環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2011年 10月 ]

厚東川通信No311(2011年10月15日) [2011/10/21 金 PM 05:06]

9月27日に共産・民主・社民の3会派が、議長に申し入れ

 

柳居議長の辞職を要請

 

      柳居俊学議長が道義的責任を果たされるよう求める要請書

 去る9月13日、山口県警が、歴史と伝統ある山口県議会の現職議長である柳居俊学氏を、公職選挙法違反と詐欺容疑で山口地検に書類送検したことが、マスコミ報道で明らかになりました。NHKニュースを始め、山口・毎日・朝日・読売・中国など新聞各社も9月14日から15日にかけて報道しました。 そこで、我々有志の会派は、以下の諸点を指摘します。
 ① 選挙で選出された議員であり、現職の議長が、公職選挙法違反と詐欺容疑で書類送検されたことは、山口県政史上始まって以来の重大事件であり、議員として、かつ、議長としての道義的責任は、たいへん大きなものがあります。
 ② 今年2月28日、有志の5会派が、当時の副議長である柳居俊学氏が公職選挙法違反や政治資金規正法違反などの容疑で山口県警及び山口地検に刑事告発されたことに対して、当時の島田議長に、「山口県議会及び県民の信頼回復のため、全員協議会の開催等により、副議長から十分な説明をされるよう」強く要請したにもかかわらず、当時の島田議長からも、当事者である柳居俊学氏からも、今日まで何の説明もありません。
 ③ 柳居議長の顔写真入りカレンダーについては、その印刷代を政務調査費と後援会「俊和会」から二重に支出したことになっているだけでなく、政務調査費の支出項目では、「県政報告印刷料」と偽っています。
 ④ 政務調査費に関する責任者は柳居議長であります。その責任者が、自らの問題で、告発され、県警から書類送検されてもなお、県民をはじめ、県議会に対して、事実関係を明らかにしないことは、議長としての職務を円滑に遂行できていないことを証明するものと思われます。
 ⑤ 9月30日には、第66回国民体育大会「おいでませ!山口国体」の開会式ご臨席のため来県される天皇皇后両陛下を、県庁にてお迎えすることになっています。公職選挙法違反と詐欺容疑で書類送検された議長が両陛下をお迎えすることになれば、両陛下に礼を失することになりかねません。山口県議会及び同議会議員にとって、極めて不名誉なことであります。
 ⑥ これらの点を踏まえると、柳居議長は、ことの真相を県民に説明することは当然であり、県議会としても、真実を明らかにする責任が問われています。
 以上の諸点から、9月20日、有志の会派会長が、柳居議長に対して、各会派会長の意見を聞くため、各会派会長会議を開催していただくよう要請しましたが、拒否されました。これらのことから、柳居議長は、県民に説明せず、議会の声を聞こうともせず、自ら真相解明をしないだけでなく、政務調査費に関する責任者としての職務を放棄していると言わざるを得ません。このままでは、県議会に対する県民の不信感が増幅されることとなり、議会の責任が問われることになります。よって、我々有志の会派は、県民の不信感を払拭し、歴史と伝統ある山口県議会の信頼を回復するために、柳居議長が自らの責任で議長職を辞し、新谷副議長のもとで、一連の事件の真相解明と、再発防止策を講じられますよう、強く要請します。

(⑤について、日本共産党県議団としては、削除を求めましたが、全会派の合意を優先し、項目として残すことを容認しました。)

 

一気

 

九月三〇日「第六回錦川川づくり検討委員会」が岩国市で行われ、傍聴しました▼今回の委員会では、委員から、平瀬ダムの建設を進めるべきとする意見が出される一方で、「水質悪化による魚介類への影響が心配」「パブリックコメントでは、反対意見が九割を越え、ダム建設ありきではいけない」など批判的な意見が相次ぎました。最終的に、事務局である県河川課が「平瀬ダム+河川改修案を了承するかを多数決を決める」提案を行い、ダム建設案に賛成する意見が多数を占めました。 この結果、県が示した、「平瀬ダム事業の検証に係る検討案」で示された平瀬ダムの建設を再開する提案に対する「錦川川づくり検討委員会」の意見報告は、県の案を了承する内容になる見通しです▼将来に禍根を残さないために、今一度、県民的な議論が必要だということを痛感しました。