環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2011年 07月 ]

産業団地進出企業への土地取得補助金の実態 [2011/07/21 木 PM 04:00]

 私は、6月議会で、産業団地問題について質問しました。宇部市は、上限1億円のイノベーション大賞を進出企業に授与しています。1回目は、セイシン工業。2回目は、明石被服。どちらも、宇部テクノパークに進出します。これら企業は、土地取得の補助を8割受けました。セイシン工業は、29379.43㎡を5億2006万2191円(㎡単価17702円)で購入しなければならなった土地が、県と市の補助金で、1億401万円となります。1億円のイノベーション大賞のお金を土地取得代に充当すると、土地は、401万円となり、㎡当たり137円で取得したことになります。明石被服は、32850.75平米を6億2460万6956円(㎡当たり19013円)で購入しなければならなかった土地が、県と市の補助金で、1億2492万円となります。1億円のイノベーション大賞のお金を土地取得代に充当すると、土地は、2492万円となります。㎡当たり759円で取得したことになります。
 庶民は、坪単価20万円の土地を購入しているのに、県関与の産業団地に進出した企業は、坪単価数千円で売却している実態はまさに異常です。作り過ぎて売れ残った産業団地には湯水のように税金を投入してただ同然で売却するやり方は許されません。引き続きこの問題は県議会で追及していきます。

 皆さんは、この問題をどのようにお考えですか。ご意見をお聞かせ下さい。

県内で21人から授業料徴収 [2011/07/20 水 AM 06:43]

 日本高等学校教職員組合(日高教)が昨年度全国の公立高校授業料の徴収状況をまとめました。

 高校無償化の中で、「標準修業年限を越える者」や「既卒者」についての授業料徴収は自治体の判断に任せられています。

 日高教の調査で、全国19都県2000名から授業料を徴収していることが分かりました。

 山口県は、昨年度、留年者19名、既卒者2名(合計21名)から授業料を徴収しました。

 全国では、16県が完全不徴収で、21県が原則不徴収としています。

 その他の県もやむを得ない事由がある場合は徴収しないとしている所が多く、原則徴収としているのは、岐阜、広島、山口、福岡だけです。

 その内、福岡県も、校長判断でやむを得ない場合は不徴収としています。

 高校無償化は国の制度で完結されるべきであり、私は、高校完全無償化への制度の完成を国に強く望みます。

 その上で、山口県が頑なに原則徴収を貫いていることにも大いなる疑問を持ちます。

 私の昨年9月議会での質問に、田邉教育長は、「高等学校等における就学機会が適切に確保できるよう必要な配慮も行っておりますことから、現在の取り扱いを見直すことは考えていない」と答えました。

 山口県でも「やむを得ない事情」を配慮しているといいますが、他県と比べてそん色はないのか、十二分に検証してみたいと思います。

 国が制度を完成させるまでの間、山口県の対応で、無償化が徹底されることを強く望みます。

 この問題での皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

 

「原発は安い」は「神話」 [2011/07/19 火 PM 07:37]

 本日、日本共産党山口県常任委員会の学習会で、議会と自治体(2011年7月号)の大島堅一立命館大学教授のインタビュー記事を学習しました。

 このインタビューの中の「原発は安い」は「神話」の部分が圧巻でした。

 資源エネルギー庁の発電ごとのコスト試算(kWh当り)によると、一般水力11.9円、石油火力10.7円、石炭火力6.2円、LNG火力5.7円、原子力5.3円となっており、原子力が一番安い結果です。

 大島先生は、資源エネルギー庁の試算は、モデル計算によるものだとし、実績値からの計算が必要と指摘します。

 大島先生は、①発電に直接要する費用②バックエンド費用③国家からの資金投入④事故にともなう被害と被害補償費用を含めて実績値での比較が必要だと指摘します。

 ④だけでも数兆円になることが今回の福島の事故で想定されますが、これを含めず、大島先生が実績値を基に発電単価を比較されたものが次の結果です。

 一般水力3.98円、水力7.26円、火力9.90円、原子力10.68円と原子力が一番高いという結果となりました。

 その上で大島先生は、福島の事故の補償額は少なくとも4~5兆円。東電がこれまでに原発から得た利益は約4兆円。

 大島先生は、コストだけ考えても東京電力は、「原発はやらない方がよかった事業だ」と言えそうだと断言します。

 更に、大島先生は、電気事業連合会の原子力がCO2排出が少ないというデータにも疑問を投げかけます。

 日本の電気事業連合会は、CO2排出を太陽光38グラム、風力25グラム、原子力20グラムと「太陽光、風力などの自然エネルギーより原子力が優れている」と試算しています。

