環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2011年 09月 ]

厚東川通信No310(2011年10月1日) [2011/09/28 水 PM 07:36]

9月21日、日本共産党県議団が柳居議長に要請

 

書類送検の議長は辞職を

 

 9月21日、日本共産党県議団は、柳居俊学議長に対して、「議長職を辞任し、道義的責任を果たすよう求める要請」を行いました。
 要請書は藤本県議が、弘中議会事務局長に手渡しました。弘中局長は、「要請書は、議長に渡す」と答えました。 要請書の全文は下記の通りです。

議長職を辞任し、道義的責任を果たすよう求める要請
 山口県警察は9月13日、政務調査費で作製した顔写真入りカレンダーを選挙区の有権者に配布していた問題で、柳居俊学議長を公職選挙法違反と詐欺などの容疑で山口地方検察庁に書類送検しました。
 今年2月、全国市民オンブズマン連絡会議の中光弘治弁護士が提出した告発状によると、柳居議長が、2008年から2010年のいずれも11月頃、選挙区の周防大島町の約1万世帯にカレンダーを寄付した行為は公選法違反であり、同カレンダーの印刷費を「県政報告印刷料」と偽って08、09年分の政務調査費として147万8400円を不正に得た行為は詐欺罪にあたるとされています。
 政務調査費については、使途基準に反する支出が全国的に問題化し、山口県議会議員においても不透明な事案が明らかになり、県民から強い不信感と厳しい批判が寄せられています。
 今年3月には、自民党を除く5会派が連名で、再発防止のため、柳居氏(当時、副議長)に対し、十分な説明をする等、県議会議員として責任を果たすよう強く要請しましたが、これまでに何の対応もとられませんでした。
 柳居氏は、5月の議長選において、議長という県議会を代表する要職につかれています。その議長が公職選挙法違反容疑などで書類送検されたという事実は、県民の政治不信に拍車をかけています。よって日本共産党県議会議員団は、柳居俊学議長に対して、道義的責任をとって、議長職を自ら辞するよう要請するものです。

11.9.21 004.JPG

  弘中議会事務局長に要請文を渡す私(右)

 

藤本県議が企業会計決算特別委員長に就任 


 八月県議会で、決算特別委員会と企業会計決算特別委員会の正副委員長の互選が行われました。
 その結果、決算特別委員長に自民党の二木議員、副委員長に自民党の吉田議員が、企業会計決算特別委員長に藤本県議、副委員長に自民党の星出議員が選ばれました。病院が独立行政法人化され、企業会計決算特別委員会は最後になるようです。
 藤本県議は、委員長就任にあたり「有終の美を飾るべく、活発な委員会になるように委員長としての役割をしっかり果たしていきたい」と語っています。

 

一気

 

九月十四日、岩国市で行われた平瀬ダム再開を議論する「第5回錦川川づくり検討委員会」を傍聴しました。委員会会場周辺には、「美しい錦川を未来に手渡す会」の方々など30名以上が会場周辺に集い関心の高さを示しました▼県は、「平瀬ダム+河川改修案が最良」とする検討案をまとめ「錦川川づくり検討委員会」を再開させたのです▼県は、今後、ダム事業の対応方針の原案を作成し、県公共事業再評価委員会の意見を聴いたうえで、県の対応方針決定し、年内にも国土交通大臣に検討結果を報告したいとしています▼国土交通省は、「今後の治水対策のあり方に関する有識者会議」で意見を聞いた後、対応方針を決定しますが、早ければ、来年度に予算計上も考えられる情勢です。このまま「平瀬ダム再開」ありきの議論に終始させてはなりません。 急いで県民的議論を行う時です。

厚東川通信No309(2011年9月15日) [2011/09/09 金 PM 05:11]

藤本県議が、2日に一般質問で登壇する

 

県バイオマス計画策定検討

 

知事が森林バイオマス加速化を表明

 

 藤本県議は、二日に登壇し一般質問を行いました。本号から順次報告していきます。
 藤本県議は、低炭素社会をめざす取組みとして県森林バイオマスエネルギープランの成果と国のバイオマス活用推進基本法に基づく県としての計画づくりについて質問しました。
 第一の森林バイオマス推進の成果について、二井知事は、民間企業の協力も得て森林バイオマスと石炭混焼技術の開発、木質ペレット・ボイラー導入などにつとめており、一層加速化させたいと答えました。
 第二の国のバイオマス活用推進基本法に基づく県の計画づくりについて、松永農林水産部長は、「県としては、今後、県バイオマス活用推進計画の策定については、検討してまいりたい」と明確に答えました。

DSC02981○.JPG

 9月2日に一般質問で登壇する藤本一規県議

 

県道美祢小郡線(吉部・小野地域)草刈り進む

 八日、宇部市吉部船津の住民の方から、県道美祢小郡線の環境整備をとの要望を受けました。早速、県宇部土木建築事務所に出向いて要望を伝えました。 第一は、草刈りについてです。厚東川の西側の草刈りは完了し、東側は、近々草刈りが行われる予定だという事でした。第二は、法面が崩れかかっているところが放置されている問題です。担当者の方は、認識しているとのことでした。

