環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2012年 08月 ]

厚南地区連協と県・市議会議員との意見交流会に参加 [2012/08/31 金 PM 06:54]

 厚南地区協議会と県・市議会議員との意見交換会に参加しました。

 原校区の役員の方から図面を使って提案がされました

 宇部市の厚東川以西の地域=厚南地区(厚南、黒石、原、西宇部校区)の自治会連合会及び社会福祉協議会の正副会長と地元選出県議・市議の意見交換会です。

 地域からは、渋滞解消などを求める道路行政や浸水解消などを求める河川行政に対する要望が相次いで出されました。

 また、体育館や緑地公園の整備などの要望も出されました。

 その他、JRに関する要望も出されました。

 宇部駅周辺の関係では北口の開設など、JR小野田線関係では、妻崎駅のトイレ再開などの要望が出されました。

 私は、JR関係について、8月24日に広島支社で交渉を行った結果を報告しました。

 住みよい地域づくりのために、地元の役員と議員が意見交換をすることは有意義なことだと思います。

 更に、地域の要望をお聞きし、行政に反映したいと思います。引き続き、皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

厚東川通信No332(2012年9月1日) [2012/08/30 木 PM 06:11]

電機等大企業の横暴なリストラを許さない対策会議開かれる

 

12万人のリストラ許さない

 

藤本県議がルネサスリストラ問題で発言

 

 八月二十五日、日本共産党本部で、「電機等大企業の横暴なリストラを許さない対策会議」が行われ、山口県から藤本県議が参加しました。
 電機を中心としたリストラは日本全体で、十二万人規模となっています。
 日本の電機大企業が、技術を台湾や韓国に安易に移転した結果、半導体など世界生産のトップを走っていた日本のものづくりが、危機的状況にあります。
 日本の電機産業の危機的な状況の中に、ルネサスのリストラがあり、山口県内での一四〇〇名の労働者を対象にしたリストラ計画があることを学びました。
 藤本県議は、実行委員会をつくり、リストラを跳ね返すための運動を始めたことを報告しました。
 午後、山下芳生参議院議員があいさつしました。
 山下議員は、「中長期的に、日本の電機産業を再構築する方策を提案する必要がある。同時に、リストラに直面している労働者を救う活動が求められている」と訴えました。
 

JR西日本広島支社と交渉

 

宇部市関係の要望を届ける

 八月二十四日は、午前中、日本共産党山口県委員会は、JR西日本広島支社と交渉を行いました。
 県内各地の問題を取り上げましたが、宇部市関係について報告します。
 まず、宇部駅については①北口を開設する②バリアフリーを促進する③公共下水道敷設により駅の合併浄化槽が不必要になる。その用地を駐輪場用地として提供することを求めました。
 宇部線に関しては、①シルバー人材センターに委託している乗車券販売委託を継続すること②バリアフリーの促進を求めました。小野田線に関しては、駅のトイレの復活を求めました。
 宇部駅の駐輪場に関しては前向きに考えたいとJR担当者は答えました。
 バリアフリー化については順次取り組むことを約束しました。委託打ち切りについては、状況を確認したいと答えました。
 その他の問題については、明確な回答はされませんでした。

 

島根原発再稼働・上関原発建設問題で中国電力と交渉行う

 

 八月二十四日、午後、日本共産党中国地方五県の県委員会が合同で、中国電力と交渉を行いました。
 要望項目は、①島根原発の再稼働中止②上関原発の計画中止です。
 島根原発については、安全対策を講じて再稼働させたい意向を担当者が述べました。
 上関原発についいては、現時点で中止する考えはない意向を述べました。
 上関原発に関して公有水面埋立免許の期限切れをむかえることについて、担当者は、「免許を延長したいというのが社の考え」と答えました。

 

一気

 

「神様のカルテ3」を読みました。レギュラー陣に大きな変化が。本庄病院では、外科の砂山次郎が大学病院に転勤しました。御嶽荘では屋久杉君が転居して、学士殿が帰ってきました▼古狐先生亡きあと、本庄病院に入局した木幡先生が、「亡くなる患者のそばにいることに自己満足を覚えて、貴重な時間と気力と体力を浪費していく医者なんて、私からしてみれば、信じられない偽善者よ」と一止に語るシーンは考えさせられました。「医学と論理」と「哲学と良心」の総合力が医師の力量だと悟る一止。一止は、新たな挑戦に旅たちます▼私の仕事にも大いに問い直すことのできるテーマです。私は議員として人間としての総合力を高める努力を続けよう、そのための挑戦を始めようと感じました▼次回一止はどう成長しているか、どんなドラマが待っているか楽しみです。