 しかし、大島先生は、スタンフォード大学のジュイコブソン氏の試算を引用します。

 ジュイコブソン氏は、プラント建設、燃料採取、運搬、施設稼働時、廃棄物の処理、廃炉までふくめて、CO2の排出量の比較を行っています。

 その結果、1キロワット時の発電に対するCO2排出量は、原子力は9~70グラム、太陽光は19~59グラム、風力は、2.8~7.8グラムと試算しました。

 原発がかなりのCO2を排出していることは事実のようです。

 現在、原子力に年間4千億円、新エネルギーに1500億円の国家予算が使われ、事業者が2500億円の再処理費用を使っています。

 原子力から自然エネルギーに転換すれば、6500億円の資金が生まれると大島先生は指摘します。

 ドイツの自然エネルギー買取りのための費用は、年間6000億円なので、日本で使われている財源を自然エネルギーの買取り制度などに振り替えれば大きな政策転換が可能です。

 大島先生は、「原発から撤退すれば、自然エネルギーの爆発的普及は国民の追加負担なしにできる」と結論づけました。

 大島先生の理論は、同感できる内容です。やはり、日本は、原発からの撤退を決断すべきだと思いました。

 皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

日本共産党宇部市議団議会報告会 [2011/07/18 月 AM 09:51]

 昨日、日本共産党宇部市議団議会報告会が男女共同参画センターで行われ、私も参加しました。

 荒川議員団長は、宇部市議会での上関原発問題での論戦を報告しました。

 荒川議員の質問に対し、久保田市長は、上関原発建設について「原発の安全性の確保が図られない以上、このまま工事を進めていく状況にはない」と答えました。

 また、全会一致で、「事故の原因が究明され安全性が確立するまで、(中略)上関原子力発電所建設をはじめ新設及び増設計画を推進しないこと」との文章が含まれた「原子力発電所の安全対策の確立に関する意見書が可決したことが報告されました。

 岡本議員は、宇部市で実施された住宅リフォーム助成制度について報告しました。

 宇部市が昨年実施した住宅リフォーム助成制度は、岡本議員の質問で申請件数は、746件、助成金は、4960万円、参加業者数は222社、市内業者への工事費として6億7千万円の経済効果があったことが明らかになりました。

 今年度の実施について、宇部市は、「アンケート調査をし、その結果や東日本大震災の影響や国、県の経済対策の動向、市財政の状況を考慮して事業実施を検討する」と答えました。

 真鍋議員からは、中小企業振興基本条例の制定の方向が示されたことが報告されました。

 今後「基本理念」「市の役割」「中小企業者の役割」等を明記し、今後取り組むべき政策を体系的に整理すること、また、市内の中小業者に対し、アンケート調査が実施されることが明らかになりました。

 時田議員からは、宇部市立図書館で指定管理者制度を導入する動きがあることが報告されました。

 また、共同調理場の建替えにあたり、これまで自校方式だった複数の学校が新たにセンター方式にされる検討が行われていることが報告されました。

 私は、被災地の岩手県宮古市でボランティア活動をした報告と、山口県の地域防災計画の見直しの状況と津波対策について報告しました。

 参加者からは、「8割引きがされている企業立地補助金の状況」「JR宇部線の雨対策」などの要望や質問が出されました。

 議会の報告が出来るということは嬉しい事です。

 また、宇部市の状況を知る場にもなりました。山口県でも本格的な住宅リフォーム助成制度を実施する必要があることを痛感しました。

 更に、アンケートを実施するなどし、中小企業振興をきめ細かく行っていく必要性も感じました。

11.7.18 002.JPG

  日本共産党宇部市議団議会報告会の様子

 

