環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2011年 06月 ]

医療生協健文会恩田支部川柳教室がスタート [2011/06/19 日 AM 07:11]

 少し前の事になりましたが、被災地支援に行く直前の9日午後、医療生協健文会恩田支部の川柳教室がスタートしました。

 講師はなんと私です。川柳を始めて15年位になりますが、教室の講師ははじめてです。

 テキストは、尾藤一泉さん監修のホームページ「川柳ドクター」からダウンロードした「川柳の表現とテクニック」にしました。

 尾藤一泉さんは、尾藤三柳さんの息子さんです。尾藤三柳さんのお父さんも川柳作家らしく、川柳の家元のような方です。

 川柳の基本が丁寧に解説されているので、これにしました。

 5・7・5と句調が切れるのが「正格」。5・7・5から切れがずれるのが、「変格」。この二つは定型の範囲であり、それ以外は「非定型」。

 私も何となく句を作ってきましたが、「正格」の句がほとんどです。このような基本を押さえながら、「変格」の句も作ってみようと思いました。

 このように、講師ビギナーの私は、学びながら受講者の皆さんにお伝えする状況です。受講者の皆さんに上手く伝わったでしょうか。

 しかしながら、教えるとはいい勉強になります。

 受講者の皆さんは、約15名、殆どが60代以上。私の親の世代の方もおられ、恐縮しながらの第一回目の教室でした。

 講義は短くして、早速、作句に入りました。さすがに人生の達人。驚くほど良い句が次々に発表されました。

 その句は、「やまみん川柳6月」として私のブログにアップしています。参照してください。

 教室は第一回目でひょっとして終わるのかなあと危惧していましたが、受講者の方々から毎月しようと嬉しいお言葉をいただきました。

 また、それぞれの句をそれぞれが鑑賞する時間を取ろうとの提案もありました。

 講師は若輩者ですので、受講者の皆さんの声をどんどん生かして教室を進めていきたいと思っています。

 興味のある方は、医療生協健文会組織部にお問い合わせください。

 次回は、7月15日の午後2時からとなりました。どんな教室になるのか、今から楽しみです。

11.6.14 002.JPG

第一回目の川柳教室で作句に励む受講者の皆さん

山口昔ばなし大学スタート [2011/06/18 土 PM 09:48]

 今日から、山口昔ばなし大学(基礎コース)が宇部市図書館を会場にスタートしました。妻と二人で受講しました。県内各地から集まった受講者が熱心に小澤俊夫先生の講義に耳を傾けました。

 男性受講者は二人でしたが、楽しい講義でした。女性パワーに感服もしました。

 一日目の今日は、朝10時30分から、16:00までの講義。東北や広島県への旅疲れで、午後は、睡魔とのたたかいでしたが、25年ぶりに大学生気分を満喫しました。

 今日は、開講の趣旨や、語りの文法の話しでした。小澤先生の大著「昔話の語法」をテキストに、作者から直接解説を受ける光栄を得ました。

 講義は、1回が土日で6時限。6回講義が行われます。終了は、再来年の6月です。丸2年間、小澤先生から昔話をしっかり吸収したいと思います。

 早速、明日は、他の行事に参加する関係で、通常の講義を受講することが出来ません。

 補講を申し込みました。補講を受けないと、次回以降の講義を受けることが出来ません。この緊張感は久しぶりです。

 昔話には単調とも言える文法があります。

 先生は、「子どもは、もう知っているものと出会いたがっている」と話されました。

 「子どもには未知の世界に入ることで成長するが、不安もある。」

 「その不安を解消するためにも、繰り返しの物語である昔話が必要。」

 「自らの存在と再会して、子どもは成長していく。」

 「子どもの魂が安定すれば、子どもは自然に成長していく。」

 先生の言葉の端々は、子育て真っ最中の私の心を揺さぶります。

 昔話の文法の話しは難しい部分がありましたが、この2年、一つでも多くの昔話を自ら読んで、先生の理論を学びたいと思います。

 親として少しでも成長して、子育てに生かしたいと思います。

 昨年、PTA連合会は、本の森の方々と共催で小澤先生の講演会を開催しました。

 その時のPTAの担当を務めた縁で、大学への受講を決意しました。

 その意味では、山口での大学を主催しておられる本の森の方々に感謝いたします。

 身近に受講仲間もいますので、妻と良い意味で競い合って、2年間挫折することなく続けていこうと思います。

 昔話の先輩の方々、いろいろご指導下さい。

11.6.18 001.JPG

宇部市立図書館でスタートした山口昔ばなし大学

尾道、鞆の浦、西条を満喫 [2011/06/17 金 PM 08:41]

