環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2010年 08月 ]

厚東川通信No284(2010年9月1日) [2010/08/31 火 PM 09:35]

党山口県委員会が来春の県議選挙候補者を発表

宇部市選挙区は藤本一規県議

下関市区は新人の木佐木さん

 日本共産党山口県委員会は、来春行われる県議選挙の候補者(第一次)を発表しました。
  宇部市選挙区の候補者は、現職の藤本一規県議です。四期目への挑戦です。
 岩国・玖珂郡選挙区は、現職の久米慶典県議です。三期目への挑戦となります。
 山口市選挙区は、県議団事務局長の吉田達彦さんです。三度目の県議選への挑戦となります。
 下関市選挙区は、水野県議に替わり、先の参議院選挙で山口選挙区の候補者だった木佐木大助さんが県議候補になると発表しました。
 日本共産党は、山口県で、来春の県議選挙は、四選挙区を必勝区として取り組んでいきます。
 記者会見で佐藤県委員長は、「国体を優先する一方で、福祉を後回しにする県政を転換したい」と述べました。

 県政の諸課題についての皆さんのご意見をお聞かせください。

10.8.9 003.JPG

   県庁記者クラブでの記者会見の様子

来春の宇部市議選候補者発表

新人の五島博さんが立候補

 日本共産党北南地区委員会は、来春に行われる宇部市議会議員選挙の候補者を発表しました。
 四名の現職と一名の新人が現有五議席確保を目指します。
 東岐波・西岐波・常盤小学校区を担当するのは、現職の荒川憲幸議員です。五期目への挑戦です。
 恩田・岬・見初小学校区を担当するのは、現職の岡本公一議員です。四期目への挑戦です。
 厚南・西宇部・黒石・原・厚東小学校区を担当するのは、現職の真鍋恭子議員です。四期目への挑戦です。
 上宇部・琴芝・神原・川上・二俣瀬・小野・船木・万倉・吉部小学校区を担当するのは、現職の時田洋輔議員です。2期目の挑戦です。
 鵜の島・新川・藤山・小羽山小学校区を担当するのは、新人の五島博地区委員長です。大野京子議員の後を引き継ぎます。


厚南北三丁目の土砂撤去される

 藤本県議と真鍋市議が、事業の採択を求めていた厚南北三丁目のがけ崩れが、「県がけ崩れ災害緊急対策事業」に採択される見通しがほぼ立ちました。
 この程、崩れて民家に流入していた土砂が撤去されました。今後、順調に事業が採択されると、工事の着工は最短で、来年度以降になる見通しです。


10.8.31 004.JPG 

    土砂が撤去されたがけ崩れの現場


一気

 

家族で、祝島不老長寿マラソンに参加しました▼祝島に六時半に到着。八時に、妻と私がエントリーした十三キロコースがスタートしました。 スタート地点の小学校は高台。まず、急斜面を下ります。市街地を抜けると枇杷畑が広がる山道に。 いけどもいけども登り坂。頂上にエイドステーション。そこでのスイカの味は生涯忘れません。この時点で、妻よりもかなり前を走っていましたが、下りで抜かされてしまいました。 下りきったら、海岸線をひたすら市街地に向って帰ります。私は、元気を取り戻し妻を抜き返しました▼市街地に入り島の人たちの応援に背中を押されて完走することができました▼祝島は、反原発の島です。中国電力は、上関原発の地震に関する追加調査を開始しました。原発問題は正念場です。 島の皆さんの願いを議会に届けていこうと決意を新たにしました。

愛宕山の利用計画を国が県・市に提示へ [2010/08/31 火 PM 09:11]

 昨日、二井知事が、定例記者会見を行い、愛宕山開発用地について防衛省が買い取り後の土地利用計画を今週中に県と岩国市に示すことを明らかにしたと各社が本日報道しました。

