環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2010年 04月 ]

厚東川通信No275(2010年4月15日) [2010/04/14 水 PM 05:37]

全国都道府県委員長、地方議員・候補者会議開く

 

参院選躍進へ活動の飛躍を

 

山口県から藤本県議らが参加

 

 十三日、日本共産党本部で、「全国都道府県委員長、地方議員・候補者会議」を開きました。会議には、山口県から佐藤県委員長と藤本県議ら党県議団と候補が参加しました。
 志位委員長は、①情勢をどうとらえ、どのように働きかけるか②参議院選挙勝利をめざす活動と地方議員・候補者への呼びかけ③全党の臨戦態勢を―について一時間半にわたって報告しました。志位氏は、現在の情勢について「総選挙から八ヶ月の政治的体験を経て、新しい政治への国民的探究が新たな局面を迎えている」と報告しました。
 志位委員長の報告を受けて十七名の府県委員長や議員・候補が発言しました。「支部・党員、後援会員と力を合わせ、参議院選挙といっせい地方選挙で絶対勝とう」と気迫あふれる発言がつづきました。最後に、志位委員長がまとめの発言を行い「この会議を跳躍台に全党がただちに臨戦態勢を取ろう」と訴えました。

10.4.30 004.JPG

     全国会議で報告する志位委員長

 

木佐木候補が県森林組合役員と懇談

 

 一日、木佐木参議院山口選挙区予定候補と藤本県議は、県森林組合連合会の垣村専務と懇談しました。 垣村専務は、林業振興の要は、木材の価格の安定だとし「様々な補助制度はあるが、林業家が生活していける木材価格にしていくことが必要」と話されました。また、森林組合が運営している木質ペレット燃料製造施設の説明を受けました。 

10.4.1 005.JPG

      森林組合役員と懇談する私(右)

 

映画「嗚呼 満蒙開拓団」上映会


-あなたは、満蒙開拓団の悲劇を知っていますか-

日時 5月8日(土)
  上映時間 1回目 午後2時 2回目 午後6時
場所 宇部市シルバーふれあいセンター第3講座室
主催 映画「嗚呼満蒙開拓団」の上映を成功させる会
連絡 山口民医連 0836-35-9355
   藤本 090-3747-2855
料金 一般 999円(小学生以下無料)
☆サンパークあじす・フジグランうべ・サンパーク小野田・幸太郎本舗・京屋書店・市民活動センター「青空」・逍雲堂美術館・宇部井筒屋などでチケットを取り扱っています。

 

一気


沖方丁著「天地明察」を読了しました。最後の一ページまで清々しい名著でした。この本の中に、会津藩初代藩主の保科正之が登場します。大和歴を完成させた小説の主人公である渋川春海の支援者として登場します▼小説の中で、正之が死の四年前に制定した「十五箇条の家訓」が出てきます。 最後の十五条の内容が小説にあります。「君主のために家臣と民がいるのではなく、家臣と民のために君主がある。」 正之が死没したのは、一六七三年。今から、三三七年前に、民主主義を求めていた人物がいたことに驚きました▼正之は家光らを補佐しましたが、その当時、玉川上水を開削してことは有名です。「民生が藩政を支え、藩政が幕政を支え、幕府による天下の御政道が民生を支える」ことも「十五箇条の家訓」にあるとも小説にありました。これは、地方自治に通じる考え方です。