 日本共産党山口県委員会互助会の親睦旅行で、広島県を旅しました。

 尾道、鞆の浦、西条を散策しましたが、全てボランティアガイドの方に案内していただきました。

 昨日は、雨の中でしたが、尾道を散策しました。多くの寺を見学しましたが、浄土寺が一番印象的でした。

 堂内を巡りましたが、ほとんどが国宝や国の重要文化財で、日本の文化を満喫しました。

 TS3V0013.jpg

 手前が重要文化財の阿弥陀堂で奥が国宝の多宝塔

 宿泊は、国民宿舎仙水島。平成いろは丸で島を往復しました。

 昨日のブログを訂正しなければなりません。

 いろは丸は、海援隊が調達した船でした。亀山社中ではありませんでした。お詫びして訂正します。

TS3V0015.jpg

 平成いろは丸は、竣工して2年の新しい船でした

 今日、午前中は、鞆の浦を散策。古い港の風景が残っていました。

 道路を建設する計画が進められていますが、鞆の歴史はしっかり残してほしいと思いました。

TS3V0020.jpg

  雁木といわれる工法で出来ている波止場

 今日の午後は、西条の酒蔵めぐりをしました。ここでも歴史を感じる蔵が多く残されていました。

 賀茂鶴酒造では、酒が出来る過程をじっくり学ぶことが出来ました。

 日本の米と酒を守っていきたいと思いました。

TS3V0023 (2).jpg

  白牡丹酒造の酒蔵の白壁。試飲もしました

 ボランティア観光ガイドの方々は、どの方も60代以上の方でしたが、それぞれの地域を愛しておられ、丁寧に説明していただきました。

 身近な中国地方にもいい所がたくさんあることを知りました。自分たちの街を愛する大切さも学びました。

 観光ガイドの皆さんありがとうございました。これからもがんばってください。

 

鞆の浦に行ってきます。 [2011/06/16 木 AM 05:44]

 今日から、1泊二日で、日本共産党互助会の旅行に出発します。

 宿泊場所は、仙水島の国民宿舎です。

 鞆の浦から「いろは丸」という船で、渡ります。

 「いろは丸」とは坂本龍馬らが結成した亀山社中の船の名前で、ここ鞆の浦で転覆したものです。

 確かそうでしたよね。

 数年前に渡し船の「いろは丸」が新しい船となったことが報道されていました。

 2日間という短い旅ですが、のんびりしてこようと思います。

 英気を養い、いざ6月議会です。

村上春樹さんのスピーチとイタリアでの住民投票 [2011/06/15 水 PM 06:36]

 岩手県で災害ボランティアをしている最中、宿舎で、作家の村上春樹さんのスピーチを新聞で読みました。

 彼が「カタルーニャ国際賞」受賞した時のスピーチです。

 「福島第一原発事故は日本人が体験する2度目の大きな核の被害だが、今回は爆弾を落とされたわけではない。自らの手で過ちを犯した。」

 「日本人は核に対する『ノー』を叫び続けるべきだった。技術力を結集し、持てる叡智を結集し、社会資本を注ぎ込み、原発に代わる有効なエネルギー開発を国家レベルで追求すべきだった。それが、広島、長崎の犠牲者に対する、集合的責任の取り方となったはずだ。」

 私が村上さんのスピーチで印象的だったのは、以上の部分です。

 今朝は、イタリアで実施された原発復活計画の是非を問う国民投票の結果が各社の新聞で大きく報道されていました。

 投票率54.79%、原発復活に反対は有効投票数の94.05%でした。

 世界は、フクシマの事故から「原発ノー」を学ぼうとしています。

 さて、山口県議会では、本日、議会運営委員会が行われ、原発に対する意見書を上げていくことが確認されました。

 山口県議会として、フクシマの事故から教訓を学び、県民の期待に応える内容の意見書がまとまればと思います。

 私も会派代表の一人として、そのために汗を流そうと思います。

 皆さん、山口県議会で、原発問題に関してどのような意見書が求められると思いますが、ご意見をお寄せ下さい。

岩手県での災害ボランティア活動を終え帰ってきました。 [2011/06/14 火 PM 07:34]

