環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2011年 04月 ]

しまなみ海道へ行ってきます [2011/04/29 金 AM 03:31]

 長男の剣道の試合の関係で、ゴールデンウィーク前半、今日から家族旅行に行ってきます。

 尾道で自転車を借りて、しまなみ海道を男4人(私と長男・次男・三男)で走ります。

 女性(妻と長女)は、今夜泊まる大三島へ車で直行。

 夕方は、釣りも楽しみたいと思っています。

 翌日は、女性が自転車に乗って、男性が待機です。釣れるようだったら釣りでもしましょうか。

 選挙疲れが残っている中ですが、事故をせず、無事に帰ってきたいと思います。

 道中記は、明日のブログをお楽しみに。

 それでは行ってきます。

今富川の農業用水道管が腐食 [2011/04/28 木 PM 09:38]

 本日、宇部市万倉の今富ダム直下の今富川にかかっている橋の下に通っている農業水道管が腐食している現場を視察しました。

 ダム建設当時に、県により施行された農業用水道管が写真のように腐食して穴があいています。

 今年の田植えが目前です。地元の方は、今年の田植えに改修が間に合うとは思っておられませんが、来年の田植えには是非間に合せてほしいとのことでした。

 私は、早速、宇部土木建築事務所に地元の要望を伝えました。担当者は、調査し、必要な対応を行いたいと答えました。

 早急に、農業用水道管の腐食が改修されるように、引き続き、要望していきます。

 皆さんの要望をお聞かせ下さい。

 11.4.28 002.JPG

  今富川・農業用水道管が腐食によって空いた穴

休息も必要ですね [2011/04/27 水 PM 07:08]

 今日、昼頃、背中がゾクゾクしてきました。

 家に帰って体温を計ると37度台でした。私はあまり熱が出ない方なのですが、やはり過労でしょうか。

 そう言えば、この1ヶ月まともに休んでいませんでした。

 病院に先程行きました。単純な風邪症状とのことで安心しました。

 今日夕方からの行事への欠席を連絡しました。

 明日まで忙しいですが、明後日からは、家族旅行です。そのためにも、今日は、今から横になろうと思います。

 連休間は、ゆっくりできそうなので、しっかり充電したいと思います。

 やはり、人間は、休息が必要ですね。

吉部の農道の舗装を [2011/04/26 火 PM 09:35]

 選挙中に「宇部市吉部黒川の傷んでいる農道を改善してほしい」との要望をお聞きしました。

 今日、ようやく現地を見に行き、連休明けに県の職員の方に現地を見ていただくことになりました。

 圃場整備した農道の近くに家があり、道路が広がったけれど、道が傷んでいるというケースは他にもあるように感じました。

 4期目も一つづつの問題を大切にしながら、誠心誠意対応していきたいと思います。

11.4.26 001.JPG

  家の出入りで農道がかなり傷んでいます。

 皆さんの身近な要望を引き続き、私にお寄せ下さい。

 

 

宇部市議選挙の結果を受けて [2011/04/25 月 PM 10:20]

 宇部市議選挙の結果は、中々厳しいものでした。

 今後は、4名の市議団と力を合せて住みよい宇部市を実現するために力を尽くします。

 皆さんのご要望を引き続きお寄せ下さい。

 選対本部長の談話を掲載します。

・・・・

宇部市議選を終わって
二〇一一年四月二五日 日本共産党宇部市選挙闘争本部長 野村英昭

 二四日投票の宇部市議選では、みなさんの大きなご支援をいただきながら、五島博地区委員長を次点で落選させ、現職四人の当選にとどまりました。市議選勝利に寄せられた大きなご支援とご奮闘に、心からお礼を申し上げますとともに、みなさんの期待にこたえることができなかったことを深くお詫びします。
 参議院選比例票からは一・六三倍に押し返しましたが、前回比では、得票率ではほぼ維持して十一・四四%、得票数では前回より一、一一三票減らし、七、七七五票となりました。この結果を真剣にうけとめて、党の自力の後退や、日常活動のあり方、議会活動など、全体にわたって深く検討し、新たな前進の転機にする決意です。
 市議選は、東日本大震災への救援活動、復興支援のとりくみを進めながら闘いました。市政をめぐっては、借金の山をつくった大型開発優先、福祉切捨ての従来型の市政から、災害に強い福祉の街づくりへの転換を訴えました。
 久保田市政がすすめる「何でも民営化」路線と対決し、市民のみなさんの要求にこたえて、学校耐震化の促進、住宅リフォーム助成、国保料の引き下げ、学校給食の自校方式を守る、保育園の民営化反対などを訴えました。地域要求にこたえる議員の活動についても共感が広がりました。
 これらの訴えには大きな反響と注目が寄せられましたが、私たちの日常的な宣伝不足もあり、市議選の争点とまではできませんでした。今後ひきつづく市政の課題として、さらに政策的にも練り上げて、市民のみなさんとともに運動を進めていこうと考えています。
 これからも、みなさんのいっそう大きなご支援、ご批判や提言を、日本共産党と市会議員団に寄せていただきますよう、心よりお願いいたします。

JIN~仁~ [2011/04/24 日 PM 10:14]

