環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2012年 05月 ]

県議会地域商工委員会の視察から帰ってきました。 [2012/05/31 木 PM 06:03]

 県議会地域商工委員会の県内視察から帰ってきました。

 昨日(30日)の午前中は、県産業技術センターを視察しました。

 独法後の産業技術センターの取り組みを視察しました

 独立行政法人化して4年目に入りますが、私は、「運営費交付金以外の収入確保という点から、各種機器の利用料値上げが、外部資金確保に追われるような状況はないのか」と質問しました。

 山田理事長は、「独立行政法人になって、機器の利用件数が大幅に増えている。利用料を増やした機器もあるが、利用者利便向上に努めたい。外部資金の確保に関しても県外大企業のための外部資金ではなく、県内企業の振興に寄与するものが中心である。」と答えました。

 昨日の午後は、美祢市役所で、美祢線利用促進協議会から説明を受けました。

 美祢線利用促進協議会の取り組みを視察しました。

 平成22年7月の豪雨の影響で、美祢線が全線運休となりました。その後、復旧されて昨年9月に全線運転再開されました。

 新たな利用者が、平成23年度、244人/日となったことが報告されました。

 今年度は、列車へのラッピングなどにより利用促進を図る方針が報告されました。

 その後、JR美祢線に実際に乗車しました。

 美祢線に乗車しました。長門市駅に到着しました。

 美祢駅から長門市駅まで乗車しましたが、高校生以来久しぶりの乗車でした。

 本日(31日)は、午前中、松陰神社で、宮司の方から、様々な説明を受けました。

 松下村塾で、神社の歴史を学びました。

 その後、㈲森板金製作所で、事業概要をお聞きしました。

 森板金製作所で半導体精密板金を視察しました。

 半導体関係の精密板金を製造している工場を実際に見学しました。

 午後は、若者就職支援センターを視察しました。

 若者就職支援センターで、就職支援を学びました。

 今年度、雇用のセーフティネット対策として、半導体関連工場の撤退が決まった光市と下松市の相談窓口にカウンセラーを派遣するなどの事業が行われていることが報告されました。

 視察で学んだことを今後の議会活動に生かしていきたいと思います。

 引き続き、県政に関する皆さんのご要望をお聞かせ下さい。

地域商工委員会の県内視察に参加します。 [2012/05/30 水 AM 05:55]

 今日と明日、県議会地域商工委員会の県内視察に参加します。

 今日は、山口県産業技術センターと、JR美祢線利用促進協議会を視察します。また、JR美祢線に乗車もします。

 明日は、松下村塾、有限会社森板金製作所、山口県若者就職支援センターを視察します。

 景気・雇用状況が不透明な中で、益々、各機関の役割が重要になってきています。

 二日間しっかり視察してこようと思います。内容は、明日以降の本ブログで報告していきたいと思います。

 引き続き、県行政に対する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

厚東川通信No326(2012年6月1日) [2012/05/29 火 PM 07:09]

中国5県の日本共産党が中央省庁交渉行う

 

防衛省が米軍住宅建設に向け始動

 

石村衆院中国ブロック候補らが要望

 

 五月二十三日、山口県など中国五県の日本共産党は、中央省庁と交渉を行いました。交渉には、仁比前参議院議員、石村衆院中国ブロック候補、五十嵐ひとみ衆院山口三区候補、藤本県議らが参加しました。
 防衛省との交渉では、沖縄普天間基地移設問題の解決の目途がたつまでは、空母艦載機部隊の岩国移駐は行わないという約束を厳守するよう求めました。
 防衛省の担当者は、「普天間基地移設も、空母艦載機部隊移設も着実に進めたい」と答えました。
 その上で防衛省の担当者は、「愛宕山用地への米軍住宅建設に向け、同地区の測量と地質調査などの業務委託の入札を四月十六日付で公告したことを明らかにしました。
 私たちは、「普天間移設問題は完全に行き詰っている中で、艦載機の岩国移転のための米軍住宅建設に向けた工事だけを進めることは許されない」と迫りました。
 防衛省の担当者は、「艦載機移転のための準備行為は、県や市も容認している」と答えました。

     交渉参加の仁比氏(左)と石村氏(右) 

 

日本共産党演説会に250人

 

 日本共産党演説会が、五月二十七日、宇部市文化会館で行われ二百五十名の市民が集いました。衆議院山口3区予定候補の五十嵐ひとみさん、衆議院比例中国ブロック予定候補の石村智子さん仁比そうへい前参議院議員が市民に訴えました。

       左から仁比氏、石村氏、五十嵐氏

 

小松空港の利活用を学ぶ

 