本日森本防衛大臣来県。県庁前で抗議集会行う [2012/08/30 木 PM 05:52]

 本日、9時半から県庁内で森本防衛大臣と山本知事らとの懇談が行われました。

 それに先だって、安保条約廃棄・岩国基地撤去山口県実行委員会主催による県庁前抗議集会が行われました。

森本防衛大臣が県庁に入った直後のシュフレヒコール

 日本共産党を代表して私が訴えを行いました。

 訴えた主旨は下記の通りです。

・・・・・

  森本防衛大臣が本日来県します。それは、本年4月にモロッコで発生したオスプレイの事故について、米国による事故原因の調査結果と、それに対する政府の分析評価チームによる分析評価の結果を説明するためです。
 昨日、森本大臣は、沖縄を訪れました。中井真知事は、「政府が独自に安全性を保証するぐらいに確認し、我々が納得できれば不安は払拭される。徹底的にやってもらわないと『受け入れは結構だ』といえない」「今の段階では、受け入れは難しい」と答えました。宜野湾市の佐喜真市長は、「事故が起こった現実は変わらない。配備ありきの説明では反対せざるを得ない」と批判しました。
 防衛省の事故分析評価報告書は米側報告書をうのみにして、墜落は経験の浅い副操縦士の操縦ミスが原因で「機体に不具合はない」と結論づけています。このような防衛省の説明に、「政府が独自に安全性を保証しないとだめ」だとか「配備ありきの説明だ」との批判が沖縄から寄せられたのです。
オスプレイ配備に対する山口県の姿勢は、一貫しています。6月11日、に神風防衛大臣政務官が県庁に来た時も二井知事は「現時点では反対」と表明し、7月1日に森本防衛大臣が来県した時も「オスプレイ陸揚げ反対」の意向を示しました。そして、7月6日、県議会では全会一致で、岩国基地の先行搬入を進めないよう政府に求める意見書を採択しました。
 7月20日に、オスプレイを岩国基地に陸揚げすると報告にきた防衛省に対して、二井知事の抗議文が渡されました。この中には、「住民の安全よりも米側の手続きと日程を優先した配備手順がこのまま強行されれば、日米安保体制への影響も懸念され、これまで国と地元との信頼関係が崩れかねないと憂慮している」という文章もあります。
今日、森本大臣には山本新知事が対応するようですが、山本知事は、こオスプレイの9月中旬からの岩国基地での試験飛行は認められない、10月からの沖縄配備は認められないことを防衛大臣に表明すべきです。オスプレイは、一日も早く、アメリカ本土へ戻せと、山本知事は、森本防衛大臣に求めるべきです。その事を私は、強く訴えたいと思います。
・・・

 先ほど、森本防衛大臣と山本知事との懇談の内容の報告が、小松総務部理事から届きました。

 森本防衛大臣らが行った説明の内容は①今年4月のモロッコの事故の原因をアメリカの説明を受けて政府で分析したが、機体に不具合はなかったという結論になった②フロリダでの事故の調査結果は、今アメリカがまとめている、その後、1週間程度かけて日本政府としての分析、評価を行い、関係自治体への説明を行う③オスプレイの配備後の運用については、現在、日米合同委員会で課題を整理し、合意事項をとりまとめる方向で協議をすすめている③すべての安全確認や手順が終わらないとフライトは行わない④日本政府の希望として、準備飛行が済んだ後に、安全性を理解していただくための体験搭乗のためのフライトを行いたいと考えており、これらの手順がすべて終わった後で沖縄へ移動する手順となる⑤日程ありきで考えておらず、今後の具体的な日程をお示しすることはできない、というものです。

 山本知事は、①2つの事故の原因究明と再発防止策だけで住民の安心安全に結び付けることは十分ではない②日米合同委員会において、安全性を確保するための特別の配慮をいただかなければ、とても県民はスケジュールも含め納得しましたということにはならないと答えたと報告にありました。

  二井知事は、「住民の安全よりも米側の手続と日程を優先した配備手順がこのまま強行されれば、日米安保体制への影響も懸念され、国と地元との信頼関係が崩れかねないと憂慮している」と7月20日に抗議文を森本大臣に送っています。