 5日ぶりのブログとなりました。無事に山口県に帰ってこれたことを喜んでいます。

 まずは、行程です。

 10日(木曜日)、午後6時30分に山口市の党県委員会を自動車で、出発しました。

 高速道路中国道の小郡インターから名神・北陸・常磐道を経由して、東北道を盛岡インターで下車し、国道106号を経由し、11日(金曜日)、午後4時過ぎに、党宮古地区事務所に到着しました。

 11日、12日とボランティア活動を行いました。

 帰りは、12日の間に、北上市まで移動しました。13日の朝に、東北道水沢インターから高速道に乗り、途中、名神の多賀サービスエリアにあるホテルで仮眠し、14日の午前11時過ぎに、山口市の党県委員会の事務所に到着しました。

 片道1500キロ。私と木佐木議員、吉田事務局長の3人が交替でハンドルを握りました。これだけ高速で移動したことは私の人生では初めての体験です。

 通過した県は、広島、岡山、兵庫、大阪、京都、滋賀、福井、石川、富山、新潟、福島、宮城、岩手となります。

 往復には大変苦労しましたが、私の今後の人生に大きな影響を与えるだろう大変貴重な経験をすることが出来ました。

 一言でいえば、津波の破壊力に度肝を抜かれました。

 震災から、丁度3ヶ月目の訪問でしたが、町の中に残された瓦礫も、集められた瓦礫も撤去は始まったばかりでした。

 宮古市では、田老地区、鍬ヶ先地区、築地地区に立ちましたが、一部のコンクリートの建物は残っていましたが、一般の民家のほとんどが根底から壊れていました。

 特に田老地区の巨大な防潮堤に圧倒されましたが、これを越えた津波の破壊力には声も出ませんでした。

 11.6.14 054.JPG

 田老地区の巨大防潮堤の内側は、瓦礫の原野。

 活動を終え、国道25号線を南下しながら、山田町、大槌町、釜石市の被災現場に立ちました。

 特に、町長さんが亡くならたという大槌町の役場に立ち、町長さんの冥福を祈り、手を合せました。

 役場の前にたむけられた多数の花に胸が詰まりました。

 11.6.14 157.JPG

 大槌町役場にたむけられた花束。誰の声もしません。

 大槌町役場から市街地を望むと、一面が瓦礫の原野でした。主要な道路以外は、瓦礫はそのままでした。

 この町の復興は何年かかるのだろうと考えさせられました。

 避難されている方々の状況も知る事ができました。

 宮古市の田老地区の方々は、グリーンピアという元レジャー施設で暮らしておられました。

 巨大な体育施設のフロアーに高さ1.2メートル程度の段ボールの仕切りの中で、今も多くの方々が避難生活を送っておられました。

11.6.14 111.JPG

 田老地区の避難所であるグリーンピアの体育館

 3ヶ月経過して、施設の敷地の中には、仮設住宅群が建設され、引っ越しが始まっていました。

 また、この施設には仮設テントがあり、そこには、日用品を売る店がありました。

 その女性店主の方にお話しをお聞きしました。

 「私も田老地区で被災しました。今は、テントが店ですが、近く仮設の店舗が建設される見通しです。将来、津波は怖いけれど、田老地区には帰りたい。」と話されました。

 宮古市築地・鍬ヶ先地区の方々の避難所である愛宕小学校の仮設住宅を訪問して被災者の方々とお話できました。

 避難所となっている小学校の体育館は、12日で閉鎖されます。

 完成したばかりの仮設住宅は引っ越しラッシュでした。

11.6.14 072.JPG

愛宕小学校のグランドに完成した仮設住宅

 ある70代の女性に、「何か欲しいものはありますか。」と訊ねてみました。

 その方は、「帰る家が欲しい。」と話されました。

 60代のラーメン店を経営していた男性は、津波で全てを失ったと私たちに語ります。

 「50万円の義援金で車を買った。今後の生活の見通しは立ちません。」と話します。

 仮設住宅も期限は2年。その後の生活保障や住居の確保が課題だと分かりました。

 津波が襲った土地に家を建てるのか、高台に土地を確保するのか、復興計画の策定が望まれています。

 役場の機能そのものが失われた自治体には、人的にも財政的にも国や県の援助が更に必要であることが分かりました。

 この地域は、水産県岩手を代表する地域です。鍬ヶ先地区で漁船が接岸し、漁が復活していることが分かりました。

 しかし、田老地区をはじめ、殆どの漁港では、復興はまさにこれからだという状況です。

11.6.14 019.JPG

 鍬ヶ先地区で被災した市場。復興はこれから。

 瓦礫の撤去、船の修復、漁港の整備、建物の整備など、漁の再開に向けて課題は山積していることが分かりました。