 党県議団の調査によって、防衛省が来県するのは3日で調整されていることが明らかになりました。午前中に、防衛省は知事と議長に説明し、午後、岩国市で説明する模様です。

 さて、今日の知事の記者会見の内容です。詳細は、県ホームページにアップされていないので分かりません。

 各社の報道を見てみると、知事は二つのことを述べたようです。

 「市と市議会と協議した結果を尊重するという考え方で対応する」

 「米軍再編計画が容認できる状態にならない限りは愛宕山を売らない」

 県が愛宕山問題でこの二つの考え方を持っていることは、私は、6月県議会の総務政策委員会で取り上げました。

 このことは私の6月22日のブログに書いた通りです。再掲します。

 私は、6月県議会総務政策委員会で「県は、愛宕山を売却するかどうか判断する場合、米軍再編に伴う買い取りには応じられないという姿勢と岩国市の意向を尊重するという姿勢のどちらを優先させるのか」と質しました。小松次長は、「国から利用計画が示された段階で、指摘された二つの県の姿勢を両方尊重しながら、買取りに応じるかどうか判断したい」と述べました。

 小松次長のこの時の答弁は、私が要約したものですが、どちらを優先するかは明確にされませんでした。

 毎日新聞が報道したように、「岩国市が計画を容認すれば県も認める姿勢を明確にした」知事会見の中身であったならば、6月議会より大きく足を踏み出すものです。

 私は、明日にも知事記者会見の趣旨を県に確認してみようと思います。仮に市の姿勢を尊重する立場を優先させるというのであれば、6月議会当時後、どのような問題を考慮して考えを変えたのか質してみようと思います。

 いずれにしても、3日に国がどのような土地利用計画を示すか注目されます。

 私は、愛宕山は米軍住宅にするなというのが市民の願いだと思います。

 普天間基地移設問題も大きな暗礁に乗り上げている今、岩国基地に関わる再編問題ばかりが前に進むことを認めるときではないと思います。

 愛宕山問題は9月議会に向けて県政の大きな課題となってまいりました。

 岩国市をはじめ県民の皆さんのご意見をお聞かせください。

フリーター、家を買う [2010/08/30 月 PM 07:58]