 二井知事も県議会も、安全性が確認される前にオスプレイが先行搬入されることは認められないとしてきました。にもかかわらず、7月23日に強行搬入したことに対する防衛省の謝罪が一言もなかったことは大問題です。

 防衛省は、日程ありきではないと言いながら、フロリダ事故の解明は何一つされず、アメリカいいなりのモロッコ事故調査報告書の説明で、岩国での9月中旬からのオスプレイ試験飛行、10月からの沖縄配備を強行してはなりません。

 山本知事は、国の説明は「不十分」、「県民はスケジュールも含めて納得したことにはならない」とのメッセージを国に伝えました。これは、最小限の意見表明であったとはいえ不十分な内容だったと言えるのではないでしょうか。

 山本知事は、オスプレイ陸揚げ強行により国との信頼関係が岩国・沖縄・全国で失墜している事実と日米安保体制への影響が深化している事実を深く受け止め、もっと明確に「岩国への陸揚げ強行を抗議する」「岩国での試験飛行は認められない」「沖縄への配備は認められない」ことを国にはっきり伝える必要があったのではないでしょうか。

 オスプレイの沖縄配備に反対する県民集会が来月9日に行われます。このまま、オスプレイの岩国での試験飛行が強行されないよう沖縄県民と連帯して政府に抗議の声をおおきくする必要があります。

 また、オスプレイによる低空訓練飛行が想定されている全国の地域で、反対運動が巻き起こっています。全国注視の中で、山口県がオスプレイの試験飛行を容認するような行動は決してあってはなりません。山口県山本新知事の国に対する毅然とした態度表明が今一度求められていることを痛感しました。

 オスプレイ問題での森本大臣の来県に対する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

ルネサスリストラ問題で、宇部・山陽小野田市長が要請行う [2012/08/29 水 PM 07:05]

 昨日、久保田宇部市長と白井山陽小野田市長は、ルネサス本社に出向きルネサス山口工場の売却・閉鎖に対する要望書を提出しました。

 両市長ともルネサス本社への要請は二度目です。要請には、半田県商工労働部長も同席しました。

 要請書は、「当該工場には、両市から約8割にあたる従業員が通勤しており、地域経済に与える影響は多大なものがあると危惧しています。」「事業の継続と従業員の雇用の維持に積極的に取り組まれるとともに、従業員の再就職の斡旋等に最大限の努力をしていただくよう強くお願いします」と書かれてあります。

 これまで、県内大企業のリストラ計画に対して、県や地元自治体は、計画を是として、「再就職のあっせん」などを会社に求める程度でした。今回のルネサスのリストラ計画では、撤回を求め、「事業継続と従業員の雇用維持」を求めたのです。このことは、「ルネサス閉鎖・売却」撤回の一点共闘が「オール山口」で構築できる展望を示しています。

 ルネサス県内工場を残せを「オール山口」の願いとして会社に届ける時です。

 ルネサスは、企業の社会的責任を果たして、地域の雇用を守るため、リストラ計画の抜本的見直しを行うべきです。

 引き続き、ルネサスリストラ問題に対して皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

「神様のカルテ3」を読了しました。 [2012/08/28 火 PM 07:16]

 先日の東京出張の行き帰りの新幹線の中で、読み途中となっていた本を数冊持っていきました。

 まずは、漫画文庫「るろうに剣心」の④⑤あっという間に読んでしまいました。

 次に、「親鸞(激動編)」の上。これも読み終わりました。今、「親鸞(激動編)」の下を読んでいます。

 そして、「神様のカルテ3」これも読み終わりました。

 読む本がなくなったので、帰りの乗継時間を利用して広島駅で、小池龍之介さんの「煩悩フリーの働き方」を買い、今読んでいます。

 「神様のカルテ3」は、最後まで私の心を揺るがせました。前回2話までの感想を書きましたが、第三話から第5話も珠玉の物語ばかりです。

 古狐先生亡きあと、本庄病院に入局した小幡先生の夫の死因をめぐる物語もいいですね。

 そして、これまでのレギュラー陣にも大きな変化が。

 まず、本庄病院では、外科の砂山次郎が大学病院に転勤しました。

 御嶽荘では屋久杉君が転居して、学士殿が帰ってきました。

 患者である島内さんの診断をめぐり一止にも大きな変化が。

 この辺りのいきさつは、「神様のカルテ3」を手に取ってご堪能下さい。

 