映画「コクリコ坂から」 [2011/07/17 日 AM 06:54]

 長男・次男・長女と一緒に、昨日、映画「コクリコ坂から」を観て行きました。

 舞台は、1963年の横浜。私が生まれる前の年。山口県では、一巡目の国体が開かれた年です。

 当時の家は木造ばかりで、商店街は賑やかで、三輪のトラックなんかが走っていたんですね。

 幼稚園か小学校低学年の時、両親に、宇部の銀天街や小野田の公園通りに連れていってもらった時のことを思い出しました。

 主人公は、高校生。一人一人の人物が輝き、様々な境遇を抱えながらも前向きに生きる姿がありました。

 これは、ジブリ作品に共通するテーマなのかも知れません。

 主人公の海や俊が現代に生きていると、65才位なのですね。道理でこの世代の方々は、皆元気ですものね。

 学生の自治が守られ、学生たちは喧々諤々議論する教育の中で民主主義が花開いていた時代でもあったのでしょう。

 子どもたちが未来を信じ、子どもたち同士で語り合えるような時代にしたいとこの映画を観て思いました。

 少し残念だったのは、映画館に、私たち世代前後の方が多く、子どもたちが少なかったように感じたことです。

 (入場待ちをしている時、ポケットモンスター待ちの列の長さには驚きました。)

 私たち以上の世代が懐かしむだけではなく、この映画は、是非、多くの10代、20代の方々に観てほしいと思います。

 宮崎吾朗監督ありがとうございました。今回のストレートな作品に大いに勇気をいただきました。

 次回のジブリ作品も大いに期待しています。次回は、そろそろ宮崎駿監督作品でしょうか。

 

 

 

厚南・旭が丘地区で新たな地すべり被害 [2011/07/16 土 PM 06:18]

 本日、真鍋市議と一緒に、厚南・旭が丘地区の地すべりを視察しました。

 7月上旬の大雨で、地すべりが更に進んでいました。

 池に向って、コンクリートのあちこちにクランクが入っているのがよく分かります。

 私は、この問題を2月県議会で取り上げました。県の補助の対象外ということでした。

 その後、池を管理している水利組合との協議は進展しているようです。

 やはり、何らかの方法で、池側への地すべりを止める工事を行う必要があります。

 自治会として市へ要望書提出に向けて準備をされていると聞きます。

 現場を見ると、何らかの行政の援助が必要だということを痛感しました。

 この地域の地すべりが解消されるために、引き続き、力を尽くしたいと思います。

11.7.16 011.JPG

  コンクリート壁に大きなクランクが入りました

11.7.16 010.JPG

   石段が池に向って大きくずれています

東岐波地域を視覚障害者の方と歩き、要望する [2011/07/15 金 PM 06:14]

 本日、私は、障がい者の福祉をすすめる会の米原会長と一緒に、宇部市東岐波地区に在住のMさん夫妻と共に190号線沿線を歩きました。

11.7.15 001.JPG

  Mさん夫妻と米原会長と国道190号線を歩く

 Mさん夫妻は、ともに視覚障がい者です。国道190号線周辺を移動される際、点字ブロックが車などでふさがれているケースが度々あるということです。

 3月には、工事中の車両にぶつかりMさんの奥さんはけがをされました。6月にも点字ブロックを車が塞ぎ、けがをしそうになったと言われます。

 本日は、花壇の手入れをされている車両が点字ブロックを塞ぎかけている所があり、少し移動をお願いする場面がありましたが、重大な問題はありませんでした。

 この問題は、宇部署交通課に米原会長と出向き改善を要望しました。

 林宇部署交通総務課長は、「歩道に車が停車している場合も道路交通法違反に該当する。発見した場合は、適切な対応を行っている。」「今日、要望を受けた地域については、取り分け注意していきたい。」と答えました。

 また、所々で、歩道に隣接地の木や草が伸びてきている場所や点字ブロックが浮いている場所がありました。

11.7.15 004.JPG

点字ブロックが浮いている場所が数か所ありました

 この問題は、国道管理事務所宇部出張所に出向き要望しました。

 担当者は、「盆までには改善したい。」と答えました。

 