 宇部市議選挙の結果を待ちながら、ドラマJIN~仁~完結編の第2回を観ました。

 これまでも、坂本龍馬、佐久間象山、西郷吉之助らが登場し、今回は、和宮が登場しました。

 現代からタイムスリップした仁が現代の医療技術を江戸時代に再現しながら、人々の命を救います。

 仁は江戸で暮らしつづけるのか、現代に戻るのか、結末が気になります。

 咲役の綾瀬はるかがいいですね。これまでも数々の役を好演していますが、益々彼女のファンになりました。

 5月末に上映予定の「プリンセス トヨトミ」にも彼女は出演しますが、この映画も楽しみです。

 JIN~仁~は、原作を読みながら、これからの展開を待ちましょう。

 前回、ドラマJINは、高視聴率を取り、国内外のコンクールでさまざまな賞を受賞しました。

 今回も前編同様、すばらしい出来です。子どもたちと次回を楽しみにしています。

 それにしても、宇部市議選挙の結果が気になります。まだしばらくかかりそうです。

 コミックのJINを読みながら待つことにしましょう。

サイクリング [2011/04/23 土 PM 08:24]

 先程行われた家族会議で、連休は、しまなみ海道をサイクリングすることに決まりました。

 どこかの島でキャンプして、釣りも楽しみたいと思います。

 長男は、連休の後半に剣道の試合が入っており、家族揃うのは前半です。

 長男も来年は受験生ですので、段々家族揃って行動できることも限られてきます。

 1回1回を楽しみたいと思います。

風渓画 [2011/04/22 金 PM 04:55]

 中二になった長男の名前は風太といい、小6になった次男は渓太といいます。

 次男が買ってもらったコピックに長男も興味を持ったらしく、好きなワンピースの絵を描き始めました。

 そして、次男が、主人公のルフィーの下絵を描き、長男が背景を描き、色をつけました。

 まさに、合作による「風渓画」です。

 将来、藤子不二雄先生のようになるかも知れませんね。

 今のうちに、色んなものに触れておくことは人生の幅を広げる上で大切ですよね。

 連休には、私も少しコピックを触らせてもらおうかなと思っています。

 11.4.22 003.JPG

   長男と二男の合作によるルフィーです。

我が家のコンポを更新 [2011/04/21 木 PM 08:58]

 数年、壊れたままになっていた我が家のコンポを先日更新しました。

 特徴は、カセットが聴けることです。

 大学時代はボランティアサークルだったのですが、時々、コンサートを開いていました。

 それもオリジナルの唄を作って、皆で歌っていました。

 音楽は苦手の私ですが、作詞ならばと、大学時代、「高木君」「フィリピンダンサー」「もうええんちゃ」「山と川」など作りました。

 特に、「山と川」のサビは、「山を返せ 川を返せ 人間を返せ」と今聞いても中々の出来ではないかと思っています。

 私がボーカルで出演したコンサートが2回あり、それぞれカセットに録音した物が残っていたのですが、20数年の時を経てどこかに行ってしまいました。

 先日の同窓会で、88年に行ったコンサートをダビングしたカセットを友人から貰い、聴けずじまいだったのですが、このコンポで久しぶりに聴きました。

 まさに青春が蘇ります。仲間がそれぞれの想いを歌っています。練習不足を感じさせるものもありますが、それぞれの個性と想いに溢れた作品ばかりです。

 コンサート前の緊張した気持ちも思い出しました。

 全国の仲間の皆さん、ヤジエコンサートの音源をお持ちの方がおられましたら、CDでもMDでもカセットでも結構ですので、私までお届けください。

 「ゆず」の大ファンの三男は、毎日、「ゆず」を聴いてノリノリです。新4年生の三男曰く「ゆずは詞がいい」そうです。

 我が家の居間にテレビを置いていません。このコンポが我が家の居間の主役になりました。

 妻は家事をしながらラジオを聴いています。

 更新したコンポで我が家に潤いが増しました。コンポくんありがとう。

11.4.21 004.JPG

 新しく我が家に来たコンポはフル稼働です。

 

 

弥勒の月 [2011/04/20 水 PM 08:43]

 選挙後、あさのあつこさんの本にはまっています。

 今、読み始めたのが、「弥勒の月」。彼女初めての時代小説です。

 文庫の解説が児玉清さん。児玉さん解説の本が面白くないはずがありません。

 この本を「滅茶面白く、なお且つ読む物の肺腑を鋭い刃物で抉るかのごとく、人間とは、男とは、女とは、人生とは、そして生きるとはなんたるかをズシンと胸に響く言葉で教えてくれる」と評しています。

 あさのさんが時代小説を書くきっかとなったのは藤沢周平の作品に魅せられたからとも書かれています。

 児玉さんは、「火の玉投手の投げたファイアーボールをキャッチャーである読者のあなたはどう受けとめるのか。まともに受けとめられるのか、掴みそこねるのか、それともあまりの熱き剛速球に思わずのけぞるのか、はたまた後逸してしまうのか、」と読者に問うています。

 私が読み終わってどうだったのか、後日のブログをお楽しみに。

 続編「夜叉桜」も発刊されているのですから、連休へ向けて、このシリーズで決まりです。

 あさのあつこファンの皆さんどの作品が好きですか。感想をお聞かせください。