 五月二十二日、県議会宇部地区選出議員団で、小松空港の概要について、石川県の担当者から説明を受けました。藤本県議も参加しました。
 小松空港の国内線は、札幌・仙台・成田・羽田・福岡・那覇があり、一八七万七三〇一人(平成二三年)の利用者です。国際線は、ソウル・上海・台北あり、十一万九千九百八人(平成二三年)の利用者です。国際貨物便は、ルクセンブルグと北米便があり、一万六千百四十トン(平成二三年)の利用量です。
 山口宇部空港は、国内線は、羽田便で、七六万二千五百九人(平成二三年)にとどまっています。
 小松空港の国内線の利用促進策として、羽田乗継割引運賃設定区間があり、全国最多の三三区間設定されています。山口宇部空港では羽田乗継割引運賃設定区間が、一〇区画です。更に増やす必要があります。
 北陸新幹線開業を控え、石川県は、「小松空港活性化アクションプラン」を策定しました。山口県も二空港になることを受け、空港の利活用促進のプラン策定が必要です。

 

一気

 

五月二十六日実家で田植えをしました。母と子ども四人と私たち夫婦。我が家は全員参加での田植えでした▼午前九時にスタート。一番大きな田を植えました。午前中には、一番小さな田も田植え完了。午後に、家の前の田も完了させることができました。子どもたちは、苗箱運び、苗箱洗いをよく手伝いました。途中で、水遊びになったようですが、我が家の究極の「食育」は有意義なものでした▼年に一日の田植えです。田植え機がどうしても曲がります。そんな時、先日観た映画「アンダンテ」の農家の晋平の言葉を思い出しました。「曲がって植えようが転んで植えようが、稲はまっすぐ上を向いて伸びるんだよ」▼父が亡くなって五回目の田植え。家族の団結で、無事終えることが出来ました。父なる山、宇部市最高峰の荒滝山に抱かれて食と農に携われる幸せを感じています。

ルネサスエレクトロニクスのリストラ計画について [2012/05/29 火 PM 05:37]

 22日、読売新聞は、「半導体大手のルネサスエレクトロニクスが、約4万2000人の社員の約15%にあたる6000人規模の人員を削減する方向で最終調整に入った。」と報道しました。

 26日、ロイターは、「業績が悪化している半導体大手ルネサスエレクトロニクスは、工場売却などによる全従業員の3割近い1万2000人以上の削減などを盛り込んだ経営再建策を銀行団に対して示していることが26日までに分かった。」と報道しました。

 ロイターは、「人員削減案では、赤字に陥っているシステムLSI(大規模集積回路)事業で主力拠点の鶴岡工場(山形県鶴岡市)の売却や子会社の切り離しを進めたい考え。」とも報道しました。

 赤旗新聞日刊紙でも「半導体大手ルネサスエレクトロニクスが鶴岡工場(山形県鶴岡市)と子会社のルネサスモバイル(東京)などの売却を検討していることが25日、明らかになりました。工場売却や希望退職者の募集などにより従業員1万人を削減する計画です。」と報道しました。

 山口県には、約1500人の従業員をかかえるルネサスセミコンダクタ九州・山口、山口工場があります。

 私は、5月24日、経済産業省商務情報政策局情報通信機器課内山課長補佐に、ルネサスエレクトロニクスのリストラ計画と山口工場の影響について意見交換を行いました。

 内山課長補佐は、「ルネサスエレクトロニクスは、NECと日立と三菱電機が統合して出来た日本を代表する半導体メーカーだ。ルネサスは、直前の決算で500から600億円の赤字を出すなど経営が悪化している状況にあることは認識している。また、半導体の国内メーカーは、韓国のサムソンをはじめ、海外メーカーの台頭の中で、苦戦し、リストラ計画を進めている企業が相次いでいる状況である。22日の報道についてルネサスは、自社のホームページで『報道された内容は当社から発表したものではない』としている。経済産業省としてルネサスに問い合わせも行ったが詳細は分からなかった。引き続き、ルネサスの動向については注視していきたい。」と話しました。

 私は、「山口工場は、1985年に立地し、県や当時の楠町も大きな援助をしてきた。山口工場は、宇部市や山口県の雇用にとって極めて重要だ。存続されるよう国としても働きかけてほしい。」と要請しました。

 山口県や宇部市としても、ルネサス山口工場が存続されるよう必要な働きかけを行うべきだと思います。

 日本共産党の地元組織としても、必要に応じて適切な対応をしていきたいと思っています。

 ルネサスのリストラ計画について、また、山口工場について、皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

日本共産党(中国ブロック)が中央省庁交渉行う [2012/05/28 月 PM 05:28]