 一止が島内老人に「背中に龍があるかないかで治療は変わりません」というシーンと、島内老人が孫を諌めるシーンは圧巻でした。

 そして、小幡先生が、「亡くなる患者のそばにいることに自己満足を覚えて、貴重な時間と気力と体力を浪費していく医者なんて、私からしてみれば、信じられない偽善者よ」と一止に語るシーンは考えさせられました。

 「医学と論理」と「哲学と良心」の総合力が医師の力量だと悟る一止。

 一止は、新たな挑戦に旅立ちます。私の仕事にも大いに問い直すことのできるテーマです。

 私は議員として人間としての総合力を高める努力を続けよう、そのための挑戦を始めようとの読後感に今、どっぷりと浸っています。

 「神様のカルテ4」で一止はどう成長しているのか、どんなドラマが待っているのか。

 今から楽しみでしょうがありません。夏川草介先生、神カル4に期待しています。今度も極上のドラマを待っています。

 神カルファンの皆さん感想をお聞かせ下さい。

映画「るろうに剣心」 [2012/08/27 月 PM 10:55]

 次男と三男と一緒に、映画「るろうに剣心」を観てきました。

 原作は、和月伸宏さんのコミックです。

 舞台は維新後の明治初期。主人公の剣心は、幕末に新政府側として「人斬り抜刀斎」として恐れられました。

 明治維新後は、「不殺(ころさず)」を誓い、流浪人として生きていきます。

 これまでに、アニメやゲームにもなってヒットしてきました。

 原作コミック(集英社文庫6巻まで)を読みすすめながら実写映画を観ました。

 監督は、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の演出を行い、フリーとなった大友啓史さんです。

 剣心には、「龍馬伝」で岡田以蔵を演じた佐藤健が演じました。

 岡田以蔵も幕末「人斬り以蔵」と呼ばれた人物です。幕末の抜刀斎と通じる人物です。

 原作の前半部分である武田観柳や鵜堂刃衛との闘いが独自のストーリーで描かれた映画でした。

 観柳に香川照之。刃衛に吉川晃司がそれぞれ好演していました。

 刃衛との闘いで殺そうとする時、それを思いとどまるシーンは映画でもクライマックスとして描かれていました。

 幕末に新撰組にいた斉藤一はコミックでは、少し後に登場しますが、映画では早々にからんできます。

 斉藤一は江口洋介が演じていました。江口の存在は、続編を予感させるものです。

 佐藤演じる剣心の剣の早さと「不殺」の心に打たれた2時間でした。

 「るろうに剣心」ファンの皆さん感想をお聞かせ下さい。

電機等大企業の横暴なリストラを許さない対策会議に参加 [2012/08/26 日 PM 05:19]

 昨日、日本共産党本部で、「電機等大企業の横暴なリストラを許さない対策会議」が行われ、山口県から私が参加しました。

 水戸労働局長が問題提起を行いました。

 電機を中心としたリストラは日本全体で、12万人規模となっています。

 日本の電機大企業が、技術を台湾や韓国に安易に移転した結果、半導体など世界生産のトップを走っていた日本のものづくりが、危機的状況にあります。

 日本の電機産業の危機的な状況の中に、ルネサスのリストラがあり、山口県内での1400名の労働者を対象にしたリストラ計画があることを学びました。

 私は、午前中に実行委員会をつくり、リストラを跳ね返すための運動を始めたことを報告しました。

 午後、山下芳生参議院議員があいさつしました。

 電機大企業リストラ対策会議で発言する山下議員(左)

 山下議員は、「中長期的に、日本の電機産業を再構築する方策を提案する必要がある。同時に、リストラに直面している労働者を救う活動が求められている」と訴えました。

 ルネサス関連労働者懇談会(ルネサス懇)の代表の報告もありました。

 ルネサス懇のホームページにルネサス山口工場の労働者から投稿があったことが報告されました。

 投稿には、希望退職の面接の中で、「やめて頂くリストと残っていただくリスト」があり、やめて頂くリストの人には、「君は残って何ができるのか?」と残ることをあきらめさせる様に、課長・部長が面接で追求していることが告発されています。