 テレビなどで、何時間も被災地の映像を観てきましたが、百聞は一見にしかずとはこのことを言うのかと痛感しました。

 それでも、私が被災地に立ったのは、岩手県北部の一部の地域。

 被災地は、岩手県南部、宮城県、福島県と広がっていることを想像しました。

 私は、現地に立って東日本大震災が国難と言われる理由がようやく分かった気持ちです。

 出来るならば、もう一度、現地に行きたいと思いました。

 山口に帰った今も、被災地の事を考えながら生活しようと思います。

 私は、山口県議です。被災地で学んだ事実を県政に生かすための論戦をこの6月から始めたいと決意を新たにしました。

 被災地に行かれたみなさん、体験をお聞かせ下さい。

 被災地の教訓を山口県で生かしていくためには、何が必要だとお考えですか。ご意見をお聞かせください。

11.6.14 018.JPG

鍬ヶ先地区の被災した水産施設に立つ3人。(左が私)

 

 

 

東日本大震災で影響を受けた中小企業へ更なる支援を [2011/06/09 木 AM 06:40]

 山口県は、東日本大震災により影響をうけた中小企業への金融支援として、経営安定資金に次のような要件を緩和しました。

 ①最近3ヶ月の売上高等が前年同期に比して5%以上減少していること。

 ②平成23年東北地方太平洋沖地震の発生後、原則として最近1ヶ月間の売上高等が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2ヶ月間を含む3ヶ月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。

 私は、商工労働部に、東日本大震災により影響を受けた中小企業への融資対象要件について、中国地方各県の状況調査を依頼し、昨日結果をいただきました。

 売上の減少についての要件ですが、細かい要件の違いはありますが、単純に%を比較すると、鳥取県が、10%、島根県が15%、岡山県が10%、広島県が3%となっています。

 これに比べて山口県の20%は要件が厳しすぎます。

 県商工会議所連合会の調査によると、「東日本大震災が与えた事業活動への影響について」の項目で、49%が「影響を受けている」と答え、37%が「将来影響が懸念される」と答え、県内企業の9割近くが何らかの影響を感じているとの結果が示されています。

 山口経済研究所の調査でも、東日本大震災の影響について、57・7%の企業が「マイナスの影響があった」と答えています。

 県内でも震災に対する影響は引き続き深刻です。山口県は、東日本大震災により影響を受けた中小企業への支援を強めるべきです。

 特に、県制度融資について売上減少率の要件緩和は急務です。

 私は、昨日、商工労働部の担当者に対し、口頭で、要件緩和を強く求めました。

 県内の中小企業関係者の皆さん、ご意見をお聞かせ下さい。

明日から岩手県宮古市に震災ボランティアに行ってきます。 [2011/06/08 水 AM 07:07]

 明日の夕方から、日本共産党山口県委員会第二次東日本大震災救援復興ボランティアとして岩手県宮古市に行ってきます。

 参加者は、私と木佐木県議と吉田事務局長です。

 9日夕方に山口市の県委員会事務所を出発し、現地では、10日の午後から作業に入り、12日夕方までボランティアを行います。

 13日の朝から被災現場を見ながら帰路につきますが、片道1500キロ、約19時間の行程ですので、山口県に到着するのは、14日の早朝と思われます。

 昨夜から、作業を行うための様々な備品を準備しています。私は、農業をしているので、農業用のツナギや長靴を持っていこうと思います。

 岩手県では、これまでに、4524人の死者と2826人の行方不明者を出しています。家屋倒壊数は、23756棟に及んでいます。

 私たちが行く、宮古市でも417人が死亡し、355人が行方不明、4675棟の家屋が倒壊するという被害が出ています。

 宮古市には、高さ10mの巨大防潮堤のある田老地区があります。第一次ボランティアに参加した桧垣前下関市議のレポートでは、「10mの防潮堤があるから大丈夫と思って避難しなかった人の他、一旦家に帰った、家族を助けたなど、理由は様々ですが多くの住民が犠牲になりました。」とあります。

 現場主義を標榜する私は、短い活動期間となりますが、東日本大震災を体感してこようと思います。

 15日には議会運営員会。6月県議会も目前ですが、岩手県での体験を議会に生かしたいと思っています。

 支援物資を車に乗せて、明日出発します。とにかく事故なく岩手県まで往復したいと思います。

 震災ボランティアに行かれた皆さんアドバイスをお願いいたします。

ドラマ「下流の宴」 [2011/06/07 火 PM 05:17]