 23日、山口県など中国5県の日本共産党は、中央省庁と交渉を行いました。

 交渉には、仁比前参議院議員、石村衆院中国ブロック候補、五十嵐ひとみ衆院山口3区候補をはじめ、私たち地方議員も参加しました。

左が仁比前参議院議員、右が石村衆院中国ブロック候補

 防衛省との交渉では、沖縄普天間基地移設問題の解決の目途がたつまでは、空母艦載機部隊の岩国移駐は行わないという約束を厳守するよう求めました。

 防衛省の担当者は、「普天間基地移設も、空母艦載機部隊移設も着実に進めたい」と答えました。

 その上で防衛省の担当者は、「愛宕山用地への米軍住宅建設に向け、同地区の測量と地質調査などの業務委託の入札を4月16日付で公告したことを明らかにしました。

 私たちは、「普天間移設問題は完全に行き詰っている中で、艦載機の岩国移転のための米軍住宅建設に向けた工事だけを進めることは許されない」と迫りました。

 防衛省の担当者は、「艦載機移転のための準備行為は、県や市も容認している」と答えました。

 経済産業省との交渉では、上関原発に関わる許認可申請はすべて取り下げ、建設を中止させるよう求めました。

 対応した経済産業省原子力安全・保安院の担当者は、「今日の状況で、原発の新増設は客観的な状況として困難だと認識している、と総理も言っている」「現在、夏に向けて中長期的なエネルギー構成を検討している。今後立地自治体の意見も聞きながら検討していく」と答えました。

 文部科学省との交渉では、三井化学岩国大竹工場での爆発事故を受けて同工場に放射性廃棄物が大量に保管されている問題で、情報提供の在り方を改善すると同時に、実態を把握し、安全確保に万全を期すよう求めました。

 文部科学省の担当者は、地元の要望もあり、5月17日、現地調査した結果、保管状況も空間線量にも問題はなかったと答えました。

 私は、大量の放射線廃棄物を工場内に保管されていることを、地元自治体が知らなかったことなど、改善すべき問題は多いのではないかと指摘しました。

 文部科学省の担当者は、「情報提供のあり方や保管の在り方など考えるべき課題は多い。関係省庁と協議したい」と答えました。

 24日には、日本共産党山口県議団と山田岩国市議が、県内の諸問題で中央省庁と意見交換を行いました。

 左が私、右が山田岩国市議。防衛省との意見交換。

 防衛省との意見交換では、普天間飛行場に配備予定のMV-22オスプレイが岩国基地に一時移駐、飛来する可能性はあるのか質しました。

 防衛省の担当者は、「配備時期は検討中であり、決定していない。配備後、訓練のために岩国基地を含め、他の基地に飛来する可能性はある」と答えました。

 また、厚木基地の空母艦載機部隊のプラウラー4機がグラウラー6機となったことに関連して、「岩国に移駐される空母艦載機部隊の機数が増えるのではないか」と質しました。

 防衛省担当者は、「空母艦載機部隊の岩国移駐機は合計59機だと認識している」「厚木の空母艦載機部隊でグラウラーが4機になったことは日本政府として今年2月に事実を確認した」「岩国に移駐される機数が増えることになるのかどうかについては、現在日米間で確認作業中だ。作業が完了後、山口県や岩国市に対して説明したい」と答えました。

 環境省では、東日本大震災の災害廃棄物の「広域処理」に関して、私は、「山口県は、焼却灰をセメント材料に再利用している事情もあり、受け入れを表明した自治体は現時点でない。今後、国が受け入れを強制することはあるのか。」と質しました。

 環境省の担当者は、「山口県の事情は承知している。強制するようなことはないが、協力のお願いは続けたい。」と答えました。

 

日本共産党演説会開催 [2012/05/27 日 PM 06:51]

 日本共産党演説会が、今日、宇部市文化会館で行われました。

 会場には、250名の市民が集いました。私は司会を務めました。

 衆議院山口3区予定候補の五十嵐ひとみさんは、「原発稼働ゼロから原発ゼロの社会をつくろう」と訴えました。

 衆議院比例中国ブロック予定候補の石村智子さんは、米軍機による低空飛行訓練が繰り返されて状況は一刻の猶予も許されないとして、「アメリカにはっきり物を言える日本共産党を国会へ」と訴えました。

 仁比そうへい前参議院議員は、政府が進める消費税増税について「消費税を増税すれば経済自体が壊れてしまうことは明らか」と指摘し、「歴史的岐路の中たたかわれる衆議院選挙で、日本共産党を大きく伸ばしてほしい」と訴えました。

 参加者の声援に応える仁比氏・石村氏・五十嵐氏 

 

 

 

 

今日は、実家の田植えでした。 [2012/05/26 土 PM 06:52]

 今日は、実家で田植えを行いました。

  

 大きな田の植え始め。みんなで機械の様子を伺います。

  (今日の撮影は、小5の三男がつとめました。) 