 フジテレビ系列でこの秋、松本清張原作「球形の荒野」のドラマが放映されるとの情報をキャッチしました。

 松本清張作品ファンの私にとっては今から楽しみです。放映までに原作を読みなおしておこうと思います。

 そんなことで、フジテレビのホームページを観ていますと、有川浩原作「フリーター、家を買う」のドラマが放映されるとのことです。

 最近、有川浩にはまっている私は、ドラマが始まるまでに、原作を読もうと格闘中です。今、半分まで読みました。

 有川作品は、奇想天外な設定でも、日常的な設定でも、目の前に画像が浮かぶよう読めるのが特徴です。

 この「フリーター、家を買う」は、極めて今日的な社会問題がテーマです。

 大学は卒業したが、最初の会社を辞めてしまい、それから正規職員にならずに苦しんでいる25歳の主人公。

 フリーターやワーキングプアの問題は、身近に溢れています。

 その主人公の母が、心の病を患い、一生懸命母を支えます。

 自殺者3万人を越える時代で、心の病と闘っている人たちも皆さんの身近におられることでしょう。

 その主人公が、自らと家族の未来のために、当面する問題を解決しようとする物語です。

 しっかりものの姉の存在や、母の病気を受け入れようとしない父の存在など、「あるある」「わかるわかる」と思わせながらドラマは進みます。

 この辺りが有川浩さんが多くの読者を惹きつけるところでしょう。

 有川さんが、この本の終わりに、自分も主人公のようなスタートだったと語っています。

 ドラマと言えば「ゲゲゲの女房」が好評ですが、原作本に「人生は入口では決まらない」とあります。

 この物語には、「ゲゲゲの女房」と通じるような人生への励ましがあるのではないかと思います。

 ドラマのホームページでは、「千葉真奈美」という女性が登場しています。

 私は、その辺りまで読んでいないけれど、いよいよ主人公の誠治にも明るい未来が開けそうです。

 ドラマでは、主人公は嵐の二宮和也が演じます。千葉真奈美を香里奈が演じます。

 私が期待するのは、強烈なキャラクターの姉を誰が演じるかということです。20代後半の女優さんで、このキャラクターを演じるといえば、誰でしょう。

 原作の残りを読み切って、ドラマのスタートを楽しみに待ちたいと思います。

 秋からのフジテレビのドラマに期待している今日この頃です。

 皆さん秋からのドラマでどの作品に期待しておられますか。お教えください。

 

第8回祝島不老長寿マラソン完走しました。 [2010/08/29 日 PM 03:49]

 今朝、4時前に我が家を出発して、下から3人の子どもたちと妻とで、祝島不老長寿マラソンに出発しました。

 室津港に5時30分過ぎに到着。6時発の船で祝島に向いました。

 6時半に島に到着。船の中は選手の皆さんがほとんどでした。

10.8.29 001.JPG

   6時30分過ぎに船は祝島に到着しました。

 7時か受付開始。7時半から開会式が行われ、子どもたちが選手宣誓を行いました。

10.8.29 003.JPG

 地元の子どもたちが選手宣誓を行いました。

 8時に、妻と私がエントリーした13キロコースがスタートしました。

10.8.29 004.JPG

 スタート直後(青いシャツが私、緑が妻):次男撮影

 小学校から街に下り、市街地を抜けると枇杷畑が広がる山道に入ります。

 いけどもいけども登り坂。数キロ続きます。頂点にエイドステーション。そこでのスイカの味は生涯忘れません。

 この時点で、妻にかなり距離をあけていましたが、下り坂で抜かされてしまいました。

 下りきったら、海岸線をひたすら市街地に向って帰ります。私は、少し元気を取り戻し、ついに妻を抜き返しました。

 市街地での島の人たちの応援に背中を押されてラストスパート。スタート・ゴールの小学校は、高台にあるので、当然、最後は、急斜面を駆け上がることに。

 駆け上がるとまではいきませんでしたが、何とか登りきり、ゴールすることができました。

10.8.29 006.JPG

    私がゴールした様子:次男撮影

 走り終わると、汗がとめどなく流れます。

 タイムは、1時間35分14秒でした。妻よりも4分早いゴールでした。

10.8.29 007.JPG

    妻がゴールした様子:次男撮影

 ちなみに、03年に参加した第3回大会は、1時間24分32秒でした。

 盆前に腰を痛め、練習不足の中、参加した大会でしたので完走できただけで幸せです。

 13キロにエントリーしたのは男子102名、女子25名です。

 私が、男子で84位。妻が女子で19位でした。

 閉会式が行われ、男子の13キロの優勝は、53分と発表され感嘆の一言です。

10.8.29 010.JPG

  13キロ男子の部の表彰式の様子です。

 帰りの船でも汗が引かず、急いで上関温泉につかりました。

 汐湯で汗をふき取り、気分爽快でした。

 さて、祝島といえば、反原発の島です。

 今年、この島を取り扱った映画が二つ発表されました。

 マラソン会場で、清水上関町議と懇談しました。

 中国電力は、上関原発で、地震に関する追加調査を行うことになりました。

 上関原発問題はまさにこれからが正念場です。

 私は、反原発の島に立って、島の皆さんの願いを議会に引き続き届けていこうと決意を新たにしました。

 上関原発に関する皆さんの想いをお伝えください。

我が家の猫ちょろが退院 [2010/08/28 土 PM 02:59]

