環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2012年 07月 ]

地域商工委員会の審議始まる [2012/07/02 月 PM 07:05]

 今日から、県議会地域商工委員会の審議が始まりました。

 今日は、地域振興部の審議を行いました。

 私は、山口宇部空港の利活用について質問しました。

 石川県が提案している羽田乗継割引運賃設定区間の促進を協議する全国組織について、松田交通政策課長は、「協議会に山口県も参加し、羽田乗継割引運賃設定区間の充実に努めていきたい」と答えました。

 また、委員会の中で、12月開港が決まった岩国錦帯橋空港のアクションプランを作成することが明らかになりました。

 同時に、山口宇部空港と岩国錦帯橋空港と萩・石見空港を相互に活用した旅行商品の開発が進められ、秋には内容が明らかになる見通しであることが報告されました。

 私は、県が策定している「スローツーリズム推進指針」が2010年で目標年度が到達している問題で、指針の改定の見通しを質問しました。

 金岡中山間地域づくり推進室次長は、「スローツーリズム推進指針は、中山間地域づくりビジョンに基づき制定されている。現在中山間地域づくりビジョンの改定を行っているところであり、スローツーリズム推進指針も今年度中に改定することになる」と答えました。

 私は、中山間地域重点プロジェクト推進事業の昨年度の実績が、1億円の予算に対して765万円の実績であることの理由と今年度の見通しについて質問しました。

 金岡次長は、「昨年度は、市町から提案のあった事業が少なかった。今年度現時点で、約9000万円の事業を補助する予定である」と答えました。

 明日は、商工労働部の審議です。ルネサスのリストラ計画などについても審議する予定です。

 今から、明日の委員会の準備に取り掛かります。

 ルネサスのリストラ計画について皆さんのご意見を引き続きお聞かせ下さい。

「ルネサス柳井工場閉鎖へ」との報道 [2012/07/01 日 AM 08:07]

 私は、29日に行った一般質問で、ルネサスエレクトロニクスのリストラ計画を取り上げました。

 半田商工労働部長は、自ら本社に出向き、報道内容の確認を行ったことを明らかにした上で、会社から「現時点で、社外に申し上げることはありません」との説明があったと説明しました。

 今朝の新聞各社は、「ルネサスエレクトロニクスが高知工場を売却し、ルネサス柳井セミコンダクタの工場は閉鎖する方向」と報じました。

 ルネサス柳井セミコンダクタ柳井工場は、140人の労働者が働いています。

 更に、今朝の新聞各社は、柳井市の半導体製造装置メーカー大畠製作所が6月28日に民事再生法を申請したことが分かった」と報じました。

 大畠製作所には、92人の労働者が働いています。

 県内で新たに、232人の労働者の雇用が奪われようとしています。

 ルネサスエレクトロニクス柳井工場の閉鎖は本当なのか。大畠製作所はどうなるのか。

 私は、明日から行われる地域商工委員会(商工労働部の審議は火曜日)で、この問題を取り上げたいと思います。

 県内半導体メーカーの相次ぐ閉鎖・撤退に関する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。