 母と子ども4人と私たち夫婦。我が家は全員参加での田植えでした。

 9時にスタート。一番大きな田を植えました。午前中には、一番小さな田も田植え完了。

 午後に、家の前の田も完了させることができました。

 子どもたちは、苗箱運び、苗箱洗いをよく手伝いました。

 途中で、水遊びになったようですが、我が家の究極の「食育」は有意義なものでした。 

 小学2年の長女もお手伝いをりっぱにこなしました。

 田植え機が曲がった時、先日観た映画「アンダンテ」を思い出しました。

 「苗は曲がっても上を向いて育つ」

 父が亡くなって6回目の田植え。家族の団結で、無事終えることが出来ました。

 

 田植え前の今日の荒滝山です。いい天気でした。

 今日も、父なる山「荒滝山」に抱かれて、家族みんなで幸せな一日でした。

 

小松空港の利活用促進策について [2012/05/25 金 PM 05:31]

  22日に、山口県議会宇部地区選出議員団で、小松空港の概要について、石川県企画振興部の担当者から説明を受けました。

 石川県の担当者から小松空港の活用策を聴きました

 概要と感想について報告します。

 まず、小松空港の年間利用客の多さに驚きました。

 国内線は、札幌(1往復/日)・仙台(1往復/日)・成田(2往復/日)・羽田(11往復/日)・福岡(2往復/日)・那覇(1往復/日)あり、年間187万7301人(平成23年)の利用がありました。

 羽田便だけで、150万人以上の利用があることには驚きました。

 国際線は、ソウル(4往復/週)・上海(4往復/週)・台北(4往復/週)あり、11万9908人(平成23年)の利用がありました。

 国際貨物便は、ルクセンブルグと北米便があり、16140トンの利用がありました。

 山口宇部空港は、国内線は、羽田(9往復/日)ですが、平成23年は、76万2509人にとどまっています。

 小松空港の国内線の利用促進策として力を入れているのが、羽田乗継割引運賃設定区間が全国最多の33区間ある点でした。

 山口宇部空港では羽田乗継割引運賃設定区間が、札幌・大館能代・庄内・富山・小松・能登・秋田・青森・三沢・山形の10区間あるようですが、更に促進させる必要があると思いました。

 小松空港が音頭をとって、乗り継ぎの利活用を協議する全国組織が結成されると聞きました。山口県も積極的に関与すべきだと感じました。

 また、小松空港で国際線・国際貨物線が就航している点については、山口県として大いに学ぶ点があると思いました。

 北陸新幹線開業を控え、平成23年に、小松空港活性化推進検討会が設置され、「小松空港活性化アクションプラン」が策定され、活性化に向けた論点整理などが行われました。

 山口県も2空港になることを契機として、それぞれの空港の利活用をどう進めていくのか、論点整理や方針の明確化が必要だと思いました。

 小松空港国内線乗継や国際便就航などに対して、石川県が直接的な財政負担をしていることはないという説明でした。

 山口県は、利用者が減少している山口宇部空港の利活用を促進していくために、小松空港など全国の経験を真摯に学ぶべきだと感じました。

 山口宇部空港の活用促進のための皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

石川県視察と政府交渉から帰ってきました。 [2012/05/24 木 PM 11:34]

   22日に、宇部市選出議員団で石川県を視察し、23日・24日は、各省庁交渉を行い、先程、帰山しました。

 石川県では小松空港の利活用促進について学びました。

 各省庁交渉では、原発や基地問題を始め、山口県に関わる様々な問題で交渉を行ってきました。

 22日の読売新聞に、「ルネサスの6000人削減」の報道もあり、宇部市にある山口工場はどうなるのか、今日、急遽、経済産業省の担当者から聞き取りも行いました。

 明日から、順次、本ブログで視察・交渉・聞き取りの報告をしたいと思います。

 ルネサス人員削減に関する問題など、関係者の皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

 

石川県視察と政府交渉に行ってきます。 [2012/05/22 火 AM 06:04]

 今日から、県議会宇部地区選出議員団の県外視察として、石川県に行ってきます。

 今日は、午後、①小松空港の利用促進及び国際定期便就航誘致について②企業誘致促進策について③いしかわサイエンスパークについて石川県庁で説明を受けます。

 明日は、日本共産党中国ブロック政府交渉に参加します。厚生労働省・国土交通省・文部科学省・総務省・防衛省・外務省・農林水産省・経済産業省・環境省を二つのグループに分かれて交渉します。

 環境省では、震災がれきの広域処理の問題を取り上げます。私は、環境省に行くグループに参加する予定です。

 明後日は、基地問題や三井化学での事故など山口県に関わる問題について、各省庁からレクチャーを受けることにしています。

 明後日未明に我が家に到着する予定です。ご了承ください。

 移動の車中で、「みをつくし料理帖シリーズ」を読みたいと思います。

 今、5巻の前半です。この出張で、既刊の7巻まで読み切りたいと思っています。

 それでは、行ってきます。