造成地の盛土の調査は行われてなく、これから調査の実施が検討されていくことになりました。

    昨年の11月県議会で一般質問を行う私

 

城野団地付近の中川改修進む

 

 藤本県議が住民の要望を伝え、改善を求めていた宇部市厚南地区の中川学校橋北側河口付近の改修が進んでいます。これまでに、河口付近にボックスカルバートによる整備が完了し、今年度中に、管理道の整備が完了する見込みということでした。城野団地までの河川部分については、宇部市によって今後整備される見通しです。

   河口部分の改修が終わった中川学校橋付近 

 

上関原発予定地の公有水面埋立

 

免許延長申請は不許可にすべき

 

 昨年十二月二十七日、脱原発平生町民の会(赤松義生代表)は、山本知事に対し「上関原発予定地の公有水面埋立免許延長の不許可を求める要請書を提出しました。藤本県議は、紹介議員として同席しました。
 小泉商工労働部理事は「九月県議会で、山本知事は、『現段階では認めることは出来ない』と述べている。その後、中国電力から延長申請が出され、現在、法律に基づいて審査を行っている」と答えました。
 藤本県議は、「そもそも、6月県議会で、二井知事が『延長は認められない』として状況から、国の状況の明確な変化はない。不許可にすることは当然」と指摘した上で、新聞に報道されている来年1月上旬とされている判断の時期について質しました。
 蔵藤土木建築部港湾課主幹は、「今後の日程について現時点で明言できる段階ではない」と述べました。

 

一気

映画「レ・ミゼラブル」を観に行きました。映画は、私の想像以上でした。一〇年に一度と言っていい深い感動を私に与えてくれました▼ユゴーがこの作品を発表して一五〇年経ていますが、彼のメッセージは不滅です。稲垣尚樹京都大学大学院教授が、映画のパンフレットでのコメントの最後に「社会は常に変革されなければならない。そう感じ、考える人がいる限り、『レ・ミゼラブル』の神話は繰り返され、複製され、そして、歌われ続けることになるのである」と述べています▼私は、社会の変革を考える一人として、この映画を観て、二〇一三年も様々な困難が国民を苦しめるでしょうが、困難に負けず、仲間を信頼して変革のために、進んでいこうと思いました▼映画のラストは「民衆の歌」を群衆が熱唱するシーンです。「明日は来る」という言葉でこの歌は締めくくられています。