厚東川通信No305(2011年7月15日) [2011/07/15 金 PM 05:56]

原子力発電所の安全対策の強化等を求める意見書可決

 

上関原発凍結求める

 

 7月8日に閉幕した6月定例県議会で、「原子力発電所の安全対策の強化等を求める意見書」が全会一致で可決しました。藤本議員は、地域商工委員会委員として提出者に名を連ねました。

 

原子力発電所の安全対策の強化等を求める意見書

  去る3月11日の東北地方太平洋沖地震と巨大津波により東京電力福島第一原子力発電所で発生した事故は、4か月近くが経過した今もなお収束の目途が立たず、周辺住民は長期にわたる避難生活を余儀なくされており、風評被害等とも相まって、原子力発電に対する大きな混乱と不安を国民にもたらしている。
 また、その後の中部電力浜岡原子力発電所の運転停止要請を受け、点検等で停止中の発電設備の早期運転再開を見送る動きが出るなどの影響が各地の原子力発電所に及んでおり、電力の供給体制や地域経済にも重大な懸念が生じている。
 国においては、原子力に代わる新エネルギーの導入などエネルギー政策全体の見直し議論を進めていくこととしているが、この中で、原子力発電のあり方や安全対策についても議論を尽くすことにより、すべての国民の安心・安全に立脚した電力の安定供給体制の確立に務める必要がある。
 特に、本県においては、上関町における原子力発電所の建設が計画されているが、国の責任において、国全体のエネルギー政策の見直しの中で、上関を含む原子力発電所の新増設計画の位置付けの明確化や万全な安全体制の確立など、下記に掲げる諸課題の解決がなされない限り、本建設計画を一時凍結せざるを得ない状況と考える。
 よって、国におかれては、次の事項について、特段の措置を講じるよう強く要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

1 福島第一原子力発電所の事故により生じている深刻な事態は、我が国の国民生活や経済に大きな影響を及ぼしていることから、国の責任において、一刻も早い収束に向けて全力を尽くすこと。
2 福島第一原子力発電所の事故原因の徹底究明と原子力発電所の安全基準などの検証を急ぐとともに、新たな知見に基づく安全指針等の見直しを早急に進め、安全対策の徹底を図ること。
3 原子力安全行政の客観性と信頼性を高めるため、原子力安全・保安院を経済産業省から分離するなど、国の安全規制・監督体制のあり方を見直すこと。
4 今回の事故原因や原子力発電の安全対策等について、的確で分かりやすい情報を積極的に提供するとともに、国が責任を持って説明することで、国民の不安解消に努めること。
5 自然エネルギーの導入を促進し、ベストミックスのあり方等、中・長期のエネルギー基本政策について抜本的な見直しを図ること。

 

一気

 

私は、六月県議会地域商工委員会で、旅券(パスポート)の権限移譲の状況について質問しました▼国の法改正で、旅券発行業務が県から市町に権限移譲出来るようになりました。H二十一・二十二年度で、五市二町に旅券発行業務の権限移譲が行われました。私は、今年度移譲される自治体について質問した。国際課長は「今年度、宇部市、下松市、光市、美祢市、山陽小野田市に移譲される予定だ。」と答えました▼私は、宇部市から、一件あたり八〇〇円の事務処理交付金増額の要望が県に行われていることを取り上げ、今年度、交付金が増額されるのか質しました。 国際課長は、「今年度から事務処理交付金は、一件あたり九〇〇円に増額した。」と答えました▼今秋から、宇部市などで旅券が発行される見通しです。移譲された自治体の負担増とならないよう監視していきます。

ドラマ JIN-仁- [2011/07/14 木 PM 04:59]