 出張から帰ってきた26日木曜日の夕方、子どもたちと入院中のちょろを見舞に行くと、「少し食事も取れるようになったので退院しましょう」と先生に言われました。

 5日ぶりに我が家に帰ってきたちょろは、少し興奮ぎみです。

 小型犬用のサークルにちょろを入れようとすると少し反抗しました。

 うまく動けないこともあって、新しいスペースに観念して、ちょろの在宅生活がスタートしました。

 下肢は動くのですが、歩けるまでには至っていません。

 帰宅直後に、トイレに運んで行くと、おしっこを勢いよくしました。点滴の分が出たのでしょう。

 その日は、少しだけ煮干しを食べましたが、食欲はほとんどありません。

 27日金曜日の夕方、あまりにも食欲がないので、通院して点滴を打っていただきました。

 今日、鰹節を与えてみましたら、よく食べるようになりました。しばらくは鰹節で元気を回復してくれればと思います。

 大便は、入院以来一度もしていません。少し食べるようになると、便が出るようになるかどうか心配です。

 ちょろの名のように、一日も早く、我が家を自由に動き回ることが出来るようになればと思います。

 ちょろの様子は、折々に皆さんにお伝えすることにいたします。

 障がいを抱えたペットについて、皆さんの経験をお教えください。

 10.8.28 002.JPG

   ちょろの在宅での新しいスペースです。

後期高齢者医療で県内の1000世帯に短期保険者証が交付 [2010/08/27 金 PM 06:42]

 本日、山口県後期高齢者医療広域連合を訪ね、県内の後期高齢者医療の現状をお聞きしました。

 まず、県内の後期高齢者医療の滞納者の状況です。今年6月時点で3668人となっています。

 20年度決算での滞納者数が3267人でしたので、約400人滞納者が増えている状況です。

 次に短期保険者証の発行状況です。今年8月1日現在で、1002件となっています。

 昨年10月1日時点では、340件でしたので、約3倍となっています。

 尚、資格証明書の発行世帯は、県内では皆無ということでした。

 これは、昨年10月厚生労働省保健局長の通知で、資格証明書の発行について「原則として交付しないこととすることを基本的な方針としています」との見解が示され、これに順じた対応を県広域連合が行っているということです。

 県内の後期高齢者の方々に資格証明書が発行されていないことは幸いですが、1000世帯に短期保険証が交付されていることは重大です。

 滞納世帯が増え、不安定な短期証世帯が今後増えることが心配されます。

 一日も早く後期高齢者医療制度を廃止し、お金の心配なく、高齢者が安心して医療を受ける環境を一日も早く構築すべきだと痛感しました。

 後期高齢者医療制度についての皆さんのご意見をお聞かせください。

県議会総務政策委員会の県外視察から帰ってきました。 [2010/08/26 木 PM 08:39]

 本日、県議会総務政策委員会の県外視察から帰ってきました。

 まず、24日には、標津町の北方領土館を視察しました。

 標津町は、国後島まで根室海峡をはさんで12キロしか離れていません。

 北方4島だけで、1万7000人の日本人が、戦後、強制的に土地を奪われて日本の領土に移ってきたそうです。

 元島民の1世の方は、100名程度、家族の方を含めても400人程度になったそうです。

 この問題を後世に継承していく困難さを感じました。

 現地に立って驚いたのは、国後島の面積です。沖縄本島より広い面積を国後島は有しているとのことでした。

 元島民の方々の願いと同時に、北海道の振興や日本の産業の発展にとって日露領土交渉に進展と千島列島の返還が急務であることを実感しました。

 10.8.26 004.JPG

 標津町の北方領土館。12キロ沖に国後島が。

 25日の午前中は、釧路市民防災センターを見学しました。

 釧路市は、H5年釧路沖地震、平成6年北海道東方沖地震、平成15年十勝沖地震と災害が頻発しており、市民の防災力を高める場として市民防災センターが設置されました。

 このセンターは、年間1万人の方が利用しているそうです。このセンターを活用しながら、小学校では、防災について学ぶ「ファイヤー・ティチャヤー授業」が行われているそうです。