 NHKのドラマ10で先週から新しいシリーズ「下流の宴」が始まりました。

 昨年放映された「48日目のレシピ」は原作を読んでいたので、気合いを入れて観ていましたが、今回のドラマは、先週偶然に観て興味を持ちました。

 今日、2回目の放映が楽しみです。

 原作は、林真理子さん。林さんは、ドラマを紹介するホームページで「主人公たちはミもフタもない本音を言い合い、それによってリアルな現実を表現していきます。その現実とは、いつ自分たちが下流に落ちていくかもしれないという恐怖なのです。」と語っています。

 今、原作の冒頭部分を読んでいますが、林さんは、現実と格闘する人々を優しく、コミカルに描いています。林さんの小説は初めてですが、他の作品も読みたくなりました。

 脚本は、中園ミホさん、民放で数年前に放映された「ハケンの品格」が橋田賞を受賞した今注目の作家です。

 中園ミホさんのインタビューが6月5日のしんぶん赤旗日曜版に掲載されていました。

 中園さんは、物欲も金銭欲も性欲もない高校を中退した息子の翔は、初めて書くキャラクターだと言います。

 「ドラマというのは登場人物がリアルに動きださないと書けないんです。ひきこもりだった青年を取材して書くうちに、この子たちの哲学があるんだと、ようやく理解できました。」と語っています。

 彼女はインタビューの最後に、「偉い人は書けません。権力に擦り寄るとかは、いつの間にか、大嫌いになっていました。人間って変わるんですね。」と語っているのが印象的でした。

 林さんと中園さんの強力なタッグの力で、今が、切り取られていきます。見応えのあるドラマになっている理由が分かったような気がします。

 几帳面な母由美子に黒木瞳さん。凛とした彼女にぴったりの役です。

 翔役の窪田正孝さんも、やる気のなさが上手く演じられていていいですね。

 沖縄出身という設定の翔の彼女の珠緒役の美波さんもいいですね。

 彼女の存在がこのドラマの奥行きを広げています。

 原作を読みながら、まずは、今日の放映を楽しみにしている私です。

 ドラマ「下流の宴」や原作についての感想をお聞かせ下さい。

 

ふがいない僕は空を見た [2011/06/06 月 PM 05:17]

 数日前から窪美澄著「ふがいない僕は空を見た」を読んでいます。

 冒頭は、少し過激な内容で、「この小説は!?」と思いました。

 しかし、ページをめくる程に、「この小説は、読み甲斐がある。」となり、一気に読み進めました。

 この小説は、連作の短編になっていますが、特に「セイタカアワダチソウの空」は胸が詰まりました。

 主人公である高校生の斎藤の友だちである福田が自分の日常を語る設定です。

 福田は、集合住宅に痴呆の祖母と生活しています。母は時々しか帰ってきません。父は亡くなりました。

 母は浪費家で、ある日、家のお金を全部持ち逃げしてしまいます。

 そんなある日、祖母が行方不明になります。

 更に、勉強を教えてくれていたアルバイト先の田岡もある事件で逮捕されます。

 不幸のどん底の様な福田が田岡を心配して「あの人が寒い思いをしていませんように。」と祈るシーンでこの章が締められています。

 斎藤の母は、助産院を経営しています。そこで繰り広げられる人間誕生のドラマの数々も心を打ちます。

 この小説は、「本の雑誌が選ぶ2010年度ベスト10 第1位」「2011年本屋大賞 第2位」に輝くと同時に、第24回山本周五郎賞に選ばれました。

 選考委員である重松清氏は「不思議な清涼感がある。この作品を読めたことがうれしかった」と評しています。

 格差と貧困が拡大していく現代をリアルに描写しながら、人間とは何か生きるとは何かを考えさせる、心に残る作品です。

 過激な描写が散りばめられていますので、苦手な方もおられるでしょうが、最後まで読むと嵌る作品です。

 窪美澄さんは、1965年生まれ。私と同世代です。小説家としては少し遅いデビューだとは思いますが、この作品が小説家として最初の作品集とは驚きです。

 デビュー作が山本周五郎賞受賞ですから、まさに大器晩成でしょうか。

 作家の将来は、デビュー作に凝縮されているといいますが、その意味で、彼女の次の作品が待ち遠しい私です。

 「ふがいない僕は空を見た」を読まれた皆さん、感想をお聞かせ下さい。

 小説は人生を豊かにしてくれますね。あなたの最近、嵌った小説をお教え下さい。