11.9.8 004.JPG

 ガードレールが草に覆われている所があります

 

県議会地域商工委員会での質疑

 

上関原発での野田政権首脳発言 


  野田政権首脳から上関原発に関する重大な発言が相次ぎました。野田首相は、二日の記者会見で、原発の新設について「建設予定は十四基あるが、新たにつくるのは現実的に困難だ」と述べました。また、鉢呂経済産業大臣は、六日、インタビューで、上関原子力発電所について「計画段階のものを新たに建設するのは困難だ」と述べ事業中止を含め検討する方針を示したと報道されました。藤本県議は、県議会地域商工委員会で、 野田首相と鉢呂経済産業大臣の発言の真意を県として国に、確認すべきだと質しました。末永商政課長は、両氏の発言が国の確たる方針かどうか真意を不明としながら、「タイミングや手法は国の状況を見ながら国への確認は行う」と答えました。


一気

 

小説「神様のカルテ」は、出版直後に読んで、虜になりました。先日、映画化された「神様のカルテ」を観ました▼このような作品に多くの方々が感動できる日本は、捨てたもんじゃないと思います。上映されたのは、シネコンの映画館で一番大きなスクリーンの部屋。そのスクリーンに何度も涙しました▼主演の一止役の桜井翔さんが良かったですね。多忙な青年医師役を飄々と熱く演じていました。古狸役の柄本明さんもさすがですね。一止の将来を、広い心で応援している姿が、しみじみと深く演じられていました。医療とは何か、生きるとは何か、深く考えさせる映画でした▼小説は、「神様のカルテ2」へと続いています。この映画は、大ヒットのようですので、きっとシリーズ化することでしょう。今回、古狐先生が登場していないのが残念でしたが、次回作を期待しています。

厚東川通信No308(2011年9月1日) [2011/09/09 金 PM 05:03]

光市での山口民報創刊45周年記念講演会に700人

 

上関原発やめさせ原発ゼロへ

 

笠井亮議員が原発ゼロへの展望語る

 

 八月二十八日、光市民ホールで山口民報創刊四十五周年記念講演会が行われ、県下各地から七〇〇名の県民が参集しました。記念講演を行った笠井亮議員は、九電のやらせメール問題を国会で取り上げた本人です。この問題は、玄海原発の再稼働をめぐる国主催の番組に向けて発生しました。番組の中で、賛成意見が多く出るよう、九電の幹部が指示し、関連会社社員などにメールが配信されていた問題です。この事実は、関係者が日本共産党福岡県委員会に内部告発したことに端を発しました。
 北海道電力の泊原発三号機の建設について、一九九九年、北海道が行った同原発に関する意見募集で、「賛成」意見を出すよう、北電が社員を通じて働きかける『やらせ』を行っていたことを「しんぶん赤旗」が報道しました。笠井議員によると、「この事実は、日本共産党に匿名で寄せられた」ものだということです。上関原発を巡って、「やらせ」などの事実はなかったのか調査が必要だと痛感する講演会でした。

11.8.28 014.JPG

 演説を終え、参加者に手を振る笠井亮衆院議員

 

藤曲交差点付近の浸水対策を要望

 

  八月二十一・二十三日、一九〇号線の藤曲交差点南側が冠水して通行止めになっていました。
  二十三日、藤本県議と大野元市議は、浸水対策を宇部市下水道部に要望しました。利重部長らは、「玉川ポンプ場の建設が必要」と述べました。

TS3V0076.jpg

 8月21日に冠水した国道190号藤曲交差点


藤本県議が2日午後1時から登壇予定

 

 8月県議会が、24日から始まりました。藤本県議は、2日、午後1時に一般質問で登壇する予定です。傍聴希望者は、藤本一規生活相談所(℡45-0145)にご連絡ください。
藤本県議の質問項目は、下記の通りです。
1、低炭素社会をめざす取組みについて
2、安全・安心の県づくりに関する問題について
3、土木事業について
4、中小企業振興について
5、障がい者問題について
6、教育問題について
7、警察行政について
8、その他

 

一気

 

第五十九回日本PTA全国研究大会に参加しました。記念講演は、「五体不満足」がベストセラーになった乙武洋匡さん。感銘を受けました▼
乙武さんは、〇四年に長崎で十二才の子どもが四才の子どもをショッピングセンターの屋上から突き落とす事件に衝撃を受けます。この事件は、犯罪を犯した子どもに問題があることは当然だが、大人として、子どもを支える仕事をしたいと乙武さんは、教員になります▼ 教員になった乙武さんは、子どもに対して、①その子の一番をみつける②その良さを褒める③その子の良さをクラスの他の子に伝えることに努めたそうです。このような考えを社会や世界に繋げていくならば、平和が構築できるという壮大な話へと発展しました。みんなの違いを認め、良さを認めることの大切さを痛感しました。私の人生観と通じる話しに納得しました。