 6月議会と重なり見落としていたドラマJINを録画したDVDで観ました。

 最後の咲さんが仁にあてた手紙を現代に戻った仁が読むシーンはジーンときました。

 ドラマは配役もよくとてもいい作品に仕上がっていたと思います。

 それにしても綾瀬はるかさんの演技力は、このドラマで格段に向上しているようで、ファンとしては嬉しい限りです。

 村上もとかさんの原作の文庫本版は、8巻までは読みましたが、ドラマの感動に浸りながら残りをよみ進めようと思います。

 ドラマ「アリアドネの弾丸」の第一回を観ました。海堂尊さんの原作を先日の広島出張もあって半分以上読みましたが、ドラマは、原作とはかなり違った展開になっていますね。

 この原作を来週の火曜日の第二回までには、しっかり読んで、ドラマを楽しみたいと思います。

 私もそれなりの年になり、10時からのドラマは睡魔が襲いなかなか大変です。早起きが定着しているかも知れませんが。

 2回目からは、念のために録画もしておこうと思います。

 この小説は、海堂さんが力説する死因不明社会の実状とAiの必要性がドラマ仕立てでよく理解できるものとなっています。

 山口県の実状について学習していこうと思いました。

 この夏、ドラマのバチスタシリーズもレンタルショップで、チェックしておこうと思います。

 

 

「原発からの撤退」求め中国電力と交渉 [2011/07/13 水 PM 03:21]

 本日、日本共産党国会議員団中国ブロック事務所が、中国電力本社において、「原発からの撤退を求める申し入れ」を行いました。

 日本共産党からは、中国地方各県委員長を始め、各県の県議会議員や市会議員が参加しました。また、仁比前参議院議員も参加しました。

 山口県からは、佐藤県委員長、東部地区委員会の松田さんと私が参加しました。

 中国電力からは、広報・環境部門(環境・エネルギー広報担当)桜井マネージャーらが対応しました。

 申し入れでは、「中国電力として原発からの撤退を決断し、自然エネルギーの普及と促進、低エネルギー社会への移行に向けて知恵と力を注ぐこと。」として、以下の具体的な項目を申し入れました。

 ①島根原発1号機は、設計寿命の30年をはるかに経過し、旧式で地震に弱い構造である。1号機を廃炉にすること。

 ②島根原発2号機でのプルサーマル計画を撤回すること。また、運転を中止し、廃炉に向けた計画を立てること。

 ③島根原発3号機は、その建設・運転を中止すること。

 ④上関原発の建設計画を白紙撤回すること。

 ①について、中国電力の桜井マネージャーは、「常に安全性は確保している。福島原発事故後、緊急の安全対策や防波堤を15mにするなどの工事を行う計画である。」と答えました。

 参加者から、「津波において、押し波が15mの場合、同程度の引き波が来ることが想定される。-15mの引き波対策は万全か。」などの質問が出されました。

 桜井マネージャーは、「引き波対策については、後日、専門部門の意見を聞き、整理して回答する。」と答えました。

 ②について、桜井マネージャーは、「エネルギー資源はない国などで、資源を有効活用することは必要。ただちに、プルサーマル計画をやめるということにはならない。」と答えました。

 ③について、桜井マネージャーは、「3号機は、93%の進ちょく率で4000億円を投資した。ただちに止めるわけにはいかない。」と答えました。

 ④について、桜井マネージャーは、「現在、準備工事は、一時中断している。しっかり、地域住民の理解を得た上で判断したい。」「CO2削減という立場から上関原発の計画は必要。」「今後は、国の安全基準の見直しなどの状況を見極めながら、対応したい。」と答えました。

 私は、「公有水面埋立延長申請があっても認めるわけにはいかないと知事が言っている。」「県議会でも凍結の文言の入った意見書が採択され、上関原発から30キロ圏内の5市3町で、中止や凍結を求める意見書が採択されている。「地域住民の理解は得難く、やはり計画は白紙撤回すべき。」と質しました。

 桜井マネージャーは、「とにかく国の動向を注視したい。(中国電力が)先行的に作業をすすめることは(現時点では)出来ないと考えている。」と答えました。

 私は、中国電力の本社に初めて足を踏み入れました。豪華な社屋に驚きました。

 桜井マネージャーは、「福島の悲劇を繰り返してはならないと思っている。」と冒頭述べましたが、ならば、「原発の新増設はきっぱり中止すべき。」ことを痛感しました。

11.7.13 005.JPG

 石井中国ブロック事務所長が申し入れ書を渡す。

11.7.13 028.JPG

上関原発中止を中国電力に求める。(前列左端が私)