環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2012年 12月 ]

今年もお世話になりました。 [2012/12/31 月 AM 11:28]

 今年は、厚狭高同窓会の当番幹事だったので、同級生に会う機会の多い1年でした。

 先日も忘年会で和やかな一時を過ごしました。

 同級生に会うと高校時代の様々な事を思い出します。

 例えば、高校駅伝の選手として出場した事。(以前もブログで書いたかもしれませんが)

 陸上部の部員が少なかったので、サッカー部だった私も選手として出場しました。

 私は、一番距離の長い2区。宇部中央病院前から、阿知須の野口の交差点までの往復でした。

 途中で靴のひもがとけて、いつ結ぼうかと悩みながら走っていたことを昨日のように思い出します。

 結果は、25チーム中20位ぐらいだったと思いますが、忘れられない思い出です。

 中学校の時は野球部だったのですが、冬は駅伝部に変わり、厚狭郡駅伝大会に参加したことを思い出します。

 我が吉部中は、厚狭郡の中でも一番生徒数が少ない中学校でしたが、何と私たちが3年生の時に、最大規模校厚狭中に続いて2位になったのです。

 その様子を私は、厚狭郡弁論大会で発言しました。

 その記録が残っています。(これも以前、ブログで触れたこともありますが)

 「みんな、真剣に取り組めば何事もできる。団結に不可能はない。このことを郡の駅伝大会で自ら学び得たのです。ちっぽけな、弱い人間であっても、多ぜいの力は、偉大なのです。」

 と中学3年生だった私が書いています。

 48歳になった年末に改めてこの文章を読んでみると、中学校の駅伝での体験が、その後の人生の原型を作ってくれたのではないかと思います。

 今年1年、皆さんには大変お世話になりました。 

 まだまだ至らない私ですが、皆さんのご協力で1年間を過ごすことができました。

 これからも仲間を信じて、一歩一歩精進していきたいと思います。

 今後ともどうかよろしくお願いいたします。

 

くすのきカントリーマラソンにエントリーしました。 [2012/12/30 日 PM 04:45]

 私が生まれ育った宇部市旧楠町の地域で毎年くすのきカントリーマラソンが行われています。

 来年は、第9回大会が3月17日に行われます。

 今日、妻と一緒に、クォーターマラソン(10.548キロ)のコースを申し込みました。

 今年は、萩往還に挑戦し、つのしま夕やけマラソンでは体調を崩し不出場となりました。

 新年から清々しい気持ちで過ごすことができるようにと、くすのきカントリーマラソンにエントリーしました。

 つのしまマラソンでは、久しぶりに夫婦での申し込みでしたが、揃っての出場が叶いませんでした。

 3月議会の直後の大会になりそうですが、体調管理と練習に努め、夫婦での大会参加を実現したいと思います。

 いずれは、我が実家の前がコースになっているフルマラソンに出場したいのですが、練習量に応じた大会に心がけクォーターマラソンにしました。

 新年から、大会参加を日々のジョギングの励みにしていきたいと思います。

 年末年始の自由な時間は、ジョギングと読書にあてることにします。

脳男 [2012/12/29 土 PM 02:35]

 首藤瓜於さんの「脳男」を読んでいます。

 この作品は、第46回江戸川乱歩賞受賞作です。

 主人公の鈴木一郎は、ある事件の共犯として逮捕されますが、精神鑑定を受けることに。

 鈴木一郎の精神鑑定を委嘱された鷲谷真梨子が、彼の謎、彼の脳の謎を解き明かしていきます。

 今、文庫本で、半分まで読んだところですが、久々に読み応えのある作品にワクワクしながら読み進めています。

 脳男には、「指し手の顔 脳男2」という続編もあり、少し時間の取れる年末年始は、「脳男」にはまりたいと思います。

 そうです。「脳男」は映画化されるのです。

 2月9日公開予定です。

 鈴木一郎に生田斗真。鷲谷真梨子に松雪泰子。茶屋刑事に江口洋介が扮します。

 市内の映画館でも上映される予定ですので、今から楽しみです。

 首藤作品は初めて読みましたが、ディテールの大きな作品に感服しています。

 首藤ファン、脳男ファンの皆さん感想をお聞かせ下さい。

寒流 [2012/12/28 金 PM 01:59]