 この事が事実なら、これは退職勧奨に当たるのではないでしょうか。

 退職の勧奨は法律で禁止されています。

 労働者が退職しない意思を明確にしているのに、退職を執拗に勧奨することは認められていません。

 退職勧奨を許さない取り組みがルネサス山口工場で求められていることも学びました。

 会議で学習したことをルネサスリストラを跳ね返す今後の取り組みに生かしていきたいと思います。

 ルネサスリストラに対する皆さんのご意見を引き続きお聞かせ下さい。

JR交渉と中電交渉。リストラ対策会議から帰ってきました。 [2012/08/25 土 PM 11:41]

 昨日、予定通り午前中、日本共産党山口県委員会は、JR西日本広島支社と交渉を行いました。

    JR西日本広島支社の担当者との交渉

 県内各地の問題を取り上げましたが、宇部市関係について報告します。

 まず、宇部駅については①北口を開設する②バリアフリーを促進する③公共下水道敷設により駅の合併浄化槽が不必要になる。その用地を駐輪場用地として提供することを求めました。

 宇部線に関しては、①シルバー人材センターに委託してる乗車券販売委託を継続すること②バリアフリーの促進を求めました。

 小野田線に関しては、駅のトイレの復活を求めました。

 宇部駅の駐輪場に関しては前向きに考えたいとJR担当者は答えました。

 バリアフリー化については順次取り組むことを約束しました。

 委託打ち切りについては、状況を確認したいと答えました。

 その他の問題については、明確な回答はされませんでした。

 午後からは、日本共産党中国地方5県の県委員会が合同で、中国電力と交渉を行いました。

 上関原発問題で発言をする私(二列目右から二人目)

 要望項目は、①島根原発の再稼働中止②上関原発の計画中止です。

 島根原発については、安全対策を講じて再稼働させたい意向を担当者が述べました。

 上関原発については、現時点で中止する考えはない意向を述べました。

 私は、上関原発に関して公有水面埋立免許の期限切れを向え、中国電力の対応を質しました。

 担当者は、「免許を延長したいというのが社の考え」と答えました。

 今日は、日本共産党中央委員会で、電機大企業等のリストラ問題に対する担当者会議が行われました。

 詳細については、明日以降、報告したいと思います。

 

JR・中国電力交渉とリストラ対策会議に参加 [2012/08/24 金 AM 06:25]

 今日は、午前10時から日本共産党山口県委員会がJR西日本広島支社との交渉を行います。

 県内の様々な要望をJRに伝え改善を求めます。

 JR宇部線の無人駅は、JRがシルバー人材センターに委託してキップの販売などが行われています。

 しかし、JRは委託をなくすと言ってきています。サービスが維持されるように私は強く要望していきたいと思います。

 午後1時から中国電力と島根原発再稼働問題や上関原発問題で交渉を行います。

 主催は、日本共産党中国ブロック事務所です。中国地方各県の議員などが中国電力に要望を行います。

 山本県知事は、就任時の記者会見で中国電力の公有水面埋立免許延長は認めないことを改めて表明しました。

 政府による世論調査でも原発ゼロが多数となっています。

 私は、原発の新規建設=上関原発の建設を断念するよう中国電力に強く求めたいと思います。

 明日は、日本共産党中央委員会主催で「電機等大企業の横暴なリストラを許さない対策会議」が行われ、山口県党を代表して出席します。

 各地で電機産業を中心に大企業の横暴なリストラ計画がすすめられ、すでに2011年以降、8万人以上の正社員、6万人以上の非正規社員が職場を追われています。

 私は、山口県内のルネサスなど電機産業を中心としたリストラの状況とそれに対する運動について報告する予定です。

 この二日間、県民の願い実現のために、しっかり発言し、しっかり学んできたいと思います。

 

西宇部小学校下の歩道橋と周辺の改修完了 [2012/08/23 木 PM 06:36]

 西宇部小学校下の県道と市道の交差点に跨る歩道橋が老朽化して、隙間があいたり、タイルが剥げているところがあったので改善を宇部土木建築事務所に求めていましたが、この程、改修工事が完了しました。

歩道橋の階段に隙間が出来ていましたが改修されました

 また、歩道橋の登り口に雨水が溜まる箇所の改修も完了しました。

 歩道橋の階段の登り口の窪みも改修されました

 歩道橋とその周辺は、子どもたちの通学路です。2学期までに補修が完了し、PTA会長としてもほっとしています。

 今後とも身近な環境整備にも力を入れていこうと思います。関係者の皆さんに感謝いたします。

 引き続き、皆さんのご要望をお聞かせ下さい。