環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2010年 08月 ]

厚東川通信No284(2010年9月1日) [2010/08/31 火 PM 09:35]

党山口県委員会が来春の県議選挙候補者を発表

宇部市選挙区は藤本一規県議

下関市区は新人の木佐木さん

 日本共産党山口県委員会は、来春行われる県議選挙の候補者(第一次)を発表しました。
  宇部市選挙区の候補者は、現職の藤本一規県議です。四期目への挑戦です。
 岩国・玖珂郡選挙区は、現職の久米慶典県議です。三期目への挑戦となります。
 山口市選挙区は、県議団事務局長の吉田達彦さんです。三度目の県議選への挑戦となります。
 下関市選挙区は、水野県議に替わり、先の参議院選挙で山口選挙区の候補者だった木佐木大助さんが県議候補になると発表しました。
 日本共産党は、山口県で、来春の県議選挙は、四選挙区を必勝区として取り組んでいきます。
 記者会見で佐藤県委員長は、「国体を優先する一方で、福祉を後回しにする県政を転換したい」と述べました。

 県政の諸課題についての皆さんのご意見をお聞かせください。

10.8.9 003.JPG

   県庁記者クラブでの記者会見の様子

来春の宇部市議選候補者発表

新人の五島博さんが立候補

 日本共産党北南地区委員会は、来春に行われる宇部市議会議員選挙の候補者を発表しました。
 四名の現職と一名の新人が現有五議席確保を目指します。
 東岐波・西岐波・常盤小学校区を担当するのは、現職の荒川憲幸議員です。五期目への挑戦です。
 恩田・岬・見初小学校区を担当するのは、現職の岡本公一議員です。四期目への挑戦です。
 厚南・西宇部・黒石・原・厚東小学校区を担当するのは、現職の真鍋恭子議員です。四期目への挑戦です。
 上宇部・琴芝・神原・川上・二俣瀬・小野・船木・万倉・吉部小学校区を担当するのは、現職の時田洋輔議員です。2期目の挑戦です。
 鵜の島・新川・藤山・小羽山小学校区を担当するのは、新人の五島博地区委員長です。大野京子議員の後を引き継ぎます。


厚南北三丁目の土砂撤去される

 藤本県議と真鍋市議が、事業の採択を求めていた厚南北三丁目のがけ崩れが、「県がけ崩れ災害緊急対策事業」に採択される見通しがほぼ立ちました。
 この程、崩れて民家に流入していた土砂が撤去されました。今後、順調に事業が採択されると、工事の着工は最短で、来年度以降になる見通しです。


10.8.31 004.JPG 

    土砂が撤去されたがけ崩れの現場


一気

 

家族で、祝島不老長寿マラソンに参加しました▼祝島に六時半に到着。八時に、妻と私がエントリーした十三キロコースがスタートしました。 スタート地点の小学校は高台。まず、急斜面を下ります。市街地を抜けると枇杷畑が広がる山道に。 いけどもいけども登り坂。頂上にエイドステーション。そこでのスイカの味は生涯忘れません。この時点で、妻よりもかなり前を走っていましたが、下りで抜かされてしまいました。 下りきったら、海岸線をひたすら市街地に向って帰ります。私は、元気を取り戻し妻を抜き返しました▼市街地に入り島の人たちの応援に背中を押されて完走することができました▼祝島は、反原発の島です。中国電力は、上関原発の地震に関する追加調査を開始しました。原発問題は正念場です。 島の皆さんの願いを議会に届けていこうと決意を新たにしました。

厚東川通信No283(2010年8月15日) [2010/08/03 火 PM 09:49]

7月29日の衆議院災害対策委員会・高橋議員の質問で明らかに

山陽小野田市が被災者支援法適応に

県が被災家屋の現地調査行う

 山陽小野田市の床上浸水は四三八戸でした。災害救助法では、三戸で一戸の被害とみなすとの規定がありますので一四六戸の被害があったことになります。その被害が人口五万以上の山陽小野田市で八〇戸以上あれば、法の適応になるという規定から、山陽小野田市は災害救助法の適応を受けました。災害救助法の適応を受けるような被害が起きた自治体は、被災者生活再建支援法の適応になるという規定から、山陽小野田市は、被災者生活再建支援法の適応になるかについて二九日の衆議院災害対策委員会で日本共産党の高橋議員が取り上げました。中井大臣が「そのとおりでございます。」と答弁しています。制度の対象となるのは、全壊、および大規模な半壊世帯となっています。山陽小野田市では、8世帯が半壊となっていますので、これら世帯が、この制度の対象世帯になるのかどうか、県が二九日に現地調査を行いました。そして、現在、チェック作業を行っています。

10.7.25 052.JPG

  県が現地調査をしたと思われる被災家屋 
 

ルネサスがリストラ計画発表

山口工場の将来はどうなるのか 

 ルネサスエレクトロニクスが「二〇一〇年中に従業員約五万人のうち一〇%弱の人員削減など大規模なリストラに踏み切る」「シリコンウエハーの直径が一五〇㎜と小口径の旧式生産ラインを閉鎖」と日経新聞が報道しました。藤本県議は、この事実を宇部市万倉のルネサスセミコンダクタ九州・山口㈱山口工場(以下山口工場)の総務課に電話で確認しました。
 山口工場では、正規・非正規労働者合せて約一八〇〇人が働いています。その内、一五〇㎜のシリコンウエハー生産ラインに約一〇〇〇人が働いています。報道は事実かとの藤本県議の質問に総務課職員は「具体的内容は承知していないので、コメントできない」と答えました。
 藤本県議は、宇部市に状況を確認しました。市工業振興課職員は「山口工場の担当者が『近くリストラの内容が明らかになる。その際には、市に説明する』と話していた」と語りました。日本共産党は、山口工場存続のために関係機関に働きかけを行う予定です。

田が崩壊した吉部大棚、今秋復旧へ

 宇部市吉部大棚で二年連続、田が崩壊する被害が出ました。藤本県議は、市職員と共に現場を視察しました。市担当者は「昨年の災害の復旧工事がこの秋に計画されており、この工事の中で、今年度の災害分の工事を行いたい」と答えました。

10.7.21 020.JPG

 2年連続崩壊した現場。今秋ようやく復旧に目途

一気

原水爆禁止国民平和大行進が広島に向って進んでいます。宇部市を通る「長崎―広島コース」は、六月二八日に長崎を出発し、七月二一日に山口県入りしました。 宇部市には、二三日入りました。二四日は、午後一時三〇分から宇部市役所前で出発式を行い、常盤公園まで行進しました。出発式では、市長代理として木藤総務管理部長があいさつを行いました▼私は、六才の長女と行進しました。参加者の中では長女が最年少だったと思います。長女は、午後の睡魔に襲われて、途中で顔を見るとほとんど寝ていた時もありましたが、協立病院の休憩で元気を取り戻し、常盤公園まで歩ききりました▼娘には、行進の意義が伝わらなかったでしょうが、核兵器廃絶への想いは伝わったのではないかと思います。一日でも早い核兵器廃絶に向けて引き続き力を尽くしたいと思っています。