 新年1月14日に、TBS系で松本清張原作の「寒流」が放映されます。

 「ウィキペデア」によると、この短編は、1961年に映画になっています。主人公の沖野一郎は、池部良。

 ドラマは、まず、1960年に日本テレビ系で放映され、75年には、NHKで放映。この時の沖野一郎役は平幹二郎さんです。

 次に、83年にテレビ朝日系で放映。この時の沖野一郎役は、露口茂さんです。

 そして、新年1月14日にTBS系で放映される予定のキャストは、椎名木桔平さん。沖野一郎役でしょうか。

 前川奈美役は、芦名星せんでしょうか。石黒賢さんは、桑山英巳役でしょうか。

 キャストの役名は今日の時点では明らかになっていませんので、私の予想です。

 年末年始、松本清張原作のドラマ化が続き、それぞれ原作を読みなおしています。

 舞台は、50年以上も前なのですが、人間の業の深さはどんどん深くなり、清張の描く世界は、益々、今日的なものになっているのでしょう。

 原作を読了しましたので、1月のドラマが楽しみです。

 清張ファンの皆さん感想をお聞かせ下さい。

上関原発予定地の公有水面埋立免許延長の不許可を求める要請に参加 [2012/12/27 木 PM 07:45]

 本日、脱原発平生町民の会(赤松義生代表)は、山本知事に対し「上関原発予定地の公有水面埋立免許延長の不許可を求める要請書を提出しました。私は、紹介議員として同席しました。

 小泉商工労働部理事に要請書を手渡す赤松代表

 小泉商工労働部理事は「9月県議会で、山本知事は、『現段階では認めることは出来ない』と述べている。その後、中国電力から延長申請が出され、現在、法律に基づいて審査を行っている」と答えました。

 私は、「そもそも、6月県議会で、二井知事が『延長は認められない』として状況から、国の状況の明確な変化はない。不許可にすることは当然」と指摘した上で、新聞に報道されている来年1月上旬とされている判断の時期について質しました。

 蔵藤土木建築部港湾課主幹は、「今後の日程について現時点で明言できる段階ではない」と述べました。

 上関原発の公有水面埋立は、来年早々大きな山場を迎えることは明らかです。

 県は、6月県議会での二井知事の判断の立場で不許可の判断を早急に行うべきです。

 この問題での皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

 

県議会閉会 [2012/12/26 水 PM 09:41]

 11月28日に始まった11月県議会が今日閉会を迎えました。

 この間、総選挙があったり、激動の県議会でした。

 気が付けば今年も残すところ5日となりました。

 今年も充実した日々だったことに感謝したいと思います。

サンタが我が家にやって来た [2012/12/25 火 AM 06:28]

 昨日は、クリスマスイブ。我が家では、手作りケーキと丸焼き(本当は蒸したものでしたが)でクリスマスを祝いました。

 

 一番上の写真は、長女と妻が作ったケーキ

 2番目の写真は、オーブンが壊れているので、蒸したチキン

 3番目の写真は、長女が飾り付けをした我が家のツリーと祭壇らしきもの

 ここに、今朝、サンタさんからのプレゼントが置かれました。

 今日は、子どもたとちの願いが叶い、我が家にサンタさんからのプレゼントが無事に届いていました。

 中三の長男には、図書券。中一の次男には、加藤和恵さんの漫画「青の祓魔詩(エクソシスト)」のコミック本。小五の三男には、ゆずのベストCD。

 長女は、まだ起きていませんが、何やら本のようです。

 それぞれ、欲しいものがサンタさんに伝わったようで、朝から我が家は大変なにぎわいです。

 このような光景も我が家では後何年続くのでしょうか。

 皆さんのご家庭でのクリスマスはいかがでしたか。

厚東川通信No340(2013年1月1日) [2012/12/24 月 PM 06:24]

11月県議会報告シリーズ①教育問題について

 

残業100時間以上教員が1割

 

残業100時間以上最大は432人

 

 十二月二十日、藤本県議は、一般質問で登壇しました。本号から順次報告していきます。
 県立学校で一〇〇時間を越える残業を行っている教員の数について田辺教育長は、「昨年九月から今年八月までの平均で月三二〇人の教員が一〇〇時間以上の残業を行っている。その内、医師の面接指導を受けた教員は三人だった」と答えました。教員数は、三三五四人ですので、毎月約一割の教員が一〇〇時間以上の残業を行っていることになります。最大は、今年四月の四三二人でした。
 藤本県議は、県教育委員会が「面接指導実施要領」を設けているが、形骸化しているのではないかと指摘しました。田辺教育長は、「要領に基づく指導を徹底したい」と答えました。
 また、産休・病休の代替教員が、二週間以上未設置だった件数について、田辺教育長は「小学校で一〇件、最長が四八日。中学校で十一件、最長が七十日。高校が一件、一九日。特別支援学校が四件、最長が四一日」と答えました。