 この取り組みは山口県でも参考にすべきと感じました。

 センターで、まず、地震体験室で、関東大震災の振動を体験しました。この振動は、横だけで縦揺れは、除外されているそうです。

 それに縦揺れがあれば、立っていることはとても出来ないと感じました。

 また、消火器による初期消火を体験しました。3人で大型スクリーンに映し出された火を消す体験をしましたが、消すことができませんでした。

 山口県には、このような防災体験施設が周防大島町にありますが、県西部にも体験施設を設置する必要性を感じました。

 10.8.26 009.JPG

   応急救護学習体験室も設置してあります。

 午後には、釧路アイスアリーナを見学しました。

 この施設は、H8年に完成しました。昨年は、国体冬季大会アイスホッケーの会場となりました。

 この施設は、釧路市スポーツ振興財団が指定管理者として運営しています。

 年間のランニングコストが約5400万円かかるということでした。利用料収入は、1000万円だということでした。

 振興財団が2度目の指定管理をこの施設で受けましたが、市からの管理料は減額されたそうです。

 公共施設を運営する手法として指定管理者制度が主流になっていますが、指定管理料が毎回減らされることも全国的な傾向のようです。

 このような傾向で、安全な施設管理とそこで働く労働者の雇用環境を守ることが出来るのでしょうか。

 10.8.26 014.JPG

   国体の会場にもなった釧路市アイスアリーナ

 26日には、北海道庁を訪ね。道北方領土対策本部の職員から説明を受けました。

 北方領土対策として、道は、①広報・啓発活動②ビザなし交流事業③元島民への援護④北方4島住民支援⑤北方領土隣接地域の振興対策等を行っているということでした。

 ビザなし交流では、H4年から昨年までの累計として、16383人が参加し、381回行われたとの説明でした。

 元島民の墓参事業としては、S39年から昨年までに194回の墓参が行われたということでした。

 根本的なロシアとの領土交渉が近年ほとんど進展していない状況で、対策そのものに大きな壁があるという状況でした。

 4島だけではなく、北千島を含め、千島列島が一日でも早く返還されることを念願しました。

 10.8.26 015.JPG

      赤レンガの北海道旧庁舎

 北海道の気温は、23度。山口県よりも10度低い状況です。

 猛暑の山口に帰ってきて、少々面食らっていますが、北海道で学んだことを県政に生かしたいと思う視察でした。

 

第22回全日本年金者組合山口県本部定期大会であいさつ [2010/08/24 火 AM 05:52]

 昨日、山口市で行われた年金者組合山口県本部定期大会で日本共産党を代表してあいさつを行いました。

 医療の問題について触れた部分の要旨を紹介しましす。

 

 厚生労働省は、今月20日、『高齢者医療制度改革会議』の中間報告をまとめました。これによりますと、高齢者の約8割を現役世代と別勘定の国民健康保険に加入させる「新制度」を作る計画です。

 高齢者だけで別建ての医療制度を作ることは、高齢者を年齢で差別して負担増と医療抑制を強いる後期高齢者医療制度の根幹を残すものに他なりません。

 今後、後期高齢者医療制度を即時廃止する世論と運動を大いに強めてまいりましょう。

 高齢者の約8割を、国民健康保険の別勘定にする。運営は、都道府県で行う案も中間報告で触れられています。

 高齢者医療を国保で、そして県単位で行うことと符合して、今、市町村国保を県単位で行う動きが顕著です。

 今年5月に成立した改正国保法に、国保を都道府県単位にする「広域化等支援方針」が盛り込まれました。

 今年12月までに方針を策定すれば、国の普通調整交付金減額(ペナルティー)の運用を除外されるということで、競い合って、国保を広域化する動きが出てきそうです。

 後期高齢者医療制度の改変も国保制度の広域化も国が国民生活を守る役割を放棄して地方に押し付けるものです。

 この流れを乗り越えて、高齢者、国民・県民の命が守れられる政治の実現にともに頑張っていきましょう。

 