 

小瀬川第二期工水未事業化問題を

 

県議会地域商工委員会で質疑する

 

 十二月二十一日に、県議会地域商工委員会の審議が行われました。
 藤本県議は、小瀬川第二期工業用水の未事業化問題を取り上げました。
 藤本県議は、今議会で「年度内を目途に一般会計への振り替えを含めて方向性を検討する」との方針が出されたことについて「工業用水の未事業化に一般会計から貸付を行った宮城県では、九二億円が、高知県では二〇億円が、島根県では九八億五千万円が、返済されずに処理された」「県は多面的な活用方法を検討するというが、治水振替は困難だし、上水や工業用水として利用している関係機関が、水を新たに必要としている状況にない」ことなどを指摘した上で「そもそも三万二千トンの工業用水の未事業化を作り、県が貸付を行ったことを猛省すべき。改めて、国の責任を問い、負担を求めるべきだ」と述べました。
 西生地域政策課長は「今後のことについては、関係者が集まって協議していく」と答えました。

 

参議院選挙の結果について 日本共産党県委員長 佐藤文明

 
 わが党に寄せられた県民のみなさんのご支援に心から感謝します。民主党の大敗は政権交代にかけた国民の期待を裏切った結果の審判であり、自民党の議席増も小選挙区制度のゆがみが極端に現れた結果といえる。私たちが目標とした中国ブロックでの議席回復はならなかったが、富裕層や大企業の応分の負担で社会保障や財政再建に道をつけること、TPP反対、原発ゼロへの具体的な提案などはこれから国民が新しい政治を模索するうえで必ず生きてくると考える。

一気

アメリカのパネッタ国防長官は、昨日、ワシントンでの講演の中で、「二〇一七年にF三五戦闘機を海外の基地としては初めて岩国基地に配備する」と述べたとの報道がありました▼F三五は、レーダーに映りにくいステルス性能を備えた最新鋭戦闘機です。木佐木県議が、この問題を取り上げ、小松総務部理事は「米側からの説明はない。今、事実関係を国に照会している。今後の対応については、その結果を受けて、地元岩国市と協議して検討したい。」と答えました▼岩国基地は、空母艦載機部隊の移転をはじめ、、オスプレイの拠点基地の一つになる問題など問題が山積しています。その上、最新鋭のF三五が配備されることになると、益々、基地機能が強化され、米軍における極東最大の基地が形成されることになります。県は、F三五の配備撤回を国に求めるべきだと思います。

熱い空気 [2012/12/24 月 PM 03:21]

 先日放映された松本清張原作のドラマ「熱い空気」を観ました。

 市原悦子さんの「家政婦は見た」シリーズが有名ですが、シリーズ第1作は、「熱い空気」だった、と、この文庫版の解説にありました。

 ドラマでは、米倉涼子さんが家政婦の信子役を好演していました。

 米倉さんは、松本清張の別の原作ドラマにも出演していたと記憶してます。

 人間の裏側を描く清張作品に米倉さんはぴったりなのかも知れませんね。

 一般質問と委員会質疑が終わり、じっくり読書できる環境になりました。

 原作を古書店でみつけ、ここ数日で一気に読みました。

 ドラマは、米倉版「熱い空気」となっていたことに原作を読んで気付かされました。

 それにしても、松本清張は知れば知るほど巨人ですね。ありとあらゆるテーマがあり、今日的にも輝いています。

 

年賀状書き [2012/12/23 日 PM 05:50]

 9月議会、決算特別委員会、総選挙、11月議会と、秋以降は多忙を極めました。

 11月県議会の一般質問と委員会審議が終わって、やっと一息ついています。

 気が付けば12月下旬。あと10日で正月です。

 年賀状書きをようやくはじめました。

 年賀状書きといっても、コンピュターのソフトにデータを入力したりする作業を行うことですが。

 一気に、気分は年末な今日この頃です。