 国保の「広域化等支援方針」の山口県での取り扱いについて、県健康福祉部の担当課の方にお話しを聞きました。

 担当者は「山口県では、現在、方針を12月に策定するかどうか検討中である。市町の意見を聞いているが、今のところ反対意見はないようだ。」と話しました。

 私があいさつで述べたように、この動きが、国が国民生活を守る役割を放棄して地方へ転嫁するものなら、県民の医療は更に後退する危険があります。

 12月までに拙速に結論を出すのではなく、市町と国保のあるべき姿を慎重に検討すべきです。

 現在、市町国保での最大の苦情は、保険料が高すぎるということです。

 今年度から更に値上げした市町も目白押しです。

 国保料値下げの県民の要求にしっかり応える政策を最優先にこの問題を考えるべきだと思います。

 後期高齢者医療制度改変の動き、国保広域化の動きに対して、皆さんのご意見をお聞かせください。

 10.8.23 006.JPG

    冒頭のあいさつを行う富田執行委員長

 さて、私は、今日から県議会総務政策委員会の県外視察で北海道に向います。

 26日には帰ってきます。

 明日のブログはお休みすることになります。ご了承ください。

 

我が実家で鳥獣被害発生 [2010/08/23 月 PM 07:29]

 盆過ぎに、母から「田が猪にやられた」との電話がありました。

 そして、数日前には、「別の田も猪にやられた」とのことです。

 今の所、被害は軽微でしたが、収穫前の農産物が被害を受ける辛さを実感しました。

 近所に住む親せきの方の力をお借りして、電気柵を設置しました。

 この数年、被害がなかったので、電気柵をしなかったのが裏目に出ました。

 来年からは、私が時間の取れる盆前に電気柵を設置しようと母と話しあいました。

 県農林水産部から県が作成した「イノシシ対策の手引き」をいただきました。

 手引きの最後に鳥獣被害防止対策に活用できる補助事業の一覧がありました。

 イノシシの場合、小規模の場合は、農林水産部のものとして「被害防止施設緊急整備事業」という制度があります。補助率は、県が4分1以内、市町村は、県補助金に2倍以上となっています。 

 また、大規模なものは、「中山間地域総合整備事業」などがあります。

 県内の農家の方々で、イノシシをはじめ鳥獣被害で苦しんでいる皆さん、お声をお聞かせください。

 様々な制度がありますが、活用状況はいかがですか。どのような問題をお感じですか。皆さんの声をお聞かせください。

 10.8.23 002.JPG

  田の中央の穴が、イノシシが稲を食べた跡です

 

 

草刈りな日々 [2010/08/22 日 AM 11:40]

 昨日は、小学校で、本日は、中学校でPTA主催の清掃作業が行われました。

 私は両日とも草刈り機を使っての作業を行いました。

 昨日は、主催者代表ですので、少々緊張しました。

 昨日は、PTAの校内清掃の前に、校区の環境衛生連合会の方々と一緒に通学路の清掃活動を始めて行いました。

 様々な不安もあったのですが、各自治会の役員の方々のご協力もあって、無事に終えることができました。

 関係者の方々に感謝いたします。

 さて、二日連続の草刈り機を使っての作業についてです。

 日ごろの農作業で慣れているとはいえ、この猛暑です。昨日も今日も1時間程度の作業ですが、クタクタになりました。

 作業が終わると、不思議と草刈り機を使うお父さん同士で連帯感が生まれてくるのが分かります。

 そして、作業が終わってから飲む冷えたお茶は最高です。

 長男が中学校に入ったので、これから数年は、二日連続、清掃作業とい年が6年間続くことになります。

 子どもたちがお世話になっている学校へのせめてもの恩返しです。これからも精一杯、作業を続けていきたいと思います。

 皆さんの子どもさんが通っておられる学校の清掃作業は、終わりましたか。

 夏休みもあと10日。子どもたちの宿題が大詰めですね。

 10.8.21 003.JPG

  地域の方々と一緒に通学路のゴミ拾いをしました